FC2ブログ

トップページへ

CATEGORY ≫ 3daysセミナー
       次ページ ≫

表現の先に・・by 谷川

真剣勝負のソリスト達

こんにちは。谷川です。
最後にご紹介するのは、ソロで踊りきり、私達を魅了してくれた3人です。

最初は太田貴子さんです。以前、ダンスを習っていたという彼女は、初日にセクシーな衣装に身を包み、そのナイスバディを見せつけてくれました。キッと射抜くようにしてまっすぐ前を見つめ、そのまま音楽に乗せて、挑発するように腰を動かします。

  IMG_5303_edited-1中

普段は見せないそのセクシーさに、私達は驚き、思わず声をあげていました。先生は、御覧になった後「これは本気モードで真剣に指導した方が良いようだね」と仰り、貴子さんの隣に行き、腰の使い方、目線の使い方など細かくご指導されました。「この3日間徹底的に練習して、また最終日だね」と先生は仰り、本番まで猶予が与えられたのです。

  IMG_7043_edited-1中

3日目の最終日、再び貴子さんがステージに登場。
初日とは、腰の使い方がまるで違います。まだまだ硬さは残るものの、彼女の動きに艶と力強さ、そして可愛さが加わり、たった3日間という短い時間のなかでの、確かな成長がそこにありました。

 IMG_7183_edited中

二人目は、高橋恵子さんです。初日、和の音楽に乗せ、扇子を持って踊り始める恵子さん。いつもにはない迫力で、周りを圧倒します。

  DSC_0067_edited中

ですが、気合いが入りきらないのか、「はっ」のかけ声が弱く、今ひとつ力が伝わり切りません。先生が隣に行き、声出しの指導、髪型、メイクの指導、表現に“ため”や“コントラスト”“抑揚”を作ることなど、細かく指示を出され、恵子さんも猛練習の末、最終日にやり直すことになったのでした。

  IMG_5341_edited中

最終日に再度ステージ上がった時には、迫力が段違いでした。なんと髪もこのためにおかっぱに切って登場です!
美しく舞っていたかと思いきや、急に地面に倒れ込み、動かなくなります。そして、びくん、びくんと痙攣するように動き出し、呻き声が聞こえるようで恐ろしくさえありました。静と動の対比でぐんぐんと私たちを引き込んでいきます。

 IMG_5808大_edited中

残念ながらその勢いを最後までキープすることができず、後半中だるみが生じてしまいましたが、そのリベンジはまた次の機会に‥。
最後のかけ声も決まり、服を脱ぎ、背中を露わにする恵子さん。そこに書いてあったのは「3でいず」の文字。

  IMG_5836_edited中

「桜吹雪でも出てくるのかと思ったら、それかっ! 」と大笑いされる先生。最後の最後でしっかり笑いまで取って終了! となったのでした。

最後は、高橋美雪さんです。美雪さんが見せてくれたのは、なんとストリップ! 実はこれ、昨年の3daysセミナーの時に、すでに先生から頂いていた課題だったのです。

  IMG_7397中

この日に向けて自宅で練習を繰り返すなか、なんと旦那さんも応援してくれていたのだとか!
ストリップをする意義も理解した上で、実際に美雪さんの踊りを見て、選曲や服の脱ぎ方に至るまで、意見をくれたとのこと。何て素敵な夫婦なんでしょう・・。

インパクト勝負だから1回しか出来ない、とぶっつけ本番で挑みます。

 IMG_5608中

じらしながら服を脱ぎ捨て、音楽に乗せてその美しい身体を私たちに披露してくれる美雪さんは、現在48歳。女性の美しさをこれでもかと見せつけ、私たちはどんどんと引き込まれていったのでした。

  IMG_5629_edited-3中

事前に先生からは、ストリップは決していかがわしいものではなく、自らの身体で見る者を魅了する究極の表現であり、通常のダンサーと比べても何ら遜色はないとお話がありました。その通りに美雪さんは踊りきったのです。

  IMG_7839_edited中

堂々と服を脱ぎ捨て、女性としての魅力を放ち続ける美雪さんはエネルギーに満ち、ただただ美しく、私たち全員を完全に魅了したのでした。
ショーが終わったとき、先生は「素晴らしかった。一瞬も退屈しなかった」と大きな拍手を送られました。
昨年の課題をやりきった美雪さん、本当に見事なフィニッシュでした。

