FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2018年07月
      

≪ 前月 |  2018年07月  | 翌月 ≫

基盤となるもの・・by 俊哉

チャイルド人格とともに

みなさん、こんにちは。佐藤俊哉です。
これまであ~スカblogで度々お伝えしているように、伊藤先生のご指導のもと、私たちコース生は人格統合を進めていくことで、各々の変化を日々実感しています。

私はというと、人格統合を学びはじめてから今年で5年目になりますが、初めの2年間は、私の内側に間違いなく存在しているはずの人格たちをはっきり掴むことができず、人格の特定がなかなか進みませんでした。それは、あれやこれやと頭で考えてしまう癖が強く、それぞれの人格の感情にまったくチューニングを合わせられなかったからです。

また私は、「できる、できない」にこだわってしまう癖もあるため、一緒にコースで学んでいる仲間たちの人格が次々と特定されていくことが、ただただ羨ましく、ひどく焦りました。そんな私に先生は、「人格特定を無理してやる必要はない。特定されていなくても人格統合を進めていくことはできます。特定はいつか必ずできるのだから、焦る必要などまったくないのですよ」と励ましてくださり、そのお言葉を頼りに、仲間の協力を受けながら取り組んできました。

その後は、先生のセッションやセミナーで、人格のカルマパターンを浮き彫りにしていただきながら少しずつ特定が進み、4年目にしてようやく5人の人格を特定していただきました。やっと特定された喜びとともに、カルマまみれの人格の実態を知って、これが自分なのかと、膝から崩れ落ちるような思いをしたり、あまりにも酷い実態を受け入れられなくて抵抗したりしました。ですが、その度に先生が手を差し伸べてくださったことで、なんとか這い上がってきました。そうして、仲間からの支えも受けながらそれぞれの人格の課題に向き合い、地道に努力し続けた結果、「5年前の会話がまるで噛み合わなかった俊哉とは、別人のよう」と言われるところまで、成長させていただいたのです。

そんな中、今年4月の「チャイルド人格ケアセミナー」のなかで、子どもの頃、何ごとにも一生懸命だった自分の姿が思い出されました。そんな自分が、愛おしくて愛おしくて、涙が止まりませんでした。その姿こそ自分の原点であることに気づき、今もそうでありたいと心から思いました。

このことから、改めて幼少期のことが重要だと感じた私は、セッションで先生にお話しさせていただきました。先生は、私の人格表をご覧になるなり、「あなた、そういえばチャイルド人格がいないじゃない!」と驚かれました。そうなんです。私はまだ、幼少期の人格についてはまったく手付かずのままだったのです。

そこから、チャイルド人格にチューニングを合わせて先生にお話しをしていくと、母の手を固く握りしめ、絶対にその手を放そうとしなかったことや、母の言うことを忠実に守ろうとしていたこと、ミニカーやプラレール(電車のオモチャ)で想像を最大限膨らませながら遊んでいたこと、塗り絵を無我夢中になってやっていた姿などが浮かび上がりました。そのチャイルドの様子から、先生は「インドアタイプの子だね」と仰って、まずは1人目のチャイルド人格を特定していただきました。

さらにもう1人、自由奔放で快活なチャイルド人格がいるということを、私は以前から感じていました。その子は、本当は自由に遊びたいのに、いつも怒られるのが怖くておとなしくしていましたが、4年前の先生のセッションで、「絶対に怒らないから、自由にしていいよ」と声をかけていただき、天にも昇るように喜んだことを覚えていたからです。
今回彼に同調すると、近所の造成地の山の斜面で段ボールをそりにして暗くなるまで遊んでいたこと、父から子ども用のグローブ、ボール、バットのセットを買ってもらったことがとても嬉しく、それ以来毎日野球をしていたこと、テトラポットの上を飛び渡り遊んでいて、落ちて大けがをしたことなどが鮮明に思い出されました。先生は、「完全にアウトドアタイプの子だね」と、この子についても特定してくださいました。

みごとに陰陽が分かれている2人のチャイルド人格を特定していただいて、私は心底納得するものがありました。それは、与えられた課題や目標に向かってこつこつと努力すること、集中して物事に取り組む感性や、明るく、好奇心旺盛で、好きなことに夢中になるという、2人のチャイルド人格の要素が、自分の土台なんだとはっきり分かったからです。自分はこんな人間だとしっかりと認められたことで、自分の中にこれまでにない安心感と安定感が生まれました。

