トップページへ

肝っ玉母さんを目指して・・by 宮地

闇に馴染む

こんにちは。リーダー養成コース生の宮地文也です。
私のなかの女性性人格「ぶん子」は、昨年の3daysセミナーで伊藤先生に見出していただき、「ぶん子先生、診察室で大活躍!」にもあるように、仕事でも大きな変化をもたらしてくれたのですが、今回お伝えするのは、ぶん子のその後と、さらにもう一人の女性性の人格「あん子」についてです。

「ぶん子」は実はまだ正式には特定されていない人格だったので、人格をはっきりと明確にするために、3月のグループセッションで先生に特定をお願いしました。

まず、先生から幼少期の頃について聞かれ、「ぶん子」は、母親の両足の甲に乗ってペンギンごっこをしたり、晩酌する父親の膝の上に座って「ちょっぺの子(方言で「愛しい子」の意)」と可愛がられたりしたことを思い出しました。そう話しながら、自分は両親に愛されていたんだとの実感がだんだんと蘇ってきて、温かい気持ちでいっぱいになりました。

ところが、父親から母親へのDVについて聞かれると、そういう事実があったと記憶はあるものの感情が伴わず、どう感じていたのか全く答えられませんでした。また、精神科医という仕事について聞かれたときも、精神科を訪れる方々が抱える苦悩の大きさや、時には自死さえも選択する場合もある現実には全く触れず、一部の患者さんの、症状が改善して社会復帰していくことに対してのみ、「ぶん子」は喜びを感じ、「患者さんがよくなっていく姿を見て楽しい」と表現しました。

先生は「私だったら、人が社会生活もままならなくなっている姿を前にして、『楽しい』という言葉は絶対に出てこない。ぶん子は、人の闇の側面を徹底的に避けたいんだね」と仰いました。

「ぶん子」はそれまで自分のことを、明るくてイケてる女性だ、と思っていたので、闇を回避しているという自分の実態を知りとてもショックでした。人として大事な部分がすっぽり抜け落ちていることを、認めたくない気持ちがありました。しかし「ぶん子」は、闇という言葉を口から発することすら抵抗があることに気づき、自分がまるで、闇の周波数に合わすことができない壊れたラジオのように感じ、まさに「闇回避人格」であると納得しました。

実は、「ぶん子」特定の2週間前に行われたライブセミナーで、私は、もう一人の女性性人格「あん子」を特定していただいていました。「あん子」は、自分は無力だというカルマ的な思い込みがあるものの、おっとりとして素直な人格です。男性である私のなかに、女性性の人格が二人もいるのかととても驚きましたが、さらに驚いたことには、「ぶん子」はそのとき、特定された「あん子」に対して嫉妬心を感じていたのです。料理や手芸が好きで、チャイルド人格も実は「ぶん子」ではなく「あん子」に懐いていることから、私のなかの女性性のいいところを、すべて持っていかれたかのように「ぶん子」は思って、嫉妬したのでした。

そのことを先生にお伝えすると、先生は、「あん子」のほうが闇に免疫があるから、チャイルド人格も懐くのではないかと仰いました。それを聞いた私は、「あん子」が、親のDVや、苦しい大学受験、研修医時代の辛さを味わってきて、彼女なりに人生の闇と向き合ってきたことを思い返しました。一方、「ぶん子」は、そういった重い感情を無意識のうちに避けてきてしまったのです。それでは私のなかのチャイルド人格も、心を許すはずがありません。「ぶん子」は、「あん子」との違いと、心の重い側面を見ずに避けてきたことを、あらためて自覚しました。すると、ぶん子のなかから、あん子に対してのリスペクトが自然と湧いてきて、じわっと心の奥が温かくなりました。そして、そのときはじめて、二人が互いを認め合えるように感じられたのでした。

