FC2ブログ

トップページへ

ケロケロ医師の成長・・by 谷川

「病を診る」から「人を診る」へ

こんにちは。アースカレッジのケロケロこと、谷川です。
私は、「カエルの国の王子様」の記事に書かれているように、重い話題を受け止められずに軽い返答をしたり、どっしりと落ち着いていられず早口でまくしたてたりと、その場にそぐわない言動をしてしまい、人と噛み合うコミュニケーションができないという問題を抱えています。そんな私ですが、このケロケロ問題に取り組むうちに、日々の診察のなかで少しずつ変化が表れてきました。

以前の私は、教科書で学んだ医学的知識をもとに、患者さんに対して血圧の数値や、検査結果がどうだったかという話を一方的にするばかりでした。患者さんから辛い気持ちを打ち明けられても、「辛いのは分かりますが、頑張って行きましょうね」と声をかけるのが精一杯で、それらを受け止めることも、患者さんの心に寄り添うことも出来ませんでした。

しかし、医学的知識をひけらかしてしまうのも、患者さんのネガティブな感情を受け止められないのも、自分が褒められたいという欲求が強く、さらにネガティブなものを感じたくないが故に人の気持ちをスルーしてしまうチャイルド人格の「考」の意識がそうさせているのだと、先生に指摘していただくなかで分かってきたのです。
そこで、「考」ではなく、アダルト人格が中心となり診察が出来るように意識して変えて行く、という取り組みを日々続けました。そうすると、知識を振りかざすことは減り、これまでよりもずっと患者さんの気持ちを受け止められるようになりました。患者さんと同じ目線で問題を共有出来るようになってきて、自然と患者さんとの繋がりも深くなってきました。

先日はこんなことがありました。息子さんを亡くされ、それ以来ずっと気分が落ち込んでいるという患者さんが来られたのです。以前の私ならば、患者さんの悲しみを受け止めることができるだろうかと不安になり、その場を誤魔化すようなことを言ったと思います。
しかしその時は、1時間近くの診察の間、患者さんの思いに同調して、ただただ話を聞いている私がいました。その方は、悲しんでばかりいられないと、無理に明るくしようとしていたのですが、私は先生から教えていただいているように、悲しみはしっかり受け止め、それを表現することが今は必要なことだと伝え、薬は出さずに診察を終えました。
次の週、来院された患者さんはどこか晴々とした顔で、「前回の診察で気持ちを受け止めてもらい、悲しみを否定せずしっかりと感じ、それを家族と共有したことで、とても気持ちが楽になった」と仰っていました。
こうして、患者さんの気持ちを真正面から受け止められるようになったことは、とても嬉しい変化でした。

また、アースカレッジで学ぶようになるまでは、医師として、医学的な観点から体の問題に関することばかり学んできましたが、最近では体の問題と心の問題を繋げてとらえられるようになりました。これらの深い観点も、チャイルド人格が中心となって診察していたときには、全く見えないものでした。
例えば、胃炎や胃潰瘍が精神的なストレスで発症することは広く知られていますが、以前の私ならば、胃が痛いと訴える患者さんには胃カメラを行い、胃酸を抑える薬を出すといった具合に、体へのアプローチしか出来ませんでした。しかし、患者さんの目線に立って心に寄り添い、その方がどのような環境で育てられたのか、どのような人生を歩んできたのか、どのような気持ちを抱えていたのかを知ることで、なぜ胃が痛くなるような症状が引き起こされたのかが分かるようになってきたのです。

私は伊藤先生から、私の分裂人格たちがどのように生まれ、どのような歪みを抱えているのかを教えていただき、自分の問題の根源が明確になってきました。それと同じような視点で患者さんにも向き合うことで、患者さんが抱えている根本的な問題が、以前よりもクリアに見えるようになってきています。
限られた診察時間の中で充分な心のケアをすることは難しいですが、伊藤先生のもとで学んだカウンセラーたちと連携して治療を進めることで、薬を使わずに治癒する方や、治癒までの期間が短く済む方も多く、治療が難しいとされている疾患を抱えている方が改善するケースも出てきています。悩みを抱えて辛そうにしていた患者さんの病が改善され、晴れやかな表情を見ると、心から良かったと思います。

残念ながら、私のケロケロ問題はいまだ解決したわけではなく、今も取り組みを続けているところです。しかし、伊藤先生に導いていただいたことで、これまでは患者さんの体の「病」にしか向き合って来られなかった私が、患者さんという「人」に向き合えるようになってきた実感があり、今までにない、より良い医療を提供しているという自負が、私の医師としての誇りとなってきています。

