FC2ブログ

トップページへ

CATEGORY ≫ by 泉
       次ページ ≫

親の役割 VOL.2 ・・ by 泉

子供の人生の“追い風”になる

こんにちは、泉です。
前回の記事(親の役割 VOL.1)では、コース生の彩さんが、子育てのなかで娘さんと自分を同一化してきてしまった自分の在り方について、先生にご相談した事をお伝えました。今日は、そこからさらに先生がお話し下さって、私の心の真ん中に強く響いたことを書いていきたいと思います。

先生は彩さんに、「子供に色々な経験をさせて子供の可能性を引き出してあげたいと、そこで止まっておけばいい。そこにブレーキがきかずに『自分のリベンジのために』 という余計な想いを乗せてしまうから、あなたは過干渉になっているんだよね。そこを自分でコントロールしていくことが、あなた自身が人として親として成長していくことだし、娘の人生が本当に輝く方向に向かうように、背中を押してあげることになる」 と仰って、彩さんは先生をじっと見つめながら、全身でこのお話しを受け止めていました。

続けて先生が、彩さんを諭すように仰ったことは、私自身も親として本当にこう在りたいと心に刻まれるお話しでした。

「親というのは本来、追い風になるべき存在なんですよね。子供の人生の前に立って、誘導しちゃだめなのね。子供が自然と自分の道を歩んでいく『後ろ』にいるべきなのよ。お金を出したり、習い事をさせたりしてそこに可能性という名の道を作ったとしても、どの道を行くかは子供が決めることだから。もちろん、出来ないことが出来るようになるまで、手取り足取り子供に寄り添うことは大事だけれど、ある時点でパッと手を離してやる。子供が自分の意思で方向性を決めた時に、後ろから行っておいでと言ってやれる、その立ち位置を意識しないとね」

親が、子供の追い風になる。この言葉を伺った時、私には衝撃が走りました。
彩さんも他の参加者も、深く聞き入り大きく頷く姿が見られました。

私はこれまで子供にとっての応援団でいたいといつも思って来ましたが、追い風になる、ということは、ただ後ろで温かく見守るだけでなく、子供が道を決めた時にどっしりと後ろに立ち背中を押すという、より強く腹が据わった親のイメージが湧きました。残りの子育て期間はずっと、子供たちの人生の追い風になれる親でありたい、そう思ったのです。
  
  DSC_0392.jpg

こちらは、昨年の小学校の運動会での娘です。

私は、長女が生まれた9年前に伊藤先生から「子供は親の所有物ではなく、預かりものです」と教えて頂いたことを、常に頭の片隅に置きながら子育てをして来ました。
その後、子育てには何度も何度も行き詰まって来ましたが、その度に子供に対して「この子は預かりものなんだ」と思うことで、気持ちがすっと楽になったり肩の力が抜けたりして、とても救われる思いをして来た実感があります。

ですが私の親との関係や、精神科医として患者さんと関わる中では、親が良かれと思っていても、結果的に本人の気持ちを無視する事になっていたり、親の願望や叶わなかった夢を託してレールを敷いてしまう事がとても多いと感じてきました。
本当は、子供には子供の意思があり、好き嫌いがあり、向き不向きもあり、人生の選択肢があること、親の立ち位置は「後ろ」であることを、忘れてはいけないのだと思います。

「子供を預かりものとして育てる」こと、「子供の人生の追い風になる」こと。先生が教えて下さる親の在り方を思うと、私はあまりに未熟です。でも、一ミリずつでもそんな姿に近付けるように、これからも学びを続けていこうと思っています。

このように伊藤先生は、親子関係や子育てに関して、様々な角度から本当にたくさんの事をご指導下さいます。私自身が、壁にぶつかった時にご指導を頂きながら乗り越えてきたエピソードも交えて、今後もこちらで紹介させて頂きたいと思っています。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

親の役割 VOL.1 ・・ by 泉

“経験”というギフト

こんにちは、泉です。梅雨入りが宣言されましたね。
新型コロナウイルスの影響による様々な現実に向き合っている最中にも、季節は確実に巡っていくことを感じています。

今日は、子育てについての話題をご紹介したいと思います。
現在私は母親になって9年目ですが、長女が生まれた頃は、娘の事が可愛いと思えない事があったり、どう接したらよいのか全く分からなくて悩んだりと、壁にぶつかることの連続でした。
その都度、伊藤先生に子育てについての様々な質問をさせて頂いて、先生は様々な角度から、親子関係についてたくさんのご指導を下さって来ました。
そのお陰で現在では、母親としてずいぶんたくましく成長させて頂きました。もちろん今も試行錯誤の毎日なのですが、子供達から与えられる喜びの大きさに、日々支えられています。