そこから、「ぶん子はどうなりたい?」と先生に問われて出てきたのは、「肝っ玉母さん」という答えでした。明るいだけでなく、どっしりとして滅多なことでは動じず、みんなの悩みや苦しさも丸ごと受け止めるような、そんな存在になりたいとぶん子は思ったのです。そのためには、「闇に徹底的にフォーカスをして、闇に馴染んでいくこと」だと、先生は教えてくださいました。

いま「ぶん子」は、日々の診察のなかで、さらなる実践を始めたところです。これまでは、患者さんが抱える苦悩の大きさに怯むような気持ちがあったのが、しっかりと地に足を着けて対峙するような、僅かでも確実な変化を感じています。今後、女性性人格同士の協力体制も確立させて、患者さんとともに闇に向かい、少しでも改善する方向を目指して歩んでいきたいと思っています。


宮地 文也

4月あ〜スカCafeのお知らせ・・by 金子

お互いが学び合う場で

こんにちは。リーダー養成コース生の金子慶司です。
日増しに暖かくなり、街中に色とりどりの花が咲き誇る季節になりましたね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

伊藤先生のご発案で、アットホームな雰囲気の中で語り合える場として、昨年6月からオープンした「あ〜スカCafe」では、季節ごとの野外イベントを開催し、参加者同士の交流を深めています。今年2月には大人も子供も楽しめる「鍋&たこ焼きパーティー」を開きました。

現在は、あ〜スカCafeを運営させていただく立場になった僕ですが、伊藤先生のご著書に出会い、一般クライアントとして学び始めていた頃は、当時の交流会に参加しては、コース生や一般参加の方に自分の悩みを聞いてもらっていました。仕事のことや、家庭のことなど、どのような話でも自分のことのように真剣に聞いてもらい、一緒になって問題を整理したり、気づいていなかった問題に気づかせてもらったりするうちに、自然と前向きになれたことを今でも思い出します。今は、あ〜スカCafeとして新たに生まれ変わったフィールドで、みなさんと交流を深めながら、関わり合い、学び合っていきたいと思っています。

ところで、3月のあ〜スカCafeでは、選りすぐりのスイーツとして、自己探求コース生の谷口さん一押しの「元祖!いちご大福」をみんなで堪能しました! 日本で初めてイチゴを大福で包んだという老舗の逸品で、上品で甘ずっぱい美味しさがほうじ茶と相性バッチリ。僕はこのところ、懇意にしているおすすめ店のコーヒーを、あ~スカCafeに持参しているのですが、「コーヒーとイチゴ大福が合う!」という新たな発見にみんなが盛り上がってくれて、嬉しかったです。

あ~スカCafeは、日々の生活で悩んでいること、家庭や職場ではなかなか話しづらいことなど、じっくりと話せる場です。厳選したスイーツやお茶もご用意していますので、一緒に楽しみましょう!

当日は、 伊藤先生が選び抜かれた珠玉のクリスタルを、10%割引で購入することができます。「クリスタル速報」でご紹介しているクリスタルやブレスレットなど、気になるものを、直接手に取ってご覧ください。

4月のあ〜スカCafeへのご参加、お待ちしております!


金子 慶司




4月 あ~スカCafeのお知らせ

日 程 : 4/22(日)

時 間 : 13時~16時(受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

激動を経て・・by さやか

修了、そして来期へ!

先日、リーダー養成コースでは、アースカレッジとしての初年度を締めくくる最後のコースが行われました。そして、伊藤先生を囲み、修了の会を開かせていただきました。
おいしいお酒をいただきながらみんなで盛り上がり、様々なことを振り返って、感慨もひとしおでした。

P1010058.jpg

この一年の激動を経て、リーダー養成コースの修了を迎えることができたのは6名でした。
数年前には、3名にまで減少したリーダー養成コース。それほどこのコースでの学びは険しく、本格的にカルマ清算に取り組むことができる唯一の環境なのです。
伊藤先生の示される教えのもと、認定コンサルタントの依田さんの指導を受け、自身のカルマに向き合い続けることは決して生易しいものではありません。しかし、厳しいからこそ、乗り越えてきたことに心から喜びを感じ、このコースで学ばせていただけることに大きな誇りがあります。

