FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2018年06月
      

≪ 前月 |  2018年06月  | 翌月 ≫

静かな意識とともに・・by 谷川

思考を止めて

先日、アースカレッジでは人格統合強化セミナーが開かれ、前回のチャイルド人格ケアセミナーでテーマとなった「同調」をしている時の「静かな意識」について、伊藤先生がさらに深く掘り下げ教えて下さいました。セミナー後、これまで何気なく通り過ぎていたようなことが、深く、より鮮やかに感じられて、コミュニケーションの質も大きく変わってきているのを感じています。

先生はご講義のなかで、あらためて前回のセミナーを振り返り、「同調」の意識について、このように仰いました。「思考を止め、静かに、ただ、見ている。見て、知っている。それだけなんです。ただ、そこにあるものと共に在れば、自然に様々なことが分かってくる。そこでは『感じる』という言葉さえもキメが荒く感じます。空と大地の間に居る感覚。音もなく、人気もなく、そこにあっていいのは、空と、緑と、一切動かない水面だけ。ただ、そこに在るものと共に在れば、全てがくっきりして、チューニングが合ってくる。それだけなのです」

先生がお話をされると、すっと会場の空気が変わり、前回のセミナーを思い起こさせる「同調」の状態にみんなが入っていきました。先生の言葉に導かれるまま、そこに流れる空気や、意識に合わせているだけで、先生のお話が心に届き、静かにただ、分かっていくような感覚です。
チャイルド人格ケアセミナーの際にも、この「同調」の感覚に先生が導いて下さったのですが、普段、あまりにも頭で理解しようとしてしまう意識が強い私は、その時にはうまく馴染めませんでした。ですが今回、先生のお話を聞きながら、「そうか! この感覚なのか!」と、新鮮な驚きとともに、手応えを感じることができて、意識が一気にクリアになっていきました。

先生はさらに、「この同調が出来る人格の意識で、それぞれの人格を、特にチャイルド人格を見ていくのです。チャイルド人格達がなぜ、アダルト人格達の中にいるのか、チャイルド人格のどういう要素がどうなって、アダルト人格に繋がっていくのか。それを見ていけば、なぜ自分がここにいるのか、何のために生まれてきたのか、自分のブループリントが自然に分かってくる。それが分かっていないから、逃避やリタイアといったことが起こる。『これをやるために生まれてきたんだ』ということをはっきり掴んでいればこそ、前に進めるんです」と仰いました。

先生のお話を聞き、私も自分のブループリントを探ってみました。すると、私が幼少期、母親からありのままを愛された記憶、そして、4歳の時に引っ越しをして、母に余裕がなくなったのをきっかけに母の様子が変わり、ひたすら怒られまい、と母の顔色を伺うようになったことが思い出されました。かつての愛に包まれていた時に戻りたい、愛が何かを知りたい、という欲求が、今、先生のもとで学ぶモチベーションになっていることが分かり、漠然とした目標が、「このために生きているんだ」という感覚に変わって、自分が大地にしっかりと根付いているようなどっしりとした感覚を味わいました。

先生はさらに、「人とコミュニケーションを取るときには、この意識でいて、完全に相手に同調し、一緒に物を見て、一緒に感じていることが大事なんです」と仰り、常にこの意識で日常を過ごすことを教えて下さったのです。

先生の言葉を胸に、セミナーを受講した後も、私はこの「静かな意識」で過ごせる時間を少しでも多くしたい、と実践しています。すると、今まで感じたことのないようなことが起きました。ある日、通勤のために川沿いを歩いていたとき、風に運ばれて届いた川の匂いが、私を一瞬で、川沿いで遊んでいた子供の頃に引き戻したのです。
その頃の私は、心の赴くままに行動し、完全に世界に馴染み、人に守られ、安心しきっていました。その満たされた感覚が蘇ってきて今と繋がり、自分が今この宇宙の中で、愛を知りたいという、魂の望んだブループリントの中にいるのだ、ということがしっくりと理解出来たのです。その瞬間、この世界がとても色鮮やかになり、同時に、世界が自分を包み込んでくれているように感じました。

また、日々の診察の中では、患者さんの作る空気に同調し、患者さんの言葉ではなく、発される思いに対して、こちらも出てきたものを返す、というやりとりに変わってきました。思考を介さないため、相手が何を感じているのかが分かりやすくなり、核心に深く入れるようになりました。言葉も出やすく、やりとりも自然と噛み合ったものに変わってきて、今までより明らかに診察の質が上がったと感じています。

