FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2017年11月
      

≪ 前月 |  2017年11月  | 翌月 ≫

真剣に生きるとは・・by 君山

自己満足からの脱却

こんにちは。リーダー養成コース生の君山です。
11月5日に開催された伊藤先生のライブセミナーでは、今更聞けない‥でもこれってどうなの? という疑問から、子育てのこと、上司との関係まで、今月もさまざまな質問が出ました。
そして、毎回のことではありますが、伊藤先生はそのひとつひとつに対して明確に、皆が分かるまでお話しくださいました。私はそのなかでも、一般で取り組みを続けているIさんの、子育てに関する質問から、大きな気付きを得ました。
今回は、そのことをシェアしたいと思います。

Iさんは、二人のお子さんを持つお母さんです。ですが、義父母や周囲の大人たちから甘やかされ、特別扱いをされ続けていた長女は、小学校にあがる頃には立派なプライド人格をこしらえてしまい、普通の小学校1年生であれば当たり前にできる我慢ができなかったり、暴言を吐いたりと、さまざまな問題が生じました。

このことを以前セミナーで先生にご相談したIさんは、先生から、親として真剣に子供のために行動を起こしていない姿勢を厳しく問われました。それからのIさんは、これまで義父母や夫のやり方に甘んじてきたことを反省し、認定コンサルタントの依田さんのセッションで叱咤されながら、何度も義父母や夫とぶつかってきました。それでも問題解決の糸口を見いだせなかったため、子どもがこれ以上特別扱いをされてプライドカルマを活性化させないためにと、子供たち二人を連れて別居に踏み切ったのです。

そのなかで、長女が、玩具が少ないことや、学校への距離が遠いことから、実家に帰りたい‥と訴えてくることで、これで本当に良かったのだろうかと迷いが生じてしまうと、Iさんは再び先生にご相談しました。

先生はその話を聞き「それは、ただの筋力不足だね」と仰いました。
子どもにとって、これが普通の生活なんだと思えるところまで筋力を鍛えること。義父母と半絶縁状態というのは、子どもにとって確かにいいわけはないから、接点を探して関わっていくことも必要だけれど、同時に、自分たちの人生を真剣に考え、お母さんがそうまでしておばあちゃんと闘ったということも子供にインプットされる。今のあなたの選択は、かっこいい母親の在り方として自分でも十分に誇れるものでしょう? 周囲に何と言われても、愛に基づいて親としてのポリシーを貫いただけ、 メンタルの筋力がついてくる。それは、ハートの筋力でもある。そこでぶれるということは愛の力が弱い、精神力が弱いということ。親が日々真剣に生きている姿を見せて子供と関わっていれば、子供のなかにプライド人格なんてそうそう育たないんです

Iさんは先生のお話を、なるほど‥と感じ入りながら聞いていたのですが、「自分なりに頑張っているのと、真剣というのは違うのでしょうか」と先生に質問をされました。

先生はそれに対して、「全然違いますね。自分なりに頑張っている、では何の意味もないんですよ」と仰いました。「自分なりにっていうことは、自分のできる範疇という自己満足のレベルでしかない。云わばマイワールド。そこには相手がいない。それがちゃんと子供たちや周囲に伝わっているかどうかが大事なんです。相手がどう感じるか、周りにどう影響しているかが大事。自分なりにっていうのは、幼稚な自己主張でしかないんです

そのお話にIさんも含め、参加者の誰もが、唸ったり頷いたりしていました。私自身も、深く納得しました。

これまで私は、夫とのやりとりのなかで、相手の立場に立って、決めつけや支配をしないようにと、自分なりに努力しているのにも関わらず、夫は、「本当に反省してる?」「それで?」と言う反応しか返してくれず、努力をまったく認めてもらえていないような気持ちになることが何度もありました。
私は、自分なりに頑張っているのにどうして夫は分かってくれないのかと長年思ってきましたが、夫にそれがどう伝わっているのか、夫が何を感じているのか、夫から自分がどう見えているのか、という視点が抜けている中で、一方的に「こんなに頑張っているのに!」とやっていたことに気づきました。
自分は真剣にやっているつもりで、その自分なりの努力が伝わっているはずだと勝手に思い込んでいたのです。だから夫と全然噛み合わないのだと、今更ですが、自分の幼稚さが恥ずかしくなりました。

