FC2ブログ

トップページへ

衝撃の初セッションvol 2 ・・ by 泉

開かれた心の扉

こんにちは、泉です。
私の住んでいる地域では、新型コロナウイルスの影響により休校していた小学校が先週から再開しました。娘は久しぶりの友達との時間がとても楽しい様子で元気に学校に通っており、その姿を見ると、親としてほっとする思いです。
ゆっくりと日常が戻りつつあるとはいえ、今回の件がもたらした変化や影響はとても大きく、以前の記事(「今までとは違う春」)でも書きましたように、改めて、地球や動物たちの事を考え、一人ひとりの意識や生活を見直していく必要性を感じています。

今日は、私が27歳だった2006年に伊藤先生に初めてお会いし、セッションを受けさせていただいた話(「衝撃の初セッション vol1」)の続きをお伝えしたいと思います。

伊藤先生は初対面で、当時の私の核心の問題、頑固で勝気な面があること、自分自身が楽しむことを許しておらず抑圧が強いことなどについて、短時間の会話の中で見抜かれました。
これらのパターンによって当時の私は被害者意識に陥りやすく、また、自分自身に許していない事を平然とやってのける人を見ると憎しみが沸き、心の中で相手に攻撃性を向けてしまうため、人間関係の中で葛藤を抱きやすかったのです。

私自身が楽しむことを許せなかったエピソードとして、精神科医として勤務を始めた頃が浮かびます。
私は医師3年目から精神科医となり、精神科病棟の勤務となりました。
長期間入院している患者さん達の人生をカルテで読み、本人と話し、病棟内での生活を知っていった私は、衝撃を受けました。
患者さんの中には、長年ずっと病院内での生活を余儀なくされている方や、家族との関係性が悪く、外出外泊をする機会がない方もいらっしゃいました。
当時の私は、私の全く知らないところで、自由のない生活を送る方達がいるのだということに、申し訳ない気持ちでいっぱいになったのです。

それから私は、仕事終わりのプライベートな時間でも「自分は恵まれすぎている。不公平だし、贅沢などしてはいけない、罰が当たる」という思いが沸いてきて、生活に必要な用事以外は出来るだけ寄り道をせずに帰宅するようになりました。
また休日であっても、気分転換のショッピングなどでさえ「なぜ患者さん達がずっと病院で過ごさなくてはいけないのに、私は自由に社会生活が出来るのだろう」と感じ、「私を知っている誰かに見られたらきっと、不謹慎だと思われるに違いない」という人の目線も気になって、次第に我慢し、外出を控えるようになっていきました。
いま振り返るととても極端な考え方ですし半ば妄想的だとさえ思いますが、当時の私は真剣でした。このようなルールに基づいて生活をしていた私は、当然ながらストレスをため込む一方でした。

そんなパターンを抱えていた私に伊藤先生は、自分を喜ばせることが足りていないこと、自分自身を満たすことはとても大切であること、また目標や理想が高すぎると辛くなってしまうことなどを伝えて下さったのです。
お話をお聞きしながら私は、心の武装体制が解除されて緩んでいく感覚を、全身で感じました。

また先生は私に、「人は基本的に“我がまま”で良い、自分らしく生きて良いのですよ。真面目に生きることも大切だけど、人には、楽しむこと、遊ぶことも必要。そのバランスによって良い仕事が出来るものです。人生とは、経験をして学び成長するためのものですから、失敗だってしても良いのですよ」と教えて下さったのです。
そして、自己表現することの大切さや、信じるものや価値観は生きていく中で変わっていっても良いことなど、それまでの私の人生にはなかった新しい考え方を次々にお話下さいました。

それは、私がさまざまなルールで自分自身をガチガチに縛り付けていることを自覚すると同時に、頑なだった心の扉が開かれた瞬間でした。

 海

このようにして先生の初セッションは、葛藤の泥沼で立ち尽くして先が見えなかった当時の私が、自分らしく人生を生きるための一筋の光を見出した日となりました。
「こうしなければならない」という思い込みの中に欲求を押し込めて、気付かないようにしていた心が解放され、これまでとは全く違う晴れ晴れとした気持ちになっていました。

セッションを受ける前は、眉間にギュッとしわを寄せて足元を見つめながら歩いていた私でしたが、帰り道では、あえて遠回りをして東京タワーが良く見える道を選び、心が解放されていくのを感じながら、上を向き、ゆっくりと歩いて帰ったのを覚えています。

