fc2ブログ

トップページへ

CATEGORY ≫ コース生
       次ページ ≫

やさぐれ人格の発見 ・・by 二村

抑圧されていた怒りの感情

こんにちは、コース生の二村 麻穂です。
今回は前回の記事の続きで、以前私が学んでいたAさん本人に、私が感じていた疑問をぶつけた出来事について書いていきたいと思います。

とても尊敬していたAさんにセミナーやセッションを受ける事を断られ、どうして良いのか分からなくなり自己否定を繰り返していた私が、自分を何とかしたくて伊藤先生のもとに辿り着いたことは、前回の記事でご紹介させて頂きました( →「伊藤先生との出会い」)。
その後、月に1回当時の認定の方のセッションを受け、先生のセミナーに2回目に参加した時に、私の中の「やさぐれ人格」を先生に特定していただきました。やさぐれ人格は、Aさんが私に言ったことに納得できておらず、怒り狂っていました。

「何がいけないのか?分かるように説明してくれりゃいいじゃないか?よくわからない高次元だのなんだの言われて、だから何なんだ?あたしが納得してないんだよ!何が失礼なのか? 何が愛じゃなかったのか? 説明もしないで切り離す。それのどこが愛なんだ?ムカつくんだよ!!」

また、やさぐれ人格は、自分自身に対してもムカついていました。相手が100%正しくて自分が悪いんだと思い込むことや、真実を確かめようともしないこと、また、納得がいっていない場面でもそう言うことが出来ない自分に対してです。

やさぐれ人格を先生に特定していただいたおかげで私は、それまで出来なかった、自分の事を守れる人間になりました。しかしその反面、怒りを周囲にぶつけてしまうようになりました。
良い子人格を見れば、誰かれかまわず 「お前バカじゃないの?そんなふうに相手に合わせてばかりで依存して生きて、自分の意見も何もない。そんな人生は意味ねーよ!」と、怒りまくるようになってしまったのです。
言葉ではそのまま言わないものの、そんな私のイライラした様子に、当然ながら周りの人達はどんどん引いていきました。自分の意見を言えるようになり良かった側面はあったものの、このままでは相手と分かり合えることが無いのだという事に私は気が付きました。しかし、長年抑圧してきた怒りの感情の噴出は、自分では止められなかったのです。
このように、自分の中の相反する気持ちの整理が出来ずに悩んでいた私に、伊藤先生はこうお話し下さいました。

「Aさんは、あなたが間違っているというジャッジをしたんだよ。真実とか真理は、善悪のジャッジをやめないと見えてこない。本当に価値のあるもの、絶対的不動の真理は善悪の中にはないんです。やさぐれ人格は頭は悪くない、感性の豊かな子、素直な子、賢い子が多いです。あなたは、親や他の人にされてきたジャッジを、周りの人にいま同じことをしているんですよ」
この時私は、ずっと欲しかった答えを伊藤先生が下さったと感じ、嬉しさと感動で涙が溢れました。また先生は、
「ここに居たければ好きなだけいて良いし、よそが良いと思えばよそに行けば良いし、あなたの好きなようにすれば良いですよ」
と仰って下さり、私は自由で居て良いんだと、とても安心した中で自分の事を見つめ続けました。

その後、準備が整った私は遂に、Aさんのセッションを受けることになりました。セッションでの私の質問に対するAさんの答えは、いっけん的を得ているようでいて良く分からず、何ひとつ私にとって「なるほど」と感じるものはなかったのです。
その後、Aさんのもとを離れた私は、伊藤先生のもとで自分を見つめ続けました。

先生はいつも、目を背けたくなる様なカルマでも私が理解し納得する言葉で伝えて下さり、また、私が努力している事や成長した部分は、そのままを見て下さいます。
学ぶ年月の中で私にとって先生は、この方こそが本物なんだ、この先生しかいないと、心から信頼し尊敬する存在になっていきました。
私の中の人格達は今でもまだまだ未熟者ばかりですが、5年前を振り返って思うと、とても成長したと感じています。