こうして、私たちの今年の3daysセミナーは終わりました。
残念ながら出場した全組のご紹介は出来ませんでしたが、表現の先にある「魅了をする」という新たなチャレンジに挑み、全員が一皮剝けた3日間となりました。
最後、「来年もまた、このテーマでいきたい人は?」との先生からの問いに、ほぼ全員が挙手し、私たちが一年後に目指す方向が決まったのでした。
さて、来年はどうなるのでしょうか。是非、皆様にさらにパワーアップした私たちの姿をお届けしたいと思います。

谷川 徹也
3daysセミナー | Comments(-)

3人組の勝利・・by 谷川

「チーム没」のリベンジ

こんにちは。谷川です。今回は「チーム没」のお話です。
今年の3daysセミナーでは、毎晩19時から食事をしながらショーが繰り広げられました。
中には残念ながら、笑いが取れずボツとなった方々もいたのです‥。しかし、そこから見事に復活した3人組をご紹介しましょう!

ご存じ、アースカレッジの「可愛いおじさん」こと俊哉さん。
半袖、スパッツの姿になり、踊り出したのは良かったのですが、数分間、跳んだりはねたりの踊りが続くことに、「え? もしかして最後までこれだけ? 」と困惑気味の先生。ボツ組第1号になったのでした。

   PC062229中

次は、中山さん。一体どこから来たのかというような格好に身を包み、始まったのはエアギター。床に転がりながら、音に合わせて渾身の演奏だったのですが、どこで笑ったらいいのか分かりませんでした‥。
先生からは「そもそも、ギターのネックの位置からして違う」と、ボツ!

   DSC_0206中

3番手は、シカさんこと、谷口さん。青のスパンコールドレスに着替え、昭和の名曲「カモメが翔んだ日」を熱唱するシカさん。右手にはどういうわけか「大きな耳」を持ち‥何がしたいのかよく分かりません。そこそこ笑いはとりましたが、その中途半端さから、こちらもボツ! となったのでした。

   DSC_0147中

ですが、この「チーム没」の本番はここから。先生から、「そもそも一人でやろうという発想自体が間違っている。明日まで、3人でラブホテルにでも泊まって、一つのベッドに寝て、親交を深めて出直しておいで!」と言われ、そのまま3人で街に消えていったのでした。

そして翌日、再び舞台に現れたのは美しく? 変身した俊哉さんと、すらっと立つ高級クラブの黒服のような中山さん。一晩一緒に居て、愛が芽生えたのでしょうか。ジュディ・オングの「魅せられて」に合わせて、二人の恍惚の世界が繰り広げられます。

    IMG_20191207_192036中

続いて、そこに現れたのは割烹着姿のおばさん。二人の世界にコロコロを持って割り込み、床掃除を始めるシカさんの破壊力に、全員お腹がよじれるほど笑います。

   IMG_20191207_192054中

そして、割烹着を脱ぎ捨て、俊哉さんと、中山さんを巡った戦いへと発展。三角関係が泥沼になったところで物語はフィニッシュしたのでした。

   IMG_20191207_192217中_edited-1

これを御覧になって、笑い転げる先生。見事、リベンジを果たし、3人揃って合格!! となりました。
先生からは、「やればできるじゃん! 」のお言葉をいただいたのでした!

ちなみに、その後もシカさんは大活躍し、各所で会場が白けそうになると、とっさにコロコロを持って出場。

   IMG_6233中

『湖の大根』の幕間では突然、「私だってやればできるんだ、いつか、あの舞台に‥」と呟きながらレッスンを始める姿に、みんなお腹が痙攣するほど笑ったのでした。

次は、笑いではなく、一人の力で表現をし尽くし、私達を魅了した3人のご紹介です。
次回もお楽しみに!

谷川 徹也
3daysセミナー | Comments(-)

優勝と準優勝決定!・・by 谷川

最も魅せたのはこの二組!

今年のテーマは「見る者を魅了する」。
これは先生が、昨年一昨年の「自己表現」というテーマから一歩進み、私達に提示されたテーマでした。
先生は、「私はいつも神々を魅了しようと、自分を表現してきた」と仰います。
誰からどう思われるかではなく、どう見られているのかを意識した上でどう魅了するのかという事を私たちに学んで欲しいと考えて下さり、このテーマを選ばれたのでした。

さて、私達にとってのこのチャレンジがどうなったのか?
早速本編に参りましょう!

