トップページへ

内なる子育てと自己愛・・by 高橋

自分が自分の親になる

こんにちは。高橋恵子です。
私は、これまで人格統合に取り組むことによって、現実でも様々な変化を実感しています。なかでも、チャイルド人格をハッキリと捉えられるようになってきたことでの変化が、私にとって大きく、今回はそのことをお伝えしたいと思います。

私は、良い子カルマを大きく抱えている人格「志乃」が、日常的によく前に出ています。
志乃はいつも人に対して緊張していて、無理に明るく振舞って感じ良くすることが義務のように思ってしまう反面、人と関わることにうんざりして引きこもり、無気力状態に陥ってしまうパターンがあります。人と真剣に関わりながら切磋琢磨していくアースカレッジでの学びも、心から求めて好きで取り組んできたはずが、いつのまにか義務のように苦しくなってしまうのです。

先生にご指導いただくなかで、私自身は、以前とは比べものにならないほど自然体で人と関われるようになりましたが、志乃の根深い良い子カルマに足を取られ、義務感と無気力の振り子を振ってしまうジレンマに悩んできました。

そんな志乃が、根底から変わり始めています。
きっかけは、昨年8月の人格統合強化セミナーを受け、ヴィジョンが大きく進展するようになったことで、今まで見えていなかった志乃の側面が見えてきたことからでした。

志乃は、私の実年齢と同じ38才の人格ですが、ヴィジョンのなかでは、小さい頃に住んでいた家の庭に座り込んで動かなくなっていました。ハッキリと自己主張できず、拗ねてしまった2歳児のような姿で、じっとお母さんを待っているのです。
志乃が求めていたのは、「なにがあっても愛されている」という安心感でした。それが、親から与えてもらえず満たされていないために、誰に対しても心開けずにいたのです。お母さんから与えてもらうのを待ち続ける受け身の姿は、まさに、私の良い子カルマの原点を象徴しているようでした。

そんな志乃を変えるため、2歳児と接するように、とにかく不安を受けとめる取り組みをしてみましたが、その時は不安が和らいでも、その場しのぎにしかなっていない気がしたのです。アダルト人格である志乃に対して子ども扱いするようなアプローチに、これでいいのだろうかと迷いもありました。

そのことを、セッションで伊藤先生にご相談したところ、先生は、「人格自身が、アダルトチルドレンということだよね。私もかつてアダルトチルドレンだったけれど、アダルト人格が、自分の根っこであるチャイルド人格の面倒を見ることで、チャイルドは満たされ、アダルトは成長をしてきた。要は、子どもを持つことで親も育てられるということ。けれど、あなたは一人の人格のなかに、チャイルド人格が含まれてしまっているってことだよね。じゃあ、志乃を、大人の志乃と、2歳の志乃に分けてみたら?」と言われたのです。

そんなことができるなんて‥! と、私はしばらく息が止まりそうなほどの衝撃を受けました。先生は、「できるかなんて分からない。そんなこと提案したこともないから。でも、分ければチャイルドケアも成り立つでしょう?」と言われ、その言葉に、できるのか? という私の思考はすぐに崩れ去り、次の瞬間から、2歳の志乃の存在がハッキリと感じられたのでした。

それから毎日、2歳の志乃に目線を合わせながら過ごしてみると、ただ漠然とした不安を抱えているだけでなく、知らない人や場所に対して体が固まるほど緊張していたり、置かれている状況が分からないことに、いちいち怖くなっていることがわかりました。
同時に、苦しんでいる人、悲しんでいる人がいれば、自然と気にかけて寄り添おうとしたり、誰かの役に立つことがただ嬉しかったりと、純粋で、真っ直ぐな志乃の本質も目の当たりにしました。