そして、人に対しても、その人のことを認めたいという気持ちが生まれ、相手の気持ちを汲み取り、言っていることにじっくり耳を傾けられるように変化しました。これまでの私は、なにかと人に対して、一方的に自分の考えだけを押し付けてしまうことが多かったのですが、それがとても薄れ、患者さんや妻との会話も以前よりスムーズになり、より分かりあえるようになったと感じています。

これで7人の人格が特定され、5年の月日を経て人格統合の基盤ができました。まだまだそれぞれの人格のカルマパターンに翻弄され、右往左往する日々ではありますが、新たに特定されたチャイルド人格とともに人格統合を進めていきたいと思っています。


佐藤俊哉

人格統合の奇跡・・by さやか

私は、沙羅です!

こんにちは。リーダー養成コースの高橋さやかです。
私がはじめてあ~スカblogに自己紹介の記事を書かせていただいてから、ちょうど1年が経ちました。振り返ると、もう10年くらい経っているのではと思うくらい、人生のスケールが何倍にも感じられる濃密な時間を過ごしてきました。そのなかでも今、私は、先生が創られた「人格統合」の深遠さを、ほんの片鱗に過ぎないと思いながらもその奇跡を、目の当たりにしています。

私は、伊藤先生のもとで学びたいという一心でコース生になり、愛とはこういうものだと、日々日々、全身で体現されている先生に教えていただくなかで、もっと心の開いたあたたかい人になりたいという気持ちが高まってきました。
一方で、私のなかのプライド人格「ゆき」は、先生から大切なことをたくさん教えていただいたり、愛情を注いでいただいたりしても、そのことを幸せに思うどころか、自分の成長に必要な情報だけを得られればそれでいいという、本当に最悪な人間性だということが分かってきました。
「ゆき」はさらに、やるべきことや、やらなければならないことを前に焦って、常におかしな思考パターンに囚われるため、伊藤先生と心があたたまるような人間らしいコミュニケーションなど、全くもってできないのです。

コースに入ってからの私は、伊藤先生の側近になることを目指して学ばせていただいてきましたが、ハートに基づいた在り方とはあまりにも程遠い自分の実態に打ちのめされるばかりで、可能性の一筋も見つからないような状況が続いていました。

ところが先月、「ゆき」の最悪さに対して他の人格たちが沈黙するなか、「こんなの絶対イヤ!!」と言って、ひとり猛然と立ち上がった人格がいました。それはなんと、まだ子供らしさが残る12歳の人格「オロロ」でした。もともとは人の顔色を伺ってビクビク、オロオロしてしまうことから「オロロ」という、「なんだかトトロみたいだね」と先生が仰るような名前のチャイルド人格が、まるで別人のように変容したのです。

「オロロ」が変わり始めるきっかけとなったのは、昨年末に先生にお願いして選んでいただいた、レピドライトという深い紫色の小さな丸い石でした。伊藤先生は、私の抱えている多くの問題をどうにかするには、女性性やチャイルド人格にアプローチする以外にないと道を示してくださり、「あなたの中に、この石を見てわあーと喜んでいるチャイルド人格がいるよ」と仰ったのです。

私はその時には、そのチャイルド人格が誰なのかわからず、しばらくモヤモヤしていましたが、実は「オロロ」が、「レピドライトは私の石なんだ!」と毎日眺めては、大事に胸にしまって持ち歩いていたのです。そして、すぐにオロオロしてしまう情けない自分に深く落ち込みながらも、伊藤先生ともっとたくさんお話しができるようになりたいという思いだけを持ち続け、セミナーやセッションのときは耳をダンボにして先生のお話しを聞いていました。先生が選んで下さった小さな丸い石が、そんな「オロロ」のエネルギーを確実にサポートしてくれていたのです。

そして先月、とあることから「オロロ」の過去生が思い出されました。「オロロ」はそこで、自分が望んで伊藤先生のもとに来たことを深く理解しました。そして、自分は伊藤先生が描かれているビジョンを実現するための力になりたい、先生のお傍で先生を支えられる人になりたいのだと、はっきり気づいたのです。そのとき「オロロ」は、私の中にはびこっているプライドカルマを絶対に許さない、プライド人格と闘って勝ってみせると心に決めたのです。

