FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2018年12月
      

≪ 前月 |  2018年12月  | 翌月 ≫

世界に一つだけのアート・・by 恵子

思うままに描きました!

こんにちは。高橋恵子です。
11月のあ~スカCaféイベントは、「自己表現」をテーマに、芸術の秋を満喫する1日となりました。今回はその様子をお伝えします。

会場になったのは、かつて小学校だった校舎を施設として貸出ししている「四谷ひろば」です。木造校舎の中に入ると、子どもの頃を思い出すような昔懐かしい雰囲気に、自然とみんなの表情が緩みます。

toshi101.jpg

「さぁ、はじめますよ!」

優しくもどこか気難し気な美術の先生になりきって、場を仕切る俊哉さん。すっかり恒例となった先生役に、俊哉さんもノリノリです。


str102.jpg

「いっちにー! いっちにー!」

まずは、思いのままに絵を描けるように固まった指先をストレッチ。みんなで一緒に指を動かしているとなんだか楽しくなってきて、自然と笑顔がこぼれる一同。

リラックスしたところで、いよいよアートの時間です。
テーブルには、色とりどりの絵の具や、色鉛筆、ペンなどがズラリと並び、紙も大小様々なサイズから、好きなものを選んでいきます。

honohi103.jpg

「どれにしようかな〜」

どれで描こうかと目をキラキラさせる人。いつまでも決まらず考え込んでしまう人。
何を描きたいかをイメージしながら画材をピックアップしていくことにも、それぞれの個性が表れていました。

そして、絵を描き始めると、なかには描いても描いても納得がいかず、イライラし始める人もいましたが、そんなフラストレーションも含めて、その瞬間に溢れ出てくるものを描き出していきました。

ある人は原色で力強く絵の具を垂らしたり、ある人はマジックインクで紙を重ねて表現したり、またある人は紙がびしょびしょになるまで絵の具を塗っていたり‥、思いのままに描くことにみんなが没頭するうちに、あっという間に時間が過ぎていきます。

そうして完成したお互いの作品を並べてみると、どれもそれぞれの世界観が表れた個性的な作品ばかりでした。その中のいくつかを皆さんにご紹介したいと思います!

まずこちらは、金子さんの作品です。

kn104.jpg

金子さん 「手が繋がりあい、個性がぶつかる、重なるイメージを思いのままに描きました」

はじめは、なかなかイメージがわかず、有名キャラクター風のポップな落書きを何となく描いていた金子さんでしたが、次第に、みんなと繋がりたいという気持ちが出てきたそうです。
私は、表現すればするほど、金子さんの奥にあるアーティスティックな感性が開いていっている様子を感じました。真ん中に描かれた、人と繋がろうとしているいくつもの手が、とても印象的です。

お次は、俊哉さんの作品。

ts105.jpg

俊哉さん 「感じるままに原色を重ねていくと、途中から苦しくなり、外へ発散しようと思って描きました」

大きな紙の中心に描いた原色の塊。内側にある激しい感情が外に広がっていこうとしている様子から、普段はとても穏やかな俊哉さんの、内に秘めた強いパッションが伝わってきます。他の参加者から「カッコイイ!」という声が上がり、うちの小学1年生の息子もお気に入りの作品でした。

そしてこちらは、一般から参加されたCさんの作品です。

c106.jpg

趣味で木工アート作品を作られているCさんらしい、アーティスティックな作品。
俊哉さんの作品にインスパイアされたというCさんは、原色の絵の具を指につけて、最後まで集中して描き上げていました。
まるで一枚のスカーフのような統一感のある作品には、Cさんのクリエイティブな感性と、大胆さと繊細さが程よくミックスされています。私はこんなスカーフがあればぜひ欲しいです!

絵を描くワークが終わった後には全員が脱力してしまうほど、知らず知らずのうちに、描くことに熱中していました。
そして、それぞれの作品についてシェアし合う時には、目に飛び込んでくる形や色がダイレクトに心に届いてくることに、感動したり、圧倒されたりしながら、それぞれが互いに感じることを、そのままに伝え合いました。

私にとっては、伊藤先生から学んできた、思いをそのまま表現し合うことと、その喜びを、こうして自由に絵を描いてみんなと共有できた充実感で一杯の一日でした。

snap107.jpg

それぞれの作品と、晴れやかな笑顔です!

今月のあ~スカCaféは、アースカレッジにて、選りすぐりのスイーツとドリンクをご用意してみなさんをお待ちしています!


