FC2ブログ

トップページへ

CATEGORY ≫ by 泉

「他人軸」から「自分軸」への転換 vol 2 ・・by 泉

被害者意識よ、さようなら

こんにちは、泉です。
ぽかぽかと暖かい陽射しの今日この頃、春の到来を感じますね。

前回の記事では、私が14年をかけて他人軸で生きることからシフトし、自分軸で生きられるようになって来た事をお伝えしました。
それに伴ってもうひとつ、自分でも「まるで別人のようになった」と思える大きな変化があります。
それは「被害者意識がほぼ出なくなった」という事です。

2度のうつ病の時、どちらも発症するきっかけは、社会生活や人間関係の中で起こる様々な出来事に対するストレスの積み重ねでした。
そして、負のスパイラルのスイッチを押し、精神的な転落の大きなきっかけを作ったのは、紛れもなく私自身の中に根深くはびこる「被害者意識」でした。

それがなぜ、被害者意識に呑まれることがなくなったのでしょうか。
先生はいつも「精神的な不調は全て、感情の抑圧から始まると言って良い」と教えてくださいますが、他人軸で生きていた過去の私は、人に嫌われることが何より怖くて常に相手の顔色をうかがっていたため、自分の本当の気持ちを表現することなく、ただただ抑圧を重ねて生きていました。
本音を抑圧して我慢を重ねていると、ある瞬間自分の中で“カチッ”とスイッチが入る音が聞こえるくらい明確に、「なんで私ばっかり」と負の思考パターンが生まれます。
伊藤先生はそのような状態を、「良い子人格が抑圧を重ねた結果、ある瞬間にプライド人格に転じ被害者意識が生じる」と教えて下さるのですが、その通りの事が起こっていました。

でも、私が2度のうつ病を克服し学んだ真実は、「自分軸で生きることの大切さ」であり、「自分の人生に自己責任を負う」ということでした。
自分軸で生きる人生は自己責任ゆえに、人のせいにする余地がありません。
それは一見大変な事と思う方もいるかもしれませんが、精神科医のくせに人に依存しっぱなしで、問題が起きるたびに責任転嫁してきた結果、2度のうつを患って苦しんできた私が断言します。
自分軸で生き、自分の言動に責任を持つ生き方の方がずっと豊かであり、ずっとずっと、自分の人生を生きている実感と喜びがあるのです。

  yuuyake

被害者意識というネガティブな意識状態は、人の心や精神の活動を滞らせ、エネルギーを落とします。
では、どうすればよいのでしょうか。

それはいつも伊藤先生が教えて下さるように、その都度自分の感情を受け入れ、それらを表現し、周囲の人たちと心の通ったコミュニケーションを重ねることから始まります。
それが結果的に、自分軸で生きることや自己責任を負うという選択に繋がっていくのです。
私はそれによって、被害者意識を乗り越えていく事が出来ました。
あれだけ長年の性分だった被害者意識から、卒業が出来たのです。

この大きな変化を遂げることができたのは、私が特別な人間だからではありません。
本気であれば、誰にでも出来ることだと私は思います。
実際に私は、病院で出会う自分と同じようなパターンを持つ患者さんに体験をシェアすることで、それを参考にして自分の在り方を変える努力をされた方々が状況を好転させ、薬物療法が不要になるケースを数多く見てきました。

そして近年、診察室での環境だけでは伝えられる人数が限られてしまうことへのフラストレーションを抱えていた私は、今このようにあ~スカblogで自分自身の体験を記し、皆さんに読んでもらえる事がとても嬉しいです。

また、このブログを読んで下さった方が、自身に置き換えて、日々の選択や行動を変えることで、人生をより良く生きられるようになって下さるとすれば、それ以上の喜びはありません。
これからも、伊藤先生との出会いによって私の人生に起きた出来事と成長について、綴っていきたいと思います。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

「他人軸」から「自分軸」への転換 vol 1・・by 泉

劇的ビフォーアフター

こんにちは、泉です。
最近改めて、この14年という長い年月の学びの中で、いったい何が一番変わったのかということを良く考えます。
それは、「受動的ではなく、主体的に生きられるようになった事」だと感じています。
伊藤先生は事あるごとに、「あなたはどうしたい?」と聞いて下さいます。
決定権は自分の中にあり、自分が選べるのだというとてもシンプルな真実を、先生が繰り返し呼び覚まして下さったからこそ、私は主体的に生きられるように変化しているのだと感じるのです。

勿論、人によっては既に、主体的に生きる事が出来ている方もいるでしょう。
しかし私のように、「ああしなさい、こうしなさい。こっちが良いよ、そっちは危険だよ」と、いわゆるレールを敷くタイプの親に育てられた人にとっては、日常のなかで自分の意思を貫くという事が困難な時があるのです。