現在私は、先生に教えて頂きながら、子供達との関係性に向き合っています。親としての今までの私自身の在り方を反省し、言動をもって子供達に伝えながらコミュニケーションを重ねる中で、関係性が大きく変化していることを感じています。
これからも私は、親としての努力を続けていきたいと思っています。

二村 麻穂
コース生 | Comments(-)

伊藤先生との出会い・・by 二村

長い回り道を経て

こんにちは、コース生の二村 麻穂です。今回は、私が初めて伊藤先生とお会いした時の事を書いていきたいと思います。

私が伊藤先生を知るきっかけとなったのは、今から7年前に遡ります。当時の私は、陰陽の統合という事について学びを深めたいと思っており、その頃にスピリチュアルな事や心の内を話せる2人の友人から同時に、それぞれ1冊ずつ本を貸してもらう機会がありました。
そのうちの1冊は、自分の内側を見つめてそれを改めることで幸せになっていく、という内容でした。そしてもう1冊は、伊藤先生の「ネガティブを愛する生き方」でした。
2冊を読んだ私は、1冊目の本の著者であるAさんのセッションを受けてみることにしました。Aさんは私の心の深い所に触れ、心の奥底にあった気持ちが引き出されたことに衝撃を受けた私は、Aさんのセミナーを受講してみることにしました。

しかしセミナー当日に、私は会場である違和感を覚えました。参加者の人達がみな、Aさんをまるで崇めているかのような雰囲気だったのです。私はその違和感をそのままに出来ず、セミナーの場でAさんに率直に、「皆さんがAさんを崇めているように感じるのですが、それについてAさんはどう感じますか?それは良いのですか?」と、感じたことを聞いていました。するとその場の空気が凍り付き、私はその雰囲気を察知して、「なんてことを言ってしまったんだ、取り消したい…」と思いました。その日は居心地の悪さを感じながらも、セミナーを最後まで受けて帰宅したのです。

後日のAさんのセッションの際、Aさんは私に「なんて失礼なことを言う人なんだろうと思いました」と仰いました。私は当時Aさんを尊敬していたので、この方が言うのだから自分が100%悪いに違いないと思いました。
その後もAさんのセッションやセミナーを受けていたのですが、2年経ったある日のことです。セッション後にAさんから「今後、セミナーやセッションを受講することをお断りします」と突然伝えられたのです。
その日のセッションは穏やかな雰囲気でしたし、いつかのセミナーの様に失礼な事を言った覚えもなかったので、自分の何がいけなかったのか分からずショックで、私は途方に暮れてしまいました。私はAさんを信頼し偉大な人だと信じていたので、私がいけないんだと自己否定し続け、ハートが痛くてたまらなくなっていきました。そして、人が多い場所が辛くなり、買い物に出かけるのがやっとなほど、ふさぎ込んでしまったのです。

辛い状況を何とかしたくて苦しんでいた時に、伊藤先生の「ネガティブを愛する生き方」の事が頭に浮かび、図書館で借りて読み直しました。私はこの時、この先生なら私の苦しさを理解して下さるかもしれないと感じました。そして、初めて伊藤先生のセッションを受ける機会が訪れました。
初回のセッションで伊藤先生は、とても気さくに、家族や友人に接するように話してくださったことを覚えています。
私は、これまでのAさんとの関係性についてや、セッションやセミナーへの参加を断られるに至った経緯について、自分で思うことをお話しました。
そして、自分の何がいけなくてAさんに断られたのかが分からない事や、これからも自分を見つめて自分の内面をきれいにしていきたい、という気持ちを先生にお話したのです。

先生は、「相手があなたの言う偉大な人であれば、あなたの質問にきちんと答えるはずです。セミナーでのあなたの質問は、そこにいた皆に大事なレッスンが含まれていました。私はそう質問したあなたが好きです。私の事も、あなたはあなたの目で見極めなくてはいけない。それから、あなたは断られた理由がきちんと解っていないのだから、Aさんにきちんと理由を聞くということが必要ですね」そう言って下さいました。
でも、今すぐAさんにその理由を聞くことを想像すると、怖くて仕方がない気持ちが出て来ました。その様子を見た伊藤先生は、時間をかけて準備することを提案して下さいました。また先生はその時、「私の事も、時間をかけて本物かどうか見極めなさい」と言って下さり、こんなことを仰る先生が居るという事にとても驚きました。

