トップページへ

私が目指していく道・・by 麻衣

医療現場から見えてきたもの

こんにちは。リーダー養成コース生の佐藤麻衣です。
今日は、私の新たなるチャレンジについてお伝えします。

人に尽くしたり、もてなしたりする感性に乏しく、与えてもらって当然と言わんばかりの受け身の在り方が、昨年から炙り出されている私は、人に気を遣わせてエネルギーを奪うのではなく、人をもてなせるようになることを課題に、先生に道を示していただき取り組んでいるなかにあります。 そうして自分の実態と向き合いながらも、今私は、かつてから目標のひとつとしてきたことに向かって学ぶ日々を送っています。

私は昨年11月までは、看護師として働いていました。はじめは急性期病院の、呼吸器内科・外科をメインにした混合病棟に配属されました。できた看護師ではありませんでしたが、伊藤先生のもとで学ぶようになり、病気のすべてが、身体に現れた心の不調のサインであることを知ったところから、心の問題が解消されないままに、手術や投薬で症状を抑えられれば良しとされる現代の医療に、強い違和感を覚えていったのです。

そして転職のタイミングで、児童思春期の患者さんを主な対象とした、精神科病棟で働くようになりました。
しかし、精神科であっても、心の問題を根本からの解決に導ける医療者は、ほとんどいません。精一杯の介入をしても、向精神薬で症状を抑え、日常生活を何とか送れるようにすることがやっとであり、私も同僚たちもそんな現状に強い無力感を抱き、悩んだり、沈んだりすることが多くありました。
患者さんは良くなりたくて精神科を受診したのに、本当の意味での治療となっていない現状に、私はこのままではいけないと強く思うようになりました。そして、患者さんの根本の問題にアプローチができるようになりたいという思いが、看護師として働いていきたい思いを上回っていったのです。

伊藤先生のもとを訪れるクライアントさんのなかには、重度の精神疾患を抱え、治療困難と医師に言われていた人が何人も居ました。それでも先生のもとで取り組むことによって、明らかに症状は良くなり、完治にまで至っているのです。
先生は、その人たちの核心の問題を明らかにするだけではなく、これに取り組んでいけば確実に良くなる、とその人自身がイメージできるところまで道筋をつけられます。そして、徹底的に目の前の人に真剣に関わる先生の人間性に触れて、本当に先生を信頼して取り組もうと思えるのです。私は、まさに先生が教えられていることこそが、現代の医療を超えた本物の医療だと、心を揺さぶられたのです。

そして、先生が教えられていることを、「究極の精神医療だ」と誰よりも感銘を受けた人物が居ました。大船で「信愛クリニック」の院長をしている、井出さんです。
井出さんは、内科医でありながら、心の問題も診られるようになるべきだと考え、長年医師に向けてのセミナーなどを行ってきた方です。伊藤先生のご指導のもとで、薬に頼らない、真の精神医療を本気で実現したいと、5年前から学んできました。そして、患者さんが、もっと心の問題に向き合える環境を作りたいと、伊藤先生とともに、それを実現に向けて動かしてきたのです。

井出さんは、はじめて伊藤先生のもとで学ぶ生徒同士のやりとりを見たときから、ほとんどのコース生が、一般的なカウンセラーのレベルを凌いでいると驚いたそうです。そして今では、信愛クリニックで、伊藤先生のもとで学んできた人たちが、カウンセラーとして勤務するようになったのです。
私自身も、信愛クリニックでカウンセラーとして機能できるように、今はコース生数名にモニターとなってもらい、経験を積みながら準備をしています。

そんななかで、9月に行われたライブセミナーでは、今月から信愛クリニックでのカウンセリング業務をスタートさせた高橋さやかさんから、カウンセリングについての質問があり、それに対する先生のご指導が、私にとっても非常に大切なことでした。

それは、ある患者さんの事例に対し、気持ちに優しく寄り添って話を聞くことと、厳しく現実を直視するよう話していくことと、飴と鞭のバランスをどのように取っていったらいいのか、どう伝えていくべきなのかという質問でした。

私は、なかなか難しいことだな…と思いながら話を聞いていたのですが、先生はそれに対して、「何だか、変な質問だね」と仰いました。
「どう伝えるもこう伝えるもない。セッションっていうのは、はじめからこうしようと決めて臨むものじゃない。セッションというのは、目の前の人にただただ尽くす時間。そこに最善を尽くすんです。自分にできる最大限のものを、限られた時間の中で相手に与えられるかどうかなんです。主人格が居て、ハートが機能していれば、相手のスピリットと自分のスピリットが自ずと仕事をして、自然と言葉が出てきたり、何かがピンときたりする。ハートが機能していれば、最善の結果にしか行きつかないんです」