そんな2歳の志乃が不安になる度に、大人の志乃が大丈夫だよと声をかけ、安心するまで抱きしめて、状況を説明してあげたり、感情を引き出して代弁してあげたり。それはまるで、何年も枯渇したままの大きな池に、1滴ずつ水を入れていくような感覚ですが、ほんのわずかずつ、底から潤って満たされていくのを感じています。
そして、自分で自分を好きになれず、人の評価を気にしてしまう良い子人格の志乃が、2歳の志乃を心底愛おしく感じるようになってきたのです。そうして、志乃の土台に居座っていた自己否定が、温かい自己愛に塗り変わっていっています。

このように、内側でチャイルド人格が満たされていくのと比例して、子ども達との関わりも自然と密接で温かいものになっています。今日一日どう過ごした? 何感じた? と、お互いのことを話す時間や、スキンシップをすることが増えました。自分を愛することを諦めず、安心感と自己愛によって根底から満たされてきたことが、子ども達にも波及していることをとても誇らしく思います。

また、人と話す時にも、以前よりリラックスして一緒にいる時間を楽しめるようになってきました。構えてばかりいたこれまでのことを思うと、素直に「人が好き」「人と関わりたい」と、混じり気なく思えるようになってきたことが、とても嬉しいです。

これからも、自分のチャイルド人格を育て直していきながら、子ども達とも色んなことを共有していきたいです。そして、周りの人とも、自然体で関わりながら、関係性を築ける自分になっていきたいと思います。


高橋 恵子

逃避克服への道、第二弾!・・by 谷川

青の意志を生きる

IMG_6822resize.jpg

突然ですが、これは何でしょう?
実はこの札、先日行われた逃避克服セミナーⅡで、先生がご用意されたものなのです。
昨年12月に行われた逃避克服セミナーで、「この15年で一番きついセミナーだ」と仰っていた先生。続編となる今回のセミナーでは、逃避が一切できない先生が「きつくなったらこれを出して立ち去るかも。3回まで使用OKということで」と、この札を持参され、またもや会場を爆笑の渦に巻き込みつつ講義をして下さいました。
今回は、逃避克服セミナーの内容に引き続き、逃避をしてしまう人格ごとに、どのようにしたら逃避のパターンを克服できるか、私たちに道を示して下さいました。

先生が会場に来られる前に、認定コンサルタントの依田さんから「前回のセミナーから逃避克服に向けて変化を実感している人は? 」と呼びかけがあり、手を挙げることができたのは、なんとわずか3人。何故変わることが出来なかったのか理由を列挙していくと、出てきたのは、「状況や自分の実態を正しく認識することが出来ない」という現実でした。心無かったり、あまりにも愚かだったり‥、そんな自分の醜い実態を直視し、受け入れる事への恐怖や不安、抵抗によって、逃避してしまうのだとわかってきて、自分たちがやっている事に一同ため息が出ました。

そこに先生が登場され、まず指摘されたのは、実態を突き付けられたときに、ショックを受ける事のおかしさについてでした。
リーダー養成コースの金子さんが、人に対して極度に緊張するため、普段から自分の世界にこもってしまう、という根深い逃避パターンがありながらも、仕事でお客さんにはハートフルに振る舞える、と言った事に対し、先生は金子さんに「あなたは典型的な外面がいい人。人間関係のいいとこ取りをしたいだけで、関係がうまくいっているときはいいけれど、うまくいかないときには人と向き合わずに逃げてしまう」という実態を突き付けられました。それを聞いて金子さんが、がーん! とショックを受けている様子を見た先生は、「そこで何故、がーん! となるの? 」と、たいへん不思議がられました。
そして、「だってここで学んでいる人たちは、自分が未熟で至らない人間だという自覚があって、そのうえで自分を成長させたいわけでしょ? だとしたら、私なら、そういう事か! まさしくそれが自分のやっている事だ、となる。指摘を受けて、そんな自分のままでは嫌だと思ったら、じゃあどうすればいいかという事を考えればいいだけ。過剰にショックを受ける人は、自分はそんな酷い人間ではないと思っているってことでしょ。つまり、自己認識が歪んでいるだけじゃなく、自己評価が高すぎるの。だから逃避するんですよ」と仰ったのです。

