FC2ブログ

トップページへ

CATEGORY ≫ リーダー養成コース生

2月15日はアセンション記念日・・by 中山

お笑い般若心経誕生!!

こんにちは、中山寛士です。
私は2年前、アースカレッジのリーダーとして記事を書かせて頂いていました。ですが、その後大きなプライドカルマの炙り出しにより、一度はコースをリタイヤし、そこからの復帰を経て今、いちコース生として、また事務所スタッフとして取り組みを続ける中で、今回久しぶりに記事を書かせて頂きます。

私はこれまで長い間、図々しく攻撃的で、自分の満足のためにあらゆることを利用する私のプライドカルマを、どうしても根本から変える事が出来ず、「こんな自分なんて生きる価値はない」と自虐モードに入り、行き詰っていました。そんな私に今、そこから抜け出せるかもしれない「何か」が起こり始めています。

それは、前々回の1dayセミナーで、伊藤先生から「こうすべき、こうでなくてはいけないなどの、ありとあらゆるジャッジを外した時に、あなた達が本当にしたい事はなんですか?」 と問われたことからでした。

私は、先生のそのお話をお聞きして、これまでの人生を振り返って向き合った結果、「自己愛を育みたい」とお伝えしました。それは、自分の存在を否定していた私にとって、自己愛へ向かおうとする、一歩でした。

ですが、ここまで自己否定する癖を身につけた私が、簡単に自己愛に向かえるはずはありませんでした。すぐに行き詰まり、どうしたら自己愛が育めるのかをグループセッションで先生にご相談しました。そして、先生に問われるままにお答えしていくなかで、私はいつの間にか、幼少期の親との辛い経験から、アースカレッジに辿り着くまでの人生をとつとつと語っていました。

私はこれまで、人生で行き詰まる度に「本質は何か」と考え、ソーシャルスキルトレーニング、宗教、西洋物理学、宇宙論、スピリチュアルなどに答えを求めてひたすら探求してきました。
たとえば、中学生の時に自分の醜さを一つも余すところなく見切らなければ自分を許せなくなった私は、内面を1つ1つ否定のジャッジをしながら掘り下げていきました。そして自分の醜さを全部見切ったと感じた、約20年後。自分のなか全てが真っ黒になったと感じた時に、その対極にある真っ白のイメージが降ってきたような体感をしました。それは否定のジャッジの対極にある、「すべてがなるべくしてなっている」という、無条件そのもののイメージでした。
その後私は、仕事も含めた生活すべてを変えて、その真っ白の、無条件そのものの存在になろうとしました。それは結局、自分からは何もアクションを起こせなくなり、友人にさえも自分からは何も連絡出来なくなり、誰も私がこんな風に生きている事を知らない、孤独死しそうな方向に深く入り込んで、生きるために方向転換を余儀なくされる結果になるのですが‥。

その他にも、そんな人生の喜怒哀楽の全ての始まりは、宇宙の始まり、ビックバンが原因だと悟ったように感じ、ビックバンがなぜ起こったのか、科学では説明できないそこに一体何があったのかを追い求めました。
こういった、この数行ではとても伝えきれないような浮世離れした事を、ひたすらやっていました。ですが結局のところ、どこに行っても現実に、周囲の人との人間関係がうまくいかなかったのです。

何回目だったでしょうか。どこに行って何を追い求めてもやっぱり出てくる「人間関係がうまくいかない」という言葉に、始めは真剣な面持ちで話を聞いていたみんなの空気が、次第におかしくなってきました。
伊藤先生がこらえきれずに笑いながら、「ビックバンお化けに取り憑かれている‥」と称されると、その場にいた全員が、お腹を抱え、涙を流して笑い出したのです。私が熱を込めて真剣に語ればかたる程に、みんなが涙しながら笑っていました。ビックバンよりも、真っ黒や真っ白よりも、人間関係をどうにかしようよ、と。