先月の伊藤先生のグループセッションでは、コース生の「彩さん」が中学生の娘さんについてご相談をしました。そこで先生がご指導されたことがとても強く私の心に残っており、そのことについて、ご紹介したいと思います。

彩さんは、中学生になる娘さんと旦那さんとの3人暮らしです。
彩さんは以前、旦那さんの言動にどうしてもイラっとしてしまい、不満を爆発させることが止められない事に悩んでいましたが、先生はそんな彩さんに、問題は相手ではなく彩さん自身にあるということをご指摘され、彩さんはそこから時間をかけて自分に向き合ってきました。
彩さんは、自分の問題を棚上げして相手を責めていた自分の悪妻ぶりを直視することで、それでもずっと共にいてくれた旦那さんへの感謝や愛情が湧いて、大きく意識が変わりました。そして、旦那さんに対して心から謝罪をし、夫婦でお互いの本心を伝えあうような、今までにない温かい気持ちを育める関係性に、変容を遂げてきました。

そんな彩さんは、中学生の娘さんととても仲良しです。ですが、そろそろ娘さんが親離れしていく時期に入っているにも関わらず、一向に子離れが出来ない、という新たな課題が浮上しています。子供に依存してしまう自分の在り方を変えたいと、先生にご相談しながら努力している最中です。

彩さんはグループセッションのなかで、娘さんと自分自身を同一化してしまいがちだという事を先生にお伝えしました。そして娘さんの習い事に関して、その傾向が如実に表れていたのです。

「娘には、小さい頃から様々な習い事をさせて来ました。娘が何かを達成すると、あたかも自分自身が達成したかのような感覚になっていたんです」と話す彩さん。
彩さん自身は3月生まれだったこともあり、幼少期は周囲に付いていくのに必死だったため、自己卑下のパターンを大きく抱えている背景があります。そんな彩さんが娘さんを育てる中での感覚を、更に先生にこうお伝えしました。
「自分がやり遂げられなかったことを、娘の人生に乗せてやり直している感覚があるんです。娘が皆に置いていかれないように、困らないようにという思いが強くありました」

それを聞いた伊藤先生は、彩さんにこのようにお話されました。

「子供に可能性を与えるという意味では、行為として悪いことではないですが、問題はそこにある『想い』ですね。親のリベンジのために、子供の人生があるわけがないのです。
もし私に子供がいてお金があったら、きっと色々なことをやらせると思いますし、子供が欲しがる物は出来るだけ与えたい。なぜかというと、その子が何にときめくのか、何が得意なのかを、親として見極めたいからです。
習い事についても同じで、本人が興味を持てば触れさせてやりたいですし、やり始めてから不向きだったことがわかる場合もあるでしょうから、とにかく色々な事を体験させますね」


私も以前に、娘の習い事について先生から教えていただいた事があったので、娘が興味を持ち意欲がある事には、可能な限りチャレンジさせてきました。そのなかで今も続いている習い事はたった1つですが、本人が納得して自然と続いている様子を見守っています。

私は、先生からこのように教えていただく前は、「習い事は続けることが大切」という一般的な考えに疑問を持ちませんでした。でも今では、娘が本当に好きで続けたいと思うことは自然と続いていると感じますし、もし私が親として無理強いをしてしまっていたら、こうはならなかったと感じています。そんな実感の中で彩さんへの先生のご指導をお聞きした私は改めて、これからも親として、子供達に色々な経験を与えてあげたいし触れさせてあげたいと、強く思いました。

続けて伊藤先生は、親としての大切な在り方について、お話をして下さいました。私はそのお話を伺い、残りの人生において子育てにおける座右の銘にしようと心に決めたのです。

そのお話の内容については、次の記事でご紹介したいと思います。

  IMG_1524(1).jpg

我が家の娘のお稽古バッグです。ピアノの楽譜、歌の楽譜、英会話テキストなど、その時々で様々な教材が入っていました。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

衝撃の初セッション VOL.2 ・・ by 泉

開かれた心の扉

こんにちは、泉です。
私の住んでいる地域では、新型コロナウイルスの影響により休校していた小学校が先週から再開しました。娘は久しぶりの友達との時間がとても楽しい様子で元気に学校に通っており、その姿を見ると、親としてほっとする思いです。
ゆっくりと日常が戻りつつあるとはいえ、今回の件がもたらした変化や影響はとても大きく、以前の記事(「今までとは違う春」)でも書きましたように、改めて、地球や動物たちの事を考え、一人ひとりの意識や生活を見直していく必要性を感じています。