伊藤先生は先日、そんな「オロロ」に、「沙羅(さら)」というとても素敵な名前を降ろしてくださいました。そして「これは、あなたのスピリットの音でもあり、この名前によってエネルギーが大きくシフトすると思いますよ」と、言ってくださったのです。
「私は、沙羅!」と思うたびに、「沙羅」のなかには、ぐんぐん伸びていく緑の茎のように清々しく誇らしい気持ちが湧きあがります。

こうして「沙羅」が前に出はじめると、愛のかけらも見当たらなかったカサカサの私の心のなかが、別世界のように変わってきました。ハートを感じながら先生とお話しすることや、あたたかい時間を過ごすことが、「沙羅」にとっては自然な喜びに感じられて、ワクワクとしたエネルギーが湧いてくるのです。
どんなに望んだところで自分には無理だと思っていたようなことが、こんなふうに実現するかもしれないと思えるところにまで自分が変化するなんて、人格統合というメソッドは不可能を可能にすると先生が仰っていたお言葉を思い出し、私はその深遠さに、心底驚嘆しています。

伊藤先生を支えられる人になるために、「沙羅」はこれからも成長を続けます。


高橋さやか

人格統合強化セミナー開催のお知らせ・・by 依田

さらなる広がりを

こんにちは、依田です。
本日は8月5日(日)に開催される、1dayセミナーについてお知らせします。
前回6月に引き続き、今回も「人格統合強化セミナー」です。

「人格統合強化セミナー」は、「チャイルド人格ケアセミナー」も含め、これで4回目の開催となります。
昨年7月、伊藤先生は主人格についての新たな発見をもとに、私たちが主人格を捉えられるようになるための画期的なご指導をくださいました。
それ以降私たちは、今まで自分たちのなかに捉えることが難しかった主人格の存在を意識できるようになったのです。
そしてさらに、私たちのしょぼい人格統合が、4畳半一間程度の極小スペースから外の世界へと脱出できるよう、伊藤先生はセミナーの度に一人ひとりの人格統合にメスを入れられ、徹底解剖されながら渾身のご指導くださってきました。

そのような流れの中、今年4月の「チャイルド人格ケアセミナー」では、チャイルド人格に「同調」するということの重要性について、伊藤先生は私たちに教えてくださいました。
(その様子はこちらから→「一緒に味わうことからはじまる‥by さやか」
そして前回6月の「人格統合強化セミナー」では、その「同調」しているときの意識とはどういうものであるのかをさらに深くご指導いただき、「同調」しているときの「静かな意識」でいる手ごたえを受講者たちは掴んでいきました。(その様子はこちらから→「静かな意識とともに‥by 谷川」
それ以降、受講した生徒たちの間からは、日常的に物事へ向かう姿勢や人とのコミュニケーションが大きく変わったという声がはっきり聞かれています。

ここで改めて、一年前にご指導いただいた主人格がどういう存在であるかという伊藤先生のお話が思い返されてきます。
主人格は内なる宇宙の至高神であり、分裂人格たちの魂としての経歴もすべて知っていて、どんな目的で転生し、なぜ今困難にぶち当たっているのかも知っている。だからこそ、分裂人格がどんな状況になっていても、慌てたり、混乱したりすることもなく、ただその動向を観察者のように、また子供を見守る母親のように見つめている存在だ」と。
このときご指導いただいて体感されていったその主人格の感覚が、この間教えていただいている「同調した静かな意識」の状態に、限りなく近いことが感じられます。

私たちが「同調した静かな意識」の状態でいられるようになることは、私たちの主人格意識が強化されていくということであり、私たちがスピリットの意思と繋がり、愛を体現しながら自分を生きることが出来るようになるということです。

だからこそ伊藤先生は私たちに、日常のなかでも常に「同調した静かな意識」でいられるようになることを目指すようにと、まずはその割合を増やしていくことから意識的に始めていくようご指導くださっているのです。