私ははじめは、なぜみんなが泣いたり笑ったりしているのか分かりませんでしたが、次第に自分でも語れば語るほどに、なんだかおかしくなってきました。

伊藤先生は、「これまでの人生でこんなに笑いを取ったのは、初めてなんじゃない? あなたは初めて、人に与えることができたのよ。それも、あなたがこれまで一度も求めて来なかった『笑い』でね。こんなにみんなに笑ってもらえるなんて、これほど幸せなことはない。これまでのあなたの人生はすべて、今日こうして笑ってもらうためにあった。これが、あなたのこれまでの人生へのご褒美。みんなに笑ってもらって、今、あなたの人生に一瞬で価値がついた。笑いは、偉大だよ」と。

あまりのお言葉に、私はすぐに飲み込むことができませんでした。コース生から爆笑が起こり、先生も涙が出るほど、お腹を抱えて笑ってらっしゃいます。いつの間にか私も、酸欠になるほど笑っていました。私はこんなに、自分のことを笑ったことはありませんでしたし、こんなに笑ってもらったこともありませんでした。そして笑うほどに、「今日、あなたの人生が報われた」という、伊藤先生のお言葉が自分の中に染み入ってきました。

すると笑いの嗚咽は、涙の嗚咽に変わっていました。
全員の前で、私は堪えられず、ボロボロに鼻をすすりながら泣いていました。とにかく何も考えられず、込み上がって来るものが涙となって溢れ出していました。

その様子を見た先生は「ハートが開くって、こういうことだよね。今日は中山がアセンションした特別な日。人生って、分からないものだね」と、笑いながら仰いました。
こうして、2019年2月15日は、私にとって「中山アセンション記念日」となりました。

先生は、「ただひたすら今日の録音を聞いて、そこからの事をblogに書いてごらん。人格統合もカルマ清算もいい、またお化けに取り憑かれるだけだから。ただひたすら、それだけをしてみたら?」と、仰いました。それから私は、ひたすら録音を聞いて、そこから感じる事をblogに表現していきました。聞くほどに、お笑いにしてくださった先生へのありがたさ、その場で笑って涙してくれたみんなへのありがたさで、心が温かくなるのを感じます。

私は普段から、すぐに自分の世界に閉じこもって取り組みをする、「お化けに憑りつかれた状態」に陥ってしまいます。ですが、この録音を聞けばそこから抜けられる事から、先生はこれを「お笑い般若心経」と銘々されました。
この「お笑い般若心経」は、伊藤先生のご提案によりYoutubeで公開され、その後の先生のご指導により、今、さらなる発展と進化を遂げつつあります。
この続きはまたの機会に、ご報告します。


中山寛士

自分と向き合う時間から・・by 谷川

日々積み上がっていくもの

こんにちは。リーダー養成コースの谷川です。
前回の記事(3daysセミナーの副産物・・by 谷川)でも紹介させていただきましたが、私は、なんと女装をきっかけとして、私の中の女性性人格「涼子」が日常でも出やすくなり、以前よりも格段に感情表現が出来るようになりました。ここまでの変化に自分でも驚いているのですが、そこには、日々「涼子」としてブログを書き続けていることも大きく影響しています。

私たちは伊藤先生から、毎日自分と向き合う時間を作ること、その時感じていることを毎日ブログに書き続けることを、教えていただいてきました。私の場合は、寝る前の1時間、お酒を飲みながら一日を振り返り、ブログを書くのが日課になっています。

以前からこの課題は続けていたのですが、その日によって、「書くのが面倒くさいな」と思ってサボってしまったり、書き始めたはいいものの、言葉が何も出てこなくて、業務報告のようなものになってしまったりと、なかなか思うようには進んでいませんでした。

しかし、「涼子」が主体でブログを書くようになってから、それが大きく変わりました。1日を思い返して、「今日はこんな事を思った、こんな風に感じた」ということがどんどん出てくるようになったのです。1日に何本もの記事をあげたくなることもしばしばです。寝る前に、私の胸にあるものを全て出し尽くそう、という気持ちで書いていると、いくらでも言葉が出てきます。