私はそれを聞いて、ハートを機能させ、最善を尽くしてセッションをすれば、道が開けてくるんだということに、自分を信頼できる感覚になり、どっしりとしてくるのを感じました。今はうまく人をもてなすことが出来ない私ですが、目の前の人へ自分の精一杯の思いを込めて、尽くせる人間になるんだという思いを強くしたのです。

私には、まだまだ課題が大きくあります。しかし、その1つひとつに取り組み、患者さんたちの心の問題に寄り添いながら、道を示すことができるカウンセラーになれるよう頑張っていきます。


佐藤麻衣

陰陽法則セミナー開催のお知らせ‥by 依田

スピリットを生きるために

こんにちは、認定コンサルタントの依田です。
本日は、10月8日(日)に開催される、1dayセミナーについてお知らせします。

今回のテーマは、「陰陽法則」についてです。
陰陽法則は、私たちが自身のカルマを清算し、霊的探求道を進む中で必須の学びであり、陰陽法則をマスターし、陰陽法則に基づいて生きていくことこそが、人々が霊的成長を遂げる道であることを伊藤先生は示されてきました。

それは、伊藤先生のご著書「ネガティブを愛する生き方」のなかでも、あらゆる角度から説かれています。
存在する全てに陰と陽の要素が備わっており、全ての物事には必ず裏と表が存在するということ。
魂の基本的な目的は、光と闇の領域において十分な経験を積み重ね、そこに在るすべての陰陽トリックを紐解くことであること。
光の本質は闇の中でしか見出せないし、闇の本質は光の本質を知らなければ暴けないのだということ。
私たちが本当の意味で真の愛を深く知るには、まず孤独や憎しみを知ることだということ。

そして伊藤先生はご自身の在り方をもって、陰陽法則をマスターするということがいかなることかを常に体現され、私たちに教え示してくださいます。伊藤先生のすべての言動は、陰陽法則に基づいた多面的かつ多次元的な視点から表され、そのすべてが愛に基づいているのです。

そして先日、伊藤先生は私に、「陰陽法則を生きるということは、理屈ではなく、法則のなかにダイブし、法則に身をゆだねて生きることであり、そう在れば絶対的にスピリットの目的に向かって生きていくことができる」と教えてくださいました。

ですが私たちは、普段から思い込みに囚われ、思考カルマによって自分自身をがんじがらめにすることで、息苦しさのなかを生きています。
その主たるものは、善悪や優劣にもとづくカルマ的なジャッジです。それはつまり、私たちの内側で陰陽の統合がなされていないからこその表れであり、私たちが自ら陰陽を分離させているからこその苦しみなのです。

私もその例にもれず、カルマまみれのジャッジにとらわれて生きてきた一人です。
ですが伊藤先生のもとでカルマ清算に取り組み、人格統合に取り組むなかで、私のなかに善悪や優劣で物事を判断しない在り方、ニュートラルな意識が、着実に確立されてきたことを様々な場面で感じるようになりました。
それはまさに、自分自身が作り出した思考カルマで歪んだ世界観から解放され、自由になっていくプロセスであることを強く実感しています。

それは、主人格的な感性に基づいて生きることであり、人格統合への取り組み自体が、陰陽法則をマスターするための道のりでもあるのです。

今回、私たちが確実な霊的成長を果たすにあたって、絶対的にマスターしていくことが必要である陰陽法則をメインテーマとして取り上げ、伊藤先生が講義されるというのはこれまででも初めてのことです。
伊藤先生の究極の教えに触れ、また新たな扉が開かれていく瞬間を、私は今回もとても心待ちにしています。


依田 真由美




■陰陽法則セミナー

1年以内に「2days集中ワークショップ」に参加したことのある方、もしくは、一般クライアントとして、一定期間セッションを継続されている方であれば、参加可能です。

 日 時: 10/8(日) 11時~21時
 場 所: アースカレッジ
 講 師: 伊藤 美海
 料 金: 25,000円 
 持ち物: ノート、筆記用具

〈メニュー〉
 ・光と闇の法則
 ・ワンネス ~分離から統合への道のり~
 ・感情と思考と陰陽法則
 ・愛≒ニュートラル≒陰陽統合
 ・人格統合=陰陽統合
 ・分裂人格を陰陽法則上で捉える
 ・陰陽法則を生きる
 ・愛とは‥


