トップページへ

ゾウちゃん物語・・by 中山

本末てんとう大作戦{番外編}宇宙に救われた虫

みなさん、こんにちは。中山です。
今日は、てんとう大作戦の番外編です。

そうなのです。実は、てんとう大作戦には、それにまつわるサイドストーリーがいくつもあるのですが、その中でも「ゾウちゃん」なる子の存在は忘れられません。

そう、あれは先生がてんとうの幼虫さんを、はじめてベランダのプランターに放した時のことでした。
先生と僕が、放したばかりのこの幼虫さんたちがどうなっていくのだろうかと、期待と不安に胸おどらせていた時、先生はふと、ハコベにとまっている何やら得体の知れない、茶色い昆虫を見つけられました。てんとうの成虫と同じくらいのサイズのその虫は、かわいいとは言い難い、なんとも怪しい姿をしていました。

ゾウさん小さい

「この子ってもしかしたら、幼虫さんに悪さする子かしら?」
先生は、発見したその茶色い子に、語りかけはじめました。
「あなたって、幼虫さんをいじめる子?」

てんとうの幼虫さんをプランターに移すために作った棒で、先生はその子をコンクリートの上に乗せてみました。
するとその子は、七転八倒。大慌てで逃げようとしました。

その様子を見た先生は、益々いぶかしまれ、大慌てのその子を棒の先端に乗せてベランダの手すりから外に出し、その子に語りかけられました。
そこはマンションの最上階でした。

危機一髪

まさにその時の様子。(右の箸の先端にいるのが、怪しい昆虫です)

先生 「ねえねえ、あなたは悪いことする子?」
容疑虫 「僕、悪いことしません」
先生 「だって見つけちゃったんだもん。幼虫さんに悪いことされちゃ、嫌なのよ」
虫 「僕、悪い事しません。いい子にします。だから、戻してください」
先生 「大丈夫よ。あなた軽いし、ここから落ちても死なないから、絶対。大丈夫」
虫 「え~~~っ!? そんな~~~っ!! どうか、落とさないでください。僕が何をしたっていうんですか?」
先生 「まだ何もしてないわね。でもね、するかもしれないじゃない」
虫 「そんな、ひどいです。僕、何もしません。どうか、どうか許してください。」
こんな調子で、先生のアテレコが始まりました。

その茶色い子は、さっきまで大慌てだった様子とは一変して、棒の先っぽの方で、じい~っと微動だにせずに固まっていました。
その様子と、先生の一人二役のアテレコが、ものの見事にマッチしていて、僕は側でお腹を抱えて笑っていました。
でもその様子から、この茶色い子は、自分が置かれている状況を本当に分かっていると感じました。

話しかけているうちにその子のことが少しかわいく思えてきた先生は、その子のくちばしが、まるで花の蜜を吸うような形にも見えた事から、「もしかしたら、この子はてんとうの幼虫は食べないのかもしれない。調べてみて」と仰いました。
僕は、その場でスマホで調べてみました。

この世の中に、あまたある昆虫の中から、この子がどんな種類の虫なのかを調べ上げる事は容易ではないだろうと思っていましたが、昆虫のサイズと色とで検索するサイトがすぐに見つかり、なんと! 一発でヒットしたのです!!

その子は、「ゾウムシ」である事が分かりました。そして、ここからが運命の分かれ道・・・、ゾウムシが食べるものはといったら・・・
「牧草」と出ました

それを聞いた先生は、「そうだったの。ごめんなさいね。濡れ衣着せちゃって。でも、心配だったのよ」とゾウムシさんに話しかけられ、ベランダのコンクリートの上に戻してあげました。

そうしたら、ゾウムシさんは死んだふりをするほどの怯えようで。いえ、もしかしたらあまりの恐怖に、本当に気絶していたのかもしれません。
先生はそんなゾウムシさんに、「もう大丈夫よ。ここにいていいからね」と、優しく語りかけられ、お詫びのしるしにプランターから摘んだハコベをプレゼントされました。