6名それぞれが振り返る一年と、来期への言葉です。

「昨年は仕事も、内面も、外見も、大きく変わった躍進の一年でした。来期も、愛のある人間へと成長し続けるために全力を尽くします」谷川徹也

「7年目にして、やっとこのコースに辿り着くことができました。これからも歩みを止めず精進します」金子慶司

「先生とみんなに爆笑されながら、新たな側面を見出していただいた一年。うだつが上がらないコース生の代名詞という汚名を返上できるよう頑張ります!」宮地文也

「激しい浮き沈みをへて、これまで繰り返しご指摘いただいてきたことが身にしみた一年でした。真の意思を手放さず、これからも学んでいきます」君山敬子

「カルマに翻弄され迷走し続けましたが、一つひとつの経験を血肉にして、着実に成長していきます」高橋恵子

「厳しい局面に立っても、地に足をつけ、諦めることなく前に進むことを学んだ一年でした。愚妻克服に向けて女性性を磨きます!」高橋さやか

P1010069.jpg

来期から加わる2人も一緒に、記念撮影!
前列の真ん中は、昨年一度はコースを離れましたが、見事復帰に漕ぎつけた佐藤俊哉さん。後列の一番左は、以前記事でもご紹介した私のパートナー、桑名宏明さんです。先生の肩には、この日も黄色いうらんちゃん。みんなで乾杯!

ここにさらに数名が加わり、来期、新たなスタートとなります。仲間と共に支えあい、時にぶつかり合いながら、諦めることなく力強く前進していきたいと思います。


高橋さやか

カエルの国の王子様・・by 谷川

ケロケロから、人間へ

みなさん、こんにちは。カエルの国からやって来た王子こと、谷川です。
突然のことで、さっぱりお分かりにならないかと思いますが、これは伊藤先生が私に付けて下さったものなのです。今回は、このユニークな名前が付いた経緯と、私の取り組みについてです。

先生が私の事を「カエルの国の王子様」と呼ばれるようになったのは、昨年の6月のこと。私が内科から心療内科へと専門を移し、信愛クリニックで勤務を始めた直後でした。たまたま信愛クリニックを訪れていた先生が、勤務中の私の姿をご覧になって「谷川って白衣を着て笑っていると、ペカっとしていて、カエルの国の王子様みたいだよね」と仰ったことから、この名前が付いたのです。

谷川修正  IMG_3618edit.jpg

ちなみに、左が信愛クリニックの院内に貼られている私の写真、右が先生の鳥さん「うらんちゃん」のお友達、ケロケロカンパニー社長とその御曹司です。こうして並べてみると、とても他人とは思えません‥。

ですが、私がカエルの国の王子様と言われるのは、見た目だけではない深い理由があります。
私はもともと、重い話題をまえにみんなが沈んでいる時に、その重さを受け止められずに浮き上がったように軽い返答をしたり、どっしりと落ち着いていられず早口でまくしたてたりと、その場にそぐわない軽い言動をしてしまうことが度々あります。先生は、そんな私の様子が、まるでなんの考えもなしにカエルが鳴いているかのように見えることから、「また谷川がケロケロしている」と表現されるようになりました。そして、伊藤先生は「谷川の問題はすべてケロケロに集約されている。これを改善させることが、谷川に一番必要な取り組みだ」と仰ったのです。

先生が、ユーモラスに表現してくださった私のケロケロ問題は、実はとても深刻で、私が人とのコミュニケーションをうまく取れなかったり、物事の重みや、深みを理解できないという問題に直結しているため、なんとしても直さなければと、努力を続けてきました。

