FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2017年05月

サイキックセンサー強化セミナー第三弾開催のお知らせ・・by 依田

ワンネスセミナー

こんにちは、認定コンサルタントの依田です、
本日は、1dayセミナー開催のお知らせです。

4月には「サイキックセンサー強化セミナー」として、「リーディング・ヒーリングセミナー」、「チャネリング・ディスカッションセミナー」が2回連続開催されました。

そして、サイキックセンサー強化セミナーの第三弾として、6月4日〈日〉に「ワンネスセミナー」が開催されます。

今回の「ワンネスセミナー」は、前回の「チャネリング・ディスカッションセミナー」を経て、伊藤先生が、これらは非常に重要な内容であり、さらに学びを深め、定着させていくことが必要であるというお考えから、第三弾として開催されることになりました。

前回の「チャネリング・ディスカッションセミナー」のなかで、受講者たちの意識が大きく開いたのは、伊藤先生の「ワンネス」についての、多次元に及ぶ、壮大なお話がきっかけでした。

「目の前の相手は自分である」「全体は一体である」というような、世間一般で語られる「ワンネス」の概念とは違う、伊藤先生が語られる「ワンネス」に、そこにいる受講者たち全員の意識が大きく変容していく様子が見られました。

伊藤先生は、私たちが日常のなかで「ワンネス」を体感、実感することが、何よりも重要であるとおっしゃいます。

私自身も、これまでの概念を超えて意識が拡大し、大きな存在に身をゆだねるような感覚を得ることができました。またセミナーの受講後は、以前にもまして、自分や目の前の相手にとって必要な過去性の情報やインスピレーションをキャッチする力が強まったことを感じています。
それは、これまでなかなか立ち入ることができなかった領域の扉が、開いていくような感覚です。

「ワンネスセミナー」の受講は、4月の「リーディング・ヒーリングセミナー」「チャネリング・ディスカッションセミナー」を受講された方のみに限定させていただきます。

「ワンネスセミナー」で、さらにサイキックセンサーに磨きをかけると同時に、コミュニケーションの神髄についての学びを深め、共に成長している喜びを確かなものとして感じたいですね。


依田 真由美




■ワンネスセミナー

4月に開催された、「リーディング・ヒーリングセミナー」、「チャネリング・ディスカッションセミナー」を受講された方のみが、参加可能となります。

 日 時: 6/4(日) 11時~21時
 場 所: アースカレッジ
 講 師: 伊藤 美海
 料 金: 25,000円 
 持ち物: ノート、筆記用具

〈メニュー〉
 ・天と地とハート
 ・安心感と信頼関係
 ・他者との間にある境界線をはずす
 ・等価交換
 ・受与の法則
 ・ひとつなるもの、すべてなるもの

〈注意事項〉
 ※ 合間に1時間程度のお昼休憩を、はさみます。
 ※ 終了時間は、21時を過ぎる可能性もありますので、ご了承下さい。
   終電などのご都合によっては、早退も可能です。
 ※ 録音は可能です。
 ※ 前日・当日のキャンセル・変更につきましては、
   100%のキャンセル料が発生いたしますのでご了承下さい。
 ※ 締め付けの少ない楽な服装でお越しいただくか、もしくは、
   スウェット等の着替えをご持参下さい。
   (ジーンズ・タイトスカート・スーツ等の着用は、
   心身がリラックスすることを妨げるため、
   お控えになることをお勧めします)



申込みやお問合せは、アースカレッジまで、メールや電話で承っております。

電話 : 03-5460-8820
e-mail : info@earth-college.com

本末てんとう大作戦・・by 中山

優しいにもほどがある!