今振り返ると、最初2人の友人から2冊の本を借りた頃の自分は、ネガティブな側面を見つめているつもりで実は見ようともせずに、自分の都合の良い部分だけに向き合い、改めたつもりになっていたのだと思います。
アースカレッジで5年学んだ今は、自分の中のネガティブを見ずに生きることは、自分の苦しさや辛さを認めることも寄り添うこともしない、全く愛のない生き方なのだと理解するようになりました。

次回は、私の中のとても重要な人格を伊藤先生に特定して頂いたことや、その後私がAさんに抱いた疑問を本人に直接伺いそこで学んだ事について、書いていきたいと思います。

二村 麻穂
コース生 | Comments(-)

命の教育 (後編)・・by 恵子

相手の立場に立って

こんにちは。認定ティーチャーの高橋恵子です。
前回の記事「命の教育(前編)」では、小さい命である虫達へ向ける視点や、命に大小はないのだという伊藤先生のお話をお聞きして、私がとても心が動かされたことをお話しました。

ちょうどその頃に、小学校3年生の息子が庭で遊んでいた時に、虫眼鏡で枯れ葉を焼くことに夢中になり「アリンコ焼いてみたい!」と言いました。母親である私は、小さい命を大切にするという事をあれこれと説明してみたものの、充分に伝えることが出来ませんでした。
「虫をおもちゃのようにしてしまう小さな子ども達や、好奇心からアリンコを焼いてみたい、と言った息子に、どう対応したらよいでしょうか?」と聞く私に対して、先生はこう話されました。

「私なら、普通に止めますね。『自分がされたらどう?』と言います。
『自分の体が燃えるとどうなると思う?』『熱いフライパンの上に手を置いてみる?』『それをアリにするの?』と聞いていくと思うし、乱暴に触っているような時には、『こーんなおっきいマンションみたいな人に捕まって、こうやってギュッとされたらどうかな?』『どんな気持ち?』と聞いていきます。
『この子達は、人間ではないけど、やっぱり生きたいと思っているんだよ』『痛いって感じるし、怖いって感じるんだよ』と。こういうことが子どもの想像力を豊かにするし、一つひとつが、相手の立場に立つということを覚えるきっかけになっていく。私が母から徹底的に言われ続けた事は『自分がされて嫌なことは、人にしてはいけない』ということ。これは基本なんです。相手が虫だろうと動物だろうと一緒です。それを頭ごなしではないところで教えるんです。やって良いことか悪いことかではなく、大事なのは、『それがつまりはどういうことか?』なんです」


それをお聞きして私は、目の前にモヤがかかっているかのような視界が、スッと晴れていくようでした。そして、無意識のうちに頭の中にあった、良いことか?悪いことか?という善悪の判断の枠組みが、ガラガラと崩れていくように感じたのです。

それからは、子ども達が虫を捕まえたり、乱暴にしているような時には、「こんなふうにされたら、どうかな?」と一緒に虫の立場に立ってみたり、「痛いよー」「怖いよー」と虫の気持ちになって代弁するように話したりしています。
すると、小さな子ども達は、すんなりと虫達の気持ちに寄り添い、「痛いの?」「寒いの?」と、時には話しかけたりしながら、優しく接するようになるのを何度も見ています。

息子は、実は虫があまり得意ではないのですが、先生から教えて頂いたような関わりをしているうちに、道路にいるカタツムリを、車に牽かれないようにと助けてあげたり、以前より自然と優しくなっている様子を見かけます。
子ども達と一緒になって、虫の立場に立ってみたり、目線を合わせてみると、私が生活している周りには、懸命に生きる小さな命でいつも溢れていることに気付きます。