それからの私は、以前とは打って変わって、「あれがしたい、これがしたい、あれもやって良いし、これもやって良いんだ。せっかくの人生だから、やりたい事をやろう!」と、堰を切ったかのように、やりたい事が次々と心から溢れ出していきました。
許可を出していなかっただけで、私の心の中には当然、欲求が存在していたのです。

ここから私は、それまで長年抑圧していた「欲求」という心の波に飲み込まれていくかのように、人生が大きく動き出しました。抑圧が強かった分、その荒波に時に翻弄されることにもなるのですが、この続きはまた、こちらのブログでお伝えしていきたいと思います。

 佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

私のなかの太陽・・by 太田

チャイルドケア奮闘記

こんにちは、コース生の太田です。
5月に入ってから急に気温が上がり、暑さを感じるようになったと思ったら、急に寒くなったりして、4月同様なかなか天候が定まらない日が続いています。
また新型コロナの影響でも出かけることがままならない日も続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は私のチャイルドケアについてお伝えしたいと思います。
私のチャイルドの「ちい」(3-4才)は今では天真爛漫で、思ったことをストレートに言ったり、怒ったりすねたり笑ったりと表情豊かに見せてくれる可愛い女の子です。
普段からこの「ちい」に教えてもらうことがとても多く、私にとって本当に大切な存在になっています。

「ちい」は10年近く前、当時伊藤先生が主催されていた2daysセミナー内の、誘導瞑想で初めて会った時は、牢の中で人形のような、感情も身体も何も動かない状態で私の前に現れました。
古いテレビの前で動かない彼女を連れ出し、今まで放置してきたことを謝るところから私のチャイルドケアはスタートしました。
セミナー内で伊藤先生からは毎日チャイルドに会いに行くことの大切さを教えていただいたのですが、当時の私は毎日がてんやわんやで、どう考えても毎日会いに行くことが無理としか感じられませんでした。
毎日会いに行くと約束しても嘘にしかならないように思え、私はこのチャイルドに「毎日は会いに来られないけれど、絶対忘れないし、助けるからね」と伝え、チャイルドケアをスタートさせたのでした。
当時、私のペースでケアを行いましたが、「ちい」は人形のような状態からは脱したものの、常に敵意に満ちた目でこちらをずっとにらんで、口をきかずに立っていたものです。

それから1年ほど過ぎて当時名古屋に住んでいた私は、一人でやることに限界を感じ、名古屋で行われていた認定ヒーラー主催の勉強会に参加するようになりました。
勉強会では皆が当たり前のようにチャイルドケアの報告をしており、チャイルドケアとは本当に目の前にいる子供に接するように、実際にお菓子を買ってあげたり、おもちゃを買ってあげたり、チャイルド人格になりきって遊んだりする必要があることや、子供の頃にやりたくて出来なかったことをすることを知りました。
それまでイメージの中だけでケアするものと思い込んでいた私は、かなりびっくりしたものです。

それからというもの、私も幼い頃の自分がかつてして欲しかったことをしてあげたり、もう一人のチャイルド人格「律」と一緒に、欲しいと私に伝えてきたぬいぐるみやクリスマスのお菓子セット、日々のおやつなどを買ったりして、チャイルドたちが喜ぶことをしたのです。

hitsuji.jpg

こちらは「ちい」にねだられて買ったぬいぐるみです。
大分汚れてしまいましたが、「ちい」はこのぬいぐるみが大のお気に入りで、とても大切にしており、今でも視界に入る事でとても安心します。

またチャイルド達のおねだりでも、無理な時はどうして無理かを話して伝え、理解してもらいながら代わりに何ができるかを模索しました。
こうして真剣に向き合うことで段々「ちい」にも変化が見られ、憎まれ口をきいてきたり、嫌だとかあれが欲しい、嬉しい楽しいなどの素直な気持ちを表現するようになっていったのです。

またある時に伊藤先生から、先生のチャイルド人格が幼稚園に通い、今は小学校に通っていると伺った時には、「ちいも幼稚園にかよいたい!」と言い出しました。
私は先生に倣ってインナーワールドの幼稚園に通わせ始めたのですが、「ちい」は幼稚園バスに嬉しそうに乗っていったり、幼稚園で教えてもらったという歌を歌ってくれたり、それはとても楽しそうでした。
それから2年ほど通った後に、「ちいはもうそつぎょう(卒園)したから、幼稚園にはいかないよ」と言い出しました。小学校は「ちいが行くとこじゃないもん」といって、ずっと私の傍にいるようになったのです。
こうして天真爛漫で、素直に色々な感情や表情を見せてくれるちいは、私がごちゃごちゃと思考に囚われているようなときでも、彼女に意識をむけるとすぐに思考の霧が晴れ、自分がどうしたいのか、どう在りたいのか、何を求めているのかハッキリさせることが出来、常に暖かい気持ちを思い出させてくれる、私の中の太陽と言うべき存在になったのでした。