先日急遽、アースカレッジでは、50匹のてんとう虫の幼虫をお迎えする話が浮上しました。

それは、伊藤先生の大切な鳥さんたちの、いつもの夜の放鳥の時間。ベランダで栽培している鳥さんたちの大好物であるハコベさんを、この時期に大量発生するアブラムシから守るために毎年戦ってこられた先生が、「てんとう虫ってアブラムシをバクバク食べてくれるのよ。てんとう虫って売ってないのかな?」と、仰った事からでした。

中山 「連れてきても飛んで行ってしまいますからね・・・」
先生 「そうだよね・・・。飛ばないてんとう虫っていないのかな?」

という話になり、私はすぐにスマホで、「飛ばないてんとう虫」というワードで検索してみたのです。

すると・・、なんと!

飛ばないてんとう虫なるものが、害虫駆除生物として存在し、しかもネットで購入できる事が分かったのです。

てんとう大作戦は、こうして始まりました。

毎年、アブラムシの甚大な被害によってハコベさんを失い続けてきた先生は、真剣にてんとう虫をお迎えする事を考え始めました。そして、50匹というのが最小単位で、それ以下の数では購入できない事に、悩まれたのです。
なぜかと言うと、先生宅のベランダでは、50匹ものてんとう虫に対して、あまりにもアブラムシの数が少なかったからです。

せっかく来てくれた救世主を、飢え死にさせるわけにはいかない・・・。
そんな事は、あってはならない。

真剣に考えた末、先生が思いつかれたのは、なんと、「アブラムシの数を増やそう!!」でした。

「今しているアブラムシ対策をやめて、アブラムシにもっと増えてもらおう! そうすれば、てんとう虫は餓死しないですむ!!」

先生は、本気でした。
僕は思わず、「先生。アブラムシを駆除するためにお迎えするてんとう虫さんに、ひもじい思いをさせないために、アブラムシを積極的に増やすのですか?」と言いました。
それを聞いた先生はハッとされ、「これぞ、本末てんとうってやつだな」と。
そこからは先生も僕も、もう笑いがとまらず、「これが本当の本末てんとう~~っ!!」と、腹を抱えて笑い転げてしまいました。

そして一週間ほど前、宅急便で、てんとう虫の幼虫50匹が、先生宅に届きました。
その名も、「テントップ」!

テントップ、容器

こんな容器(小さい缶コーヒーくらいのサイズ)に、50匹ものてんとう幼虫さんが・・・ドキドキ。

容器、中身

先生 「あれ!? このちっちゃい虫、これは幼虫の餌用のアブラムシ? では、幼虫は何処に??? ・・・・・・ 違うっ! このアブラムシみたいなのが、幼虫なんだ!」

というわけで、想像していたものとはまるで違う、アブラムシ程度の小さな幼虫さんがやってきたのです。

そして、その後一週間を経て・・、

幼虫さん、葉っぱに

現在はこの姿。お迎え当時より、何倍も大きく成長しています。

今この時も、大切なハコベさんを守るべく働いてくれているはず・・・。 でも、あれれ? 50匹の幼虫を放ったはずだけど、そんなに見かけないぞ。どこかに歩いて行ってしまったのだろうか? それとも・・・???

効果のほどはまだ分かりませんが、今年の夏のアブラムシ対策に期待が高まっています。

どうか、本末てんとうとなりませぬように・・・(笑)。


中山 寛士

お知らせ・・by 依田

改定されます

こんにちは、依田です。
この度のアースカレッジの始動に伴い、いくつかお知らせしなければならないことがあります。

まずは、個人セッションについてです。
この度、伊藤先生と、私依田の個人セッションの料金が、改定されることになりました。

伊藤先生はこれまで、75分2万円、120分3万円という、先生の実績からすると破格値としか言いようのない料金で個人セッションを受け付けてこられましたが、近年、担当セッションを徐々に減らしていらっしゃいました。その理由は、先生がこの二年間、とあるビッグプロジェクトにエネルギーを注いでこられたからです。

プロジェクトの詳細については、いずれこのあ~スカblogでみなさんに公開する予定ですが、これらの背景から現在、伊藤先生は基本的には新規の個人セッションを受け付けておりません。