私の中から出てくるものの多くが、怒りや、悲しみ、寂しさなど、ネガティブな感情です。例えば、「寂しい」という感情。これは、今までならばあまり感じないものでした。いえ、感じないのではなく、感じないふりをしていました。「一人でも平気だし」と言わんばかりに、何も感じていないかのように、ゲームをしたり、テレビを見たりと、他の事に意識を向け、誤魔化しながら生きてきました。ですが、一人でブログを書きながら自分と向き合っていると、自然と寂しさが出てきます。話す相手が居ないこと、今この瞬間、私と感情を共有してくれる人がいないことが凄く寂しく感じるのです。

以前、伊藤先生が「寂しさという感情は、とてもまともな感情です。寂しいから人を求める。それは、愛を求める根源的な力です」と仰っていたことがあります。

寂しいという気持ちが強くなってきたとき、私は先生の言葉を思い出しました。すると、人が愛おしい、人を大事にしたい、人と関わりたい、という気持ちが出てきたのです。私は、これまで人間関係を作ってきても、どこか冷めたような所があったり、関係を破壊してしまったりしてきました。それも、「寂しい」という感情を感じないようにしていたからなのかと、腑に落ちる気持ちとともに、もっと人と密に関わりたい、という意思が出てきたことに、嬉しいような、驚くような気持ちでした。

感情を感じることの重要性を、先生は常にお話しされます。
先日のセミナーでは、「スイングして生きる」ということをお話しされていました。それは、「私はどこにも力を入れないで、いつもスイングするように様々な感情を感じながら自然体で生きているけれど、あなたたちは、たとえば良い子人格で良い所だけを出そうとしたりして、スイングせず、まるで1箇所にピタッとくっついてしまうかのようにおかしな事になっている」というお話でした。
私はそれを聞きながら、先生がかつて話された、「十分にネガティブな感情を感じることが出来ない人間は、振り子が反対側に振ることが出来ないように、ポジティブな感情も感じることが出来ない。人として、振り幅の小さい人間になってしまうんです」ということを思い出していました。

私は、振り幅が小さい人間です。ネガティブな感情を感じるのが嫌で、逃げ回ってきたからこそ、振り幅の小さい、浅はかな人間になってしまったと自覚しています。私の課題である「ケロケロ」(カエルの国の王子様・・by 谷川)も原因は同じだな、と思っています。先生のお話を聞いて、私も先生のように生きたい、と強く思いました。

寝る前の1時間、感情を出し切り、表現し終わった後、私は「今日も、私は今までより少し私らしくなった」と思います。毎日少しずつ、こつこつと積み上げたものは、揺るぎないものとして私の中に残っていき、自分らしさとは、こうして作られていくものなのだと感じています。

先日、嬉しいことに先生から、「涼子は確実にカロリーアップしてきている」と評価していただきました。この先に、「私が成りたいと思っている本当の私」が待っているように思います。それまで、スイングしながら、その日の自分を出し切る、これをひたすら続けて行きたいと思っています。


谷川徹也

伝えたいことを真っ直ぐに・・by 恵子

ポッポ力を鍛える!

こんにちは。高橋恵子です。
今回は、私の取り組んでいることについて、みなさんにシェアしたいと思います。

私は今、「ポッポ力」を鍛えています!

「ポッポ力」とは一体何のことか、これだけではサッパリ分からないと思います。実はこれは伊藤先生がご指導のなかで、私の「伝えたい思い」を、鳩時計の鳩に例えてご指導くださったことから来ています。

私には、伝えたいことを真っ直ぐに伝えることができずに、前置きがやたらと長かったり、余計な言葉を沢山つけて話を散らかしてしまったりするパターンがあります。「すごく言いたい!」と思っているのに、話すうちに自分でも何を言いたいのか分からなくなっていくだけでなく、聞いている人の意識を朦朧とさせたり、不快にさせたりしてしまうのです。このような私の話を、先生は「毒ガス」と名付けられました。