私のこの劇的な変化は、うつ病にも大きく影響を及ぼしました。
皆さんご存知の通り、「うつ病は再発しやすい病気」です。
治療を経ていったん回復し、医療のお世話にならずに医師として働いた私ですが、「根本的な克服」には至っていませんでした。
伊藤先生と出会った2006年当時にも、「人から嫌われたくない」 「優れていると思われたい」 「人を見下す」 「都合の悪い事からは出来れば逃げたい」等、メンタル不調を招く要素となるパターンをたくさん抱えていたので、ストレスが重なるとうつっぽくなる事が度々ありました。

当時の私にとって、「人からどう見られるか、どう評価されるか」が最重要事項でした。
それはつまり、「自分軸ではなく、他人軸を生きる事」でもありました。
ただでさえ命と向き合うプレッシャーと、忙しさに忙殺される医療の現場の中で、いつも人の評価を気にしていた私は、日々とても疲弊していました。

そんな時に伊藤先生のもとにたどり着き、ご指導を受けながら人生を歩んで来た結果、私は、手放せると思ってもいなかった「人からの評価」が気にならなくなり、「自分がどうしたいのか」を真ん中に生きられるようになって来ているのです。

現在私は地方に住んでいますが、毎月飛行機で東京に出かけてアースカレッジで学び、2人の子を育て、妻であり嫁でもあり、また一精神科医として勤務する多忙な毎日を送っています。
過去の私だったら、様々な場面で「誰にどう思われるか」に振り回され、どこでも良い顔をしようと頑張った末、疲弊してまたうつになるというスパイラルから抜け出せていないと思います。
ですが今では、どんなに忙しくても、かつてのように、うつっぽくなることは殆どなくなりました。
どの場面においても、自らの意思によって人生を選択しクリエイトしている自覚があるので、全てに対して責任を負える感覚があるのです。
それに加えて過去とまったく違うのは、周囲の人への感謝が大きくあるということです。
それによって自然と、日々の何気ない生活の中にも、心から喜びを感じられる事が増えているのです。

これは私にとって、本当に信じられない変化です。
医学生時代に遡れば、死にたいという思いが頭を離れずに、何度も人生を諦めかけていました。
また駆け出しの精神科医の頃には、職場の些細な決定にブツブツ文句を言い、被害者意識を垂れ流していた私です。
今と過去の自分が違い過ぎて、過去がまるで前世のようにさえ感じてしまいます。
まさに、「劇的ビフォーアフター」です。
全ては私が、27歳で伊藤先生と出会えたことから始まりました。
数々のご指導を頂きながら人生を自分軸で選択し、時には勇気を出してチャレンジしてきた先に待っていた、奇跡のような「今」なのです。

こうして私に起こった奇跡が、ひとりでも多くの人の人生にも起こるように、今後もこれまでの私の経験をこうしてお伝えしていきたいと思います。

  光

湖のほとりを運転していたら、美しい光の風景に出会いました。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

伊藤先生との出会い・・by 泉

医学生時代のうつ病を経て

皆さんこんにちは、泉です。
ご挨拶記事で少し触れましたが、これから私が伊藤先生のもとに辿り着いてからの14年間の歩みを、少しずつお伝えさせて頂きたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

職業は精神科医とお伝えしましたが、現在も週4日、精神病院と総合病院の精神科で働いています。
実は私は、医学生時代に、2年間に及ぶ重いうつ病を経験しています。
当時、精神科に通院しながら抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などを内服して治療を受けていましたがなかなか回復せず、希死念慮という「死にたい気持ち」が出てしまう程、重い病状でした。
しかし、精神医療の治療法のみでは改善がなく、あらゆる方法を試した私は、精神世界の本もたくさん手に取り読んでいました。
そして、体調を崩すきっかけとなった出来事に勇気を出して向き合った事を契機に、徐々に体調が回復して勉強にも集中出来るようになり、2003年5月には、無事に医師国家試験に合格することが出来たのです。

そのような経験を経て精神科医になった私は、精神医学の様々な分野の勉強会に参加し、積極的に学ぶ機会を持ちました。
しかしどこで何を学んでも、「自分自身のうつ病の経験」と「治療者としての目線」を合わせた際に、本当の意味で 「これだ!」と納得が出来る治療法や師には、なかなか出会えませんでした。
また日々患者さんと向き合う中でも、「精神医学だけでは、本当の意味で人の心を救えないのではないか」という思いが深まっていくばかりで、もっと本質的な「何か」を探し求めるようになりました。

残念ながら、精神世界と精神医療はリンクする内容がたくさんあるにも関わらず、ある意味では水と油のような関係性でもあります。
精神医学が西洋医学の一員であることから、精神医学側からすると、精神世界をすんなりと認めるわけにはいかない事情があるのです。
実際に医療の現場に身を置いていると、そのような風潮を身に染みて感じることも多く、私は葛藤していました。
また、当時は自分の病気を「消したい過去」と感じており、周囲にひた隠しにしていたという事もありました。
自分の中に矛盾を抱えながらも、

