FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2017年12月
      

≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

2017年の終わりに・・by さやか

新たな始まりに向けて

2017年が終わろうとしていますが、みなさんにとって今年はどんな年だったでしょうか。
私にとって、今年は大きく飛躍した年でした。8月から信愛クリニックのカウンセラーとして患者さんと向き合うなかで、学びと成長の日々でした。10月からはさらにアースカレッジの認定ティーチャーとなり、未熟ながらも精一杯邁進しています。先生がいらっしゃらなければ、このような人生は想像もできませんでした。感謝という言葉では表現しきれません。

また、共に学ぶコース生のみんなと切磋琢磨してきたからこそ、進んでこられた一年だったと思います。その事を最も強く感じたのが、3daysセミナーの写真撮影でした。
撮影は、伊藤先生プロデュースの私たちリーダー養成コースと、自己探求コースの二手に分かれ、撮る側も撮られる側も、いかに美しい姿を写真に収めるかに全力で集中し、引き出し合い、高め合いました。2017年のクライマックスを飾るにふさわしい最高のセミナーでした。

20171223photo.jpg

こちらは、伊藤先生が撮影をプロデュースしてくださったリーダー養成コースの、忘年会の様子です。3daysのメイキング映像をみんなで見て、あらためてお腹が痛くなるほど笑い、そうかと思えば感動で涙する、とても素敵で温かい時間でした。

また、私にとってはこの年末に、さらにスペシャルなことがありました。今年一年、至らないながらも精一杯頑張った人への労いだと、先生が、谷川徹也、金子慶司、私の3人をお食事に誘ってくださったのです。思いもよらないお誘いに私たち3人は有頂天でした。西麻布の隠れ家のような素敵なお店で、先生と美味しいお酒とお食事をいただきながら、頑張った甲斐があった、最高に幸せな年末だ! としみじみ噛み締めました。来年もまたお誘いいただけるように、アースカレッジをリードする人間として精進を重ねていきたいと心に決めています。

来年のあ~スカblogでは、前回の記事でご紹介したあの素晴らしい写真が一体どのように生まれたのか、とてもお伝えしきれないと思いながらも、厳選した撮影秘話を公開していきます。お楽しみに!

それではみなさん、どうぞ良いお年をお迎えください。


高橋さやか

怒涛の一大イベント、フィニッシュ!・・by さやか

トップ7、発表!

いつになく、あ~スカblogの更新が滞ってしまいました。ですが、それには訳があります。
ここ、アースカレッジでは、12月8日からの3日間、コース生にとって毎年恒例の一大イベントである3daysセミナーが行われ、今年は「なりたい自分になる!」をテーマに、コース生同士がお互いの姿を撮影しまくるという怒涛の3日間となりました。

伊藤先生から直々にプロデュースしていただいた私たちリーダー養成コース生は、3daysの初日から最高潮に盛り上がり、どういうわけか一日目を終えた時点で、先生を囲んで朝の4時まで打ち上げをしてしまうほどでした。
私たちそれぞれが持っている本来の輝きを、先生が全身全霊で最大限に引き出してくださり、ミラクルに次ぐミラクルを目の当たりにしながら、時に腹を抱えて笑い、泣き、雄叫びをあげ、時間の感覚が失われるほど濃密な3日間を終えた時には、もう全員がヘロヘロでした。

しかも、そのヘロヘロはそこでは終わらず、一人につき何千枚もある膨大な写真のなかから厳選に厳選を重ねるという、やめられない止まらない日々が待っていたのです。「どれも良すぎて選べない!」という嬉しい悲鳴が飛び交うなか、興奮と寝不足の2週間があっという間に過ぎました。

そしていよいよ、この土日の今年最後の授業で、優勝者を決めるべく投票が行われました! なかでも多くの票が集まったトップ7の写真を、ここでみなさんに公開します。
まずは、どうぞご覧ください!

best7bun.jpg

渋い!!カッコいい!!! 
みんなからの票が集中した、宮地文也の気迫の一枚です。


best7kimi.jpg

50代の女の背中はダテじゃない。
きみちゃんの凛とした力強さが伝わってきます。


best7tani.jpg

あれ? 食いしん坊万歳? 
包容力のある優しい谷川の表情に、グッときた女性陣多し。


best7sayaka.jpg

この目力を発するまでに、どれほど迷走をしたことか‥。


best7sayaka2.jpg

とても時間をかけて先生に引き出していただいた、私の母性を象徴する一枚です。我ながら、最高に美しい写真だと思います!


best7keiji2.jpg

視界がかすむまで雄叫びをあげ、ほとんど失神寸前の慶司!


best7keiji.jpg

絶妙なこの表情をとらえていたのは、何千枚のなかのたった一枚だけでした。


ここには載せきれないたくさんの写真があるなかで、投票数の合計が最も多かったのは、金子慶司の写真でした。写真を選定する段階では、数千枚の写真の中から自分のベストを3枚まで厳選することになっていたのですが、慶司の写真はとても3枚には厳選しきれない芸術的なショットが多く、どれもがトップ7に入るクオリティで、文句なしの総合優勝でした!


keiji3.jpg

一枚一枚が胸にグッとせまってきて、惹きこまれる慶司の写真です。3days初日の段階では、緊張でガチガチになりポーズを取ることすら出来なかったとは、到底信じられない姿です。みんなが泣かされた慶司の感動的な撮影秘話は、またあらためて‥。

先生のプロデュースによって、間違いなく一生の宝物になる写真をこんなにもたくさん撮影することができた、私たち一人ひとりの貴重で感動的な経験は、また来年早々からこの場でみなさんに紹介していきます。どうぞお楽しみに!