ですが、完全に窓口が閉じられたわけではなく、今後は、75分5万円とセッション料金を大幅に改定したうえで、どうしても伊藤先生から学びたいという人には、特別枠を設ける形で個人セッションを提供してまいります。
伊藤先生のセッションを受けることを強く希望される方は、その旨をご連絡ください。

また、私依田は、認定ティーチャーとしての4年間の経験をもとに、現在外部の組織に出向し、コンサルタントとして組織内での対人問題やスタッフのメンタルケア、リーダー育成等を中心に担当することで、伊藤先生が進められているプロジェクトに携わっています。

これらのシフトに伴い、今後私は、認定ティーチャー改め「認定コンサルタント」として活動していくことになります。引き続き、個人セッションは担当させていただきますが、私依田のセッション料金は、90分1万6千円から2万円へと改定されます。

そして現在、アースカレッジのリーダーを務める中山が、認定ティーチャーとして、コース生を中心に個人セッションを行っているのですが、今後は、90分1万6千円にて、一般の方のセッションも担当させていただきます。

また、これまで15年にわたって定期的に開催されてきた「2days集中ワークショップ」ですが、今後は、2daysではなく、1日で行われる「伊藤美海のライブセミナー」としてリニューアルされます。

伊藤先生の個人セッション料金は改定されますが、こちらのライブセミナーは、2万5千円で、丸一日伊藤先生から直接学ぶことができる機会となります。
人格統合に関することも含め、参加者それぞれが、自由に個人の質問を投げかけることができる、1日がかりのグループセッションのようなものとも言えます。

次回のライブセミナーは、5月21日(日) に開催予定です。
参加を希望される方は、アースカレッジまでご連絡ください。

参加される方には、事前に質問したいことをまとめておかれることをお勧めします。

また、アースカレッジ始動に伴い、メールアドレスも変更となりました。
セッションやセミナーのご予約、お問い合わせなどは、こちらにご連絡ください。

TEL・FAX:03-5460-8820   
e-mail:info@earth-college.com


依田 真由美




■伊藤美海のライブセミナー

 日 時: 5/21(日) 11時~21時
 場 所: アースカレッジ
 講 師: 伊藤 美海
 料 金: 25,000円 
 持ち物: ノート、筆記用具

〈注意事項〉

 ※ 合間に1時間程度のお昼休憩を、はさみます。
 ※ 終了時間は、21時を過ぎる可能性もありますので、ご了承下さい。
   終電などのご都合によっては、早退も可能です。
 ※ 録音は可能です。
 ※ 前日・当日のキャンセル・変更につきましては、
   100%のキャンセル料が発生いたしますのでご了承下さい。
 ※ 締め付けの少ない楽な服装でお越しいただくか、もしくは、
   スウェット等の着替えをご持参下さい。
   (ジーンズ・タイトスカート・スーツ等の着用は、心身がリラックス
    することを 妨げるため、お控えになることをお勧めします)

奇跡のショット、なのに!・・by 中山

先生、ご立腹!? 「私が撮った写真じゃー!」

昨日の夜の事です。
先生のお部屋にお伺いし、お話をさせて頂いた後、キッチンで洗い物をしていた僕に、先生が突然扉を開けて、「増田があ~スカblogにコメント入れてるんだけど、あいつ分かってないぞ! いやそもそも、誰も知らないんじゃないのか!?」と仰いました。
僕は洗い物を置いて、すぐに先生のお部屋に戻り、パソコンの画面を覗かせて頂くと、増田さんの「本当に素晴らしい、扉写真だと思います」というコメントが目に入ってきました。

「増田は、このトカゲちゃんの画像をどっかから持ってきたと思っているんじゃないのか?そもそも・・・そうだ! 誰にも言っていないじゃないか! このトカゲちゃんがどっから来たか、だれも知らないんじゃ!?」と、先生はその衝撃の中、話されました。

確かに、私たちスタッフ間では当たり前のことだったけど、だれにも伝えていないかも・・。ということは、コース生や外部の人たちにとっては、そこにいるのはどこからともなくやってきたトカゲちゃん・・ ガーン!!