  虫  虫②

それぞれが命を生きることの、美と輝きに満ちています。

そして、このようなやり取りを通して、子ども達にどう伝えるのか以前に、私自身が小さな命に対して、普段ほとんど目を向けずにいたのだということに気付かされました。

どう教えるか、どう接するか、ということだけが教育ではなく、大人の在り方や矛盾をそのまま見て真似ているのだなと、子ども達を見ていて思います。

伊藤先生は、「命あるものが一生懸命生きているんだ」ということを感じられる情緒を、いかにして色んな場面で教えるかということが、大事だということも教えてくださいました。
私自身も子ども達と一緒に、そんな情緒を育んでいきたいと思っています。

高橋 恵子
コース生 | Comments(-)

命の教育(前編)・・by 恵子

命に大きいも小さいもない

こんにちは。認定ティーチャーの高橋恵子です。
あちらこちらで紅葉が見頃となっていますね。

20201119_abb.jpg

私の住んでいる近所の公園でも、銀杏の木が鮮やかに色付き、目を楽しませてくれています。秋の晴天と、黄金色の銀杏。自然が奏でる美しいアートに、心洗われます。

私には3人の子どもがいます。現在上から14歳長女、12歳次女、8歳長男を育ててきた私ですが、それぞれ個性が違い、感情豊かな子ども達との関わりは、いつも新鮮な感動と、時には葛藤の連続です。
先日、子どもの教育について、とても大事なことを伊藤先生から教えていただきました。そのことを今回皆さんにシェアしたいと思います。

私は4年程前から、地元の保育園で保育補助の仕事をしています。これまで主に、2、3歳の乳幼児のクラスを担当させて頂いてきました。
その年頃の子ども達は好奇心旺盛で、外遊びの時には、ダンゴムシやアリなどの虫達に興味津々です。ですが、多くの乳幼児にとって虫達の存在は、動く「おもちゃ」と同じで、指で潰してみたり、踏んでみたりと、乱暴に扱ってしまいがちです。

私は、その様子を見ながら、葛藤していました。ただ「可哀想だからいけないよ」と頭ごなしに咎めるのは、何か違うような気がしました。かといって、「もう少し優しくね、柔らかいからすぐに潰れてしまうんだよ」とその場で教えても、ただ表面的に言い聞かせているだけのように感じて、それも何か違うという自分への違和感が拭えずにいたのです。

そんなある日、伊藤先生がグループセッションのなかで、コース生の彩(あや)さんに、虫の命についてお話しされたことがありました。それは、彩さんが小さい頃に、ダンゴムシをたくさん集めてきて、おもちゃのフライパンに入れて炒める真似をして遊んでいた、というエピソードを話した際に、先生が仰ったことでした。

「子どもは誰もがそうやって虫を虐めたり、殺してしまったりするんだよね。子どもの時の可愛いエピソードだなあとも思うけれど、ダンゴムシがなぜあんなふうに丸まるかというと、恐怖心があるからで、それを大人になった今も、ただ『楽しかった出来事』と思っていてはいけないよね。
私も子どもの頃は、アリの巣を潰したり、アリを殺したりしたけど、本当に酷い事をしていたなと思います。だから今は、困っている虫がいると助けるんです。そうすると彼らは『ありがとう』というメッセージを送ってきますよ。話しかけると、ちゃんと聞いているんだなと感じる。
虫は、動物より一見無感情で無機質なものに見えるけど、ちゃんと心がある。生きているということは、最低限、痛い、怖い、と感じるということだし、生きようとするということは、死にたくないということ。虫を侮ってはいけないですよ。彼らは当然のことながら自然の一部であって、神々の使い手としてメッセージを運んでくることもある。命に大きいも小さいもないんです。あなたは今、娘を持つお母さんなのだから、こういったことも子どもに教えていってあげないとね」


先生の、小さい命である虫達への視点と、命に大小はないのだというお話をお聞きして、私はとても心動きました。同時に、私自身の子ども達に対しての表面的な対応と、その違和感を、よりはっきりと感じたのです。