先生のご指導のもと、ケロケロしてしまう「徹(とおる)」という人格ではなく、人の顔色を伺わずに怒りを表現できる「恭(きょう)」という人格を前面に出したり、外見を磨いたり、不安が強いチャイルド人格のケアをしたりするなかで、日々の診察においても、患者さんから、別人のようだと言われるほどの変化を遂げてきました。
それでも、どうしてもケロケロ率を一定以下に下げることはできず、一体どうしたらいいのだろうかと行き詰っておりました。

しかし最近、この問題を解決するための、大きなきっかけをいただいたのです!
伊藤先生が、私がケロケロするときに、まるで機械仕掛けのようで、芝居がかっていることから、ケロケロの正体は実は徹ではなく、チャイルド人格の「考(こう)」と「てつ」が、徹や恭などのアダルト人格を操作しているのではないかと見抜いたのです。それはまるで、頭部にあるコックピットにチャイルド人格が座り、レバーでガシャーン! ガシャーン! とアダルト人格を動かしているようなものだと先生は仰いました。

はじめは、「そんなことが本当に起きているのか!?」と驚きましたが、確かに私がケロケロするときは、考が自慢げに行動している時や、てつが不安を誤魔化そうとしている時だと合点がいき、チャイルド人格がアダルト人格を操っているという、先生のあまりにも的確な洞察に、「そうか、そうなのか!」と深く納得しました。
それはつまり、日常生活での主導権を、かなりの割合でチャイルド人格に明け渡して過ごしているということです。子供が大人を操って好き勝手にしているという大問題が起こっているにも関わらず、チャイルド人格達はまだ、事の深刻さを理解しておりません。考は舌を出してケロリとしており、てつは「怖い怖い」とコックピットにしがみついている状態なのです。

先生は、チャイルド人格をアダルト人格のコックピットからつまみ出すことと、チャイルドケアを行うことが必要だと仰いました。先生が指導して下さったことで、これまで私が抱えてきた大きな問題に、ようやく解決への道が見えてきたのです。
この取り組みは始まったばかりですが、今後も集中的に続けて、ケロケロから、私の目指す、先生のような本当に愛のある人間へと変わっていきたいと思います。


谷川徹也

パートナーとの新たな一歩・・by さやか

脱「愚妻」!

アースカレッジでは、伊藤先生のライブセミナーが3月4日に開かれました。精神疾患を克服するための相談や、チャイルド人格やパートナーシップのこと、分裂人格を先生に特定していただくなど、熱気あふれるセミナーでした。私はそこに、パートナーと共に参加をさせていただき、心に深く刻まれる一日となったのです。

私には、5年前から同棲しているパートナーがいます。彼はこれまで一貫して、私が伊藤先生のもとで学ぶことを理解し、協力してくれて、相談にのってくれることもたくさんありました。
アースカレッジのコースに入って学ぶにあたり、家族の理解を得ることが難しいと悩むコース生も多いなか、私はずっと彼に支えてもらってきたのです。それにも関わらず、彼からの協力を当たり前のように思っていた私は、昨年はコースでの取り組みやカウンセラーとしての仕事に夢中になって彼のことをほったらかし、さらには、彼と同棲しはじめた当初のゴタゴタをいつまでも根に持って、不平不満ばかりを言っていました。

そんな私に、先生はこれまでに何度も、「過去のことはお互いさま。今あなたがこうして学ぶことができているのは彼のおかげに他ならないのに、それに対して感謝もなく、彼に対する愛情もリスペクトも感じない。あなた、『愚妻』なんですよ」とご指摘くださいました。私は、そんな在り方をなんとかしたいと思いはするものの、それに反して、どうしても彼に対して頑なになってしまう自分がいました。