今回のセミナーを受講したIさんが、先生のお話を聞いて、力強く「頑張ります」と言っていたことが、とても印象に残っています。
私も、幼稚な自己主張で終わっていた自分を脱却して、相手の視点で感じながら、日々真剣に周囲の人たちと関わっていけるようになりたいと思います。


君山敬子

医師として、人として・・by 谷川

理想のケアを求めて

はじめまして。リーダー養成コース生の谷川徹也と申します。あ~スカblogに初めて記事を書かせていただくことになり、喜びと緊張で、どきどきしています。私はコース生になり二年目になりますが、普段は、私を伊藤先生に引き合わせてくれた、井出広幸さんが院長を勤める信愛クリニックで、心療内科の医師として勤務しています。

私が医師を志したのは、18歳のときでした。「人に関わる仕事がしたい」と漠然と思っていたのですが、せっかくやるならば命を懸けてやれる仕事を、と思い医師になることを決め、二浪の末、念願叶って医師になることが出来ました。

私の中での医師のイメージは、「困った時に頼れるヒーロー」でした。倒れている人がいれば必ず助けに行くし、困っていることがあれば身体だけではなく、心のことも、さらにその人の人生のことだろうが何でも関わって解決していくような医師になるんだと思っていました。そんな情熱をもって医療の世界に飛び込みましたが、実際の医療現場では、目を疑うような酷いことがたくさん起こっていました。

認知症で何も話せず、意思も確認できないのに、胃に直接栄養を入れられ、体が固まったまま生かされるお年寄り。病気が治癒する見込みが無いのに漫然と点滴だけをされ、どんどんやせ細っていく患者さんと、それを悲しそうに見ている家族。不安そうにしている患者さんを前にして、「癌ですね」とあっさり告知し、ショックを受けている患者さんの思いに耳を傾けることもなく、淡々と抗癌剤治療の説明をする医師の姿‥。
まるで患者さんを物扱いするような態度に怒りを覚えることが何度もあり、「絶対にああはなりたくない」という思いを強くしていきました。そして、「自分は医師として、患者さんが人であることを絶対に忘れまい」と誓いました。

初期研修を終えた私は、患者さんを人としてトータルで診ることができるようになるために、救急と内科の修行を積むことにしました。ですが、医師としての実力がついてきて、いざ自分のやりたい医療をやろうと思ったとき、そこで大きな壁にぶつかりました。患者さんの心の問題や、その人が生きてきた中で抱えてきた問題を前に、全く太刀打ち出来なかったのです。不治の病を抱えた患者さんが、「何でこんな病気になっちゃったんでしょうね‥」と言う度に、その場から逃げ出したいような気持ちになりました。

また後輩を育てる中でも行き詰まっていました。教育担当だったにもかかわらず、後輩の心ない言動を叱ることもできず、また、後輩から「こうなりたい」という意志を示されてもうまく導く事もできず、私は教える立場にありながら全く成り立っていませんでした。

さらに、プライベートでは、婚約していた彼女との間にトラブルが起こったことをきっかけに、ばっさり関係を断ち切るという無情なことをしてしまいました。その後、そのことを酷く後悔していたときに出会ったのが、伊藤先生のご著書『ネガティブを愛する生き方』でした。井出さんが主宰していたセミナーに参加した際に、井出さんから先生のご本を薦められたのです。

先生のご著書を読んだときの衝撃と言えば、それは凄まじいもので、目から鱗がぼろぼろと落ちるようでした。何故私が人の抱える問題に対峙できないのか、何故人と人間関係が作れないのかが分かってきて、先が見えずに行き詰まっていた私にとって、一筋の光が見えたようでした。
このままではいけない、変わらなければ、という思いに突き動かされた私は、ワークショップに参加し、先生と初めてお会いしました。先生は真剣に私の話を聞いて下さり、核心を突くご指導をして下さりました。そして、先生のもとで自分を変えるために本格的に学びたいという思いがさらに強まり、コース生になったのです。