しか~し!! そんなわけはないのです!!
このトカゲちゃんの写真は、2016年7月に、伊藤先生がアメリカのシャスタ・セドナ召喚に行かれた時、ご自身で撮影された奇跡のショットなのです!

とかげ

先生がシャスタ・セドナに滞在されていている10日間、先生はおよそ20匹ほどのトカゲちゃんと遭遇されました。
そしてそのどれもが、「いや、そんな勢いで逃げなくても何にもしないって」と、思わず突っこみたくなるほどの一目散の逃げっぷりで。逆に一目散に逃げる気配で、かえってトカゲちゃんの存在に気付く、なんていうことが普通だったのに、この子だけはなぜか、カメラが20cmぐらいまでに近寄っても逃げずにいた、本当に稀な子なのです。
先生は、「この子は、私を歓迎して出血大サービスをしてくれたのか、果ては・・・すっとぼけた、ただの命知らずなのか、そこのところは謎だ(笑)」と、語ってくださいました。

そんなわけで、あ~スカblogのトップ写真は、シャスタ・セドナ召喚時に先生自らが撮られた、とってもミラクルなトカゲちゃんの写真だったのです。

自分もこの事を誰かに話したかどうか記憶が定かではないのですが、きっと知らない人がほとんどのはず。

「このトカゲちゃんの写真の真実が知られずに、どっかから持ってきたものだと思われているようならば、この事態は見過ごせん。屈辱的だ!」と、先生。 
「はい。放ってはおけません!!」と、中山。
そんなこんなで遅ればせながら、こうしてお伝えしている次第でございます(汗)。

ちなみに、ミラクルショットはトカゲちゃんだけではありません。
他にもトカゲちゃん同様に、先生のカメラがどんなに近付いても、微動だにせずポーズをとり続けた、出血大サービスな、あ~スカな子たちがいたのです。


ちょうちょう



とんぼ



つむじりす


これらの写真を含め、アースカレッジのホームページには、先生がシャスタ・セドナ召喚に行かれた時に撮られた写真と、今年の3月に屏風ヶ浦にてコース生をモデルに撮ってくださった写真が使われます。
そんな、伊藤先生が撮られたミラクルショット満載の写真が使われるホームページ。どのように仕上がるのか、皆さん楽しみにしていてください。


中山 寛士

あ~スカって、なんスカ~??・・by 中山

トカゲちゃんの不思議

みなさん、コメントありがとうございます。

コメント欄で、頭の上にふたつ「?」マークの付いたトカゲちゃんが話題になっていますね。

一体何に「??」なんだろうと、みなさん想像しているご様子で。

たかこさん、残念!! 大きく外しちゃいましたね。

コメント欄の中で、一人だけ正解を言い当てた人がいます。
それは、ぶんさんです!!

トカゲちゃんは、「あ~スカblog」のタイトルに、「あ~スカって、なんスカ~??」となっているのでした。

これは伊藤先生のアイデアで、トカゲちゃんの擬態があまりに素晴らしく、周囲の植物や枯葉に馴染みすぎて、スマホなどの小さい画面ではトカゲちゃんがいることに気付かないかも!? という心配から、どうしたらこの可愛いトカゲちゃんの魅力を最大限引き出せるのか? ということで、じゃあ、頭の上に何か乗せてみようか? となったのでした。

当初、トカゲちゃんの頭の上に、色々なものを乗せてみました。
王冠だったり・・・(えへん! スゴイだろ? 僕はトカゲだぞ
光る豆電球だったり・・・(僕、ひらめいちゃったよっ
ビックリマークだったり・・・(なんなんだっ、これは~っっ