高橋さやか

逃避克服への道・・by 谷川

逃げてたまるか!!

こんにちは。リーダー養成コース生の谷川です。
今日は、先日開催された逃避克服セミナーでのことを、ほんの一部ですがシェアします。

感情や都合の悪いことから逃避するということが一切できない先生が、「エアシューターで逃げ出したい! この15年間で一番きついセミナーだ」と仰るほど大変なご講義でしたが、先生は全力で様々な逃避パターンの正体を解き明かし、どうやったら逃避を克服出来るか、道を切り開いて下さいました。

セミナーのはじめに、まずどんな逃避があるのか、全体で話しながらホワイトボードに書き出していきました。すると、ありとあらゆるパターンの逃避が、次々に出てきました。人と向かいあうことが怖くて逃げてしまう『対人逃避』。人に対して酷いことをしてしまったのに、自分を省みることなく逃避する『やらかし逃避』。自分の至らなさを指摘されると、そんなひどいこと言わないで! 私かわいそう! と弱者を装う『弱者逃避』。そのほかにも、思い出したくない記憶ごとなくなってしまう記憶障害、人と関わるのが面倒くさいという意識、自分の殻に籠って逃げているマイワールド‥。書いているだけでむかむかしてくるような在り方ですが、多かれ少なかれ参加者全員がもっているパターンでした。

それをご覧になった先生は、「これ一体どうするの?! 」と、しばし呆然とされ、ご講義を受けている私たちも、自分たちの持っている逃避のあり得なさに身が縮こまるような思いでした。先生は、ため息をつかれながらも、逃避の正体に一つひとつ分かりやすくメスを入れていかれたのです。
先生が逃避の正体を解き明かされる度に、私は逃避というカルマに激しい嫌悪感が吹き出し、自分も含め、逃避している人間に「そんな生き方でいいわけないよね!? 」と問いただしたい気持ちになりました。

共通しているのは、逃避するということが、どんなに人として汚い在り方かということです。逃避とは、明らかに自分に問題があっても、自分を変えようと努力も挑戦もせず、他人にどんな思いをさせていようとお構いなし、悪臭を放っていようがそれを放置するという在り方であり、先生は、それが人としてどんなに腐敗しきった、醜い在り方であるか、と喝破されました。

「逃避って、そのほうが楽だから逃避するんでしょ? 私にはそれが全く理解出来ない。逃避し続けた結果、行きつく先は? その後どうなるか分かる? 本当に楽だと思う? 逃避し続けたらゴミ溜めみたいな人生を生きることになる。逃避することでそのときは楽かもしれないけれど、その後どうなるかよくよく考えれば分かることでしょ? 本当にそれでいいの?」
そう先生は私たちに語りかけました。

先生は思春期の頃からずっと最高のものを求め続けてこられ、全てにおいて一瞬一瞬を真剣に生きていらっしゃいました。それによって、常に人として自分を美しく保つために必要な筋力が鍛えられたのです。

先生は、真剣に生きるとは、普段からどう在ることか、トイレットペーパーの例を挙げて、ユーモアたっぷりに私たちに説明して下さいました。先生はトイレで、どうやってトイレットペーパーを使ったら、手が絶対に汚れないか、徹底的に研究された時期があったそうです。その結果、「大きな御用」のときであっても、6枚重ねにすれば絶対に大丈夫、「小さな御用」であれば5枚重ねで問題なし、という結論に至り、絶対に手を汚さないぞ、という気持ちで毎回真剣勝負をするのだ、と話されました。会場を爆笑の渦に巻き込みながら、全てにおいて真剣に、一つひとつにこだわり抜いていれば、絶対に逃避するような人間になんてならない、と教えて下さったのです。

先生は、人と向かい合うのが怖くて逃げてしまう『対人逃避』についてもメスを入れられました。『対人逃避』は先生の造語で、その根源は、人と向かい合うときに湧き上がる怒りや悲しみといった感情からの逃避であり、結局感情からの逃避である、ということを前回の陰陽法則セミナーの時に、私たちに教えて下さいました。

