FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2017年06月
      

≪ 前月 |  2017年06月  | 翌月 ≫

ハグハグ、チュッチュしてますか?・・by 高橋

ワンネスを体感しました!

こんにちは。リーダー養成コース生の高橋恵子です。

アースカレッジでは、6月4日 (日) に 「ワンネスセミナー」 が開催されました。私は、セミナーの名称を聞いただけで、ワクワクとハートが開くのを感じていました。

前回の「チャネリング・ディスカッションセミナー」で、伊藤先生はワンネスについて、
「全てはもともと1つだった。けれど、すべてが1つで、どこを見渡しても自分しかいない世界ほどつまらないものはない。自分しか存在しない世界には、何も起こらない。外からの刺激がないなかでは、自分が何を考え、何を感じるのかさえも分からなければ、自分に対する認識すら生まれない。そこで私達はみんなでビッグバンを起こし、分裂した。それによって、それぞれの個性が生まれた。他者の存在があるからこそ、自分という個が存在できる。それを自覚することが、ワンネスの基本である」
と、壮大かつ、驚くほどシンプルにお話ししてくださいました。

そして、今回のワンネスセミナーの中で先生は、
「ワンネスというと、大きなスケールに思いを馳せてしまいがちだが、それを実際に体感しようと思ったら、スケールの小さなところから始めるしかない。たとえば、いつも誰かと何かを共有していたり、何かあればすぐに 『話聞いて!』 と誰かに声をかけたり、周囲の人の問題に関わらずにいられなかったり。そんなふうに人に対して当たり前にハートを開いていられることが、人として自然な在り方であり、実はワンネスを体現している状態なのです」
と、話されました。

そんな先生のお話を聞きながら私は、日常的にいつも、人との間に境界線をつくっていることをはっきりと感じていました。

私だけでなく、対人が苦手で、人に閉じていて境界線をつくっている人格は、参加者のほぼ全員の中にいました。その人格がつくっている、人との間にある境界線を外すには・・・? と、先生はその場で考えられました。

そして、先生が思いつかれたのは、お互いに、ハグハグしたり、チュッチュッしたり、なんならベロベロしたり (!) と、スキンシップをすることによって、境界線を外していくワークでした。

それを聞いて、嬉しくなってワクワクする気持ちとは裏腹に、私の中の対人恐怖を抱えている人格は、落ち着かなくなりました。スキンシップと聞いて、緊張や抵抗が出てきたのです。
参加者のなかにも、私と同じような反応をした人は何人もいました。

先生はさらに、「小さい頃に、親に十分なスキンシップをしてもらうことで、『自分は愛されている』という安心感が生まれ、そのなかで培われた親への信頼感こそが、人といるときの安心感に繋がるのです」と話されました。

私自身、両親から十分なスキンシップをしてもらった記憶はなく、ワークをすることに抵抗がありました。それをそのまま伝えながら、同じグループになった2人の仲間に、手を繋いだり、肩に手を置いてもらったりしました。
すると、スキンシップをしながらありのままの気持ちを聞いてもらっているうちに、自分を丸ごと受け入れてもらっていると感じられ、それまでの人生で経験したことがないような温かな感覚が広がっていきました。

まるで、目の前の仲間が、お父さんとお母さんのように思え、その手から伝わってくる体温とともに、安心感が心にジワジワと浸透していきました。そして、子どもの頃からずっとあった寂しいという感情が、涙と一緒に溢れて止まらなくなりました。

自分や仲間が、子どもでもあり、親でもあり、自分の娘でもあるように感じられ、人との間にあった境界線が消えていったのです。

「ワンネスってこういうことなんだな」と、頭ではなく、肌とハートで理解した瞬間でした。その後、他の仲間たちともスキンシップをすることで、相手との間に、これまでになかった安心感が芽生えました。

後半は、スキンシップで得た安心感を土台にした、参加者同士のディスカッションでした。
仲間の問題に対して、出てくるままに真剣にみんなで思うことを伝え合うなかで、腹にある思いがせき止められることなく、言葉になっている自分に気がつきました。時には厳しい言葉を伝えながらも、これまでにないほど距離が近く感じられ、伝えあうことへの抵抗感が薄まっていました。

セミナーを受けて以来、コース生同士だけでなく、家族や周囲の人といるときも、以前よりも明らかに自然体でいられるようになりました。家族とは小さなケンカをすることも増えましたが、気づけば後腐れなく、すぐに仲直りしています。

人に対して開いているって、こういうことなんだと、そして自分のハートが、純粋に人を求めているんだということを、日々実感しています。
セミナーでのワークは短時間でしたが、スキンシップによってこれほどの安心感を得ることができるのかと、衝撃を受けています。

これからもっと、仲間とも家族とも、ハグハグしたり、チュッチュッしたりしながら、周囲の人たちと、どんなことも伝え合える関係になっていきたいと思っています。


高橋 恵子

アットホームに語らう場・・by 麻衣

あ~スカCafe、いよいよオープンです!