そこから先生は、何かをやらかしてしまったり、人に怒られたりしたときに、分裂人格ごとにどんな反応をしているのか書き出していくように仰いました。

私には4人のアダルト人格がいるのですが、それぞれの反応を書き出すと、プライド人格は「どうしよう怒られてしまった」と慌てふためき言い訳を始め、怒り人格は「ここからどうやって挽回しよう」と考え、対人恐怖が強い人格はフリーズし、人に対して無関心な人格は「受け入れられない‥」と反発するパターンが見えてきました。

先生はさらに、自分の実態を受け入れ、スピリットの意思に基づいて前向きに向き合おうとする人格を青色、なんでそんなことしてしまったんだと思いはするものの、そこ止まりな人格を黄色、問題に向き合わず逃避してしまう人格を赤色と、人格の状態をわかりやすく信号の色にカテゴリー分けされました。
そして、「青の人格が、まず黄の人格を味方につけ、赤の人格に対して、実態を受け入れられるようにコーナーに追い詰めていく事が必要。実態を受け入れろよ! と詰め寄るだけでは、ますます逃避を促してしまう。そもそも、スピリットレベルで見たら、青でない人格などいるはずない。人格の、最も純度の高い意識にアクセスしていけば、青の意志があるはず。それを引き出していくんです。そうして、時には青の人格が赤になったり、黄の人格が青になったり、入り乱れながら人は成熟していくんです」と仰ったのです。

先生のお話を聞いて、私の内側で変化が起こりました。怒りの強い青の人格が、他の人格に「本当にお前達それでいいのか? 自分の実態を見ることから逃避して、何も変わらないままで本当にいいのか? お前達だって、愛を知りたいとか、自分を表現できるようになりたいとか、言ってたじゃねえか。こうなりたい、ってものがあるのに、それをしない人生に何の意味があるんだ? 」と話しかけていき、それにより赤や黄の人格達の考えがどんどん変わっていったのです。
赤だったプライド人格は、自分が言い訳ばかりするパターンを目の前にして、「本当は自分も変わりたい。それを、言い訳ばかりして、抵抗しているほうがバカバカしい」と言い始め、黄色だった人格達も「その通りだ。なりたい自分になるため、先生は教えて下さっていたのに、今まで何で逃避していたんだろう」と言い始めました。内なる人格と話し終わった後、意識ががらっと変わっていて、自分でもこの変化に、驚くばかりでした。

それ以来、逃避したい気持ちが以前より激減しているのを感じます。逃避という根強いパターンが崩れていったのは、私の中でとても大きな事でした。スピリットの意志に沿ったら、青じゃない人格などいない、という先生の言葉は、日々何度も甦ってきます。ショックを受けるのではなく、至らぬ自分の実態を受け入れ、変えていく、逃避のない生き方をしていきたいと思います。


谷川 徹也

2月イベント告知・・by 高橋

心ポカポカ、鍋パーティー

こんにちは。高橋恵子です。
厳しい寒さが続きますね。都内でも朝晩が氷点下になるほどの冷え込みに、私はジャケット2枚を重ね着しないと外に出られない今日この頃です。みなさん、いかがお過ごしですか?

今回は、あ~スカCafe、イベント第3弾開催のお知らせをします!

あ~スカCafeでは、普段アースカレッジにて、アットホームな会を行っていますが、アースカレッジの外に飛び出してのお楽しみイベントを、定期開催しています。

イベント第1弾のバーベキューに続き、11月に開催したイベント第2弾のボーリング大会も、大盛り上がりでした。特別ルールでのチーム対抗戦で、白熱した戦いを繰り広げるうちに、参加者同士が自然と打ち解け合い、にぎやかな交流の場となりました。

そして、寒さ厳しい2月の今回は、鍋パーティーに決定です!

場所は、品川シーサイド駅近くにある、広々としたキッチン付きレンタルスペースにて。開放感と清潔感のある、リラックスできる空間です。

具材を切ったり、好みの味付けを考えたり、一緒にわいわい作ったあとは、アツアツお鍋をつつきながら、思う存分食べて、話して、ゆったりまったり楽しみましょう!