これからも自分とも人とも向き合い続け、人を癒すという医師としての使命を全うしていきたいです。


谷川 徹也

人格統合強化セミナー開催のお知らせ‥by 依田

進化への道のり

こんにちは、依田です。
本日は10月7日(日)に開催される、1dayセミナーについてお知らせします。
前回8月に引き続き、今回も「人格統合強化セミナー」となります。

これまで4回に渡り、人格統合強化セミナーで伊藤先生のご指導をいただき、私たちは人格統合、カルマ清算を進める上で絶対に欠かせない「同調した静かな意識」を掴めるようになりました。そしてさらには、その状態でいられる時間が徐々に長くなってきているという変化のなかにあります。
それはつまり、私たちのなかで主人格的意識が強化されていくことに等しくあることは、前回の「人格統合強化セミナーのお知らせ‥by 依田」の記事でもお伝えしました。

伊藤先生が「人格統合強化セミナー」を通じて繰り返しご指導くださることとして、「同調した静かな意識」すなわち主人格的な意識なしには人格統合は進まないということ。
そして、私たちがそもそも何を目指して人格統合を進めていくのかということがあります。

前回のセミナーのなかで伊藤先生は、「人格統合のゴールは、人格たちが皆家族のように一致団結して物事に向かうこと」であることをお話くださいました。(前回の様子はこちらから→「内なる家族を作る‥by 宮地」)
本来は全人格それぞれにスピリットとしての計画に基づいた役割があり、あらゆるすべての物事は全人格で挑むもの。ある人格がこよなく愛していることや、ある人格が一生懸命やっていることがあれば、他の人格たちもそのことに興味を持つし、応援もするし、関わっていくというのが本来人として自然な状態です。全人格ですべての出来事を共有して、すべての出来事に対して協力していく、それが内なる家族、内なるチームであるということなのです」とお話されました。

ですが人生において、さまざまな場面で感情を抑圧し、自分を偽って生きてきた私たちの内側は、人格同士がお互いを認識しないような、分離したばらばらな状態から人格統合がスタートする場合がほとんどです。
プライド人格のような自分自身で受け入れがたいような要素を持つ人格であっても、そこからカルマ清算を進め、どのように家族の一員としていくのか、統合に向かうというのは本当に大変な長い道のりとなります。
伊藤先生がセミナー中ご指導をくださりながら、これらの人格統合セミナーのメニューだけでも、この先3年くらいセミナーが開催できそうだと言われたほど、人格統合強化セミナーでご指導いただく内容は私たちが歩みを進める上で非常に重要なものなのです。
今後しばらくは、1dayセミナーでは「人格統合強化セミナー」が継続して開催されていく予定です。
私は伊藤先生のもとで人格統合を学んで8年目となりますが、このような人格統合のプロセスはとても険しいものであることを実感するとともに、伊藤先生のご指導によって、私たちの意識は、以前とは比較にならないほど進化に向かっていることもまた改めて実感しています。

毎回伊藤先生にあらゆる角度から、またあらゆる次元からの深いご指導をいただき、私たちは新たな意識領域にいざなわれていきます。
また次の人格統合強化セミナーに向け、「内なる家族の団結」を日々意識して臨みましょう。


依田 真由美




■人格統合強化セミナー

1年以内に「伊藤美海のライブセミナー」に参加したことのある方、もしくは、一般クライアントとして、一定期間セッションを継続されている方であれば、参加可能です。

 日 時: 10/7(日) 11時~21時
 場 所: アースカレッジ
 講 師: 伊藤 美海
 料 金: 25,000円 
 持ち物: ノート、筆記用具

〈メニュー〉
  6月、8月のメニューをさらに掘り下げます。

・チャイルド人格が持つパワーと影響力
・チャイルド人格に秘められた可能性と叡智に触れる
・分裂人格たちのDNAを辿る
・分裂人格とブループリント
・アカシックに刻まれた人格たちのヒストリー

・分裂人格が持つ陰と陽
・人格たちそれぞれの役割と課題
・分裂人格たちのカルマの核心に迫る
・統合に向けてヴィジョンを描く
 
〈注意事項〉
 ※ 合間に1時間程度のお昼休憩をはさみます。
 ※ 終了時間は、21時を過ぎる可能性もありますのでご了承下さい。
   終電などのご都合によっては、早退も可能です。
 ※ 録音は可能です。
 ※ 前日・当日のキャンセル・変更につきましては100%のキャンセル料
       が発生いたしますのでご了承下さい。
 ※ 締め付けの少ない楽な服装でお越しいただくか、もしくはスウェット等
       の着替えをご持参下さい。
   (ジーンズ・タイトスカート・スーツ等の着用は、心身がリラックスするこ
       とを妨げるため、お控えになることをお勧めします)



