FC2ブログ

トップページへ

CATEGORY ≫ 3daysセミナー
      

100%全力で生きる・・by 宮地

両輪の花、満開!

さあ、3daysセミナーの興奮は、まだまだ続きます。

前回の記事にもあったように、さやかの写真撮影でベストショットをほぼ独占した私、宮地文也に3daysセミナーで何が起こったのか?

私が、なりたい自分として最初に掲げたテーマは、「アウトロー」。
地元の進学校から医学部に進み医師となった私ですが、”お医者さん”の枠から外れて、俺は俺だと主張できる自分になりたかったのです。ハードロックバンドのミュージシャンをイメージして、革ジャン・革パンに身を包み、髪もオールバックにまとめ、さあ撮影開始!

DSCF5725resize.jpg

このふてぶてしさ。なかなかいい感じ。このまま順調に撮影が進むと思いきや‥、

「面白くない‥。ぶんって、ちょい悪オヤジになりたかったんだっけ?」と、先生がぼそっと話されました。みんなが苦労している表情づくりも難なくクリアし、このまま特段のチャレンジもなく進行しそうなことを、先生はつまらなく感じたのでした。

撮影を中断し、先生が時間をかけて私から引き出してくださったのは、「自分を100%生きたい」という思いでした。そして、先生からの「ならば全力100%で生きているあなたが、これであってこそ自分だ!と思えるものは何?」との問いに、ためらいながらも泣けてきて、腹の底から絞り出すように出た言葉は‥、なんと「愛」でした。

そうです。革ジャン・革パンで悪ぶってみた私が本当になりたかったのは、実は「愛の体現者」だったのです!! 

そして、先生に「あなたが本当に愛おしいと思う存在は?」と聞かれて、即座に答えたのは「家族」でした。

bun22resize.png

そのなかでも長男が未熟児で生まれたとき、私の広げた両手に頭から足まで乗ってしまうほど小さい息子に、たとえ様のない命の重みを感じ、父親としてこの子を絶対守るのだと強く心に誓ったことを涙ながらに話しました。

bun11resize.png

それは、先生をはじめその場にいた全員が涙するほど、私の思いが100%込められた話でした。

泣き腫らした目を落ち着かせた後、愛情や温もりを表現するにあたって革ジャンを脱ぎ、あえてその日に着ていたヨレヨレのパーカーに着替えて撮影を再開しましたが、父親として家族への愛をいくら表現しようとしても、どうしてもぶすっとぶっきらぼうな表情になってしまいます。
そこで先生は、「父性がだめなら母性を表現したらどうか」と仰いました。私がこれまでに時折、女性的なやわらかい表情で笑うことに気付いていてくださったのです。グッドタイミングで、音響係の慶司が、それまでロックだったBGMを童謡に変えると、その場の雰囲気は幼稚園に一変。それまで忘れていましたが、私は実は保育士になりたかったことを思い出しました。

そこで登場したのが、先生のチャイルド人格「メイちゃん」。バイキンマンのぬいぐるみを手にして、「ぶん子せんせー、どうしてバイキンマンやっつけられないの?」「なんで? どうして?」と質問攻めに。メイちゃんからの難問にたじたじとなりながら保育園の先生になりきって答えるうちに、人を愛おしく思う気持ちが私の心のなかで、ぶわっと一気に拡がるのを感じました。そうして、私のなかの母性が十二分に引き出されたのが、この写真です。

DSC03118miu-4.jpg

自分で見ていても、にっこりと微笑みがこぼれて胸の奥から温かくなります。

そしてこの撮影後、次は一変して、男性性に属した激しい怒りの表現への挑戦です。先生は、「あなたの愛に基づく怒りは、何に対しての怒りだろうか」と問われました。しかし、はじめは何かに対して怒ろうにも、どこを探しても出てきませんでした。最終的に私のなかから出てきたものは、先生のもとで学びながら何年経ってもぱっとしない自分自身に対する猛烈な怒りでした。

DSC_0808-5.jpg

いい加減にしやがれと、自分への怒りをひたすらカメラにぶつけ…、

DSC_0772-6.jpg

腹の底から吠えて、

DSC_0833-7.jpg

吠えて、

DSC_0782-8.jpg

吠えまくり…、

そして、昨年末の記事でもご紹介した、最も票を集めた一枚に繋がったのです。

IMG_8262miu-9.jpg

たった1日、それも、ほんの1時間ちょっとの間に、自分のなかの女性性と男性性が一気に開花したことで、これまでびくともしなかった心の内側にある固い殻が割れて、ぷりっぷりのむき身の自分が出てきたような、そんな感覚を覚えました。