高橋 恵子



12月 あ~スカCaféのお知らせ

日 程 : 12/16(日)

時 間 : 13時~16時(受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

コース生となって・・by 横山

これまでの私とこれからの私

こんにちは。初めて記事を書かせていただきます。リーダー養成コース生の横山麻美です。
私は、信愛クリニックの看護師長として働きながら、今年の4月から念願のコース生となり、伊藤先生のもとで学んでいます。今回は、伊藤先生のもとに辿り着くまでの私と、これからの目標を書かせていただきます。

私は、小さい頃からとにかく頑張り屋で我慢強く、何事にも全力で打ち込んできました。両親から愛され何不自由なく生きてきたと思っていましたが、思春期になると、期待に応えるために頑張ることが苦しくなり、生きづらさを感じるようになったのです。いつからか親や周りの人の顔色を気にして自分を抑え、恋愛でも自分に自信が持てず、素直に気持ちを伝えられないような人間になっていました。
結婚して子どもが生まれても、協力しようとしない夫に対してものを言えず、我慢を重ねるうちに、とうとうパニック発作を起こすようになってしまい、夫とは、信頼関係を築くことができないまま、結局うまくいかずに離婚しました。
私って、どうしてこんなに苦しいんだろう? 頑張っているのに何でこんなにうまくいかないんだろう? と悩みましたが、どんなに考えても答えを得られることはありませんでした。

そんな私に、現在勤務している信愛クリニックの院長が教えてくれたのが、伊藤先生のご著書「ネガティブを愛する生き方」でした。初めて拝読した時の衝撃は、今も忘れられません。
まず、先生の壮絶な生き様と、感情あふれる文章に魅了され引き込まれました。私の両親が善信仰者であったこと、その条件付きの愛のもとで、必死に善と優を付けてもらえるように生きてきた自分に気づかされ、「そうか! だからあんなに苦しかったのか」と、抑えていた気持ちが溢れ、涙が止まりませんでした。
陰陽の法則、自己愛、そこに書かれている全ては、私がそれまで誰からも教えられなかった真実だと直感的に思いました。

この苦しい生き方を変えたい。そう思った私は、アースカレッジで個人セッションを受けることから始めました。セッションで、自分の内面を引き出してもらうなかで、それまでいかに、自分の気持ちに意識を向けて感じること、表現することをせずに、無意識に流されて生きてきたかを知り、そうして取り組んでいるうちに、私がネガティブと闇を避けてきたこと、それを受け入れることが光と愛を知ることなんだと、先生のご著書に書かれている内容が、より理解できるようになっていきました。
そして、更に学びを深めるため、人格統合とカルマ清算に取り組みたい、コース生になりたいと思うようになったのです。

こうして晴れてコース生となって学ばせていただくなかで、ある時、伊藤先生は私に、このように教えてくださいました。
嫁として長年、自分の感情を捨て、家に尽くしてきた私について、「あなたにとってこれまでの生活は、感情や気持ちを持っていたら、辛くてとてもやってこられなかったから、感情を脱いで冷蔵庫か押し入れにしまっておくようにして、日々やりこなしてきたんでしょう。よくやったと思いますよ。あなたは感情がないんじゃない。もうあなたの周りには、あなたをいじめる人も邪魔する人もいないのだから、しまってある気持ちを出して、意思を持って人生を生きていいんです」と言ってくださったのです。
先生のお言葉を聞いて、私の内から、言い知れぬ感情が噴出し、今まで押し殺してきた不満や弱音が、一気に解消されたように感じました。同時に、自分がこれまでずっと過去の感覚を引きずって生きていることに気がつかされ、目が覚める思いでした。

そして、私は、伊藤先生のもとで学び成長するなかで、信愛クリニックの師長に抜擢され、かねてから希望だった、看護カウンセラーとなっていく道も示していただきました。このことは回を改めてまたお伝えしたいと思いますが、どちらも1年前の私には想像もできなかった現実で、自分の力だけでは到底たどり着けなかった奇跡だと思っています。
ずっと自信が持てずにきた私でしたが、今は、こうしてコース生として記事を書かせていただいている自分を、誇らしく思います。

コース生として学ぶなかで、これまでの私を振り返ると、自信がなく、認められたい思いから期待に応えなきゃと頑張り、こんなに苦しいのに誰もわかってくれない、と殻に閉じこもってきた姿が見えてきました。本音をさらけ出さず、相手に気持ちを伝えずにきたのは私なのに、「わかってもらえない!」と被害者のようになって、自ら心を閉ざして、相手を遠ざける生き方をしてきたことがわかってきた時には、愕然としました。

そのような愕然とするような自分の実態を目の当たりにするたびに、受け入れ難いと思う時もありますが、そういう人間で在り続けたくない。先生が示して下さった可能性を絶対に手放さないで、これからも学び、成長を続けたい。その為にも、まずはありのままの私を認めることからだ、という気持ちで、向き合い続けています。

私は、コースで人と本音で関わることを学びながら、長年放置してきた感情を取り戻し、表現する取り組みを日々続けています。そういうなかで、私は本当に、自分の気持ちを人に伝えることが出来ないんだと、挫けそうになることもしばしばですが、コースの仲間に支えられています。
感情を取り戻し表現することは、到底一人ではなしえないことだと痛感し、人と関わることの重要さや、先生から教えていただく事の大きさを実感しています。人に関心を持ち、深く関わることで人間力を培っていきながら、私は、看護師長として、看護カウンセラーとして、患者さんやスタッフから信頼を得られるような、心ある温かい人間になっていきたいと思っています。


横山麻美