今は、この「静かな意識」でいさえすれば大丈夫、という安心感があります。この意識でいると、分裂人格達が感じていることも分かりやすくなり、人格へのアプローチがとてもしやすくなりました。自分とも、他人とも、いつでもどこでも繋がることが出来る、そう思えるようになったのは、とても大きな事でした。
今後も、この意識を常に持ち続け、霊的探求道を進んでいきたいと思います。


谷川 徹也

思いを言葉に・・by 宮地

コミュ障克服への手がかり

みなさん、こんにちは。宮地文也です。
肝っ玉母さんを目指して」の記事にあるように、私は、自分のなかの女性性人格が活性化してから、精神科医としてこれまで以上に、患者さんのどんな悩みや苦しみも丸ごと受け止め、ともに歩んでいけるような存在になりたいと、日々真摯に診療にあたっています。そんななか、新たに大きな問題が明らかになりました。実は私は、思っていた以上にひどいコミュ障(コミュニケーション障害)だったのです。

私は、患者さんが抱えている悩みを聞くと、何とかして力になりたいと心から思い、診療しているのですが、自分の内側から湧き出る患者さんに伝えたい思いを、どう言葉にすればいいか分からず、戸惑うことが度々ありました。そして、少しでも参考になればと私自身の経験を話し出すと、今度はなかなか止まらなくなってしまうのです。そんなときは決まって、患者さんはポカンとあっけに取られたような顔になり、私は、伝えたいことが何も伝わっていないことに気づいて、悶々とするのです。

私のなかの女性性人格が出るようになってから、患者さんへの接し方が随分と柔らかく変化し、話しやすくなった一方で、このように患者さんをポカンとさせてしまうことが多いのは、診察中に前面に立っているのが「星野」という男性性の人格だからです。以前、このことを先生にご相談させていただいたとき、患者さんを置いてきぼりにして話すこの人格の様子が、夜空を流れて消えていくシューティングスターのようだと喩えられ、それがそのまま、人格の名前「星野」の由来になっています。

そしてその「星野」が、自分でも想定外のコミュ障だったのです。「星野」は、話す内容がある程度決まっている場面ではまだいいのですが、それ以外のときはアドリブがきかずに言葉が出づらくなり、内側から湧き出てくる思いの10分の1も話せなくなることがわかってきました。4月のグループセッションでは、先生に「星野」が思っていることを聞かれて、話そうとしても「あの‥えっと‥、それは‥だから‥」という具合で、それはもうあきれるくらい、ほとんど片言しか話せず、聞いている仲間が失笑してしまうほどでした。私は「星野」が実はこんなに酷いコミュ障だったのだと知って愕然とすると同時に、これまでの人生を振り返って、妙に納得もしました。

しかし、これでは、患者さんのことをいくら真剣に考え、患者さんが少しでもよくなる方向へと心から思って診療しても、それをほとんど伝えられないのですから意味がありません。
先生は、そんな「星野」に、まず仕事で感じたことをブログで、日記のように書くことから始めることを提案くださいました。その後、ブログで表現のトレーニングを進めていき、思いを言葉にする感覚もつかめてきたのですが、日記を書いているだけでは、どうしても自分の世界にこもりがちなことを感じ、5月のライブセミナーであらためて先生に相談させていただきました。

先生は、「日記だから当然こもった世界になる。今度は、人に伝えたいことを手紙のように書いてごらん。周囲の人たちや患者さんに対して、コミュ障でその場では言えなかったけど、時間が経ってみたらこういうことが伝えたかったんだということを書いてみては?」と仰いました。

また、私と同じように、表現について相談したコース生のさやかさんに対して、先生はこう話されました。「人が人である所以は、内にあるものを表現するからなのです。人として生きるということは、自分を表現しながら生きるということ。表現することでエネルギーが循環する。だから内観だけしていてもダメ。内側で循環させても、それは活性炭が入っていないろ過器のようなもので、汚れた水が延々内側で回っているのと同じ。人と人とが関わってこそエネルギーは循環し、エネルギーが上昇したりクリアになったりする。感じたことを表現する。それを他者と伝え合い、分かち合う。それが人として生きるということです」

それを聞いて私は、頭でっかちでこもっていたマイワールドの壁が、すーっとなくなっていくように感じました。今まで、患者さんや家族、仲間など、人に対して強い思いがあっても、それを伝えられずに悶々としていた気持ちを、なんとか言葉に変換してもっと表現したい、伝えることでエネルギーを循環させたい、心からそう思ったのです。

それからというもの、「星野」は、ブログに日記として自分のなかで感じたことを記すだけではなく、日々、伝えたいことを伝えたい人にむけて書くことを意識しています。コミュ障の「星野」にとって、相手に思うように伝えられないことで感じてきたフラストレーションから脱するための出口が、やっと見つかったような感覚です。
ですが、自分の思いそのままを言葉にすることは、まだまだスムースにはいきません。先生には数年がかりになるだろうとも言われています。しかし決してあきらめることなく、言葉に紡ぎ出すことを続けていきたいと思っています。


宮地 文也

思いっきり楽しみました!・・by 恵子

あの頃のように!