「きっと患者さんの中にも、私と同じような方がいるはずだ。
回復していく道のりは人それぞれで、手段や選択肢は、多い方が良いに決まっている。
たとえ精神医学の範疇でなくても、取り入れることで患者さんを根本的な回復へ繋げる方法があるのならば、学びたい。
でも、何を学びに行ってもしっくりこない。
一体何を学べば良いのだろうか…。」

という気持ちが強く、とても悩みました。
この頃の私は、社会生活は送れていたものの、軽度のうつ状態だったように思います。

そして、2006年9月。
私は27歳で、医師として4年目、精神科医としてはまだ2年目でした。
ある大学病院の精神科医局に所属して、精神医学を学びながら、大学病院、精神病院、メンタルクリニックなどで働いていました。

平日は様々な研究会や勉強会に顔を出し、また休日になると教会のミサに参加して牧師さんのお話を聞いたり、禅寺で座禅を組んで住職さんの説教を聞いたり。
藁をも掴む思いで、感じるままに出掛けていき、「出会い」を求めていました。
そんな日々の中である日、その全てを解決することになる、「伊藤先生との出会い」が訪れたのです。

ある精神世界の月刊誌を見ていた私は、伊藤先生が開業された最初のサロン、「ラサ・スペース」の広告が目に留まりました。
広告の中の先生のお写真を、気が付くと吸い込まれるように、じーっと見つめていました。
その時まるで、先生と目と目が合ったような感覚がしたのです。

直感的にピンと来た私は、すぐに電話をして伊藤先生のセッションの予約をしました。
当時はちょうど、先生がラサ・スぺースからリラ・アカデミーに移られたタイミングでした。
こうして2006年9月2日、私は初めてリラ・アカデミーを訪れ、伊藤先生にお会いしたのです。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

新年のご挨拶 ・・By 泉

新たな思いを胸に

新年、あけましておめでとうございます。
いよいよ2020年が幕を開けました。
皆さんは、どのようなお正月をお過ごしでしょうか?

数年前の自身を振り返ってみると、私が今こうして新年のあ~スカblogを書かせて頂いている事が、とても信じられません。
この数年の間、私はひたすら伊藤先生のご指導を心の真ん中に置き、目の前のひとつひとつの事を大切にしながら家族と向き合い、不安にダイブして自分の限界に挑戦し、弱い自分と戦って来ました。
大変なこともたくさんありましたが、乗り越えて来られた自分を、今とても誇りに感じています。
このような自分になれたことも、全ては伊藤先生のご指導のおかげです。

また、いつも伊藤先生がご指導下さる「思考に主導権を渡さないこと」は、私にとって今年の大きなテーマです。
同じパターンを持つ方は、とても多いのではないでしょうか。
あれこれ頭でっかちに考えすぎてしまう事で、一番大切な本来繋がるべきインスピレーションから離れてしまうことが多いので、今年はもっと深く錨を下ろし、自分の中心に繋がっていきたいと思っています。

伊藤先生はいつも、想像が出来ないくらい広く大きな視点から私達を見ていて下さいます。
時に厳しく、また時には本人以上に本人の事を深く理解し、それぞれが進みたい方向への道筋を明確に示して下さるのです。

今年もコース生一同、伊藤先生のご指導のもと、スピリットの望みに沿った人生を歩いていく為に、日々学びを深め邁進して参ります。
またこのあ~スカblogを通じて、まだお会いしたことのない方々と出会い、アースカレッジでお会い出来たらと思っています。

本年も、アースカレッジをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  朝日
 
今日の朝日です。とても綺麗でした。
 
佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

2019年 ありがとうございました・・by 泉

一年の最後の日に

みなさんこんにちは、泉です。
今日は遂に大晦日ですね。
皆さん様々な場所で過ごしながら、この一年間を振り返っているのではないでしょうか。

アースカレッジのコース生達は12月の毎年恒例の3daysセミナーにて伊藤先生の渾身のご指導を受け、新しい自分と出逢い、仲間との繋がりや安心感を全身で感じ、また新たな課題とも直面しながらそれぞれの思いを胸に過ごしています。

私自身は今年、伊藤先生の元にたどり着いてからの14年の長い学びを経てコース生専任の認定ティーチャーに就任させて頂きました。
大変光栄であるとともに、今この記事を書きながらも大変身の引き締まる思いです。

伊藤先生との出会いがなかったら、またこれまでの数々のご指導がなかったら、今の私は存在していません。
まだ課題は山積みですが、来年も伊藤先生の元で日々人としての成長を果たしていくため、また本当の自己愛を育むために、自分自身と対峙し続けようと思っています。
そしてこちらのあ~スカblogを通じて、私のこれまでの学びや成長、向き合っている課題等についてもご紹介させていただく予定です。

2019年の1年間、皆さん本当にありがとうございました。
来年もアースカレッジは、伊藤先生の元に集うたくさんの方達が魂本来の使命を思い出し、魂の欲求に基づいた愛へと向かう場所になることと思います。

皆さんどうぞ、良いお年をお迎えください。

   佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)