この「ちい」については最近、衝撃の事実が判明したのですが、それについては次回の記事でお伝えしたいと思います。

太田 貴子
コース生 | Comments(-)

花を咲かせる・・by 谷川

精一杯の姿から

こんにちは。コース生の谷川です。
新型コロナウイルスの流行も少し落ち着きを見せてきました。まだまだ第2波に備えて油断が出来ないところではありますが、ほっとした方も多いのではないかと思います。

突然ですが、皆様は花がお好きでしょうか?
今回は、私が花を眺めながら思い出した先生の教えを皆様にシェアしたいと思います。

IMG_1734中

これは先日私が近所の生花店で買ってきた花です。私は昔から花が好きで、つい色とりどりに咲く花々に見入ってしまいます。その美しさだけではなく、精一杯生きている歓びを表現しているかのような姿に思わず感動してしまうのです。

この「精一杯」という言葉、私が今一番大事にしていることです。そのきっかけは先生がされた二つのお話でした。
一つ目は私が「美しく生きたい」という思いから、「人はどういうときに美しいのでしょうか」と質問をした時のお答えでした。
先生は、「精一杯に努力をしているときにこそ、人は輝き、感動を呼ぶものです。出来ていることが素晴らしいのでは無く、一生懸命にやっている姿にこそ人は感動する。ある意味で未熟であるからこそ美しいのです」と仰いました。私は目から鱗が落ちたような気持ちで、そのお話を聞いていました。今思い返すと、私が「未熟でもいいんだ」と思えた最初のきっかけだったように思います。

二つ目は、私が診察をするときに不安を感じることについて相談をしたときです。私は人からどう思われているかという事ばかり考えていて、診察している時もいつも「失敗するのではないか、人から批判されるのではないか」と思うと不安で仕方がありませんでした。
先生は、「あなたは、自分がどう思われるかどうかばかり考えているから不安になる。私ならば目の前にいる人に常に精一杯だから不安になどならない。相手のために最大限力を尽くしたいと精一杯やっていたら、自分の事を考える余裕なんて無い」とお話をされました。

私はその時、すぐには先生の言葉の意味が理解出来ませんでした。ですが先生の仰るとおり、「とにかく精一杯やろう、自分の評価は精一杯やりきれたかどうかで決めよう」と思い、努力を始めました。
すると段々に、先生の仰っていることが分かるようになってきたのです。相手のために可能な限り尽くそう、と思っているうちに確かに自分の事など考える余裕が無いこと、そして「最大限やっているならば、それを誰にどう思われようと気にならない。自分は精一杯やっているのだからこれが限界だし、それが私の実力だからそれでいいのだ」と思えるようになってきたのでした。人の目ばかりを気にしていた私にとってこれはとても大きな変化で、不安を感じないようになっただけで無く、精一杯やった分だけ自信が積み重なっていき、成長の土台ともなったご指導でした。

ところで、「花開く」という言葉は人にも使うことがあります。
私はこの言葉が好きで、日本人が生み出した最も素晴らしい表現の一つだと思います。精一杯な生き方こそが最も美しく、人を感動させるものだということは昔から同じなのだ、ということの証のように思います。

ちなみに、私のチャイルドである「てつ」も草花が大好きで、歩いていると二人してあちこちに咲いている花に目を奪われ足を止めてじっと見入ってしまうことがあります。

IMG_1580中

こちらはイヌフグリです。どこにでも咲いている花ですが、私は昔からこの美しい色、小さくて可憐な姿が大好きでした。私がこれだけこの花に魅入られるのもこの花が精一杯生きていて、生命力に満ちているからだ、と思うのです。

先生から教えていただいた「精一杯」という言葉は、私にとってもはや生きる指針になっていると言っても過言ではありません。日々を精一杯やりきって積み上げていった先に、いつか花を咲かせる、そんな美しい生き方をしていきたい、と思います。

谷川 徹也
コース生 | Comments(-)

衝撃の初セッション vol 1 ・・by 泉

葛藤の沼の中で

こんにちは、泉です。
今年のGWは、皆さん例年とは違った時間を過ごされたかと思います。
新型コロナウイルスの影響で、我が家も多くの時間を自宅で過ごしました。
小学4年生になる私の娘は「早く学校に行って友達に会いたい」と言っており、親としても本当に、日常生活が早く戻ることを願うばかりです。