こんにちは。リーダー養成コース生の佐藤麻衣です。
もう半袖で十分だ! というくらい暑い日が続いていますね。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

このたび、新たに『アースカレッジ』としての再スタートに伴い、これまでノア・アカデミーで月に一回開催していた交流会もリニューアルいたします。
伊藤先生のアイディアに基づき、これまでよりもさらに楽しくアットホームで、自由な雰囲気の中で語らう『あ~スカCafe』が月に一回オープンします!

あ~スカCafeには、どんな感じかちょっとだけ覗いてみたいという方から、カルマ清算や人格統合ってどんなことをしているんだろう? 伊藤先生からどんなことを教えてもらっているんだろう? とアースカレッジに興味がある方、今まさに個人セッションやセミナーを受けながら継続して取り組んでいる方まで、どなたでも参加いただけます。

当日は、選りすぐりのスイーツとドリンクを味わいながら、ゆったりと過ごしていただけます。
スイーツは、コース生が探し当てた絶品スイーツを月替わりでお楽しみいただけます。そしてお飲み物は、こだわりの珈琲とハーブティーをご用意しております。

Cafeのなかには、あ~スカblogのTOP写真でお馴染み、イメージキャラクターのとかげさんもいるかも?
これまでよりもさらに、わいわいと楽しめる空間で、皆さんをお待ちしています!

これまでの交流会では、コース生のリードによって、自分自身でも気付かないうちに過去に置き去りにしてきた感情が出てきたり、自分の本当の気持ちに気付いたり、誰にも言うことができなかった本音が言えたという方が多くいらっしゃいました。
それによって、参加された方の表情が明るくすっきりとされて、互いの心の距離が近くなったと感じることを、毎回嬉しく思うのです。

あ~スカCafeは、「みんなで楽しむこと」が大きなテーマになりますが、参加される方の希望に沿って、これまでのように、お互いの深い領域までディスカッションをしていくこともあります。

そして今後は、コース生が企画・運営をするお楽しみイベントも不定期で開催していく予定です。現在、企画を進めていますので、皆さん、こうご期待ください。

また、あ~スカCafe当日には、伊藤先生が選び抜かれた珠玉のクリスタルを、10%割引で購入することができます。「 クリスタル速報 」で気になっているクリスタルなど、心魅かれるままに、直接手に取ってご覧ください。

みなさんのお越しを、コース生一同、心よりお待ちしています!


佐藤 麻衣




6月 あ~スカCafeのお知らせ

日 程 : 6/18(日)

時 間 : 13時~16時 (受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

これが意味するもの・・by 中山

目を反らさずに

こんにちは、中山です。
先日、事務所に伊藤先生から僕宛にメールが届きました。

この動画を、あ~スカblogで公開して、署名を呼びかけてくださいと。
そして、この動画のフクロウたちが受けている扱いがどんなもので、それが何を意味するのか、あなたが記事を書いてくださいと。

動画を見た僕は、すぐに書かせて頂きたいとお返事をしました。
みなさん、まずはこの動画をご覧ください。




僕は先生の元に入るまで、動物と暮らした事はありませんでした。でも動物が嫌いなわけではなく、友達の飼っていた犬なんかはかわいくて、機会があるとよく遊んだりしていました。

みなさんもご存じのとおり、伊藤先生は鳥さんを四羽、育ててらっしゃいます。
僕は、伊藤先生が鳥さんたちと触れ合っているのを見ているのが大好きです。

なぜかというと、その様子を見ているだけで、言葉なく、ただただ奇跡のような時間を感じるからです。

先生が鳥さんたちに向ける表情は、その子がその子らしく、ありのままに振る舞うことに、無上の喜びを感じてらっしゃるように僕には見えます。
先生は鳥さんたちと、本気でケンカもします。ケンカをして、泣くこともあります。
鳥さんといる時も、先生はいつもありのままに、鳥さんたちに気持ちを向けられています。