今日は、私が27歳だった2006年に伊藤先生に初めてお会いし、セッションを受けさせていただいた話(「衝撃の初セッション VOL.1」)の続きをお伝えしたいと思います。

伊藤先生は初対面で、当時の私の核心の問題、頑固で勝気な面があること、自分自身が楽しむことを許しておらず抑圧が強いことなどについて、短時間の会話の中で見抜かれました。
これらのパターンによって当時の私は被害者意識に陥りやすく、また、自分自身に許していない事を平然とやってのける人を見ると憎しみが沸き、心の中で相手に攻撃性を向けてしまうため、人間関係の中で葛藤を抱きやすかったのです。

私自身が楽しむことを許せなかったエピソードとして、精神科医として勤務を始めた頃が浮かびます。
私は医師3年目から精神科医となり、精神科病棟の勤務となりました。
長期間入院している患者さん達の人生をカルテで読み、本人と話し、病棟内での生活を知っていった私は、衝撃を受けました。
患者さんの中には、長年ずっと病院内での生活を余儀なくされている方や、家族との関係性が悪く、外出外泊をする機会がない方もいらっしゃいました。
当時の私は、私の全く知らないところで、自由のない生活を送る方達がいるのだということに、申し訳ない気持ちでいっぱいになったのです。

それから私は、仕事終わりのプライベートな時間でも「自分は恵まれすぎている。不公平だし、贅沢などしてはいけない、罰が当たる」という思いが沸いてきて、生活に必要な用事以外は出来るだけ寄り道をせずに帰宅するようになりました。
また休日であっても、気分転換のショッピングなどでさえ「なぜ患者さん達がずっと病院で過ごさなくてはいけないのに、私は自由に社会生活が出来るのだろう」と感じ、「私を知っている誰かに見られたらきっと、不謹慎だと思われるに違いない」という人の目線も気になって、次第に我慢し、外出を控えるようになっていきました。
いま振り返るととても極端な考え方ですし半ば妄想的だとさえ思いますが、当時の私は真剣でした。このようなルールに基づいて生活をしていた私は、当然ながらストレスをため込む一方でした。

そんなパターンを抱えていた私に伊藤先生は、自分を喜ばせることが足りていないこと、自分自身を満たすことはとても大切であること、また目標や理想が高すぎると辛くなってしまうことなどを伝えて下さったのです。
お話をお聞きしながら私は、心の武装体制が解除されて緩んでいく感覚を、全身で感じました。

また先生は私に、「人は基本的に“我がまま”で良い、自分らしく生きて良いのですよ。真面目に生きることも大切だけど、人には、楽しむこと、遊ぶことも必要。そのバランスによって良い仕事が出来るものです。人生とは、経験をして学び成長するためのものですから、失敗だってしても良いのですよ」と教えて下さったのです。
そして、自己表現することの大切さや、信じるものや価値観は生きていく中で変わっていっても良いことなど、それまでの私の人生にはなかった新しい考え方を次々にお話下さいました。

それは、私がさまざまなルールで自分自身をガチガチに縛り付けていることを自覚すると同時に、頑なだった心の扉が開かれた瞬間でした。

 海

このようにして先生の初セッションは、葛藤の泥沼で立ち尽くして先が見えなかった当時の私が、自分らしく人生を生きるための一筋の光を見出した日となりました。
「こうしなければならない」という思い込みの中に欲求を押し込めて、気付かないようにしていた心が解放され、これまでとは全く違う晴れ晴れとした気持ちになっていました。

セッションを受ける前は、眉間にギュッとしわを寄せて足元を見つめながら歩いていた私でしたが、帰り道では、あえて遠回りをして東京タワーが良く見える道を選び、心が解放されていくのを感じながら、上を向き、ゆっくりと歩いて帰ったのを覚えています。

それからの私は、以前とは打って変わって、「あれがしたい、これがしたい、あれもやって良いし、これもやって良いんだ。せっかくの人生だから、やりたい事をやろう!」と、堰を切ったかのように、やりたい事が次々と心から溢れ出していきました。
許可を出していなかっただけで、私の心の中には当然、欲求が存在していたのです。