私自身、コロナウイルスによる状況の変化に反応し、不安やネガティブな思考などカルマ的要素が炙り出されることも多々ありますが、先生とお話をさせて頂く中で軸を取り戻す事が出来ています。
また14年間学んで来たからこそ、このような未経験の状況に対してもひどく翻弄されずにいられるのだと感じています。

今日は、先日の「伊藤先生との出会い」の記事の続きとして、私が伊藤先生の初セッションに伺った時の事をお伝えしたいと思います(現在伊藤先生は、ホームページにありますように、新規の方の個人セッションは基本的に受け付けていらっしゃいません)。

2006年9月2日、私は初めて当時のリラ・アカデミーを訪れました。
緊張しながらインターホンを押し、素敵なセッションルームに通され、アシスタントの方が出してくれた飲み物を頂いて少し緊張がほぐれた頃、ロングドレスを身にまとった伊藤先生がいらっしゃり正面のソファに座られました。

先生の第一印象は、とにかくエネルギーが圧倒的で「こんな方に、私は今まで出会ったことがない」というものでした。
またセッションが始まると、私のそれまでの人生の価値観が根底からひっくり返される様なお話を次々として下さり、全てに説得力があって頭がパカーンパカーンと割れるような感覚がして、それはまるで未知の扉がどんどん開かれていくかのような、経験したことのない時間でした。
最初はとても緊張していましたが、先生が自然体でオープンに接して下さったため私も自然と心が開いていき、当時抱えている悩みについて先生にお伝えしていました。

27歳当時の私は頭でっかちであれこれ考え過ぎていて、やたらと自分の中での禁止事項が多く葛藤の塊のような状態で、また大きな悩みを抱えており、とても抑うつ的でした。悩みは大きく2つありました。
1つは先日の記事にも書いた、うつ病を経験した精神科医としての仕事上のことです。
またもう1つは、当時60歳の若さにも関わらず父親が大腸癌の末期で抗がん剤による闘病中であり、死期が近付いていたことでした。

父の死ということだけでも受け止め難いのに、私の両親は当時、父の知人の息子さんとのお見合い話を私に勧めて来ていました。
「結婚して俺を安心させてくれ」と懇願する父を安心させてあげたい気持ちは確かにありましたが、父が死んだ後も自分の人生を生きていくのだと思うと、そう簡単な話ではありませんでした。
父親の死期が迫る中、初めて知り合う人と結婚話と言われても到底無理があり、どうしても話を進める気持ちにはなれませんでした。当時の私は、父親の人生の最期と向き合うことに一番心を向けたかったのです。
相手の方はとても紳士的な方でしたが、「ここで親が望むからと結婚をしたら自分の人生ではなくなってしまう」という事だけは、私は感覚的に理解していました。

そのような悩みを抱えた私の心の中はぐちゃぐちゃで、毎日が首まで葛藤の沼に浸かっているような状態でした。
また父という存在を亡くすことが不安で仕方がなく、誰かにすがっていたいし甘えたい、依存したいという気持ちが強く出てしまい、毎日誰かに話を聞いてもらうような状態でとても不安定だったのです。

そんな時期に私は、伊藤先生にお会いすることが出来ました。
先生との出会いによって、私は本当の意味で自分の足で立って生きるスタートラインに立たせて頂いたのだと、14年前を振り返って思います。
まさに、藁をもすがる思いでたどり着いた初セッションだったのです。

そして、その日のセッションがあまりにも衝撃的で、当時のメモが今も残っているのですが、帰宅した私は感想をルーズリーフ3枚に渡って走り書きをしていました。
また翌日も興奮が冷めやらず、ルーズリーフに今度は10枚も気持ちを書き綴ったのです。次の記事では、先生が初セッションで私にどのようなお話をして下さったのかをご紹介させて頂きたいと思っています。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

カウンセラー養成コース開始のお知らせ・・by 谷川

新たなスタート

こんにちは。コース生の谷川です。
新型コロナウイルスのため緊急事態宣言が出るなど、これまでとは全く違う生活になり不安が広がる中ですが、皆さんはどのように過ごされているでしょうか。
私も仕事以外では外に出ることもほとんど無くなり、家で過ごすことが多くなっています。

IMG_9676中

こちらは私の愛猫のケンタです。家にいることが多くなった分、この子と触れあう時間が増えました。一見自分と新型コロナウイルスは無関係、とばかりにいつも通りに甘えてきてくれて私を癒してくれる存在ですが、果たしてこの子にはウイルスに翻弄されている私たち人間のことがどう映っているのかな、と考えてしまうことがあります。