それからというもの、ベランダに出るたびに毎日、先生はそのゾウムシさん(先生命名で「ゾウちゃん」)を見かけるようになりました。

その一件以来、ゾウちゃんは、先生がカメラを構えてすごく側まで寄っても慌てることなく、さらに、ひっくり返っているところを先生に起き上がらせてもらっても、安心した様子でいることから、先生は、ゾウちゃんと確かに心が通い合っているのを感じたのです。
ゾウちゃんは、ここに居る事を許されたのだと分かっているようでした。

ゾウちゃんが冤罪によって、マンションの最上階から落とされてしまうかどうかの瀬戸際に、一発でその正体が検索出来たことが、「まるで宇宙の采配だね」と、先生は仰っていました。

初夏のひと時、てんとうの幼虫さんと共に、ゾウちゃんはしばらく先生宅のベランダに滞在し、先生と心通わせながら過ごしたのです。


中山 寛士

アースカレッジの存在意義・・by 中山

「Dark Aspects of Society」に込められた想い

みなさん、こんにちは。中山です。

みなさんは、アースカレッジのホームページ内にある「Dark Aspects of Society」をご覧になりましたか? アースカレッジトップページの一番下の左隅にあります。
ここに使われている写真も、先生が昨年7月に行かれたシャスタ・セドナ召喚の時に撮られたものです。

バナーとしては下の方にいってしまったので、気付いてない人もいるかも知れませんが、これまで伊藤先生が何のために、15年にも亘りカルマ清算をガイドされてきたのか、その理由がここにあります。

先生は、一般的にスピリチュアルの分野で言われがちな、人類の為に、とか、苦しんでいる人を救いたい、などという事は全く思われていません。

先生はこう仰います。
「人類の為に尽くそうとか、この人生を捧げようとか、カルマ清算のガイドをすればするほど思わなくなった。人間が自らを苦しめているカルマの循環というものは、それぞれが選択した結果でしかなく、言ってしまえば自業自得。都合の悪いことから逃げ続ければ、その結果、いかなる試練も乗り越えられない軟弱な人間になるに決まっているし、自分の身を守ることしか考えられない人間は当然、誰のことも愛せない下等な人間に成り下がる。さらに、自らそう選択しておいて苦しい苦しいと己を哀れみ、被害者意識を膨らませていく。そんな自分で仕掛けた罠に自分がかかっているような人間に、同情の余地はない。それでもなぜ、私がこうして人を育て続けているのかと云ったら、動物たちのため。彼らを守るには、人間がまともになるしかない」

この間、先生がカルマ清算のガイドという仕事を通じて、人間の闇の側面をどれだけ見て味わってこられたか。人間のもっとも醜い側面であるカルマの吹き溜まりの中に常に身を置かれながらも、先生は人を育てるために、常に最善を尽くされてきました。

時に膝から崩れ落ちるほどのダメージを受けられる中で、常に先生のモチベーションとなって先生を支えてきたのが、先生のもとにいる鳥さんたちと動物たちの存在でした。
「愛のかたまりでしかない動物たちが、当たり前のように虐げられているような社会を放置するなんていう事は、絶対にあってはならない」

これが、このアースカレッジの根底にあるスピリットです。

僕自身、先生が鳥さんたちに向ける愛情と、鳥さんたちが先生に向ける愛情を近くで実際に感じた時に、動物というものがどれほど愛情深い存在なのか、そのまっすぐな想いに触れ、心が震えると同時に、「Dark Aspects of Society」で紹介されているリンク先の記事や動画を見るたびに、動物たちがどれほど自由を奪われ、虐げられ、その命を人間の都合のいい道具にされているのかと、怒りを強く持つようになりました。
そして、お肉を口にする時にも、何が行われて今、ここにこの食事があるのか、という事を想像するようになりました。

なんの穢れも罪もない動物たちに、こういう事を平気で出来るのがプライド人格なのだと先生は仰います。
そして、僕自身の中にも、同じ感性を持ったプライド人格が存在します。僕も日々、自分の中のプライド人格と格闘しています。

先生は仰います。
「アースカレッジの存在意義はここにある。動物たちが味わっているこの地獄のような現実を直視せずして、世の中が良くなるわけはない」と。

そして改めて、ホームページの中にある、先生の代表挨拶を紹介させて頂きます。すでに読んでいる人がほとんどかと思いますが、一人でも多くの方に、そこに込められた伊藤先生の思いが届くことを祈らずにはいられません。

どうぞ、こちらからご覧ください。
代表挨拶 


中山 寛士

7月あ~スカCafeのお知らせ・・by 麻衣

なんでも話せるカフェ、オープン!