ここから私は、それまで長年抑圧していた「欲求」という心の波に飲み込まれていくかのように、人生が大きく動き出しました。抑圧が強かった分、その荒波に時に翻弄されることにもなるのですが、この続きはまた、こちらのブログでお伝えしていきたいと思います。

 佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

衝撃の初セッション VOL.1 ・・by 泉

葛藤の沼の中で

こんにちは、泉です。
今年のGWは、皆さん例年とは違った時間を過ごされたかと思います。
新型コロナウイルスの影響で、我が家も多くの時間を自宅で過ごしました。
小学4年生になる私の娘は「早く学校に行って友達に会いたい」と言っており、親としても本当に、日常生活が早く戻ることを願うばかりです。

私自身、コロナウイルスによる状況の変化に反応し、不安やネガティブな思考などカルマ的要素が炙り出されることも多々ありますが、先生とお話をさせて頂く中で軸を取り戻す事が出来ています。
また14年間学んで来たからこそ、このような未経験の状況に対してもひどく翻弄されずにいられるのだと感じています。

今日は、先日の「伊藤先生との出会い」の記事の続きとして、私が伊藤先生の初セッションに伺った時の事をお伝えしたいと思います(現在伊藤先生は、ホームページにありますように、新規の方の個人セッションは基本的に受け付けていらっしゃいません)。

2006年9月2日、私は初めて当時のリラ・アカデミーを訪れました。
緊張しながらインターホンを押し、素敵なセッションルームに通され、アシスタントの方が出してくれた飲み物を頂いて少し緊張がほぐれた頃、ロングドレスを身にまとった伊藤先生がいらっしゃり正面のソファに座られました。

先生の第一印象は、とにかくエネルギーが圧倒的で「こんな方に、私は今まで出会ったことがない」というものでした。
またセッションが始まると、私のそれまでの人生の価値観が根底からひっくり返される様なお話を次々として下さり、全てに説得力があって頭がパカーンパカーンと割れるような感覚がして、それはまるで未知の扉がどんどん開かれていくかのような、経験したことのない時間でした。
最初はとても緊張していましたが、先生が自然体でオープンに接して下さったため私も自然と心が開いていき、当時抱えている悩みについて先生にお伝えしていました。

27歳当時の私は頭でっかちであれこれ考え過ぎていて、やたらと自分の中での禁止事項が多く葛藤の塊のような状態で、また大きな悩みを抱えており、とても抑うつ的でした。悩みは大きく2つありました。
1つは先日の記事にも書いた、うつ病を経験した精神科医としての仕事上のことです。
またもう1つは、当時60歳の若さにも関わらず父親が大腸癌の末期で抗がん剤による闘病中であり、死期が近付いていたことでした。

父の死ということだけでも受け止め難いのに、私の両親は当時、父の知人の息子さんとのお見合い話を私に勧めて来ていました。
「結婚して俺を安心させてくれ」と懇願する父を安心させてあげたい気持ちは確かにありましたが、父が死んだ後も自分の人生を生きていくのだと思うと、そう簡単な話ではありませんでした。
父親の死期が迫る中、初めて知り合う人と結婚話と言われても到底無理があり、どうしても話を進める気持ちにはなれませんでした。当時の私は、父親の人生の最期と向き合うことに一番心を向けたかったのです。
相手の方はとても紳士的な方でしたが、「ここで親が望むからと結婚をしたら自分の人生ではなくなってしまう」という事だけは、私は感覚的に理解していました。

そのような悩みを抱えた私の心の中はぐちゃぐちゃで、毎日が首まで葛藤の沼に浸かっているような状態でした。
また父という存在を亡くすことが不安で仕方がなく、誰かにすがっていたいし甘えたい、依存したいという気持ちが強く出てしまい、毎日誰かに話を聞いてもらうような状態でとても不安定だったのです。

そんな時期に私は、伊藤先生にお会いすることが出来ました。
先生との出会いによって、私は本当の意味で自分の足で立って生きるスタートラインに立たせて頂いたのだと、14年前を振り返って思います。
まさに、藁をもすがる思いでたどり着いた初セッションだったのです。

そして、その日のセッションがあまりにも衝撃的で、当時のメモが今も残っているのですが、帰宅した私は感想をルーズリーフ3枚に渡って走り書きをしていました。
また翌日も興奮が冷めやらず、ルーズリーフに今度は10枚も気持ちを書き綴ったのです。次の記事では、先生が初セッションで私にどのようなお話をして下さったのかをご紹介させて頂きたいと思っています。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