申込みやお問合せはアースカレッジまで、メールや電話で承っております。

電話 : 03-5460-8820
e-mail : info@earth-college.com

内側と外側を繋げる・・by 俊哉

マイワールドからの脱却

みなさん、こんにちは。佐藤俊哉です。
「基盤となるもの」でお伝えしていたように、4年の歳月を経てようやく人格が出揃った私は、「ここから人格統合を進めるんだ!」と意気込んでいたのですが‥、新たな壁に突き当たりました。今回はそのことを書きたいと思います。

それは、6月に開かれた「人格統合強化セミナー」でのことでした。伊藤先生が教えて下さった「静かな意識」を参加者みんなが体感していく中で、私だけがどうしてもその「静かな意識」に入っていくことができなかったのです。
その理由は、私があまりにも自分のことばかりに浸るマイワールドが強く、仲間が心の内にあることを感じながら話している時でさえ、相手に同調できず、自分自身のことに意識が向いてしまったためでした。
自分だけが「静かな意識」を体得することが出来なかったショックで、セミナーでは最後まで一人浮いた状態になり、マイワールドな自分に心底失望しました。そして、そこから一体どうすればいいのか分からず、途方に暮れました。

そこでまず私は、「マイワールドを打破するには」と、自分なりに考え抜いた末の結論として、「常に相手の立場に立つことを意識していきます!」と自信たっぷりに先生にお伝えしました。それをお聞きになった先生は、「それもマイワールドのままで相手の立場に立つということでしょ? すごく外してる」と半分呆れたように仰り、私はさらに落胆しました。

そして先生からの「ところでみんなは、マイワールドではない状態とはどういうことか分かっているの?」との問いかけに、仲間のひとりから、「相手のことが気になってしかたがない、相手に伝えずにはいられない状態」という答えが返ってきました。私は、自分の内面しか意識していなかったことに気づかされ、仲間が言っていたような気持ちで人と話していきたいと思いました。

しかし、いざやってみようとしても、どうしても心の底から「相手に言わずにいられない」という衝動が出てこないのです。その姿を見た仲間から、私が真に人を愛すること、関わることができないという、以前から先生に指摘をいただいていた根本的な問題があることを言われ、私は、そうなのだと深く納得しました。同時に、そうでありたくないと強く思ったのです。

そこで、自分自身を愛せない人間が人を愛することなどできない、まずは自分のチャイルド人格を愛することから始めようと思い、先生にそうお伝えしました。
すると先生は、「またそこでマイワールドに行ってしまう」と仰いました。また外してしまったと意気消沈する私に、先生はこのように道を示してくださいました。

「人格統合というのは、内側でやっていることが、そのまま外側に反映されることが前提。それがマイワールドで内側限定になると、ただの自己満足の人格統合ごっこでしかなくなり、現実に反映されなくなる。本来は、ある人格をケアすることにより、現実レベルでも周囲の人たちとの関係性がこんな風に変化していくという風に、どちらも繋げてイメージした上で取り組んでこそ本来の霊的探求であり、人格統合です」

頭打ちが何度も続き、迷走していた私は、先生のお言葉を聞いてはっきりと自分がしていくことが分かり、霧が晴れる思いでした。
如何に今まで自分が内観に留まり、自分の内面の変化だけを見ていたのかを痛感しました。

そして内側で起こっていることを外側にも反映させると意識するようになったことで、最近では、内側での取り組みが現実に人との関わりに反映されていく実感を得られるようになってきたのです。

例えば、歯科医として診療しているときのことです。
私のなかの自己主張の強い人格が、患者さんに自分の考えを押しつけてしまうようなとき、女性性の温和な人格が「言っていることは分かるけれども、もっと相手の立場や背景に目を向けることじゃない?」と声をかけることで、患者さんとフラットに話が出来るようになったり、難しい治療に対して「失敗したらどうしよう」と、異常に緊張する優等生人格に対して、これまで実績を積んできた大人の人格が、「大丈夫。一つひとつ手順を踏んでいけばいいだけのことだから」と声をかけることで安心して治療に集中出来たりという具合に、現実レベルでの変化があります。

また、これまで以上に、人格同士、日々起こる様々なことに対して、ああでもない、こうでもないと話すようにしてみたことで、現実でも妻と話す時間が増え、本音でぶつかりあうことも多くなりました。息子に対しても、これまでは彼の反応を気にするあまりどこか遠慮してしまうところがあったのですが、こまめに声をかけるようになるなどの変化が起きています。

