FC2ブログ

トップページへ

CATEGORY ≫ 未分類
      

幸せの体現者・・by俊哉

“ちゃんちゃんこ”に宿る思い

今回も還暦祝いの続きです。

興奮冷めやらぬまま品川に戻ってきた私たちは、伊藤先生にリアルマリオカートがどんなだったかお伝えすることを楽しみにしながら、料理やグラスをテーブルに並べ、ビデオとスクリーンの準備に取り掛かりました。
私は、せめてとの思いでテーブルに箸を並べたりしてみましたが、「俊哉さんは、何もしなくていいから」と、仲間になだめられてはすごすごと座り、先生がいらっしゃるのを今か今かとお待ちしていました。

準備が整い、程なくしていらっしゃった先生から「どうだった?」と問われた私は、「もう~、最高でした!! ありがとうございました!」と、これだけのことを言うのにも舌がもつれるくらいの勢いでお伝えしました。

あれもこれもと、みんなで先生にお伝えしたい衝動を抑えつつ、まずは乾杯です!
伊藤先生は、この日のために極上のシャンパンを10本もご用意くださいました。「俊哉、還暦、おめでとう!」と、同期でもあり、同じ歯科医でもある君山さんの乾杯の音頭で、パーティーは始まりました。

先生からのサプライズプレゼントである「マリカー」の、その驚きと興奮、感謝を先生にお伝えしながら、胸いっぱいに広がる幸福感を感じていました。
ですが、そんな私を、さらなる驚きと喜びがまだまだ待っていたのです。

次の瞬間、先生が、「あっ、そうだ!」と言って、突然部屋を出られました。どうされたのかと数人の仲間が後を追っていくと、廊下の奥から仲間の悲鳴のような歓声が聞こえました。「何があったのだろう?」と思って先生のところに向かうと、なんと先生の手には、大きなスモーキークォーツが握られているではないですか!

それは、いつもクリスタルの大きな飾り棚の中に置かれていたもので、私はその前を通るたびに、「いいな~。でもとても手が出ないな~」と思いながら眺めていた石の一つでした。
先生は、「ジジィになった俊哉には、この渋い石がピッタリだと思って‥」と仰いました。

しばらく私は何が起こったのか分かりませんでした。しかし、先生が私の還暦祝いとして、その石をくださるのだということがだんだん理解されてきて、身体が震えました。
実際に手に持たせていただくと、その重厚さと強さ、温かさが、波を打つように伝わってきました。そしてその石は、今もこうして記事を書いている私の座右にあります。



驚きは、まだ続きます。
先生は、「小さいおじさん、還暦を迎える!」の記事で書かれているように、私の還暦祝いをご提案くださった際、みんなで赤色のあまった布などを集めて“ちゃんちゃんこ”を作ることも発案されていました。そしてなんと、お裁縫が得意なぶんさんが、“ちゃんちゃんこ”作りを名乗り出てくれたのです。

そのお披露目のときが、いよいよやってきました!

じゃーん!

UF2GYdHA[2]

作者自ら、着せてくれました。

どうですか、この出来栄え!
すごくないですか?
帽子も、ぴったりです。

この時はじめて“ちゃんちゃんこ”の完成品をご覧になった先生は、「これはもう‥、愛でしかない!」と、私以上に感動されていました。

自分で言うのもなんですが、めっちゃ似合っています。そして何より温かいです。

BCh2pb1g[2]

60と書かれたオレンジの布は、先生のエルメスのバッグが包まれていた布をいただいたそうです!

ぶんさんは、“ちゃんちゃんこ”の布の組み合わせに苦心したり、帽子は型紙作りの段階から試作を繰り返して作ったりしたことを、嬉しそうに語ってくれました。
仕事が終わった後のわずかな時間を見計らって、少しずつ縫い進め、パーティー前日には徹夜で仕上げてくれたのです。朝、ぶんさんが寝ていても、みんなが温かく見守っていた理由がようやく分かりました。

ご発案くださった伊藤先生、布を持ち寄ってくれたコースの仲間、なにより懸命にそれを形にしてくれたぶんさん。それぞれの思いがひしひしと伝わってきました。

さらに、私へのメッセージが書き綴られた扇子を手渡され、感無量です。

a-wnalMg[2]

先生とのツーショット。もう、最高です!!