今までとは違う春 ・・by 泉

地球からのメッセージ

みなさん、こんにちは。コース生専任の認定ティーチャーの佐藤 泉です。
アースカレッジも新年度を迎えました。今年度もどうぞ宜しくお願い致します。

普段なら新たなスタートを切るこの季節ですが、今年は世界中に広がる新型コロナウイルスの影響によって、誰もが予想していなかった春になってしまいました。
私の勤めている病院でも診療体制が大きく変わったり、外来患者さん達の中にも不安が広がっていたりするのを感じています。
また学校が休校となり、我が家の小学生の娘と保育園に通う息子の生活にも変化を強いられています。

そんな日々の中でも、自然はいつもの春と同じように、美しい姿を見せてくれています。
先日隣町に出かけた帰り道、交差点を曲がるとそこには一面、黄金の菜の花畑が。まるで黄色い絨毯のようで、その美しさに圧倒されました。

  IMG_1033.jpg

調べたところ、菜種油の材料になる「ななしきぶ」という品種の菜の花だと知りました。菜の花が咲く期間は比較的長く、5月上旬までこの美しい姿を見られるそうです。

こちらは桜です。
桜ほど、無条件に日本人の心の奥深くに触れる花はないと思います。

  20170413_153746.jpg

  IMG_1167.jpg

しかし、このような美しい春の自然とは反比例するかのような混乱した社会情勢の中で、いま私達は生きていると感じます。

私は先日、伊藤先生のライブセミナーに参加させて頂いた際、参加者からのコロナウイルスについての質問に対して先生がお話し下さったことが強く印象に残っており、とても大切なことだと感じましたので、皆さんにお伝えしたいと思います。

「コロナウイルスは一種の浄化なのでしょうか」と質問をした参加者に先生は、「これが浄化になるかどうかは人間次第です」と仰られて、このようにお話しされていました。

「今回の新型コロナウイルスの事は、人間がやりたい放題にやり過ぎて、あるラインをオーバーしたことに対する警報のようなものだと思うことです。
惑星も一つの命ですから、地球上で生きている人間が地球を大事にすれば本来の寿命を全う出来ますが、これだけ人口が増えた挙句それぞれが好き放題にしていれば、いくらでも地球の命は縮まってしまいます。
ラインオーバーをした人間達に対して目に見えない力が働いて、人類がこれまでの在り方や考え方を顧み、改めるきっかけとなるよう新型のウイルスが世界中に広がった。今そういうことが起こっていると感じます。
同時に私のもとには地球から発される怒りと憤り、そして動物たちの深い深い悲しみが届いてきます」


先生は長年、動物虐待に対して問題提起をし続けられており(Dark Aspects of Society)、しばしば私たちに、人間がいかに動物や自然に対して都合の良い解釈をし、好き放題やってきたのかをお話し下さいます。
私自身、幼少期を自然に囲まれた土地で過ごしたため森林に対する親しみが強く、先生のもとで学ぶようになってから、より環境問題に興味を持つようになりました。

特に3年程前からは、プラスチック製品の購入を避けたり、ゴミを減らすよう努力したり、環境に負担のかかる合成洗剤ではなく、無添加せっけんや重曹やクエン酸などを使ったりと、出来ることを少しずつ選択してきました。しかし、利便性を重視して地球に負担をかける行動もたくさんして来ています。
また近年では異常気象が相次ぐことから、地球全体が良くない方向に進んでいるのではないかという事がとても気がかりでした。
そのこともあり、今回の新型コロナウイルスは自分達の行為がこの様な形で自らに返ってきているのだという先生のお話は、今まで伺ってきたお話や自分が感じてきた事とも繋がって、深く納得するものでした。

今の状況がいつまで続くのか、影響がどこまで広がるのか、世界中がまだ分からない中にあります。
しかし、今この瞬間にも自分達が動物や地球に対して何をしているのかを、一人ひとりが真剣に考えなければいけないのだと思います。
私達の意識や行動が変わらなければ、今回の新型コロナウイルスの流行がたとえ収束したとしても、さらに大きな警報が鳴らされることは必須です。

私は、子供達が生きていくこれからの社会が、混乱したものであって欲しくないです。自然や動物をいつくしみ、春になったら桜や菜の花の美しさを楽しみ、食卓では大切な人と自然の恵みを有難く美味しく頂いて、幸せに生きていって欲しいと願います。
そのために私は、今自分が出来ることを考え、選択し、行動し続けていきたいと思っています。

 佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)