私が毒ガスを出すたびに、相手をぐったりさせ、自分自身もいたたまれなくなります。私は「言いたいことをストレートに言えるようになりたい!」と思い、これまで、話している時の録音を聴いて自らの毒ガスを食らってみることや、人格を入れ替えることなど、伊藤先生から様々ご指導をいただき、仲間に何度も指摘をしてもらいながら、脱!毒ガス対策に取り組んできました。

そうして、少しずつ改善してきたところはあっても、度々毒ガスが出てしまうことを根本的に改めることができないまま、私は何年も頭打ちしてきたのでした。

昨年12月のセッションの時にも、先生にご相談したいことの手前でごちゃごちゃと話を散らかしていく私に、「あなたって、どうしてそうなっちゃうんだろうね」と、先生は呆れたように仰って、私は「またやっている‥」と、いたたまれなさで一杯でした。先生は「どうしたらいいんだろうね。全然分からないな‥」と言われながらも、しばらく考えられました。

そして先生は、お腹の前で手をパッと開くジェスチャーをされながら、「あなたの言いたいことは、このお腹のところに小さく、ポッポ! と出番を待っているんだと思うけれど、そこにたどり着くまでにごちゃごちゃと無駄な言葉が多すぎるんです。だから、ポッポが出てくる頃にはこちらも聞いていられなくなっている。ポッポも、あなたの毒ガスを食らって気絶しかけてるから、インパクトが何もないんだよね」と仰いました。先生は、私の「伝えたい思い」を、鳩時計からポッポー! と出てくる鳩に例えて、このようにお話しくださったのです。

それを聞いたみんなは、本当なら元気にポッポー! と出てくるはずの私のお腹のポッポが、毒ガスにやられてヨレヨレになって最後に出てくる様子が可笑しくて、大爆笑していました。私自身も、これまでずっと頭打ちしてきた毒ガス問題を、先生がユーモラスに例えてくださったお話しに、思わず笑ってしまいました。そして、「伝えたい思い」が小さな鳩として、私のお腹でぐったりと息絶えそうになりながらも、頑張って出番を待っている様子がどんどんイメージされてきました。

さらに先生は、「言葉って、相手に伝わるものをセレクトしてこその言語。伝えたい! 伝わってほしい! 相手に掴んでほしい! という、私の絶え間なき欲求によって、現在の表現力とトーク力が養われたんです。私はこういう例え話をよくするけれど、それも結局、伝えたいという強い思いがあるからこそ出てくる。言いたいことも、言いたいことを装飾する言葉も、全てがポッポでいいんです。そのポッポがいつも元気いっぱいに、ポッポー!! と出て来られるように、ジャマをしないことだよね」と話され、書くときも話すときも、いつもポッポを意識して、「ポッポ力を鍛える」ことをご指導くださいました。ポッポは、出口が見えないトンネルのように思えた私の毒ガス問題に、ようやく見えた小さな光のように思えました。

それからというもの、人と話すときや個人ブログを書くときに、「私は今、何を伝えたいんだろう?」と、まずお腹にいるポッポに耳を傾けています。思考ではなく、ポッポが感じているそのままを言葉にすることで、毒ガスがほとんど出なくなってきています。

これまでは、自分の言いたいことが何なのか自覚がないまま、右往左往しながら話しがちだったのが、伝えたいことを真っ直ぐに伝えられるようになり、その分、相手の言葉もスッと受け取れるようになってきました。言葉のキャッチボールがスムーズになり、コミュニケーションが楽になったように思います。

そして、内側のポッポを意識するほど、人との境界線が薄くなったように思えて、これまでにない感覚に喜びを感じています。私はこう思う! と、腹からの思いを相手に真っ直ぐ伝えるほど、自分の中に揺るがないものが確立されていくように思うのです。

これからも日々、ポッポ力を鍛え、人と繋がりながら、自分を確立していきたいと思います。


高橋 恵子

個性豊かな内なる家族・・by 君山

ヴィジュアル人格紹介!