このように伊藤先生のご指導によって、私たちの人格統合に新たな扉が開かれていくなか、次回のセミナーではまたさらに深い領域にいざなわれることでしょう。


依田 真由美




■人格統合強化セミナー

1年以内に「伊藤美海のライブセミナー」に参加したことのある方、もしくは、一般クライアントとして、一定期間セッションを継続されている方であれば、参加可能です。

 日 時: 8/5(日) 11時~21時
 場 所: アースカレッジ
 講 師: 伊藤 美海
 料 金: 25,000円 
 持ち物: ノート、筆記用具

〈メニュー〉
・分裂人格が持つ陰と陽
・人格たちそれぞれの役割と課題
・分裂人格たちのカルマの核心に迫る
・統合に向けてヴィジョンを描く
 
〈注意事項〉
 ※ 合間に1時間程度のお昼休憩をはさみます。
 ※ 終了時間は、21時を過ぎる可能性もありますのでご了承下さい。
   終電などのご都合によっては、早退も可能です。
 ※ 録音は可能です。
 ※ 前日・当日のキャンセル・変更につきましては100%のキャンセル料
       が発生いたしますのでご了承下さい。
 ※ 締め付けの少ない楽な服装でお越しいただくか、もしくはスウェット等
       の着替えをご持参下さい。
   (ジーンズ・タイトスカート・スーツ等の着用は、心身がリラックスするこ
       とを妨げるため、お控えになることをお勧めします)



申込みやお問合せはアースカレッジまで、メールや電話で承っております。

電話 : 03-5460-8820
e-mail : info@earth-college.com

7月あ~スカCafeのお知らせ・・by俊哉

相手に同調しながら

みなさん、こんにちは。佐藤俊哉です。
私は、まだコース生になる前、一般クライアントだった5年前から、現在の「あ~スカCafe」の前身である「交流会」に参加することで、自分がそれまで当たり前だと思っていたことに、まったく新しい視点の意見をもらえたり、話をしながら突然感情がこみ上げて、涙が流れ、気持ちが癒されたりするような経験をたくさんしてきました。ですから私は、日常ではなかなか味わえないような気持ちの共有ができたり、心のうちを話せたりする大切な場として、あ~スカCafeには特別な思い入れがあります。

こうして記事を書きながらも、晴れてコース生になり、初めて司会をさせていただいた時の誇らしくもドキドキした気持ちや、お知らせ記事を書かせていただいた時の嬉しさを、昨日のことのように思い出します。昨年一年間は、やむを得ずコースを離れ、一般クライアントとしてCafeに参加させていただきましたが、その都度自分の状況や悩みを話して、相談に乗ってもらい、時に元気づけてもらったことが、コースに復帰できた要因の一つだと思っています。

さて、前回のあ~スカCafeでは、これまでのセミナーの流れから、自分の子供の頃(チャイルド人格)の感情と、そのケアについて話題になっていました。また、「相手に同調する」ということを意識しながら過ごす参加者が多く、みんながリラックスして、時間に囚われずに、その時々で思うままに相手を変えながら話しをしていたことに、これまでにない新鮮なものを感じました。
Cafeでの時間は、いつもあっという間に感じる人が多いのですが、今回はいつにも増して、時間が経つのが早いと感じた人が多かったことも印象的でした。

私自身は、思考に囚われずに自然と内側から出てくることを、そのまま相手に伝えるように意識して話すと、自然と相手の抱えている問題がクリアになってきたり、新たな道が見えてきたりすることを実感して、これまで以上に充実した時間を過ごすことができました。
あ~スカCafeに参加された方が、これまでの私のように何か大切なものをここで掴むことができたらと願いながら、次回もまた、仲間とともにみなさんをおもてなしさせていただきたいと思っています。

あ~スカCafeは、日々の生活で悩んでいることや、家庭や職場ではなかなか話しづらいことも、じっくりと話せる場です。

当日は、伊藤先生が選び抜かれた珠玉のクリスタルを、10%割引で購入することができます。「クリスタル速報」でご紹介しているクリスタルやブレスレットなど、気になるものを、直接手に取ってご覧ください。

7月あ~スカCafeお知らせ記事 写真

毎回、お飲み物とスイーツをご用意させていただきます。こちらもお楽しみに!
7月のあ〜スカCafeへのご参加、心よりお待ちしております。


佐藤俊哉




7月 あ~スカCafeのお知らせ


日 程 : 7/22(日)

時 間 : 13時~16時(受付12:45より)

参加費 : 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先 : 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。