こんにちは。リーダー養成コース生の佐藤麻衣です。
梅雨に入り、夏がどんどん近付いてきましたね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

アースカレッジでは、これまでの交流会をリニューアルした『あ~スカCafe』が、6月18日にオープンしました! その記念すべき第一回目の様子をお伝えします。

会場の扉を開けると、まず目に飛び込んでくるのは、大きなトカゲのシルエットの看板です。

ドドン!!
とかげ3

先生にご相談させていただきながら、コース生で協力し作り上げた渾身の力作です。でかくてキュートな姿に、「すごい!」「かわいい!」とテンションが上がった人が多数でした。

オープンの時間となり、会場の真ん中のテーブルを囲み、そこへスイーツとドリンクが次々と運ばれてきます。

今回のスイーツのセレクトは、コース生のさやかさん推薦の、ようかんとごぼう煎餅でした。おいしい和スイーツと、ドリンクのメニューのひとつである、こだわって選んだほうじ茶との相性もバッチリです。

初めましてのメンバーも自己紹介しながら談笑し、しばらくすると参加者全員が打ち解け、とてもリラックスできる空間でした。

IMG_1309t.jpg


後半は、それぞれの話がもっとじっくりできるようにと、グループに分かれて話していくことになりました。

この日参加されていたYさんは、一般クライアントとして継続的にセッションを受けながら取り組みをされている方です。
家族に対してや職場の同僚など、あらゆる人に対してどう思われるだろうかと気にするあまりに、思っていることや感じていることを表現できず、それを抑圧しながら生きていることに、苦しさを感じていると話してくださいました。

交流会に何度も参加するうちに顔見知りも増え、この場では話したいことがたくさんあると、日頃感じていることを思いっきり話されていました。そして、今日は9割話せた!と、すっきりした晴れやかな笑顔がとても印象的でした。

そして話しているなかで、Yさんが普段言いたいことが言えないというコミュニケーションの核心の問題は、親との関係性にあるということにハッとされた様子であり、ここからが長い道のりだと、ご自身の問題に取り組んでいく決意を新たにされていました。

あ~スカCafeは、日頃話しにくいことでも何でも、参加された方の希望に沿って話していくことができる場です。
次回も楽しくゆったり過ごせる空間で、みなさんとお会いできるのが楽しみです。

また当日には、伊藤先生が選び抜かれた珠玉のクリスタルを、10%割引で購入することができます。「 クリスタル速報 」で気になっているクリスタルなど、心魅かれるままに、直接手に取ってご覧ください。

みなさんのお越しを、コース生一同、心よりお待ちしています!


佐藤麻衣




7月 あ~スカCafeのお知らせ

日 程 : 7/16(日)

時 間 : 13時~16時 (受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

てんとうさんの里帰り・・by 中山

放し飼いにもほどがある!

こんにちは、中山です。

今回は、5月にアップした「本末てんとう大作戦」の続編です。
あれから、てんとうの幼虫さん達はどうなったのだろうと、気になっていた人も多いと思います。

前回の記事では、アブラムシを退治するために、飛ばないてんとうの幼虫さんのお迎えを検討している時に、その幼虫さんがひもじい思いをしないようにアブラムシの数を増やそうと、本気で考えられた伊藤先生の、優しすぎる本末てんとうっぷりをお伝えしました。

ですがその後、日が経つごとに幼虫さんは減っていってしまったのです・・・。

そして一週間が経った頃には、幼虫さんの姿が、ほとんど見られなくなってしまいました。確かに、アブラムシの数も少なくなってはいたのですが、謎は深まるばかり・・・。

どれだけ探しても数匹しか見当たらず。
「おかしいな? もっといるはずなのに」「見つけられないだけかな? でも、こんなに見つからないのって・・・」と、先生も僕もモヤモヤしていました。