ぶんさんの作った“ちゃんちゃんこ”に賞賛の嵐が巻き起こった後は、「マリカー」の上映会です。臨場感たっぷりの映像を見ながら、カートを操縦していた時そのままの驚きや感動を伝え合いました。

お酒が進むうちに、以前はとにかくひどかった私について、先生がご覧になっていた私の姿や、仲間から見た私の在り方を、みんなで涙がでるほど笑いながら話しました。

先生のご指導があり、仲間に支えられて、様々な問題を乗り越えてきた今の自分があってこそ、こんなにも笑える今なのだと、つくづく思いました。

先生は、いつも私の努力する姿を褒めてくださいます。仲間は、いつも私の先生に対する思いを応援してくれます。その結晶が、この1日に集約されたようでした。先生が与えてくださったもの、みんなが与えてくれたもの、それを100パーセント、すべてを全身で受け取りたいと思いました。

こうして、今まで60年生きてきたなかで最高に心が満たされた1日を経験し、自分は「幸せの体現者」だと実感したのと同時に、私も人の心を満たすことができる温かい人間でありたいと心から思うようになりました。

改めて、伊藤先生、ありがとうございました。
ぶんさん、みんな、ありがとう。
私は、宇宙一の幸せ者です。

合成b9lHc0Ew[2]

みんなの笑顔に囲まれて。


佐藤俊哉

アースカレッジの存在意義・・by 中山

「Dark Aspects of Society」に込められた想い

みなさん、こんにちは。中山です。

みなさんは、アースカレッジのホームページ内にある「Dark Aspects of Society」をご覧になりましたか? アースカレッジトップページの一番下の左隅にあります。
ここに使われている写真も、先生が昨年7月に行かれたシャスタ・セドナ召喚の時に撮られたものです。

バナーとしては下の方にいってしまったので、気付いてない人もいるかも知れませんが、これまで伊藤先生が何のために、15年にも亘りカルマ清算をガイドされてきたのか、その理由がここにあります。

先生は、一般的にスピリチュアルの分野で言われがちな、人類の為に、とか、苦しんでいる人を救いたい、などという事は全く思われていません。

先生はこう仰います。
「人類の為に尽くそうとか、この人生を捧げようとか、カルマ清算のガイドをすればするほど思わなくなった。人間が自らを苦しめているカルマの循環というものは、それぞれが選択した結果でしかなく、言ってしまえば自業自得。都合の悪いことから逃げ続ければ、その結果、いかなる試練も乗り越えられない軟弱な人間になるに決まっているし、自分の身を守ることしか考えられない人間は当然、誰のことも愛せない下等な人間に成り下がる。さらに、自らそう選択しておいて苦しい苦しいと己を哀れみ、被害者意識を膨らませていく。そんな自分で仕掛けた罠に自分がかかっているような人間に、同情の余地はない。それでもなぜ、私がこうして人を育て続けているのかと云ったら、動物たちのため。彼らを守るには、人間がまともになるしかない」

この間、先生がカルマ清算のガイドという仕事を通じて、人間の闇の側面をどれだけ見て味わってこられたか。人間のもっとも醜い側面であるカルマの吹き溜まりの中に常に身を置かれながらも、先生は人を育てるために、常に最善を尽くされてきました。

時に膝から崩れ落ちるほどのダメージを受けられる中で、常に先生のモチベーションとなって先生を支えてきたのが、先生のもとにいる鳥さんたちと動物たちの存在でした。
「愛のかたまりでしかない動物たちが、当たり前のように虐げられているような社会を放置するなんていう事は、絶対にあってはならない」

これが、このアースカレッジの根底にあるスピリットです。

僕自身、先生が鳥さんたちに向ける愛情と、鳥さんたちが先生に向ける愛情を近くで実際に感じた時に、動物というものがどれほど愛情深い存在なのか、そのまっすぐな想いに触れ、心が震えると同時に、「Dark Aspects of Society」で紹介されているリンク先の記事や動画を見るたびに、動物たちがどれほど自由を奪われ、虐げられ、その命を人間の都合のいい道具にされているのかと、怒りを強く持つようになりました。
そして、お肉を口にする時にも、何が行われて今、ここにこの食事があるのか、という事を想像するようになりました。

なんの穢れも罪もない動物たちに、こういう事を平気で出来るのがプライド人格なのだと先生は仰います。
そして、僕自身の中にも、同じ感性を持ったプライド人格が存在します。僕も日々、自分の中のプライド人格と格闘しています。