そして、つつくのはお鍋だけではありません。
たこ焼きも作ります! 定番の味もいいけれど、変わり種食材を入れて、好みの味を探求するのもいいですね!

食材と飲み物は、こちらでご用意いたしますが、好きなものを持ち込んでいただいてもOKです。

今回、私はまた娘と一緒に参加する予定です。娘は8月のバーベキューに参加した時に、コース生や参加者の方々とたくさんお話できたことがとても楽しかったようで、絶対にまた参加する! と心に決めていました。今回、お鍋とたこ焼き作りと聞いて、さらに目をキラキラさせています。
私も、今からとても楽しみです!

まだまだ寒さが身にしみる季節。 アツアツお鍋を囲んで、思いおもいに話をしながら、心も体も温まりませんか?
みなさんのご参加を、心よりお待ちしています。


高橋 恵子




2月 イベントのお知らせ

日 程 : 2/18(日)

時 間 : 13時~16時(12時45分に、りんかい線 品川シーサイド駅 改札で待ち合わせ)

参加費 : 4,000円 (飲食費込み。当日会場にて、お支払い)

場 所 : キッチン付きコミュニティスタジオ (詳細は参加お申し込み後にお伝えします)

連絡先: 電話 03-5460-8820
e-mail: info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

100%全力で生きる・・by 宮地

両輪の花、満開!

さあ、3daysセミナーの興奮は、まだまだ続きます。

前回の記事にもあったように、さやかの写真撮影でベストショットをほぼ独占した私、宮地文也に3daysセミナーで何が起こったのか?

私が、なりたい自分として最初に掲げたテーマは、「アウトロー」。
地元の進学校から医学部に進み医師となった私ですが、”お医者さん”の枠から外れて、俺は俺だと主張できる自分になりたかったのです。ハードロックバンドのミュージシャンをイメージして、革ジャン・革パンに身を包み、髪もオールバックにまとめ、さあ撮影開始!

DSCF5725resize.jpg

このふてぶてしさ。なかなかいい感じ。このまま順調に撮影が進むと思いきや‥、

「面白くない‥。ぶんって、ちょい悪オヤジになりたかったんだっけ?」と、先生がぼそっと話されました。みんなが苦労している表情づくりも難なくクリアし、このまま特段のチャレンジもなく進行しそうなことを、先生はつまらなく感じたのでした。

撮影を中断し、先生が時間をかけて私から引き出してくださったのは、「自分を100%生きたい」という思いでした。そして、先生からの「ならば全力100%で生きているあなたが、これであってこそ自分だ!と思えるものは何?」との問いに、ためらいながらも泣けてきて、腹の底から絞り出すように出た言葉は‥、なんと「愛」でした。

そうです。革ジャン・革パンで悪ぶってみた私が本当になりたかったのは、実は「愛の体現者」だったのです!! 

そして、先生に「あなたが本当に愛おしいと思う存在は?」と聞かれて、即座に答えたのは「家族」でした。

bun22resize.png

そのなかでも長男が未熟児で生まれたとき、私の広げた両手に頭から足まで乗ってしまうほど小さい息子に、たとえ様のない命の重みを感じ、父親としてこの子を絶対守るのだと強く心に誓ったことを涙ながらに話しました。

bun11resize.png

それは、先生をはじめその場にいた全員が涙するほど、私の思いが100%込められた話でした。

泣き腫らした目を落ち着かせた後、愛情や温もりを表現するにあたって革ジャンを脱ぎ、あえてその日に着ていたヨレヨレのパーカーに着替えて撮影を再開しましたが、父親として家族への愛をいくら表現しようとしても、どうしてもぶすっとぶっきらぼうな表情になってしまいます。
そこで先生は、「父性がだめなら母性を表現したらどうか」と仰いました。私がこれまでに時折、女性的なやわらかい表情で笑うことに気付いていてくださったのです。グッドタイミングで、音響係の慶司が、それまでロックだったBGMを童謡に変えると、その場の雰囲気は幼稚園に一変。それまで忘れていましたが、私は実は保育士になりたかったことを思い出しました。