ですが、よくよく考えてみれば、それもそのはず。
飛ばないてんとうさん達はもともと、ビニールハウスなどの施設内で栽培されている野菜を、アブラムシから守るための助っ人なんです。それを普通にベランダに放ったのですから、どんどんいなくなってしまうのは当然といえば当然のこと。

ところが伊藤先生は、ほとんどの幼虫さんがいなくなってようやく、「そうか、このてんとう達は飛び去ってしまうことはなくても、歩いてどこかに行ってしまうことはあるんだね・・」と、気付いたのです。

そうです。てんとうさんに優し過ぎた先生は、今度は、てんとうさんを自由にさせ過ぎてしまったのです。言ってみれば、究極の放し飼い状態だったわけです。

そしてある日、伊藤先生はある光景を目撃されました。それは・・・

ベランダのコンクリートの上を力強く歩きながら、去って行こうとする幼虫さんの姿でした。
伊藤先生の目には、その後ろ姿がまるで、「あばよ!」と、背中に唐草模様の風呂敷包みを背負って去っていくように見えたのだそうです。
ひと仕事(アブラムシ退治)を終え、旅立とうとしている幼虫さんの姿を見て、先生は悟ったのでした。想像していたよりもずっと、幼虫さん達はたくましく、自立しているのだと。

きっと、新たなアブラムシを求めて、このマンションのベランダからベランダへと、旅していくのだろう。そして辿り着いた先で、またアブラムシを食べるのだろう。その力強い去りっぷりから先生は、「そうに違いない」と確信されました。

そうして先生宅のベランダからは、どんどん幼虫さんが姿を消していきました。
本来なら、さなぎになるであろう時期を迎えても、さなぎは発見できず、みんな他の家のベランダにアブラムシを求めて巣立っていったのだろうと思っていたら・・・

なんと!

先日、先生はベランダで、成虫の姿をしたナミテントウさんを見つけたのです!

テントウコンクリート


それは、普通のサイズのてんとうさんと比べたら、その半分くらいの、とても小さな子でした。
しかもその子は、発見された場所と、歩いてきた方向からして、他のベランダから移動してきたとしか考えられない、「里帰りてんとうさん」だったのです。

先生は、里帰りてんとうさんを、そっと紙ですくって、アブラムシのいるプランターに移しました。

てんとうさんの顔


数日間、その子はそのプランターに滞在していました。

ですがある日、やはりまた先生は目撃されるのでした。ベランダのコンクリートの上を、力強く去っていくナミテントウさんの姿を。
その後ろ姿を見た先生は、「引き留めてはいけない」と、静かに見送られたそうです。

その後、小さなあの子はどうしているでしょうか?
今も元気にマンション中のベランダを、アブラムシを求めて移動しているのでしょうか?
真っ黒な体に赤い斑点二つ。小さな、小さな、その姿は、とても愛らしく、可愛らしく、尊いものに見えます。

伊藤先生のひらめきから始まった、「本末てんとう大作戦」は、小さくてもたくましいてんとうさん達が織りなす、切なくも心温まるドラマとなりました。

きっと今この瞬間も、てんとうさん達は、どこかのベランダでたくましく生きているのだと思います。


中山 寛士

ハグハグ、チュッチュしてますか?・・by 高橋

ワンネスを体感しました!

こんにちは。リーダー養成コース生の高橋恵子です。

アースカレッジでは、6月4日 (日) に 「ワンネスセミナー」 が開催されました。私は、セミナーの名称を聞いただけで、ワクワクとハートが開くのを感じていました。

前回の「チャネリング・ディスカッションセミナー」で、伊藤先生はワンネスについて、
「全てはもともと1つだった。けれど、すべてが1つで、どこを見渡しても自分しかいない世界ほどつまらないものはない。自分しか存在しない世界には、何も起こらない。外からの刺激がないなかでは、自分が何を考え、何を感じるのかさえも分からなければ、自分に対する認識すら生まれない。そこで私達はみんなでビッグバンを起こし、分裂した。それによって、それぞれの個性が生まれた。他者の存在があるからこそ、自分という個が存在できる。それを自覚することが、ワンネスの基本である」
と、壮大かつ、驚くほどシンプルにお話ししてくださいました。