先生は仰います。
「アースカレッジの存在意義はここにある。動物たちが味わっているこの地獄のような現実を直視せずして、世の中が良くなるわけはない」と。

そして改めて、ホームページの中にある、先生の代表挨拶を紹介させて頂きます。すでに読んでいる人がほとんどかと思いますが、一人でも多くの方に、そこに込められた伊藤先生の思いが届くことを祈らずにはいられません。

どうぞ、こちらからご覧ください。
代表挨拶 


中山 寛士

これが意味するもの・・by 中山

目を反らさずに

こんにちは、中山です。
先日、事務所に伊藤先生から僕宛にメールが届きました。

この動画を、あ~スカblogで公開して、署名を呼びかけてくださいと。
そして、この動画のフクロウたちが受けている扱いがどんなもので、それが何を意味するのか、あなたが記事を書いてくださいと。

動画を見た僕は、すぐに書かせて頂きたいとお返事をしました。
みなさん、まずはこの動画をご覧ください。




僕は先生の元に入るまで、動物と暮らした事はありませんでした。でも動物が嫌いなわけではなく、友達の飼っていた犬なんかはかわいくて、機会があるとよく遊んだりしていました。

みなさんもご存じのとおり、伊藤先生は鳥さんを四羽、育ててらっしゃいます。
僕は、伊藤先生が鳥さんたちと触れ合っているのを見ているのが大好きです。

なぜかというと、その様子を見ているだけで、言葉なく、ただただ奇跡のような時間を感じるからです。

先生が鳥さんたちに向ける表情は、その子がその子らしく、ありのままに振る舞うことに、無上の喜びを感じてらっしゃるように僕には見えます。
先生は鳥さんたちと、本気でケンカもします。ケンカをして、泣くこともあります。
鳥さんといる時も、先生はいつもありのままに、鳥さんたちに気持ちを向けられています。

そんな先生に鳥さんたちも、「ママ大好き! 」と、ありのままの思いをまっすぐに向けていきます。
僕は、そのまっすぐな鳥さんたちの姿に、いつも感動するのです。
かけ値なしの素直さや想いって、こんなに素敵なんだと。

そんな愛に包まれた光景を何度も見た後に知った、この動画のふくろうさんたち。
足を拘束されて、飛ぼうとしても当然飛べなく、何度も何度も飛ぼうとしている姿。
胸が潰れるような気持ちになります。

一体この子たちの生は、何のためにあるのだろうかと。
拘束することがどういう事なのかと。

先生は鳥さんたちの体の大きさに合った、十分な広さのゲージをご用意されています。そして、毎日放鳥タイムがあり、その間、鳥さんたちは思いのままに自由に過ごします。
大好きなママのところへ飛んでいったり、ママにたくさん甘えたり、イタズラしたくてイタズラポイントへ飛んでいったり、自由に暴れ、自由に食べて、自由に歩き回り、飛び回っています。
ママの愛情を一身に受けた、鳥さんたちの個性溢れた振る舞い。ほんとうに愛らしいのです。

先生はおっしゃいます。「本来なら、大空を自由に飛び回っているはずの鳥が、こうして家の中で飼われているってこと自体、人間による支配でしかない。だからこそ、どうしたらこの子たちが喜んでくれるのか、どうしたらこの子たちを幸せにしてあげられるのか、毎日毎日考えてる」と。

そんな先生と鳥さんたちの交流を見ている僕からすると、この動画の内容はめまいがするような現状で、これは虐待以外のなにものでもありません。

一体どこに、このふくろうさんたち、いえ、この子たちの立場になって、この子たちの気持ちになって、思いを向けている人がいるのでしょうか。

人間が鳥さんを拘束する。
それは本来の鳥さんの自由を奪うものです。
それならばせめて、最大限の愛情をもって、最大限の自由を、その子の幸せを願って、与えてやることではないかと、先生が鳥さんと接する在り方をみて、僕は思うのです。命あるものを、こんな風に虐待していいはずはないって。

動画が掲載されているページには、「今すぐ賛同」のアイコンがあります。
「拘束されて動けない フクロウのカフェに終止符を」 
NPO法人 アニマルライツセンターのキャンペーンに賛同するものです。

一人でも多くの方に、この現状を知ってもらいたいです。この子たちの立場に立って、感じて、そしてクリックして頂きたいです。

このblogを読んでいる皆さま、そして、あなたのすぐ側にいる人へと、少しでもこの動きが広まる事を心から願います。

どうかよろしくお願いします。


中山 寛士