このように、常に内側で起きることと外側で起きることを繋げる意識が生まれたことで、少しずつ現実に変化が現れていることが嬉しいです。今後もこれを続けていき、人格統合を通じて、真に人と繋がれるようになっていきたいと思っています。


佐藤俊哉


体も心もいたわる日・・by 恵子

五感で味わいながら

こんにちは。高橋恵子です。
8月のあ~スカCaféでは、「体の声を聞こう!」をテーマに、猛暑でお疲れ気味の体をじっくりといたわるイベントを開催しました。
当日は、さわやかな風が吹く過ごしやすい気候に恵まれ、今回会場となった「紅葉亭」のある殿ヶ谷戸庭園に入った私たちは、まずはゆっくりと散策を楽しみました。

8月イベント写真①

夏真っ盛りの深緑に囲まれた庭園内は、思わず深呼吸したくなる清々しい空気。静かで開放感のある景色のなか、湧き水と、ししおどしの涼やかな音が耳に心地よく響き、みんな自然とリラックスしていきました。

趣ある昔懐かしい雰囲気の会場に着いて、まずは地元産の冷茶で喉を潤し、ホッと一息したところで‥

8月イベント写真②

「さぁ、始めましょう!」

今回もはりきって司会を務めてくれた俊哉さん。
もうすぐ還暦を迎えるとは思えないほど、キビキビとした動きでストレッチを誘導していきます! 頼もしい姿は、まるで現役の体育の先生のようです。

8月イベント写真③

「うー‥、かたくなってるなあー」


8月イベント写真④

「あー‥、キクー‥!」

体のあらゆるところを伸ばしていくと、イタ気持ちよさに思わず、あちこちから唸り声がもれます。
あまりの硬さに、動きがロボットのようにぎこちなくなってしまう人もいたりして、笑いが起こる和やかなムードのなか、じっくりと体の声に耳を傾けていきました。

8月イベント写真⑤

自覚もしていなかった痛みや凝りに気づいたり、気になっていた不調がより浮き彫りになったり。みんなが体からのサインを受け取った後は、何人かのグループに分かれて、その奥にある心の声に耳をすませていきました。不調がある部分に手を当てて静かに話し込むグループや、凝ったところをマッサージし合いながら賑やかに話すグループなど、それぞれ思うままに過ごし、ゆったりとした時間が流れました。

私は5年生の娘と一緒に、お互いの体の声を聞いていきました。
肩のあたりがモヤモヤするという娘。「そこにどんな気持ちがありそう?」と聞くと、娘の口から「ストレスとプレッシャー」という言葉が出てきました。

8月イベント写真⑥

夏休みも終盤にさしかかり、終わらない宿題に危機感を感じていた娘は、その焦りや緊張が肩の周りにたまっていたのです。
そこまで切迫していたことを知らなかった私は、心配になりましたが、一緒に話すうちに、宿題を終えられそうな道が見えてきました。すると、娘はまさに「肩の荷が下りた」感覚になったそうで、みるみるスッキリした表情になっていきました。私もホッとひと安心です。
ところが次の瞬間、娘は、脚がモゾモゾすると言い出しました。抑えていた、もっと遊びたい! という気持ちが脚にたまっていたようでした。
こうしてしっかり体の声に向き合うことで、普段見過ごしがちな娘の体調も心の動きも、驚くほどスムーズに伝わってくることを実感して、私にとって感動と幸せをかみしめるひとときとなりました。

じっくりと心身に向き合って、みんな程よくお腹も空いてきたところで、軽食タイムです。
地元で採れた野菜をたっぷり使った、彩り鮮やかなサンドイッチと野菜スティックが並ぶと、ワッと歓声が上がり、みんなどんどん食が進みます。

8月イベント写真⑦

フレッシュな野菜のみずみずしい美味しさを堪能しながら、それぞれ、どんな体の声が聞こえたのか、お互いにシェアし合いました。なかには、下半身の重さに耳をすませると、右脚と左脚それぞれに、嫌いな人の顔が浮かんだという声もあり、体と心が繋がっていることが目に見えるようなシェアに話が弾みました。
知らないうちに体に蓄積していた思いを、一つひとつ表現して受け止めていくことを通して、晴れやかな表情になっていく参加者の様子を見て、私は改めて、伊藤先生が教えて下さった、体の声を聞くことの大切さを実感したのです。

五感で味わいながら、ゆっくりと自分をいたわる時間に、体も心もすっかりほぐれ、たくさん元気をチャージした大満足の1日でした!