そして迎えた3days最終日。はじめはカメラに自信が持てず、レフ板(光を被写体に当てる装置)担当でこっそり撮影に参加していましたが、先生が誘導される言葉によって一瞬で変化するさやかの姿を目の当たりにして、これを撮らなくてどうするんだ! との強い衝動に駆られたのです。そのような衝動を感じたのは、これまで生きてきて初めてのことでした。すぐにレフ板担当を交代してもらい、そこからは夢中で、ひたすら衝動に任せてシャッターを切り続けました。そして、先生から「ぶんのカメラだけがさやかの目力を捉えてる」と評していただいたほどのベストショットを連発できたのです。

3daysセミナーの後、医師として日々仕事をするなかでも、患者さんを愛おしく思う気持ちがハートからあふれてきて、どうしたら一番その人らしく生きられるのだろうと、相手のことを自分のことのように真剣に考え、わかりやすく伝えようとする自分に変わったことを感じています。患者さんからも「身近で、なんだか柔らかい雰囲気になった」と言われるようになりました。

先生プロデュースによって満開となった男性性と女性性。これら両輪の花を手に、人を真剣に思いながら自分を生きる。そう歩んでいきたいと思います。


宮地 文也

予測不能な展開!・・by さやか

セルフイメージの大転換

谷川さんときみちゃんの面白&かっこいい写真に続いて、今回は私、高橋さやかの写真撮影の様子をお伝えしたいと思います。
早速ですが、まずはこちらをご覧ください。

th_IMG_264700resize.jpg

これは、3daysセミナー初日のテスト写真です。韓国のベテラン女優キム・ヘスさんのようなセクシーな女性をイメージし、ご指導くださった先生にも「目指すイメージに近づいてるね」と言っていただけた順調な滑り出しでした。

そして‥、

DSCresize0413700.jpg

いよいよ最終日。私は午後に予定された撮影を前に、美容院で髪を整え、衣装も用意して準備万端! さあ、ここから本番の撮影に入ります。ところが‥、


IMG_1052re.jpg    resizefitting.png
   
あ、あれっ? 韓国だったはずが、大陸を飛び越えてアフリカに向かってる?!

実は、髪形を変えたことにより分け目の薄さが目立ってしまい、なんと地肌を黒いシャドウで塗りつぶす急場策がとられ、私は申し訳ないやらいたたまれないやら‥。
これでは埒が明かないと思われた先生の頭をよぎったのが「ターバン」でした。国をも一気に飛び越える大転換に、はじめは「ええっ」と驚いた私も、鮮やかな色彩とネイティブなスタイルにテンションが上がり、「断然このほうがいいです!」と、一気に路線変更となりました。

そしてここからは、世界が一変します。
先生が誘導してくださった、予想を遥かに超える壮大なスケールと、リーダー養成コース生によって撮影された写真の数々を、厳選してご紹介します。

まず、先生が誘導してくださったのは、広大な自然のなかで風とスピリットと一体となったイメージでした。ご覧ください。

3daysst2jpg miu

これが私とは、にわかに思えないほど美しい姿です。撮影中、どこまでもクリアで澄んだ意識に入っていくのを感じていました。

続いて先生が誘導してくださったのは、赤ちゃんを抱くお母さんのように、自らを慈しみ抱きしめるような、優しく温かい母性を象徴する姿でした。
下の写真は、先生が誘導してくださる姿に近づこうと、じっと心の中にイメージを探しているところです。

P1010053 resize

先生が、こうするんだよと優しく肩に手を触れてくださった瞬間、私は、先生の手から溢れるあまりの優しさに触れ、先生がどれほど温かく愛に満ちた、美しい方かということを全身で感じました。それと同時に、いかに自分の心に愛が無く貧しい人間かということを痛感し、一瞬で心の中が真っ暗闇になったのです。そこからどうすることもできず、ただ涙が出て仕方がありませんでした。

そして一時、撮影を中断した後に、撮影されたのがこちらの写真です。

3daysst3jpg miu

大切な誰かを想って、優しく包み込むような、温かさが表現されていると思います。私には出産経験がありませんが、まさに小さな赤ちゃんを見守るお母さんのような姿です。涙を流して感情が溢れた後、肩の力が抜けて自然と湧き出してきたのがこの表情だったのです。

さらに、私のチャレンジは続きます。
次に先生が示してくださったのは、野生動物のようにワイルドで力強いまなざしの表現でした。ですが、母性の撮影のとき同様、なかなかイメージに届かないでいる私に、どれだけの時間をかけてもらったでしょうか。ようやく何かを掴んだ私を、とにかくアップで撮るように先生が指示され、みんなは私の目力をカメラに収めようと一斉に距離を詰めてかぶりつき、私もそれになんとか応えようと必死の撮影となりました。
数々の素晴らしい写真の中から、ほんのわずかしかご紹介できないのが本当に残念ですが、選び抜いた一枚がこちらです。

3daysst1jpg miu (1)