ですが、コースに入れてはいただいたものの、最初は全く歯が立ちませんでした。それまで医師という肩書だけで人生を生きてきた自分が、人としてどれだけ薄っぺらく、プライドの塊で、言い訳ばかりして生きてきた人間なのかということが露呈し、そんな自分をとても受け入れられず、逃避を重ねました。
先生が何度も軌道修正して下さったことで、ようやく逃避から抜けることが出来るようになり、自分をオープンにすることや、感情を表現すること、まっすぐに相手の話しを聞くことなど、ずっと自分が苦手としていた心の通ったコミュニケーションが徐々に出来るようになりました。また自分と向かい合う中で、これまで経験してきたことが人生でどういう意味を持っていたのか、自分が生きている意味は何なのかも少しずつ分かるようになってきました。

コースに入り一年ほどが経った頃には、患者さんに対する自分の在り方が全く変わっていることに気がつきました。患者さんの抱える重い問題に人として相対できるようになり、患者さんとの繋がりも深くなりました。身体に表れている症状をケアするだけではなく、患者さんの気持ちや意思を尊重し、本人が本当に望んでいることを叶えられる医療を実践できるようになってきたのです。また、コミュニケーション力が身についたことで後輩との関係性も良くなり、進路や、家族のことまで相談されるようになるなど、それまでには無かったような人間関係が築けるようになりました。

私は、もっと心の問題に深く関わっていきたいと思うようになり、それまで勤めていた病院を辞め、今年6月からは、伊藤先生がコンサルを務めていた信愛クリニックで心療内科医として働くようになりました。今は、患者さんの心の問題に向き合うなかで、日々患者さんから様々なことを教わっています。

伊藤先生と出会ったおかげで、私はこうして大きく変わることができました。伊藤先生と接していると、先生は本当に感情を豊かに表現され尽くしていて、その言動には矛盾が一切なく、本当の愛を体現されている人とはこういう方なのだとつくづく感じます。
そんな伊藤先生のもとで、学ばせていただけることは本当に幸せなことです。これからも先生のご指導のもと、精進を重ねていきたいと思います。


谷川徹也

逃避克服セミナー開催のお知らせ‥by 依田

真に生きるとは

こんにちは、認定コンサルタントの依田です。
本日は、12月3日(日)に開催される、1dayセミナーについてお知らせします。

今回は、「逃避カルマの克服」がテーマとなります。
前回10月に開催された「陰陽法則セミナー」で、伊藤先生がいつものようにライブ形式で講義を進められるなか、私たちが日々陰陽法則に基づいて生きていくためには、逃避カルマ克服が絶対的に必須であることに話が及びました。

伊藤先生は、陰陽法則セミナーのなかで、日々逃避して生きるとはどういうことなのかについて、このように仰いました。
年中逃避している人というのは、一年のうち、一日もろくに生きていないということ。つまり現実から逃避し、自分のなかから湧いてくるはずのさまざまな感情から逃避して生きていれば、どんな経験をしてもそこから何も得ることがないし、なんの成長もない。当然、人間的魅力も増していくことはありません」と。そしてさらに、
逃避カルマが酷い人というのは、長い年月を生きたからといって、経験値を積み重ねたことにはならない。だから50代、60代となっても、人間的にいつまでも奥行きや深みが出ない人がいるんです。逃避が酷いと、生きている意味があるのかというくらいに魅力のない人間になってしまうんですよ。そうかと思えば深みがあって、愛情深く、人間としての魅力を備えた人がいます。そういう人たちは総じて、厳しい現実に向き合ってきた人たちです。つまり生きた時間ではなく、濃度なんですよ」と語られ、それは、その場にいた全員が身につまされるお話しだったのです。

そして、伊藤先生は講義のなかで、受講者一人ひとりの逃避パターンに対してメスを入れ徹底解剖されていきました。そのなかで、「対人逃避」という新たなジャンルの逃避パターンについて明らかにされました。

先生は、「メンタルネグレクト」「自力過多」「ネガティブ逃避・ポジティブ逃避」「通り魔的復讐」など、これまで様々な言葉を生み出されてきましたが、「対人逃避」も伊藤先生によってつくられた、新たな造語です。

「対人逃避」とは、人との関わりのなかで生じる、摩擦や軋轢、ストレスを避けたいがために人との関わり自体を避けるという逃避パターンのことです。
先生が受講者全体に挙手を呼び掛けたところ、なんと受講者の8~9割がそのパターンに当てはまりました。
伊藤先生は日々、人と関わることでしか本当の意味での成長はないということを散々示されてきたにも関わらず、ほとんどの人が根深い対人逃避のパターンを持っていることに驚かれました。
そして、この逃避のパターンを克服しない限り私たちに真の成長はないと、今回逃避克服をメインテーマにされることを決められたのです。