こんにちは、リーダー養成コース生の君山です。
12月の人格統合強化セミナーを経て、私のなかの人格「ゆり」が大きく変化したことから(「魂が求めていたもの」‥by君山)、私はやっと自分の核心部分に向き合える土台ができたと感じています。私の内側では、分裂人格たちがこれまでになく近くはっきりと感じられ、お互いにさらに深いコミュニケーションを取れるようになったのです。その感動といったら!

この大きな変化と感動をみなさんに伝えたい! どうしたら一番伝わるだろう‥? と考えるうちに、いっそのこと私の人格たちを写真でみなさんに紹介しよう! と思い立ちました。私の内側には8人の分裂人格がいますが、ここでは日常で主に出ている人格4人を紹介させていただきます。

まずは、私の日常の半分を占めている男性性の人格「マヤ」です。

P1030959 (3)

この、横目でチラッと見る目線が「マヤ」の癖で、「怖い‥」とか、「感じ悪い‥」と言われてしまうこともありますが、「マヤ」は仕事の場面では絶対的な責任感と強い仲間意識があり、気持ちが折れそうな場面でもぶれない軸を持って踏ん張ることができる、どっしりした人格です。一方で、思い通りに行かないことがあると相手を決めつけ、威圧的に振る舞ってしまうところがあります。「マヤ」はこれまで仕事以外のことには無関心だったため、日々忙殺されることで他の人格たちが抱える問題から逃避していた張本人でもあります。
今では、先生のご指導から、内側でも積極的に人格の問題に関わるようになり、人格統合の凄さを最も体感している人格です。

続いて、お料理や世話焼きが大好きな女性性の人格「さくら」です。

P1030983 (3)

喜んでもらえることが嬉しくて何かと頑張るのですが、相手の評価を求めすぎたり、ベタベタとおせっかいをし過ぎたりして、先生にも「粘着質のさくら」と、鬱陶しがられてしまうことが多々ある人格です。以前、先生が着替えをされようとしたときに、「何かお手伝いします!」と嬉しそうについて行こうとして、先生からすっかり呆れられてしまったこともありました。ですが、仕事で忙しい日常でもそれなりに主婦として母として頑張ってこられたのは、人好きでタフな「さくら」のおかげでもあります。

そしてこちらは、良い子人格で9歳の「ゆり」です。

P1030965.jpg

9歳の人格になるのは、ちょっと無理がある!?

「ゆり」は、私の中ではこんな感じの白いワンピース姿でいます。思い込みが強く頑固で、人の顔色や評価を気にする面がありますが、地道に努力することを厭わないため、私が歯科医師としてこれまで続けてこられたベースにも大きく関わっている人格です。

「ゆり」はチャイルド人格でありながら、実はかつて私のなかで猛威をふるうボス人格でした。「ゆり」が暴走していた頃は、常に「もっと頑張らなくては!」という気持ちに追いたてられ、その反動で生きていることすら無意味に感じる鬱状態になっていました。伊藤先生から長年ご指導をいただいたことで、「ゆり」が一人で暴走することはなくなり、鬱を克服することができたのです。しかし「ゆり」は、自分の心なさや、物事を良くとらえようとして現実を歪めてしまうという酷い実態に、どうしても向き合えないままでいました。前回のセミナーから、ネガティブな気持ちをやっと言葉にできるようになったことで、指摘も受け止められるように変わってきています。

そして、今、私の中でもっとも重要な人格の「ジュン」です。

P1030954 (2)

なんともマイペースなジュンは、私の人格たちのなかで一番ジャッジが少なく、「自分はこうしたい、こうなりたい!」という欲求に真っすぐに向かえる人格です。忙殺されることなく立ち止まり、先生からのご指導や仲間からの言葉を思い出しては、日常をフラットに省みて進むことができる、私にとって命綱となる人格なのです。

以前は、仕事においては「マヤ」や「ゆり」が前に出やすく、家庭では「さくら」が出てしまっていましたが、「ジュン」が前に出て話した方が、スタッフも打ち解けて本音で話をしてくれるし、夫との会話も不思議なほど弾むのです。「ジュン」が日常で前に出られる割合を増やすことが、今の私の課題です。