〈注意事項〉
 ※ 合間に1時間程度のお昼休憩を、はさみます。
 ※ 終了時間は、21時を過ぎる可能性もありますので、ご了承下さい。
   終電などのご都合によっては、早退も可能です。
 ※ 録音は可能です。
 ※ 前日・当日のキャンセル・変更につきましては、
   100%のキャンセル料が発生いたしますのでご了承下さい。
 ※ 締め付けの少ない楽な服装でお越しいただくか、もしくは、
   スウェット等の着替えをご持参下さい。
   (ジーンズ・タイトスカート・スーツ等の着用は、
   心身がリラックスすることを妨げるため、
   お控えになることをお勧めします)



申込みやお問合せは、アースカレッジまで、メールや電話で承っております。

電話 : 03-5460-8820
e-mail : info@earth-college.com

いつもそこにあった愛情・・by 君山

しみじみ感じた小旅行

こんにちは。リーダー養成コース生の君山敬子です。
突然ですが、皆さんは、夫や妻、恋人などのパートナーに抱いている不満はありませんか?
今回は、夫に対する不満を抱えていた私が、夫との関係が変わってきたことで、夫の愛情を実感できたエピソードをお伝えします。

私が伊藤先生にご指導いただくようになって、はや12年が経ちます。その間、多くのことをご相談させていただいてきましたが、伊藤先生のもとを訪れたきっかけは、夫との関係にひどく悩んでいたことでした。
夫は、周りからは「よくできた旦那さんだね」と言われるような人物でした。私が歯科医師として開業する時にも、私の仕事のサポートができるようにと、転職までしてくれました。それなのに私は、良い夫だと頭では分かっていても、旦那の顔色を伺ってビクビクし、「家に居場所がない」「自分の気持ちを分かってもらえない」という思いに苛まれ、どうしたら良いか分からず、パニックになったり、鬱状態に陥ったりしました。そして、藁をも掴む思いで、伊藤先生にご相談させていただいたのです。

伊藤先生のセッションは、私にとって毎回、驚きと感動の連続でした。セッションを受けるうちに、夫に対して過剰にビクビクと顔色を伺っていたのは、自分の母親に対する投影だということが分かっていったことが、私にとって最大の衝撃でした。伊藤先生は、「夫婦や恋人同士の関係には、必ずと言って良いほど親子関係が投影される」と仰います。

先生にご指導いただいたことに取り組むことで、夫に対しての悩みが次々と解決していったのです。例えば、洗濯物が溜まっていて、夫が気をきかせて代わりにやってくれても、もしかしたら怒られるのではないかと反射的にビクビクし、「ごめんなさい」と言ってしまうというようなことがよくありました。先生から、「そんなときは、ありがとうと言うんだよ」と言っていただいたことで、「ごめんなさい」ではなく「ありがとう」と言葉を変えただけでも、気持ちがとても楽になり、夫に対してビクつくことが少なくなったのです。

夫に対して母親を投影していたのは、チャイルド人格の「ゆり」でした。ゆりは、母親に対しての怒りや寂しさ、怖さなどの感情が表現できずにいたのですが、「こんなことを思ってはいけない」と、ずっとその気持ちをジャッジして封じ込めてきてしまったのです。
しかし、『ディスカッションセミナー』と、ライブセミナーで主人格について先生にご講義いただいたことが大きなきっかけとなり、私のなかでジャッジが少なくフラットな人格の「ジュン」が大きく育ち、ゆりのなかにある本当の気持ちを「在るものは在る」と受け止められるようになりました。そのことでゆりは、それまで表に出すことのできなかった気持ちを吐き出せるようになっていったのです。

そんななかで、毎年夏に恒例になっていた小旅行に、今年も夫と二人で出かけることになりました。場所は、岡山県でした。
去年までは、出かける前から、夫を苛立たせないか、うっかりミスをしないかと、緊張しっぱなしだったのですが、今年はちょっと違いました。リラックスして、旅行を楽しみにしている自分がいたのです。

旅行当日は、新幹線での移動でした。お酒のつまみをちょっと買いすぎてしまったのですが、いつもは、そんなことでさえも、夫の気を悪くするのではないかと不安になってしまっていました。しかし今回は、旅が楽しみでうきうきしているんだと、夫に自分の気持ちを伝えていました。夫も普通に聞いてくれて、笑っている姿を見て、それまで自分がいちいち過剰に相手の顔色をうかがっていたのだということを、はっきりと自覚したのです。