そして、今回のワンネスセミナーの中で先生は、
「ワンネスというと、大きなスケールに思いを馳せてしまいがちだが、それを実際に体感しようと思ったら、スケールの小さなところから始めるしかない。たとえば、いつも誰かと何かを共有していたり、何かあればすぐに 『話聞いて!』 と誰かに声をかけたり、周囲の人の問題に関わらずにいられなかったり。そんなふうに人に対して当たり前にハートを開いていられることが、人として自然な在り方であり、実はワンネスを体現している状態なのです」
と、話されました。

そんな先生のお話を聞きながら私は、日常的にいつも、人との間に境界線をつくっていることをはっきりと感じていました。

私だけでなく、対人が苦手で、人に閉じていて境界線をつくっている人格は、参加者のほぼ全員の中にいました。その人格がつくっている、人との間にある境界線を外すには・・・? と、先生はその場で考えられました。

そして、先生が思いつかれたのは、お互いに、ハグハグしたり、チュッチュッしたり、なんならベロベロしたり (!) と、スキンシップをすることによって、境界線を外していくワークでした。

それを聞いて、嬉しくなってワクワクする気持ちとは裏腹に、私の中の対人恐怖を抱えている人格は、落ち着かなくなりました。スキンシップと聞いて、緊張や抵抗が出てきたのです。
参加者のなかにも、私と同じような反応をした人は何人もいました。

先生はさらに、「小さい頃に、親に十分なスキンシップをしてもらうことで、『自分は愛されている』という安心感が生まれ、そのなかで培われた親への信頼感こそが、人といるときの安心感に繋がるのです」と話されました。

私自身、両親から十分なスキンシップをしてもらった記憶はなく、ワークをすることに抵抗がありました。それをそのまま伝えながら、同じグループになった2人の仲間に、手を繋いだり、肩に手を置いてもらったりしました。
すると、スキンシップをしながらありのままの気持ちを聞いてもらっているうちに、自分を丸ごと受け入れてもらっていると感じられ、それまでの人生で経験したことがないような温かな感覚が広がっていきました。

まるで、目の前の仲間が、お父さんとお母さんのように思え、その手から伝わってくる体温とともに、安心感が心にジワジワと浸透していきました。そして、子どもの頃からずっとあった寂しいという感情が、涙と一緒に溢れて止まらなくなりました。

自分や仲間が、子どもでもあり、親でもあり、自分の娘でもあるように感じられ、人との間にあった境界線が消えていったのです。

「ワンネスってこういうことなんだな」と、頭ではなく、肌とハートで理解した瞬間でした。その後、他の仲間たちともスキンシップをすることで、相手との間に、これまでになかった安心感が芽生えました。

後半は、スキンシップで得た安心感を土台にした、参加者同士のディスカッションでした。
仲間の問題に対して、出てくるままに真剣にみんなで思うことを伝え合うなかで、腹にある思いがせき止められることなく、言葉になっている自分に気がつきました。時には厳しい言葉を伝えながらも、これまでにないほど距離が近く感じられ、伝えあうことへの抵抗感が薄まっていました。

セミナーを受けて以来、コース生同士だけでなく、家族や周囲の人といるときも、以前よりも明らかに自然体でいられるようになりました。家族とは小さなケンカをすることも増えましたが、気づけば後腐れなく、すぐに仲直りしています。

人に対して開いているって、こういうことなんだと、そして自分のハートが、純粋に人を求めているんだということを、日々実感しています。
セミナーでのワークは短時間でしたが、スキンシップによってこれほどの安心感を得ることができるのかと、衝撃を受けています。

これからもっと、仲間とも家族とも、ハグハグしたり、チュッチュッしたりしながら、周囲の人たちと、どんなことも伝え合える関係になっていきたいと思っています。


高橋 恵子