そんな先生に鳥さんたちも、「ママ大好き! 」と、ありのままの思いをまっすぐに向けていきます。
僕は、そのまっすぐな鳥さんたちの姿に、いつも感動するのです。
かけ値なしの素直さや想いって、こんなに素敵なんだと。

そんな愛に包まれた光景を何度も見た後に知った、この動画のふくろうさんたち。
足を拘束されて、飛ぼうとしても当然飛べなく、何度も何度も飛ぼうとしている姿。
胸が潰れるような気持ちになります。

一体この子たちの生は、何のためにあるのだろうかと。
拘束することがどういう事なのかと。

先生は鳥さんたちの体の大きさに合った、十分な広さのゲージをご用意されています。そして、毎日放鳥タイムがあり、その間、鳥さんたちは思いのままに自由に過ごします。
大好きなママのところへ飛んでいったり、ママにたくさん甘えたり、イタズラしたくてイタズラポイントへ飛んでいったり、自由に暴れ、自由に食べて、自由に歩き回り、飛び回っています。
ママの愛情を一身に受けた、鳥さんたちの個性溢れた振る舞い。ほんとうに愛らしいのです。

先生はおっしゃいます。「本来なら、大空を自由に飛び回っているはずの鳥が、こうして家の中で飼われているってこと自体、人間による支配でしかない。だからこそ、どうしたらこの子たちが喜んでくれるのか、どうしたらこの子たちを幸せにしてあげられるのか、毎日毎日考えてる」と。

そんな先生と鳥さんたちの交流を見ている僕からすると、この動画の内容はめまいがするような現状で、これは虐待以外のなにものでもありません。

一体どこに、このふくろうさんたち、いえ、この子たちの立場になって、この子たちの気持ちになって、思いを向けている人がいるのでしょうか。

人間が鳥さんを拘束する。
それは本来の鳥さんの自由を奪うものです。
それならばせめて、最大限の愛情をもって、最大限の自由を、その子の幸せを願って、与えてやることではないかと、先生が鳥さんと接する在り方をみて、僕は思うのです。命あるものを、こんな風に虐待していいはずはないって。

動画が掲載されているページには、「今すぐ賛同」のアイコンがあります。
「拘束されて動けない フクロウのカフェに終止符を」 
NPO法人 アニマルライツセンターのキャンペーンに賛同するものです。

一人でも多くの方に、この現状を知ってもらいたいです。この子たちの立場に立って、感じて、そしてクリックして頂きたいです。

このblogを読んでいる皆さま、そして、あなたのすぐ側にいる人へと、少しでもこの動きが広まる事を心から願います。

どうかよろしくお願いします。


中山 寛士

ライブセミナーに参加しました!!・・by 君山

在るものは在る

リーダー養成コース生の君山です。
あ~スカblogがスタートして、初めて記事を書かせていただきます。

先日5月21日に、これまでの2days集中ワークショップがリニューアルされた、「伊藤美海のライブセミナー」が開催されました。

ライブセミナーでは、その日のメニューが何も決まっていないところから、そこに参加した人たちの質問に対して、伊藤先生がご講義くださります。
先生が一日ずっと私たちの前に立ち、会場に集まった参加者の質問にゆったりとした感じで話をしてくださる、これまでのセミナーとは違う特別で濃厚な時間でした。

そして、先生のお話からまた参加者の新たな質問へとつながり、一つひとつのことが形になっていく、まさに、その名の通りの「ライブ」でした。

受講生からの様々な質問のなかでも、私はUさんの「宇宙の愛とはどういうものか」というスケールの大きな質問からの、先生のお話にとても心が動かされました。
Uさんの質問に先生は初め、一言で、「在るものは在る」とお応えになりました。

続けて、「全ての物事は、陰陽法則の中にある。美しいものがあれば、その反面の醜いものもある。陰陽法則のもとで成り立っているものはすべて完全な球体であり、不足もなければ余りもない。何かが在る・無いではなく、ただ、在るものがそこに在る。それをそのまま受け入れているのが宇宙の愛です」と。
先生は、そのようにお話されました。