そこで登場したのが、先生のチャイルド人格「メイちゃん」。バイキンマンのぬいぐるみを手にして、「ぶん子せんせー、どうしてバイキンマンやっつけられないの?」「なんで? どうして?」と質問攻めに。メイちゃんからの難問にたじたじとなりながら保育園の先生になりきって答えるうちに、人を愛おしく思う気持ちが私の心のなかで、ぶわっと一気に拡がるのを感じました。そうして、私のなかの母性が十二分に引き出されたのが、この写真です。

DSC03118miu-4.jpg

自分で見ていても、にっこりと微笑みがこぼれて胸の奥から温かくなります。

そしてこの撮影後、次は一変して、男性性に属した激しい怒りの表現への挑戦です。先生は、「あなたの愛に基づく怒りは、何に対しての怒りだろうか」と問われました。しかし、はじめは何かに対して怒ろうにも、どこを探しても出てきませんでした。最終的に私のなかから出てきたものは、先生のもとで学びながら何年経ってもぱっとしない自分自身に対する猛烈な怒りでした。

DSC_0808-5.jpg

いい加減にしやがれと、自分への怒りをひたすらカメラにぶつけ…、

DSC_0772-6.jpg

腹の底から吠えて、

DSC_0833-7.jpg

吠えて、

DSC_0782-8.jpg

吠えまくり…、

そして、昨年末の記事でもご紹介した、最も票を集めた一枚に繋がったのです。

IMG_8262miu-9.jpg

たった1日、それも、ほんの1時間ちょっとの間に、自分のなかの女性性と男性性が一気に開花したことで、これまでびくともしなかった心の内側にある固い殻が割れて、ぷりっぷりのむき身の自分が出てきたような、そんな感覚を覚えました。

そして迎えた3days最終日。はじめはカメラに自信が持てず、レフ板(光を被写体に当てる装置)担当でこっそり撮影に参加していましたが、先生が誘導される言葉によって一瞬で変化するさやかの姿を目の当たりにして、これを撮らなくてどうするんだ! との強い衝動に駆られたのです。そのような衝動を感じたのは、これまで生きてきて初めてのことでした。すぐにレフ板担当を交代してもらい、そこからは夢中で、ひたすら衝動に任せてシャッターを切り続けました。そして、先生から「ぶんのカメラだけがさやかの目力を捉えてる」と評していただいたほどのベストショットを連発できたのです。

3daysセミナーの後、医師として日々仕事をするなかでも、患者さんを愛おしく思う気持ちがハートからあふれてきて、どうしたら一番その人らしく生きられるのだろうと、相手のことを自分のことのように真剣に考え、わかりやすく伝えようとする自分に変わったことを感じています。患者さんからも「身近で、なんだか柔らかい雰囲気になった」と言われるようになりました。

先生プロデュースによって満開となった男性性と女性性。これら両輪の花を手に、人を真剣に思いながら自分を生きる。そう歩んでいきたいと思います。


宮地 文也

予測不能な展開!・・by さやか

セルフイメージの大転換

谷川さんときみちゃんの面白&かっこいい写真に続いて、今回は私、高橋さやかの写真撮影の様子をお伝えしたいと思います。
早速ですが、まずはこちらをご覧ください。

th_IMG_264700resize.jpg

これは、3daysセミナー初日のテスト写真です。韓国のベテラン女優キム・ヘスさんのようなセクシーな女性をイメージし、ご指導くださった先生にも「目指すイメージに近づいてるね」と言っていただけた順調な滑り出しでした。

そして‥、

DSCresize0413700.jpg

いよいよ最終日。私は午後に予定された撮影を前に、美容院で髪を整え、衣装も用意して準備万端! さあ、ここから本番の撮影に入ります。ところが‥、


IMG_1052re.jpg    resizefitting.png
   
あ、あれっ? 韓国だったはずが、大陸を飛び越えてアフリカに向かってる?!