そんななか、今年の1月、私は初めて彼を誘って、先生のライブセミナーに一緒に参加させていただきました。そのきっかけは、なんと、今年を迎えるにあたり、先生がお年玉をくださったことでした。それは、課題は多々ありながらも、着実に成長を果たし、昨年を乗り切った私へのご褒美であり、そして「このお年玉を使って、彼も一緒にセミナーに参加したら?」と促してくださったのです。
それを聞いた彼は、いつか参加したいと思っていたが、このような形できっかけをいただけるとは思ってもみなかったと、とても喜びました。そして、セミナーではじめてお会いした先生の、実践的で愛に基づいたお言葉の数々に大きな感銘を受けたのです。そこから、さらに学びを深めたいと、3月のライブセミナーにも再び参加させていただき、彼のなかの人格を特定していくにはどうしたらよいか、先生に相談しました。

先生は、まだ漠然としている彼の人格を特定していくために、彼のこれまでの波乱万丈な人生について、どんどん話を引き出されていきました。先生曰く「全員がトムとジェリーみたい」という彼の個性的な家族の話や、小さい頃のユニークな逸話など、私も聞きながら大笑いしてしまいました。先生は彼のことを、「本当に魅力的な人だね。話が面白すぎて惹きこまれる」と仰って、会場は幾度となく爆笑に包まれました。そして彼のなかの、マシンガンをぶっ放すように仕事に打ち込む人格「マックス」を特定してくださったのです。

私はこれまで「マックス」のことを、理屈をこねくり回してばかりの面倒くさい人格だなと思っていたのですが、先生が引き出された「マックス」は、とても個性的で面白く、バイタリティあふれる人格でした。
私は、これまで自分が見ていた彼と、先生が愛しみをもってご覧になる彼が全然違うことを目の当たりにして、愕然としました。いかに私が、彼の一側面にとらわれて、彼の本質を見ないでいたかを痛いほど感じたのです。

彼はまた、愚妻の私のことを、「寝る間を惜しみ頑張っている姿を見ているので、信用できる。自分にはなかなか真似ができないなと思います」と話してくれたのです。先生は、「本当にいい彼だねえ。こんなふうに愛の目で、心の目で見てもらっているのに、この愚妻は愛情返しをしない」と、半ば呆れながらも仰いました。そして、私と生活時間が違うこと、話せる時には言い合いばかりと、彼がぼやくことに対しては、「もうちょっとお互いにねぎらう時間をつくったらどう? 時間がないのを理由に、それぞれが自分のペースで過ごすうちに不満が溜まり、ある時一気に爆発する。あなたたちは共働き夫婦の典型だね。数時間でいいから、付き合いはじめた当初の気持ちを思い出すような、幸せな時間、楽しい時間を一緒に過ごすイベントや約束事をつくれば、ケンカをしていても、今日はちょっと置いておこうとか、帰ってからにしよう、となるでしょう? パートナーとの関係を保つにはそういう努力が必要」とお話ししてくださいました。

私は、先生のお話を聞きながら、彼とのコミュニケーションをおろそかにして、過去の出来事を根に持ってばかりいた自分が、あまりにも愚かだと思いました。彼が持っている魅力に目を向けず、彼を立てることが全くできていないばかりか、関係を育む努力を怠ってきた私こそが「愚妻」だったんだと、心底腹に落ちたのです。

ライブセミナー後からは、忙しい合間を縫ってお互いに話し、楽しく出かける時間を意識してつくるなかで、心に余裕が生まれてきました。何よりも、私がこれまでどれほど彼に支えてもらってきたか、今さらながらに感謝する気持ちと、彼を大事にしたい、支えたいという気持ちが芽生え、彼との関係が大きく変わってきています。先生から本当に大きなことを教えていただいていると感じています。

先生からいただいたギフトはこれだけではなく、以前からいつかはコースに入って学びたいと密かに思っていた彼が、ライブセミナーのなかで「先生のもとで学びたいです!」とお願いしたことから、先生は現実面において様々な配慮をして下さり、なんと4月から、私と彼は共にリーダー養成コースで学ぶことになったのです。予想もしていなかった大きなミラクルに、驚きと感謝でいっぱいです。
これからも、彼と共にさらなる学びを深めながら、「愚妻カルマ」を改めて、パートナーシップを育んでいきたいと心から思っています。


高橋さやか