8月イベント写真⑧

次回は、アースカレッジのあ~スカCaféにて、みなさんをお待ちしています。


高橋 恵子




9月 あ~スカCaféのお知らせ

日 程 : 9/16(日)

時 間 : 13時~16時(受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

内なる家族を作る・・by 宮地

あたたかくもニュートラルな目で

アースカレッジでは、8月5日に人格統合強化セミナーが開かれ、前回のセミナーでテーマとなった「静かな意識」で、参加者それぞれの人格統合をさらに大きく進める1日となりました。

参加者からは、「前回のセミナーを経て、それぞれの人格の存在をこれまで以上にはっきり感じられるようになった」、「『静かな意識』でいれば大丈夫という安心感がある」という声のほか、私のような医師や看護師、カウンセラーといった医療関係の参加者からは「患者さんに、より同調できるようになった」との声が上がりました。
その一方で、「セミナーでは静かな意識を掴めたが、その後ぼやけてしまった」という参加者もいました。これは、大なり小なりほぼ全員に共通する問題でもありました。

先生はそんな私たちに、「ぼーっとしている時ってある?」と話し始められました。
「静かな意識を別の表現にすると、ぼーっとしているときの意識。いろんなことが頭に浮かんでも、それらに反応せずただやり過ごす。思考があると色々なことが分析されたり決めつけられたりするが、思考が止まるとインスピレーションが働いて人格の動きも見えてくるし、様々なメッセージも受け取れるようになるのです」
そう言われてみると、私はこれまで、ぼーっとしていることはよくありますが、実際にはその場と関係ないことをごちゃごちゃと考えていて、ぼーっとしているというより、気が散っているという状態がほとんどだったと思います。

続けて先生は、分裂人格のカルマと性質の違いについて、こうお話しくださいました。
「どの人格にも陰と陽、裏目と表目があるが、裏目に出たものがカルマとは限らない。例えば、生真面目な人格は内省的でうつになりやすい一方、責任を果たすし、何があってもやるべきことはきちんとやる。この真面目さはカルマではなく個性で、人格の持っている特質です。『静かな意識』で人格をニュートラルに見ることで、自然と前に進む前提で問題が紐解かれ、道が開かれていくのです。ニュートラルというのは本来温かくも冷たくもなく、無機質なもの。ただ、あなたたちはハートを育むことを学んでいるのですから、母親のような温かさをニュートラルにプラスしたほうがいいですね」

先生の話をお聞きして、私も人格の裏目と表目について感じてみました。
まず、良い子人格の「星野」が「表目は真面目なところ、裏目は融通が利かないところ」と考えながら、思考的に良し悪しを判断して通知表をつけている気分になり、胸がぎゅっと苦しくなりました。
そこで、一緒にワークをしていた仲間から「ぶん子から見るとどうなの?」と聞かれた私は、私のなかの女性性人格「ぶん子」のお母さん的な目線に立ってみました。すると、先生がお話しされた、「人格統合のゴールは、ほかの人格たちと家族のように一致協力して物事に向かうこと」という言葉がとてもしっくりきて、温かくニュートラルな、「静かな意識」になっていくことを感じました。

そして、ぶん子が星野に、「すごく真面目で、やることはやるのだけど、頭が堅いっていうか『遊び』が無いのよね」という言葉をかけると、星野は自分の事をそのまま認めてもらえたように思い、じわっと心が温かくなるような安心感が胸の内にひろがりました。
先生が仰る「内なる家族」とは、日々こういうことを積み重ねて、人格同士の心が繋がっていくことなのだと実感した瞬間でした。

セミナー後、人格同士の関係性だけではなく、実生活でもこんな変化がありました。
私には大学4年生の息子がいますが、「来年には社会に出るのだから、しっかりして欲しい」との気持ちから、つい一方的に厳しい言葉をかけてしまいがちでした。しかしセミナー後は、息子が本来持っている性質をニュートラルに捉えられるようになり、真面目で優しく家族想いの息子の姿が自然と見えて、愛おしさを今までよりいっそう感じるようになってきました。
私自身をニュートラルに受け入れられたことから、自分とよく似た息子に対しての気持ちも変化したのだと感じています。

人格統合強化をタイトルにした1dayセミナーは、今回で4回目となりましたが、数回のセミナーではとても網羅しきれないほど、じっくり掘り下げていく必要があるテーマのため、人格統合強化セミナーはまだまだ続くと伊藤先生は仰っています。
奥行きと深さを増していく人格統合にわくわくするような心の高まりを感じると同時に、私の人格たちとも、現実の家族とも、あらゆることに一致協力してものごとに向かえるよう、人格統合を進めていきたいです。


宮地 文也