こんにちは。高橋恵子です。
先日、5月のあ~スカCafeでは野外イベントとして、ピクニックを開催しました。
抜けるような青空の下、初夏の心地よい風がそよぎ、まさにピクニック日和! 会場は、家族連れなどたくさんの人でにぎわう、品川シーサイドテラスの広場にて。童心に返って自由な感覚を取り戻した、心躍る1日になりました!

5event-1

写真左、まるで、遠足につきそう先生のように、場を取り仕切る俊哉さんです! 前回記事にあるように、1年ぶりにコース生に返り咲き、今回は私と一緒に司会進行役を務めました。

5event-2.jpg

みんなで輪になり、まずはフルーツバスケットからスタート!
イス取りゲームの要領で、鬼になった人が思いつくままに、「ジーンズを履いてる人!」「朝食にパンを食べた人!」などと呼びかけ、思い当たる人が立ち上がり席を取り合うゲームです。

5event-3.jpg

ウォーミングアップにと思っていたこのゲームですが、平均年齢45才? の大人達も、気づけば夢中になって席を奪い合い、スタート時点から予想以上に盛り上がりました。

身も心もほぐれたところで、次はいよいよ大縄跳び。みんなで一緒に飛べるようにと、今回用意したのはなんと10mの大縄です! みんなで一斉に跳んでみるも、大人達は思った以上に足が上がらず、3回と続きません。

5event-4.jpg

久々の大縄に腰が引けて、なかなか飛び込めずにビビる女性陣から悲鳴が上がります。しかし、いざチーム対抗戦がはじまると、勝負をかけてがぜん燃え上がるのが人のサガ。

5event-5.jpg

大人も子どもも、本気になって飛んで飛んで、飛びまくり、みんな汗だくになりました!

その後も、バドミントンや、野球、フリスビーなど、私たちが子どものように夢中になって遊んでいると、たまたま広場に遊びに来ていたちびっ子達も、興味津々な顔で集まってきて、自然と遊びの輪に加わり・・。そうしているうちに私は、小学生の頃、よくこうやって遊んだことを色鮮やかに思い出しました。

そして、待ちに待った軽食タイムでは、色んな種類のサンドイッチやお菓子を好きなだけ選んで食べて、お腹も心もすっかり満足。公園の開放的な雰囲気のなかで、それぞれごろんと寝転んだり、座ってくつろいだり。ゆったりした時間のなかで、思うままに過ごしました。

5event-6.jpg

日々、忙しくしているとなかなか味わえない時間を満喫しながら、これまで忘れていた子どもの頃の感情や感覚を、自然と思い出したという参加者の声が印象的でした。私は、チャイルド人格と一緒に、全力で遊んで、自由に交流するなかで、見るもの、触れるもの、すべてが驚くほどビビッドに感じられて、心がいっぱいに満たされました!

5event-8.jpeg

子どもに返って楽しんだみんなの笑顔です!

今後もあ~スカCafeでは、みんなで楽しめる季節ごとのイベントを定期開催していきますので、どうぞお楽しみに!
6月のあ~スカCafeは、アースカレッジにて、みなさんをお待ちしています。
当日は、伊藤先生が選び抜かれたクリスタルを、10%割引で購入することができます。「クリスタル速報」で気になっているクリスタルなど、直接手にとってご覧下さい。


高橋 恵子




6月 あ~スカCafeのお知らせ

日 程 : 6/17(日)

時 間 : 13時~16時(受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

戻ってきました!・・by 俊哉

お金のカルマとの闘い

みなさん、こんにちは。佐藤俊哉です。
私が伊藤先生のもとでコース生となってから4年が経ちますが、昨年一年間は、私の抱えているカルマゆえに、リーダー養成コースを離れざるを得ない状況がありました。しかしこうしてまた、コースに復帰して記事を書かせていただき、とても感慨深いです。今回は、私の復帰までの道のりをお伝えしたいと思います。