先生は、先生のもとで学ぶようになって以来、それなりに感情逃避を克服してきたという実感のある私たち参加者に、「逆に私から聞きたいわ。これまで感情と共に生きるためのあらゆるアプローチを教えてきたと思うけど、その中でも特に感情を感じられるようになるきっかけとなった方法をそれぞれ教えて」と仰いました。みんなでホワイトボードに書き出していくと、「ブログを書く」「人に感情を引き出してもらう」「人の感情に共感する」「叫んだり暴れたりしながら派手に感情を表現する」など、全部で20を超える方法が上がりました。
先生は、「感情から逃避しないためには、まさしくこれらを片っ端からやればいいのよ」と仰いつつ、その中でもこれが一番大事、と先生が指さした先にあったのが、「真剣に人と関わる」という項目でした。そして、「相手に対して真剣だから感情的にもなる。だからこそ感情から逃げない。結局感情から逃避しないためには、いかに人と真剣に関わり合うかなのよ」と仰ったのです。

私も人との摩擦が怖くて、怒りを出せないという感情逃避があるため、先生の言葉は私の心の芯に響き、先生と自分との違いは真剣度の違いなんだ、自分も先生のように真剣に人と関わりたい、という強い思いが湧きだしました。

セミナー後は、「真剣に関わるんだ」という思いでコースの仲間や、病院のスタッフ、患者さんに対しても接するようにしました。すると、自分が今まで苦手としていた、怒りを感じながら話すということができるようになり、その結果、相手の心が動き涙を流すことや、逆に自分が心動かされ涙が出るような場面があり、それまで怒りを感じていた相手が愛おしくなる感覚さえ芽生えたのです。これこそが人と真剣に関わり、心でつながることだという実感があり、人との付き合いの質がそれまでとは全く変わってきました。

真剣に、と思うと、世界がとても色鮮やかになったように感じます。
私も先生のように、自分にも、他人にも、常に真剣に在ることを目指したいと思います。


谷川徹也

ストライクで気分爽快!・・by 谷川

ハイタッチで大盛り上がり

こんにちは。リーダー養成コース生の谷川です。
先日、あ〜スカCafe野外イベント第二弾! として、ボーリング大会が開催されました。今日は、そのときの様子をお伝えします。
ボーリングなんて10年以上やってないな~、なんて声も聞かれましたが、11月の寒さを吹き飛ばすような熱戦が繰り広げられました!

今回は、1ゲーム目の結果からハンデを設定して、2ゲーム目にどれだけスコアを伸ばしたかを、チーム対抗で競う特別ルールで行いました。上手ではなくてもどのチームにも優勝のチャンスがあります! 果たしてどのチームが優勝するのか?!

みんなで気合を入れ、いよいよゲーム開始です! ストライクを狙って次々とピンを倒していきます。

1   2

3   4

「あーやっちゃったー!」「やったー!! ストライク!!」
あちこちで悲鳴や歓声があがり、ハイタッチが交わされます!

5

こちらは今回、あ~スカCafeに初参加した「けんちゃん」です。
けんちゃんはこれまで、数年にわたって依田さんの個人セッションを受けながら、一般クライアントとして取り組みを続けてきた方で、今回は伊藤先生から半ば強制的に(!?)勧められての参加でした。
前回の伊藤先生のライブセミナーに初めて参加したけんちゃんは、上司から「素直じゃない」と言われてしまうことについて、先生に質問をしました。それに対して先生は、「上司から何か注意を受けたり、厳しいことを言われたりしても、あなたが強がって平気なふりをしている姿がありありと浮かんでくる」と仰られ、人と関わるなかでもっと感情を表に出して、「かわいい人」を目指すことだとご指導があったのです。

6

そんなけんちゃんの、満面の笑み! やっとこさストライクを出して、すごく嬉しそうです。
先生につけていただいた「けんちゃん」という呼び名もすっかり馴染み、初めて会うコース生や一般参加の方とも打ち解けて、楽しそうにみんなと交流していました。

7

さて、激戦を制して優勝したのは..、コース生のヌーさん率いるBチーム! 大きなハンデを背負って2ゲーム目に突入しましたが、全員でグイグイとスコアを伸ばして、堂々の優勝でした。優勝おめでとう! 賞状と景品が贈られました。

8

表彰式の後は、公園でピクニックを予定していましたが、前日雨が降って冷え込んでしまったため、品川プリンスホテル内のフードコートで、いつものカフェスタイルでまったり話しました。今回はパートナーと一緒に参加したコース生もいて、「ええ!? そうなの!?」というようなここでは言えない暴露話が飛び出す場面もあり、賑やかな交流の場となりました。

今後も、あ〜スカCafeでは、皆で楽しめる季節ごとのイベントを定期開催していきますので、乞うご期待ください。

次回のあ〜スカCafeは、通常通りアースカレッジに集まって、美味しいスイーツと飲み物を用意しての会を予定していますので、じっくり話したい方も、ちょっと覗いてみたい方も、お気軽にご参加ください。
また当日は、伊藤先生が選び抜かれたクリスタルを、10%割引で購入することができます。「 クリスタル速報 」で気になっているクリスタルなど、直接手に取ってご覧ください。

次回も是非、みなさまのご参加をお待ちしております!


谷川徹也




12月 あ~スカCafeのお知らせ

日 程 : 12/17(日)

時 間 : 13時~16時 (受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。