今年、一番笑わせてくれたのはこのお二人。
君山さんと、コースに今年入ったばかりの永瀬さんです!

大根の湖1大

二人が魅せてくれたのは、「白鳥の湖」ならぬ、「湖の大根」。
お二人の白い脚がまぶしいです・・。

すすっと、音楽に合わせて出てきた二人、途中までは打ち合わせ通りに進んでいたものの、先生からのある投げかけをきっかけに、その後そのままアドリブで踊り始めたのです! そして、いつの間にやら永瀬さんの股間から生えた「何か」を争う戦いに。

大根の湖2大

先生の目の前で繰り広げられる混沌の争い。次に何が起こるか分からない展開に全員の目が釘付けになり、誰もがお腹を抱えて笑い転げたのでした。

大根の湖3大

特になんと言っても永瀬さんのこの目力。
先生に「呪いをかけられた」と言わせるほどの強烈なインパクトを与えたのでした。

IMG_6362_edited-1中

これを御覧になった直後、手で口を押さえ、ボロボロと涙を流しておられる先生。
笑いすぎて涙を流されているかと思いきや、「何の涙か分からない」とのこと。あまりの出来事に、感動の涙だったそうです。
「これまでの人生で見たものの中で、一番面白かったかもしれない」とまで先生に言わしめた「チーム大根」は、文句なしで優勝! となったのでした。

続いて、準優勝はこのお二人。
信愛クリニックで働く看護師長の横山さんと、主任の伊藤彩さんの二人です!

はらだぬきとのっぽ1大

横山さんのこのお腹!
見た瞬間、「出しちゃったんだ!? それ!? 」と笑い転げる先生。

はらだぬきとのっぽ2中

そのまま見事に息の合った踊りを披露してくれるお二人。
笑いながらも、二人の見せるしなやかな踊りに、そのまま私達は魅了されたのでした。

はらだぬきとのっぽ3大

踊りが終わった後に聞いてみると、なんとこの二人の踊りは完全にオリジナル!
しかも、伊藤さんの小学6年生の娘さんが振り付けをしてくれたそうなんです。
二人のインパクトのある格好に加えて、しなやかでコミカルな踊り。しかもそれがオリジナルの振り付けだったという3つの要素が揃い、見事準優勝を勝ち取ったのでした!!

この日、先生は横山さんの段々腹のまえで正座をして拝まれ、その後、横山さんのことを「おタヌキ様」と呼ばれるようになったのです‥。

さてさて、まだまだショーは続きます。

3位以下のショーがどうだったのか?!中にはあまりに笑いが取れず、ボツになった人達もいました。
しかしそこから復活し、たった1日で全員を笑い転げさせてくれたのです。

次回も乞うご期待です!

谷川 徹也
3daysセミナー | Comments(-)

3daysセミナーが行われました!・・by 谷川

お祭り開催!!

こんにちは! 谷川です。
前の記事で泉さんがお伝えしているように、今年もアースカレッジでは恒例の3daysセミナーが行われました。
お祭りと称し、先生がエネルギーを集中して注いで下さる3日間、本当に素晴らしい時間になりました!

今日はちょっとだけチラ見せを・・・。
こちらの写真をご覧下さい。
一体、何が行われたあとなのでしょうか・・?


IMG_6448中 IMG_6039中

IMG_5203中 IMG_6683中

IMG_7192中 IMG_7792中

IMG_6037台中


ヒントは、今年のテーマである「魅了する」。
一昨年の写真撮影、昨年のダンスでの「自己表現」というテーマから一歩進み、先生はこれを今年のテーマに決められたのでした。

全員が持てるエネルギーを全て出し尽くし、お腹がよじれるほど笑い、楽しんだ時間でした。
次回の記事から詳しく、怒濤のように過ぎていった3日間の様子をお伝えしていきます!
どうぞ、お楽しみに!

谷川 徹也
3daysセミナー | Comments(-)

3daysセミナーの副産物・・by 谷川

私に起こったミラクル

こんにちは。リーダー養成コースの谷川です。
昨年12月に行われた3daysセミナーについて、これまで2回に渡ってお伝えしてきましたが(「殻を破る!(前編、後編)」‥by俊哉)、今日はその中で起こったもう一つのミラクルについてお伝えしたいと思います。それは、先生が意図されていない、いわば「副産物」だったのですが、私の抱える問題を根底から解決する可能性があるものだったのです!