私はこれまで、何ごとに対しても、まるで根拠がないにもかかわらず「なんとかなる」と思い込み、現実にまったく向き合おうとしない人間でした。それは以前、2年目のコース費用が足りない時に、そのための対策を講じないどころか、伊藤先生に、「自分は必ず宝くじが当たりますので、絶対に大丈夫です」と、真顔で言えてしまうほど病的なものでした。そんな私に先生はドン引きしながらも、「きっと99パーセント宝くじが当たると思うよ。でも、もし万が一、当たらなかったときのことも考えて、その準備も必要じゃない?」と、私の戯言さえも手玉に取って、諭してくださったのです。そこで初めて私は、「そう言われてみればそうだな」と、ほんの少し自分のバカさ加減に気づくことができ、なんとか残りのコース費用を捻出することができたのです。

しかし愚かな私は、その後も心のどこかで「なんとかなる」と思い続け、自分が経営している歯科医院の収益が悪化しているにもかかわらず、問題を直視せず、何の具体策も立てずに放置してしまったのです。その結果、昨年の3月、ついに費用を捻出できず、コースから離れることを余儀なくされたのです。
先生は、私がコースを離れる以前から、コース同期で同じく歯科医院経営者である君山さんから経営コンサルを受けたらどうかという、願ってもないご提案をくださっていました。しかし、問題を直視することから逃避し続けた私は、現状をさらけ出したくないという気持ちから、そのご提案をいとも簡単に断ってしまったのですから、当然の結果とも言えました。
いざコースを離れると、現実逃避し続ける私を止めてくれる人も、厳しく指摘してくれる人もおらず、医院の経営はさらに悪化していきました。

ですが先生は、このような状況においても、私がコース生としてこれまで真摯に取り組んできたことを高く評価し、特別なご配慮としてコース生と一緒のグループセッションを受けることで、なんとか復帰できるように心を配ってくださいました。それなのに、私はどうしても現実を直視できず、糸の切れた凧のように迷走を続けました。
そんな私を見かねた先生は、「一時、私のセッションから離れた方があなたにとっていいのではないですか」と、認定コンサルタントの依田さんのセッションを受けながらお金の問題に向き合うよう、軌道修正をかけてくださいました。

最初は、先生のセッションを受けられないことが大きなショックでしたが、依田さんのセッションのなかで自分の在り方を見つめ直したことで、君山さんの経営コンサルを断ったことを謝罪し、土下座してでも力を貸してもらうしかないと心底思えるようになりました。自分がしたことを思うととても応じてもらえるような話ではなかったのですが、君山さんは、先生がご提案してくださったことだからと、医院の経営に対してはもちろん、家計費に対しても助言をしてくれることになりました。その時には、本当に首の皮一枚が繋がったと思いました。それほど、私の置かれた状況は切迫していたのです。

具体的には、日曜、祝日も休みなく診療を行い、衛生士が歯石除去など他の治療を行っている間は一人で治療を行い、一人でも多くの患者様を診療する体制としました。家計費については、水道、電気は最低限とし、家族全員お風呂の残り湯を朝の洗顔やトイレを流すことに使い、冬でも暖房をつけず、窓にはビニールのプチプチ(緩衝材)を張り、毛布を羽織って過ごすという徹底したものでした。それは、プライドカルマの強い私にとって厳しいものであり、反発したり、家族をも巻き込むことに抵抗したり、何度も諦めそうにもなったりもしましたが、君山さんと同じく同期のコース生が、時に励まし、時に厳しく、支えてくれました。

そうして日々葛藤するなかでも、最も大きな心の支えとなったのは、「先生が教えてくださったことを、一人でも多くの人に体現者として伝えたい」という強い思いでした。先生のご著書に出会い、コース生として先生から直接ご指導していただいたことで、信じられないほどの成長を遂げ、様々な課題や苦しさを克服してきたからこそ湧いてくる思いでした。そのためには、先生に直接教えていただける場所に戻るしかない、本気でお金のカルマと向き合うしかないんだと気づいたときに、私は腹が据わりました。

そして、一時は自己破産するしかないというほどの窮地に陥った状況から一年を経て、まだまだ余裕がある経営状態とは言えないまでも、今期以降もコース費用を捻出できるところにまで立て直し、奇跡的な復帰を遂げることができたのです。

思いを結果に繋げられた喜びと共にこの一年を振り返ると、先生と、支えてくれたすべての人に、感謝しかありません。また、一つの問題を解決していくために、人と深く関わりながら目標に向かい、達成するという経験をしたことによって、以前よりも人に対して心が開いている自分を感じています。

コースに戻ったことはゴールではなく、魂の真の目的に向かうためのスタートラインに再び立ったことだと思っています。ここからまた、先生のご指導のもと、仲間と切磋琢磨して人格統合を進め、カルマ清算に向かっていきたいと思います。


佐藤俊哉