大地とともに生きた過去生を彷彿とさせる、優しさと温かさ、力強さとスピリチュアリティが同居した姿に、これが私なんだと、セルフイメージがでんぐり返るような驚きがありました。

今回、記事を書きながら、あらためて撮影のことを鮮明に思い返しています。先生の示される予測不能な展開と、決定的な瞬間を捉えたいというみんなの熱気が一体となって、熱いグルーヴの中で生み出された写真ばかりです。
私は自分の世界に籠りがちなカルマを抱えていますが、一人では決して成し得ないことを教えていただいた3daysセミナーでもありました。カルマの荒波を乗り越えるために、自分を温かく見守りながら、人と共に歩んでいきたいと気持ちを新たにしています。

ところで、これらの私のベストショット写真は、実はリーダー養成コース生の「ぶんちゃん」こと、宮地文也が撮影したものがほとんどなのです。ミラクルを起こす男、ぶんちゃんに一体なにが起きたのでしょうか? 
続きは、次回記事でお伝えします。どうぞお楽しみに!


高橋さやか

NG大賞発表!・・by 谷川

最も笑いを取ったのはこの二人!

年末に公開した3daysセミナーの記事に引き続き、ここからは、写真撮影の現場で実際にどんなことが巻き起こっていたのか、ライブ感たっぷりにお伝えしていきたいと思います。
前回の記事では、最も皆の感動を呼んだ写真「ベスト7」をご紹介しましたが、実は、最も笑いを取ったNG大賞も投票で選ばれていたのです。今回は、NG大賞を競い合った二人の写真をご紹介いたします!

まずは、NG大賞、堂々の1位はこちら! 撮影終了後のきみちゃんです!

IMG_0807.jpg

お尻丸出しのまま、バッタリと力尽きています‥。
50代の美に挑戦したきみちゃん。前日から6時間かけてボディペイントのタトゥーを施し、撮影中は、たるんだお肉を必死に引き上げようと首や腕に力を入れてポーズを取るという、体力の限界に挑戦した必死の撮影だったのです。
脇や二の腕のたるみを引き締めるため、苦肉の策として使われたのは、なんとガムテープ! 先生が、えいやっ! とガムテープで脇腹のお肉を何か所も前に引っ張り寄せて、最終的には胸とお腹に4つおっぱいができていました。その様子をお見せできないのが残念です‥。
撮影後、先生が「良かったな、君山、冥土の土産が出来て」と言うと、きみちゃんが「遺影にします! 」とすかさず返すほど、美を追求し切った撮影でした。
2時間を超える撮影が無事に終わり、精根尽き果てて倒れこんだこの姿がみんなの笑いを誘い、見事NG大賞を獲得したのでした。

続いて、NG大賞の2位に輝いたのは私、谷川です。
その差は惜しくも1票! 多くの人から愛されるアイドルに憧れ、ジャニーズのようになりたいと1ヶ月前から筋トレをし、髪型を変え、眼鏡からコンタクトレンズに変え、意気揚々と撮影に臨んだテスト写真がこちらです!

IMG_2542.jpg
ばーん! どうだっ! 俺はジャニーズだっ!!

IMG_2570_edited-1.jpg
みんな、俺に惚れちゃうだろ?

‥今となっては変な汗が出てきます。痛いです、痛すぎます‥。これでは、自分はイケてると勘違いした中学生です。ジャニーズ事務所から怒られそうです。
しかし、本人はいたって真面目。「俺ってカッコいいだろう?」とばかりに、目力に全力を注いで勝負したつもりでした。ところが、この写真を「どうでしょうか!」と先生にお見せした瞬間、先生を筆頭に、会場にいた全員が笑い転げ、しばらく誰も発言できないほどでした。先生が、「脳裏に焼き付いて離れない」と仰るほどの強烈なインパクトが評価され?! 堂々の2位に輝いたのでした。

R01701772.jpg

NG大賞を競った2人のツーショット!

見事、大賞を勝ち取ったきみちゃんに先生がくださった賞品は、なんと偶然にも撮影中の4つのおっぱいを象徴するような、おっぱい形の入浴剤だったのです!
もちろん先生はきみちゃんが大賞を取ることを見越していたわけではありません。これを奇跡と言わずして何と言えばいいのでしょうか。NGとはいえ、みんなの笑いを取ることができ、大満足の大賞受賞でした。

しかし、当然のことながら、私たちは面白い写真を撮ることを目指していたわけではありません。本気で撮影したショットの数々から厳選した、かっこいい写真も見てください。

DSC_0293 (2)

どうです? この美しさ。
芯がある女性を目指し、撮影に臨んだきみちゃん。艶やかで優しげなまなざしと、背中で語るその姿は、妻であり、母親であり、歯科医院の院長でもあるきみちゃんの人生を感じさせます。全身から発散される、女性としての円熟した美しさと色気が、私たちを魅了したのでした。

そして、私の写真もご紹介します。先ほどの写真から、別人のように変貌した姿をご覧下さい。

DSC01091.jpg

DSC01072.jpg

どうです? 自分で言うのもなんですが、まるでブロマイド写真のようです。これならジャニーズ事務所にも怒られないかも?