こうして写真に収めてみると、人格たちがこんなにも個性的で、それぞれに目的や意思を持って私の内側に存在していることをあらためて実感します。先生に人格を特定していただくまでは、それぞれの人格のカルマに翻弄されるばかりで、自分で自分を理解できず、本当に苦しかったことが思い起こされます。

これまで人格統合強化セミナーを受ける中で、私の人格たちはお互いの個性をよりはっきりと認識して、だんだん近づき、関わり合えるようになってきました。今では、「あ、これはゆりが出ておかしくなってる」「またさくらがお節介モードになってるな」「この感じ悪さはマヤだ」と日常で感じるなかで、人格同士が直接対話できるようになり、自分を省みる意識が大きく変わりました。人格同士で突っ込み合うことで、厳しい指摘も受け止めることができるようになってきました。また、人格が人格に語りかけて気持ちを受け止め合うことで、過去の辛い経験にも向き合い、乗り越えていけることを感じています。

今回、このように自分の人格たちを紹介できることが、まるで家族を紹介しているように、嬉しいようなくすぐったいような気持ちです。今度は人格たちの写真を合成して、私の家族写真のようなものを作れたらとイメージをふくらませています。これからも人格同士で関わり合いながら、愛のある自分らしい在り方を探求していきたいです。


君山敬子

2019年を迎えて・・by さやか

今年もどうぞよろしくお願いします

新年明けましておめでとうございます。高橋さやかです。
皆さんは、新たな年をどのように迎えられたでしょうか。

アースカレッジは、3daysセミナーの熱気冷めやらないままに、2度目の新年を迎えました。

3daysでの伊藤先生の熱いご指導から、それぞれが掴み取った、スピリットと一体になる感覚、殻を打ち破るエネルギーを持って、この1年をどう過ごし、何を積み上げていくのか。
新年の清々しい空気のなかで、ここからまた私たちコース生1人ひとりが問われる1年がスタートすることを思って、私はきりりと身の引き締まる思いがしています。

私自身にとって昨年は、これまで以上に濃密で忘れられない1年になりました。なかでも、先生がお声がけ下さったことから、私のパートナーである桑名さんも共に学ぶコース生としてスタートさせていただいたことが、とても大きな出来事でした。

先生は、私たちがパートナーシップを磨いていくために、実にたくさんのご指導をくださいました。ですが、あまりにも未熟な私たちは、プライドカルマの引き出し合いを繰り返してしまいました。お互いの不平不満をぶちまけたり、そうかと思うと心を閉ざしてコースのみんなを散々手こずらせ、それでも何度も介入してもらいながら、やっとのことで3daysセミナーを迎えたのです。

3daysセミナーは、前回記事にもあるように、先生のもと全員が一体となって大いに盛り上がりました。
そんななかで私と桑名さんは、クラブでみんなが弾けまくっている最中、ただ無心に先生の手足となって動いていました。先生はその時のことを振り返って、私たちに、何の打ち合わせもしていないのに100点満点と言っていいほどだったと、そう仰って下さったのです。

先生が、音楽とスピリットと一体になることを全身全霊で教えてくださってハートが開き、何も考えなくても私たち2人が同じ方向を向いて自然と動いていたのだと思い、私は言葉にならない嬉しさで一杯でした。

また、私たちの間に入って何時間も話してくれたコースの仲間がいなければ、到底辿り着けなかったことだと思います。ここで学ばせていただくことの有難さ、かけがえなさをあらためて噛みしめています。

今年は、先生がこれまで教えて下さったように、お互いの人格をお互いにケアしながら支え合えるパートナーシップを目指して、一歩一歩進んでいこうと思っています。そして、共に先生を支える人として、一年後にはさらに成長した姿で胸を張りたいです。

今年が実りある一年になるように、皆さんと共に歩んでいきたいと思います。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


高橋さやか