現地に到着すると、夏バテして疲れ気味だった私のために、レンタカーを事前に取りに行ってくれたり、先に目的地の近くに降ろしてくれたり、夫がさまざまに気遣ってくれているのを感じました。
その他にも、旅行中のいろんな場面の些細なことで、夫の優しさを感じ、こう思ったのです。ああ、夫は、自分が思っているよりも、私のことをずっと大事にしてくれているんだな、と…。そして私こそが、夫の気遣いに全く気付かずに、いつも不満ばかり思って、いろんなことを当たり前にしていたんだなと、本当に夫に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。そして、これまでの夫の支えに心から感謝の気持ちが湧いてきました。自分の内側が変化すると、こうも見える景色や、感じる思いが変わるのかと驚きました。

この夏の旅行は、サプライズやイベント的なことなどない、とても素朴な旅行でしたが、夫の愛情をこれまでになく感じられたことで、とても新鮮で、幸せを実感した旅行となりました。

これから熟年に向かう夫婦ですが、互いのことを思いやりながら、色んな気持ちを伝え合える関係を深めていきたいと思います。


君山敬子

あ~スカcafe、初の野外へ!・・by 高橋

夏、満喫!

こんにちは。リーダー養成コース生の高橋恵子です。
秋が近づいてきましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
あ~スカCafeでは、夏真っ盛りの8月20日に、野外イベントとしてバーベキューを行いました!

場所は、北品川駅からほど近い距離にある、『船宿平井』さんにて。
初の野外イベントを、なんとしても楽しい会にしようと、参加される方を想像しながら、コース生たちで何度も打ち合わせをし、準備を進めてきました。
初対面の方も多く、はじめは少し緊張した空気もありましたが、海沿いの開放感も手伝って、はじまって間もなく参加者皆が打ち解け、とても盛り上がりました!



私は、8歳の娘と一緒に参加しました。
今回初めて参加した娘は、はじめは少し緊張していたようですが、みんなが気さくに話しかけてくれたことでほぐれていき、色んな人との交流を、終始笑顔で楽しんでいました。

かつて私は、とてもヒステリックなママでしたが、伊藤先生のもとで学び、何度も親としての在り方を省みてきたことで変化し、今では娘から「別人のように優しくなった」と言われています。「ママがお勉強しているところって、どんなところなの?」「私も行ってみたい!」と、ずっとアースカレッジに興味津々だった娘は、今回、私が一緒に勉強しているコース生に会えることを、とても楽しみにしていたのです。

cc.jpg

他のコース生のご家族も参加されていましたが、仲間の結婚の馴れ初めや、普段聞けない家での様子など、ご家族からの初めて聞く話に、何度も驚いたり、お腹を抱えて笑ったりしながら、大いに盛り上がりました。
たくさん話して、焼いて、食べて、飲んで。私も娘も、とても楽しい時間を過ごしました。

ee.jpg  bb.jpg

aa.jpg  aa.jpg

そして、何より、大事な仲間のご家族やご友人とお会いできたことが、とても嬉しかったです。このことをきっかけに、さらにアースカレッジでの学びについて、家族や周囲の人たちと共有していきたいと思います。

今後も、アースカレッジでは、コース生が企画・運営をするお楽しみイベントを、定期的に開催していく予定です。

コース生のご家族、ご友人の方はもちろんのこと、アースカレッジに興味のある方や、継続的にセッションやセミナーを受けられている方まで、どなたでもご参加いただけます。

次回は、アースカレッジの、あ~スカCafeにて、皆さんをお待ちしています!
当日は、伊藤先生が選び抜かれた珠玉のクリスタルを、10%割引で購入することができます。「 クリスタル速報 」で気になっているクリスタルなど、直接手に取ってご覧ください。


高橋 恵子




9月 あ~スカCafeのお知らせ

日 程 : 9/17(日)

時 間 : 13時~16時 (受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

セミナー日程訂正のお知らせと、お詫び・・by 依田

こんにちは。認定コンサルタントの依田です。

アースカレッジの公式ホームページ内のInformationに記載されている、10月開催の1dayセミナー日程に誤りがございました。
下記のとおり訂正いたします。

「10月1dayセミナーの日程」

(誤)  10月1日(日)
【正】  10月8日(日)

こちらのページも合わせてご確認ください。→「1dayセミナー

皆さまには、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
ご不明な点などございましたら、アースカレッジまでお問い合わせください。

電話 : 03-5460-8820
e-mail : info@earth-college.com


依田 真由美