様々なものを試しにトカゲちゃんの頭の上に乗せてみた結果、「あ~スカって、なんスカ~??」の「??」に決まったのです。

ぶんさん、おめでとう。正解です。

けいこさんは、「あ~スカ Children」にも注目していましたね。
これも、「ここに通う人たちは、みんな精神年齢が子供だし、チルドレンでいいんじゃない?」という伊藤先生の発想から生まれました(笑)。

それにしても、「あ~スカ」って響き、面白いですよね。

これは、アースカレッジの公式ブログのタイトルを何にしたらいいでしょうか? と僕たちから相談を受けた伊藤先生が、「女子高生ってなんでも短縮するよね。彼女らがアースカレッジを短縮したら・・・、「アースカってさ~」「昨日アースカ行ってきたんだよね~」「アースカって超イケてな~い?」(女子高生風におもいっきり真似して)ってなるんじゃないの?」という、ところから始まりました。

その場にいた依田さんは、「いや、先生。それはないんじゃないでしょうか‥(汗)」と言ったそうなのですが、何度も聞くうちに、だんだんしっくりきてしまったということらしいです。

そしてそこから、このひらがなとカタカナの混合字体の「あ~スカ」になり、blog立ち上げへ向け、何度も口にするうちに、ますますしっくりきて、今ではもう、「あ~スカblog」以外になにがあるというんだ! というくらいに馴染んでしまいました。

あ~スカの由来は、「女子高生だったらアースカレッジを何と短縮して呼ぶだろうか?」という伊藤先生のノリから生まれたものだったのです(苦笑)。

このトカゲちゃんも含め、この「あ~スカblog」を、みんなでいっぱい可愛がって、育てていきましょうね。


中山 寛士

ついに始動!! あ~スカblog・・by 中山

中山暴れます!!

こんにちは。
いよいよ始まりました! アースカレッジの公式ブログ。
名付けて、「あ~スカblog」。
僕は、アースカレッジで、リーダーを務めさせていただきます、中山と申します。

そもそもアースカレッジってどんなところ? を語る前に、簡単に自己紹介を。
僕は今から三年ほど前に伊藤先生の御著書と出会い、アースカレッジの前身であるノア・アカデミーに通い始めました。
それまでの僕というのは、親への鬱積した怒りを周囲の人に投影しては、いつも人間関係を破壊していました。誰ともうまくやれないため、結局、何もなすことが出来ない。そのくせ自分のことは棚に上げて、その原因を周囲の人たち、果ては社会のせいにして、攻撃性と被害者意識丸出しで生きていた、本当に恥ずかしい人間でした。
そんな僕は、ノア・アカデミーのコース生になってからも問題ばかり起こしていましたが、三年目になって大きな変化を起こし、自分に対する自信や、信頼を取り戻すなかで、次第に周囲をリードしていく立場へと変化していき、今ではリーダーを務めさせて頂いています。
今までどうにもならなかった僕の人生が、伊藤先生のもとで学び、それらを実践する事によって、大きく開けてきたのです。

このアースカレッジは、伊藤先生が、より現実に根差したものとして、新たに創られた特別な場所です。ここで学ぶそれぞれが、自らの人生を自らの手でクリエイトし、やがては現実の社会を動かしていく。そんな力を養い、実践する場として、先生が僕たちに与えてくれました。

僕は今、伊藤先生のお側で、カルマ清算に取り組む日々を過ごしています。
その中で伊藤先生から頂いているたくさんの感動を、そこからの学びを、歓びを、アースカレッジに関わる全ての人と、分かち合っていきたいと思っています。このブログを通じて、ひとりでも多くの人と繋がり、互いの人生をより豊かなものにできたら、この上なく幸せです。

感情豊かに、より人間らしく。中山暴れます!! 
以後、お見知りおきの程、よろしくお願い致します。


あ~スカblog最初の挨拶

今後はコメント欄で、みなさんと交流したいと思っています。
どんなことでもいいので、コメントお待ちしています!!


中山 寛士