私自身は昔から、人との深いかかわりを求めながらも、人との衝突や自分にとって都合の悪いこと、面倒くさいことを徹底的に避けて生きてきた人生だったのだと、伊藤先生のもとで学ぶうちに深く自覚されました。
そして、人との真正面からの対峙を避けていては、本当の意味で人間的な成長を得ることはないのだと痛感しています。

逃避カルマは、当たり前のように誰のなかにも根深く存在しています。今回のセミナーは、逃避克服についてこれまでにない深いご指導を伊藤先生からいだける、このうえなく重要な機会となります。
当日どのような内容になるのか、今から心待ちにしています。


依田 真由美




■ 逃避克服セミナー

1年以内に「伊藤美海のライブセミナー」に参加したことのある方、もしくは、一般クライアントとして、一定期間セッションを継続されている方であれば、参加可能です。

 日 時: 12/3(日) 11時~21時
 場 所: アースカレッジ
 講 師: 伊藤 美海
 料 金: 25,000円 
 持ち物: ノート、筆記用具

〈メニュー〉
 ・各種逃避
       ~ポジティブ逃避・ネガティブ逃避・感情逃避・業務逃避・対人逃避~
 ・逃避によって生じる犠牲
 ・逃避を繰り返した先に待ち受けているもの
 ・保身と逃避
 ・今を生きるには

〈注意事項〉
 ※ 合間に1時間程度のお昼休憩を、はさみます。
 ※ 終了時間は、21時を過ぎる可能性もありますので、ご了承下さい。
   終電などのご都合によっては、早退も可能です。
 ※ 録音は可能です。
 ※ 前日・当日のキャンセル・変更につきましては、100%のキャンセル料
       が発生いたしますのでご了承下さい。
 ※ 締め付けの少ない楽な服装でお越しいただくか、もしくは、スウェット等
       の着替えをご持参下さい。
   (ジーンズ・タイトスカート・スーツ等の着用は、心身がリラックスするこ
       とを妨げるため、お控えになることをお勧めします)



申込みやお問合せは、アースカレッジまで、メールや電話で承っております。

電話 : 03-5460-8820
e-mail : info@earth-college.com

野外編 第2弾!・・by 麻衣

ピンを倒してスカッとしよう!!

こんにちは、佐藤麻衣です。あ~スカCafe野外編の第2弾として、11月のイベントのお知らせをします。今回は、ボーリング大会を開催します!

あ~スカCafeは普段、アースカレッジにて、コーヒーなどのドリンクとスイーツをテーブルに並べたカフェスタイルで、アットホームな会を開いています。そして、季節ごとに、アースカレッジの外へ飛び出しての野外イベントを行っています。

前回行った野外イベントは、夏真っ盛りの8月のバーベキューでした。暑いなかで鉄板をジュウジュウさせながら、食べたり、飲んだり、話したり‥。コース生の家族や友人も多く集まり、とても楽しく、親睦が深まった会となりました。

そして11月に入り、秋も終わりに近づいた今回は、スポーツの秋ということで、老若男女、世代問わず幅広く楽しめるボーリング大会を、チーム戦で行います!

自分はボーリング下手なんだよな‥何年もやったことない‥という方でも大丈夫。ハイスコアを競うのではなく、得点が低くても優勝のチャンスがある特別ルールで行います。優勝したチームには、なにか賞品があるかも? 乞うご期待です。

ボーリングが終わったあとは、自然豊かな公園に移動して、お茶会を予定しています。いつものあ~スカCafeとは違った環境で、皆でワイワイ楽しみましょう。

初の試みのボーリング大会。一体どのような盛り上がりを見せるのでしょうか。運動不足の人も、日ごろの鬱憤が溜まっている人も、楽しく盛り上がりたい人も、ピンを倒してスカッとしましょう!
皆さんお誘い合わせのうえ、是非ご参加ください。


佐藤麻衣




11月イベント のお知らせ

日 程: 11/19(日)

時 間: 13時~17時(12時45分にJ R 品川駅中央改札前の時計台で待ち合わせ)

参加費: 4,000円 (ボーリング代、シューズ代、飲食費込。当日会場にてお支払い)

場 所: 品川プリンスホテル ボーリングセンター、港南緑水公園(雨天時は近隣のカフェでお茶会)

連絡先: 電話 03-5460-8820
e-mail: info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

撮影秘話!- 後編 -‥by さやか

美の陰陽法則

後編の主役は‥、この人!