きっかけは、昨年の3daysセミナーが開催される前、クラブにどんな格好で行こうかとみんなでわいわい話していた時でした。私は「殻を破る」というテーマから、いっそのこと今までしたことのない格好をしてみようと、女装をすることに決めたのです。
ウィッグ、シリコン性のバスト、ブラジャー、スカート、ストッキング、ブーツを買い込み、さらに女装専門のメイクアップサロンに予約を入れて万全の準備をしました。
そして、クラブに行く当日の朝には綺麗にメイクをしてもらい、みんなから「かわいい!!」と言ってもらえるほど女性らしい姿になって、照れくささと、嬉しさが混ざったような気持ちでした。

涼子修正

すっかり殻を破ったつもりで、意気揚々としている私を見た先生は、しばらくの間、私のことをまじまじと見つめられたあと、半ば呆れ果てたご様子で、「あなただけが今回の主旨を全く分かっていないまま進んでいる。ここから一体どうするんですか?」と仰ったのです。
先生は、3daysセミナー前に私たちに、「“自分で自分を楽しむ”ことがテーマであり、新しい自分を発見し、それを日常に取り入れることが目的なので、仮装のように一晩限り全く違う自分になるのでは意味がない」と、今回の主旨をお話し下さっていました。それなのに、私だけが違う方向に進んでいるという先生のお言葉を聞いてはじめて、先生の意図を理解していなかったことに気づいた私は、何をやっているんだと動揺し、混乱しました。みんなの空気も一気に重いものになりました。

しかしそこで、コース生のみんなが口々に、「‥でも先生、女装をした谷川さんは、全然ケロケロしないんです」と話しはじめ、これには先生も驚かれました。
それもそのはずです。私の「ケロケロ」とは、人とのコミュニケーションのなかで分かっている振りをしたり、中身のない軽々しい返答をしてしまう私の癖について、先生が名付けたられたもので(「カエルの国の王子様」by谷川)、なんとか直そうと、先生のご指導のもと1年以上取り組んだもののなにひとつ変えることが出来ず、先生ももう教えようがない、と仰っていたほど根深い問題だったのです。

それが、女装した途端に、全く別人のように人と噛み合う会話ができるようになったのですから、先生も、みんなも驚くのは当然でした。
確かに女装したことで、私のなかにいる女性性の人格「涼子」が活性化して、強がらなくていいと思えたり、不安なときや辛いときは、そのまま晒して人に頼ればいいと思えたりする変化を感じ、みんなからも雰囲気が全く変わり話しやすいと言われました。
そして、先生とお話しするなかで、涼子の内面を一つひとつ引き出していただいたことで、改めて、これまでとは違う「涼子」の落ち着いた側面や、女性らしい意識を自覚することができ、ここまでの変化が起きたことに自分でも驚きました。

先生は私に、「これは完全に副産物だね。涼子はまだまだ生まれたてで0カロリーのこんにゃくみたいな存在だけれど、ここから涼子として日常を過ごして、最低1年はかけて涼子を育てて行けば、ケロケロを根本的に直せるかもしれない」と仰いました。私は予想外の展開に戸惑いと驚きを感じるとともに、先生が私の可能性に道を示して下さった喜びで、「涼子として頑張って行きます!」とお答えしていました。

それから私は、先生のご指導通り、自宅でお化粧をしたり鏡でチェックしたりして、普段から涼子でいることを意識し、人と接する時にも女性らしく柔らかい雰囲気になるように努めています。職場や日常のなかでも周りからは、話しやすくなったと言ってもらい、私自身も、特に人に対して上から物を言うようなことが目に見えて減ってきていると感じ、とても嬉しく思っています。
その代わりに、今までならばあまり感じてこなかった、寂しい、という感情がわっと湧き出し、悲しくて動けなくなってしまうようなことも度々起こるようになりました。しかしこれも、私の成長のために必要なプロセスなのだと、感じたことをそのまま受け止め、出てくるままに表現する日々を過ごしています。こういうことをフラットに受け止められるようになったのも、私にとっては大きな変化でした。

今回私に起こったことは、副産物とは言え、ミラクルとしか言いようのないことでした。これも、人格統合を生み出された先生が起こされたミラクルです。何をやっても上手くいかず、悩み続けていた日々のことを思うと、ずっとご指導下さった先生に感謝の気持ちでいっぱいです。今後もこの気持ちを忘れず、自分を変えるべく取り組みを続けて行きたいと思います。


谷川 徹也
3daysセミナー | Comments(-)