ちょうど時を同じくして、小学校3年生の息子と、こういう出来事がありました。
庭で一緒に遊んでいた時に、虫眼鏡で枯れ葉を焼くことに夢中になっていた息子が、「アリンコ焼いてみたい!」と言ったのです。
私はとっさに、「いや、それは可哀想だよね。やめようよ」と伝えました。それを聞いた息子は、きょとんとした表情をして、「可哀想だからやめた方がいいんだな」と認識をした様子でした。でも、先生が仰っていたように、小さい虫の命を大切にするという事が、息子に充分に伝わった感覚はありませんでした。どうしたら伝えられるだろうかとあれこれ話してみたものの、どれもしっくりくることはなく、もどかしさが募りました。

そして私は、翌月のグループセッションで、伊藤先生にこのことをお話し「子ども達にどう伝えたら良いのでしょうか。先生ならどう教育されますか?」とお聞きしました。そのご指導を聞いた私は、自分の頭のなかにあった四角四面の枠が取り払われていくような感覚を受けました。
次の記事では、先生がご指導下さったことと、そこから私が感じたことを書いていきたいと思います。

高橋 恵子
コース生 | Comments(-)

はじめまして ・・ by 二村

5年目の自己紹介です

はじめまして。コース生の二村です。
私は伊藤先生のもとで学びはじめて5年目になります。いま、息子や娘との関わりについて省みることが沢山あって、先生から頂いているご指導を深く噛みしめているさなかにいます。こういうことを、他のお母さんたちにも知ってもらいたいと感じて、今回ブログ記事を書かせて頂くことになりました。

まずは、私の自己紹介をしたいと思います。
私は現在、夫と義母、長女、長男の5人暮らしです。数年前から、自宅やスポーツクラブでヨガ講師の仕事をしています。
ヨガ講師を目指したきっかけは、もともと身体を動かすことが好きで、気持ちの浮き沈みが激しかったけれど、ヨガをすると落ち着く感覚があったからでした。また、主婦としてだけでなく、自分の仕事を持って働きたい気持ちもありました。講師として働けるようになった現在も、身をもって実感したヨガの効果や良さを他の人にも伝えられることは喜びで、私自身がとても助けてもらっていると感じています。
ただ残念ながら、私にとってヨガは、私の心の問題を根本から解決してくれるものではありませんでした。

私は伊藤先生にお会いする前から、ヨガを学ぶだけでなく、精神世界やスピリチュアル、自己啓発などの本をたくさん読んできました。また実際に、そういったことを教える方のところに直接学びに行ったこともあります。しかしどれも、3年くらい学ぶと行き詰まりを感じて新しい学びを探すという、スピリチュアルジプシーのような自分でした。

そんな私が、友人から伊藤先生のご著書を借りて読み、初めてセッションを受けさせて頂いた時の事は忘れられません。
初対面の私にとても気さくに丁寧に話して下さった先生は、自分自身や現実を本気で良くしようと思ったら、自分を見つめて自分を知り改めていくこと、人と深く関わる事で生じる出来事と向き合い、相手としっかりコミュニケーションをとり、相手の立場に立って本気でやり取りをしていくことなのだ、と教えて下さいました。
私はその時、「全てはこれなのだ」と思ったのです。
この時のことは、今後また別の記事で書かせて頂きたいと思っています。

こうして学びはじめた私でしたが、自分の未熟さや至らなさを見つめることが出来ず、相手の立場に立つことも想像が出来ずに、逃げてしまう事が多々ありました。それでも今は、子供たちや家族に尽くせる自分になりたいと心から思っています。
先生がはじめに教えてくださったことこそが、人と関わるということであり、自分の生きづらさを克服することなのだと日々感じながら、先生のご指導のもと、仲間とともに匍匐前進しています。

これから私の取り組みなどについて、こちらでご紹介させてもらいたいと思っています。
皆さんどうぞ、宜しくお願いします。

二村 麻穂
コース生 | Comments(-)