さて、アースカレッジではこの4月で新たな期を迎えています。今年からコースの編成に変更があり、今までの自己実現コース、自己探求コースを統合し、カウンセラー養成コースとして新たなスタートを切りました。

コース生の顔ぶれは昨年から継続する人がほとんどで大きく変わりは無いのですが、これまで自己実現コース、自己探求コースで学んできたコース生の多くが、特にカウンセラーになるための知識やノウハウを学んできたわけではないにもかかわらず、自然と良質なカウンセラーに育ち、プロフェッショナルとして活躍しているというこれまでの経緯から、今回このような変更となりました。

アースカレッジで伊藤先生から学んだコース生のうち8人が、現在元コース生の井出広幸さんが率いる「信愛クリニック」で、カウンセラーとして活躍をしています。私自身も心療内科の医師として、アースカレッジで学んだカウンセラー達と一緒に仕事をさせてもらってきました。
診察では中々踏み込めないような深い領域まで入って話をしてくれ、その人の根本的な問題を解決していってくれるカウンセラーの存在はとても頼もしいものです。そのおかげで何年もずっと治らなかったうつ病の方が治っていったり、摂食障害で命も危ぶまれたような方が回復していったりという、奇跡なような例を何度も見てきました。

アースカレッジで学ぶ私たちは、お互いに自分を晒しあい相手の深いところに踏み込み、時には指摘をし合い、自分のカルマパターンをどうやって克服したら良いか、伊藤先生のご指導のもとお互いに切磋琢磨し合います。
自分のカルマパターンを知りそれを解決していく過程は、自らの心なさ、愚かさと向かい合い今まで避けてきたことに直面することでもあります。その過程には苦しみが伴いますが、それらと向き合い乗り越えるたびに人間的成長を果たすことが出来、同時に自分と同じ問題を抱えた人を導いて行くことが出来るようになります。そのようなことを繰り返していくうちに、自然とカウンセラーとしての能力が養われていくのです。

私自身も信愛クリニックで診断方法や薬の使い方を学ぶ一方で、伊藤先生のご指導のもと自分の問題点と向かい合っていくことで、他の人の事も何故その人がそうなっているのか、どうやって解決していったら良いのかが少しずつ分かるようになってきました。

それは私にとってとても大きなことでした。人の悲しみや苦しみに共感しながら、その人が抱える問題を解決に導けるようになってきたことで、今までより遥かに心に寄り添った医療を提供出来るようになっただけではなく、心の問題と繋がっていた身体的な問題まで改善することが出来るようになってきて、医師としての力も大きく向上したと感じています。

今は新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか全員が集まってと言うわけには行きませんが、インターネットを駆使して遠隔で集まるなどして私たちは学びを続けています。毎月2日間に渡って行われるコースの開催日には、お互いにカウンセラー役とクライアント役に分かれ、1時間のカウンセリングを実施、その後全員で集まってシェアをして意見をし合う、という形で進めています。

伊藤先生は、相手を導くときの心構えについて「とにかく最大限相手に尽くすこと。こういうときはこうして相手を導こう、というような知識に基づいた目線では無く、ハートを開いて心を機能させ、心の目で見て、心で考え、目の前の人に跪くようにしてひたすらに尽くすことだ」と私たちに教えて下さった事があります。もちろん先生が行われるセッションと、私たちが行うカウンセリングとではまったく次元が違いますが、心構えは同じだと私は思っています。

ですが、この尽くすと言う事がやってみると実に難しいことに気がつきます。カウンセリングをしているとどうしても自分のカルマパターンが出てきてしまいます。例えば、物事を軽く捉えてしまう癖が出て相手の辛い思いに寄り添うことが出来なかったり、「うまくやらなければ」という癖が出てしまうことで力が入ってしまい、相手の話を聞く前に一方的に話してしまったりするのです。カウンセリングをする度に私は、真に尽くすためにはまずは自分の問題に向かい合わなければならない、という事を痛感します。

コースでは全員にシェアをしたときに問題点を指摘してもらいますが、そのたびに自分の抱えているカルマに気付くことになります。そして自らの問題を認識し、それを解決するためにまた動いていくことで、私たちはカウンセラーとしての学びを深めつつも、人間力向上を目指しています。

コースの進め方は変わりましたが、最終的に私たちの目指す方向は自分のカルマパターンを知り、それを克服していくことで人間力を高め、愛のある在り方を目指すということであり、基本的には今までとなにも変わらないと思っております。私たちの成長や、また新たな変化があれば皆様にお伝えしていきたいと思います。

谷川 徹也