実は、3daysの写真撮影直前に、私は信愛クリニックの副院長に昇格しました。先生は、「俺ってカッコいいっ」と中学生みたいに粋がっているだけの私から、人としての深みを引き出すために、私が副院長としてこれからどう在りたいのか、じっくりと話す時間を設けて下さいました。
私は、先生と話しているうちにどんどんハートが開いて、全身にエネルギーが満ちていくのを感じました。その途端、みんなが急に「かっこいい!」と言い始めたのです。上は、その直後に撮影された写真から厳選したものです。

撮影が終わった後も、私のハートは開きっぱなしで、内面が大きくシフトしました。日常のなかでも、それまででは出来なかった、ハートに基づいた判断が出来るようにもなり、人って本当に望めばそうなれるんだ、と心から感動したのです。

次回も、感動に満ちた写真撮影の様子を、さらにお伝えしていきます。
次はいったい誰の写真が登場するのでしょうか。どうぞお楽しみに!


谷川徹也

怒涛の一大イベント、フィニッシュ!・・by さやか

トップ7、発表!

いつになく、あ~スカblogの更新が滞ってしまいました。ですが、それには訳があります。
ここ、アースカレッジでは、12月8日からの3日間、コース生にとって毎年恒例の一大イベントである3daysセミナーが行われ、今年は「なりたい自分になる!」をテーマに、コース生同士がお互いの姿を撮影しまくるという怒涛の3日間となりました。

伊藤先生から直々にプロデュースしていただいた私たちリーダー養成コース生は、3daysの初日から最高潮に盛り上がり、どういうわけか一日目を終えた時点で、先生を囲んで朝の4時まで打ち上げをしてしまうほどでした。
私たちそれぞれが持っている本来の輝きを、先生が全身全霊で最大限に引き出してくださり、ミラクルに次ぐミラクルを目の当たりにしながら、時に腹を抱えて笑い、泣き、雄叫びをあげ、時間の感覚が失われるほど濃密な3日間を終えた時には、もう全員がヘロヘロでした。

しかも、そのヘロヘロはそこでは終わらず、一人につき何千枚もある膨大な写真のなかから厳選に厳選を重ねるという、やめられない止まらない日々が待っていたのです。「どれも良すぎて選べない!」という嬉しい悲鳴が飛び交うなか、興奮と寝不足の2週間があっという間に過ぎました。

そしていよいよ、この土日の今年最後の授業で、優勝者を決めるべく投票が行われました! なかでも多くの票が集まったトップ7の写真を、ここでみなさんに公開します。
まずは、どうぞご覧ください!

best7bun.jpg

渋い!!カッコいい!!! 
みんなからの票が集中した、宮地文也の気迫の一枚です。


best7kimi.jpg

50代の女の背中はダテじゃない。
きみちゃんの凛とした力強さが伝わってきます。


best7tani.jpg

あれ? 食いしん坊万歳? 
包容力のある優しい谷川の表情に、グッときた女性陣多し。


best7sayaka.jpg

この目力を発するまでに、どれほど迷走をしたことか‥。


best7sayaka2.jpg

とても時間をかけて先生に引き出していただいた、私の母性を象徴する一枚です。我ながら、最高に美しい写真だと思います!


best7keiji2.jpg

視界がかすむまで雄叫びをあげ、ほとんど失神寸前の慶司!


best7keiji.jpg

絶妙なこの表情をとらえていたのは、何千枚のなかのたった一枚だけでした。


ここには載せきれないたくさんの写真があるなかで、投票数の合計が最も多かったのは、金子慶司の写真でした。写真を選定する段階では、数千枚の写真の中から自分のベストを3枚まで厳選することになっていたのですが、慶司の写真はとても3枚には厳選しきれない芸術的なショットが多く、どれもがトップ7に入るクオリティで、文句なしの総合優勝でした!


keiji3.jpg

一枚一枚が胸にグッとせまってきて、惹きこまれる慶司の写真です。3days初日の段階では、緊張でガチガチになりポーズを取ることすら出来なかったとは、到底信じられない姿です。みんなが泣かされた慶司の感動的な撮影秘話は、またあらためて‥。

先生のプロデュースによって、間違いなく一生の宝物になる写真をこんなにもたくさん撮影することができた、私たち一人ひとりの貴重で感動的な経験は、また来年早々からこの場でみなさんに紹介していきます。どうぞお楽しみに!


高橋さやか