実は、髪形を変えたことにより分け目の薄さが目立ってしまい、なんと地肌を黒いシャドウで塗りつぶす急場策がとられ、私は申し訳ないやらいたたまれないやら‥。
これでは埒が明かないと思われた先生の頭をよぎったのが「ターバン」でした。国をも一気に飛び越える大転換に、はじめは「ええっ」と驚いた私も、鮮やかな色彩とネイティブなスタイルにテンションが上がり、「断然このほうがいいです!」と、一気に路線変更となりました。

そしてここからは、世界が一変します。
先生が誘導してくださった、予想を遥かに超える壮大なスケールと、リーダー養成コース生によって撮影された写真の数々を、厳選してご紹介します。

まず、先生が誘導してくださったのは、広大な自然のなかで風とスピリットと一体となったイメージでした。ご覧ください。

3daysst2jpg miu

これが私とは、にわかに思えないほど美しい姿です。撮影中、どこまでもクリアで澄んだ意識に入っていくのを感じていました。

続いて先生が誘導してくださったのは、赤ちゃんを抱くお母さんのように、自らを慈しみ抱きしめるような、優しく温かい母性を象徴する姿でした。
下の写真は、先生が誘導してくださる姿に近づこうと、じっと心の中にイメージを探しているところです。

P1010053 resize

先生が、こうするんだよと優しく肩に手を触れてくださった瞬間、私は、先生の手から溢れるあまりの優しさに触れ、先生がどれほど温かく愛に満ちた、美しい方かということを全身で感じました。それと同時に、いかに自分の心に愛が無く貧しい人間かということを痛感し、一瞬で心の中が真っ暗闇になったのです。そこからどうすることもできず、ただ涙が出て仕方がありませんでした。

そして一時、撮影を中断した後に、撮影されたのがこちらの写真です。

3daysst3jpg miu

大切な誰かを想って、優しく包み込むような、温かさが表現されていると思います。私には出産経験がありませんが、まさに小さな赤ちゃんを見守るお母さんのような姿です。涙を流して感情が溢れた後、肩の力が抜けて自然と湧き出してきたのがこの表情だったのです。

さらに、私のチャレンジは続きます。
次に先生が示してくださったのは、野生動物のようにワイルドで力強いまなざしの表現でした。ですが、母性の撮影のとき同様、なかなかイメージに届かないでいる私に、どれだけの時間をかけてもらったでしょうか。ようやく何かを掴んだ私を、とにかくアップで撮るように先生が指示され、みんなは私の目力をカメラに収めようと一斉に距離を詰めてかぶりつき、私もそれになんとか応えようと必死の撮影となりました。
数々の素晴らしい写真の中から、ほんのわずかしかご紹介できないのが本当に残念ですが、選び抜いた一枚がこちらです。

3daysst1jpg miu (1)

大地とともに生きた過去生を彷彿とさせる、優しさと温かさ、力強さとスピリチュアリティが同居した姿に、これが私なんだと、セルフイメージがでんぐり返るような驚きがありました。

今回、記事を書きながら、あらためて撮影のことを鮮明に思い返しています。先生の示される予測不能な展開と、決定的な瞬間を捉えたいというみんなの熱気が一体となって、熱いグルーヴの中で生み出された写真ばかりです。
私は自分の世界に籠りがちなカルマを抱えていますが、一人では決して成し得ないことを教えていただいた3daysセミナーでもありました。カルマの荒波を乗り越えるために、自分を温かく見守りながら、人と共に歩んでいきたいと気持ちを新たにしています。

ところで、これらの私のベストショット写真は、実はリーダー養成コース生の「ぶんちゃん」こと、宮地文也が撮影したものがほとんどなのです。ミラクルを起こす男、ぶんちゃんに一体なにが起きたのでしょうか? 
続きは、次回記事でお伝えします。どうぞお楽しみに!


高橋さやか