そのお話を聞いている時、私の中のある人格が「はっ」となり、急に視界がクリアになったのです。

私は、親が厳しかったことによって、無意識に「間違わないように、おかしなことをしないように」と、自分を縛り付けて生きてきました。
自分の中にいる人格の、「こんなにやってるのに」「どうして分かってくれないの」という被害者意識に基づくネガティブな気持ちに対し、そんなことを思ってはダメだと受け入れられずにいました。私は一年以上もその思いにとらわれ、人格に足を取られている状態でした。

それが先生の、「在るものは在る」というお話によって、ぱっと視界がクリアになり、「そんな自分はダメだ」という自分を否定するトゲトゲした気持ちが温かいものに変化していくのを感じました。

これまでも度々、「在るものは在る」ということを教えていただいてはきましたが、宇宙の愛という壮大さと共にそれを感じると、全く違う感覚になってきます。
深いところに染み入るように、「在るものは在る」ということが、本当にそうだなと感じ、「そうか、私のなかにそういうネガティブな感情があるのだな。そうなんだな」と、自分を受け入れられたのです。

それ以来、再び自分と向き合えるようになりました。

ネガティブな気持ちを否定し続けていた人格が、自分を受け入れたことによって、それまでの投げやりだった感じや、こもりたくなるような気持ちが、驚くほど薄らいで、数日後に会った仲間からは、雰囲気が変わったね、と伝えられました。

私自身も驚くほど体が軽くなるのを実感し、気が付けば、仲間とのディスカッションやブログなどで、以前のように表現できるようになっている自分がいました。

自分を改め、成長するためには、ありのままの自分を受け入れることからしか始まらないのだと。本当に先生のおっしゃるとおりだと、腹の底から感じました。

そうはいっても、自分の醜悪な部分を受け入れることは容易いことではなく、これからももがくことがあると思います。
でも、今回のライブセミナーで先生がお話しくださった、「在るものは在る」ということを胸に刻みながら、自分と向き合っていきたいです。


君山 敬子

ついに始動!!・・by 中山

アースカレッジのホームページ完成!!

こんにちは、中山です。
今日は、ビッグなニュースをお伝えします。

ようやくアースカレッジのホームページが完成し、本日公開されました!!

この間、伊藤先生はとあるビッグプロジェクトに手腕をふるわれながらも、そのなかでアースカレッジのホームページの作成を進められてきました。

このホームページは、伊藤先生がデザインの細部の細部に至るまでチェックされながら創られており、さらに、そこには去年の7月に伊藤先生が、シャスタ・セドナ召喚に行かれた際に撮られた珠玉のお写真もふんだんに使われています。

その他にも、コース生をモデルとして千葉の断崖絶壁、屏風ヶ浦で撮影された写真も使われており、フルに伊藤先生の感性でもって創られたホームページです。

興奮しない訳がありません。

美しくて、かっこいいです。

是非、ご覧ください。 http://www.earth-college.com/

僕は、完成までの途中経過を直にお側で見させて頂きましたが、先生の感性はすごいです。
トップページの空のお写真も、小さな雲一つひとつと、ロゴマークとのバランスを見られ、気になった点をもっとこう出来ないかと、デザイナーさんと何度も相談されながら、一枚のページを最高の形になるまで仕上げていく。
出来上がったホームページは、文字の大きさや、全体の余白のバランスに至るまで、伊藤先生の感性によって、文字通り全てのバランスがとられています。

この世に、もうこれしかない!! という「美」が形作られていく様子、出来上がっていくデザインは本当に圧巻でした。

そんな「美」が宿る、伊藤先生によって創られたアースカレッジの公式ホームページ。
このブログを読んでいる全ての人たちと共に、大切にしていきたいです。

今後とも、アースカレッジをよろしくお願い致します。


中山 寛士

まもなく公開!!・・by 中山

ホームページ完成間近

こんにちは、中山です。
みなさん!! アースカレッジのホームページが、間もなく完成を迎えようとしています。

完成間近のホームページをすでに見ている僕は、これが皆さんの目に触れることを想像しただけで、とてもワクワクしています。
伊藤先生が細部までこだわり抜かれた・・・ おっと、今はここまで。
詳細は公開当日の、告知記事でお伝えしましょう。

もったいぶるなって!?
公開予定日は、明日、6月2日(金)。
あともう少しの辛抱です。

ではみなさん、またその時に。


中山 寛士