DSC07751 TA

言わずと知れた、依田ちゃんです。

私の撮影を終えた先生は、依田さんのカメラテストをはじめられました。そして、「依田の顔って写真に撮ると『ヤギのひらき』になっちゃうんだよね。普段はそうでもないのに、どうしてだろう」と悩みはじめられました。

ヤ、ヤギのひらき‥???

アジのひらきならぬ、ヤギのひらき‥。
何年もまえに、伊藤先生が「依田はヤギ顔だ」と仰って以来、依田さんがヤギ顔であることはコース生の間では有名な話なのですが、「ヤギのひらき」という斬新な命名に、依田さんも爆笑するしかありません。

これまで伊藤先生は、何度も依田さんのHP用の写真を撮ってこられました。ですが、写真に写る依田さんは、どういうわけか魚眼レンズで撮影したかのように、顔がサイドに離れてしまうのです。

昔、流行りましたよね。魚眼レンズで撮った動物たちの写真!
あれを思い出して、もう一度さっきの写真を見てみると‥。
確かに依田さん、魚眼気味です。

どうしたら依田さんを、最も美しい姿で写真におさめることができるのか。ここから先生のさらなる模索がはじまりました。

DSC07763.jpg

先生は、「つまり、レンズを通った瞬間から、被写体は光の粒子の集まりみたいなものでしょ? だったら陰影を操作することでレンズの認識が変わって、写り方も変わってくるんじゃないの?」とブツブツ独り言を言いながら、「メイクも結局、陰陽法則に則って光と影をデザインしていけばいいってことよ」と、着地されたご様子。
そして先生は、依田さんの顔の特徴を、陰陽法則に則って紐解かれていき、ひらいたヤギを真ん中に集める画期的な解決策を見出されたのです!

おっとここで、むこうから走り寄ってくる人影が‥。

iida4

アシスタントの飯田さんです。

飯田「依田さん、この後セッションが入っているんですけど‥」
依田「あっ! すっかり忘れてた!!」

先生が巻き起こす「ビューティー陰陽ミラクル」に夢中になっているうちに、あっという間に時間が経ち、あやうくセッションに遅れてしまうところだった依田さん。この日はカメラテストのみで、後日あらためて本番の撮影となりました。
果たして、どんな仕上がりの写真になるのでしょうか。

そして、

こちらが、

ひらいていたヤギが真ん中に集合した、

とってもステキな依田さん‥。

DSC08646 T2

わ~おっ! すっご~い!! 超べっぴんさんじゃないですか!?
皆さん、是非ビフォーアフターを、何度も見比べてみてください! Beforeの写真も、依田さんなりのフルメイクなんです。すっぴんじゃないんです。

先生が撮影される写真がミラクルであることは、周知のことと思います。私も依田さんも、今回、それを身をもって体感しました。
依田さんは、これまで本当に自分の顔はひらいているのだと思っていたそうで、十代の頃は特にコンプレックスだったと打ち明けていました。
今回、ヤギのひらきを克服したことで、「自分はこんなふうにもなれるんだ!」と、ハートがウキウキとよろこんでいるのを感じたそうです。「伊藤先生にプロデュースしていただいて魅力を引き出してもらったことで、こんなにも自分を肯定できたり、自分は素敵なんだと信じることができたりするのだと、これが自己愛の土台になるんだと実感しています」と、話してくれました。

なにが凄いって、先生にメイクをして頂いた後の依田さんは、とても自然で、いかにもばっちりメイクしました!という印象がなかったことです。先生がメイクを手掛けられた写真のほうが、より依田さんのナチュラルな姿だと感じられて、そこがまさにミラクルです。

先生に撮影していただいた写真を見ると、はじめて自分のことを外側から見たような、これまでは気づかなかった一面を知るようで、自分の顔なのにハッとするのです。先生の視点は、まさに主人格の目線そのものだと思います。
いつもこんな風に、自分のことをフラットに温かく見られるようになりたいと感じた、最高に貴重な撮影のひと時でした。


高橋さやか