FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2019年04月
      

≪ 前月 |  2019年04月  | 翌月 ≫

2月15日はアセンション記念日・・by 中山

お笑い般若心経誕生!!

こんにちは、中山寛士です。
私は2年前、アースカレッジのリーダーとして記事を書かせて頂いていました。ですが、その後大きなプライドカルマの炙り出しにより、一度はコースをリタイヤし、そこからの復帰を経て今、いちコース生として、また事務所スタッフとして取り組みを続ける中で、今回久しぶりに記事を書かせて頂きます。

私はこれまで長い間、図々しく攻撃的で、自分の満足のためにあらゆることを利用する私のプライドカルマを、どうしても根本から変える事が出来ず、「こんな自分なんて生きる価値はない」と自虐モードに入り、行き詰っていました。そんな私に今、そこから抜け出せるかもしれない「何か」が起こり始めています。

それは、前々回の1dayセミナーで、伊藤先生から「こうすべき、こうでなくてはいけないなどの、ありとあらゆるジャッジを外した時に、あなた達が本当にしたい事はなんですか?」 と問われたことからでした。

私は、先生のそのお話をお聞きして、これまでの人生を振り返って向き合った結果、「自己愛を育みたい」とお伝えしました。それは、自分の存在を否定していた私にとって、自己愛へ向かおうとする、一歩でした。

ですが、ここまで自己否定する癖を身につけた私が、簡単に自己愛に向かえるはずはありませんでした。すぐに行き詰まり、どうしたら自己愛が育めるのかをグループセッションで先生にご相談しました。そして、先生に問われるままにお答えしていくなかで、私はいつの間にか、幼少期の親との辛い経験から、アースカレッジに辿り着くまでの人生をとつとつと語っていました。

私はこれまで、人生で行き詰まる度に「本質は何か」と考え、ソーシャルスキルトレーニング、宗教、西洋物理学、宇宙論、スピリチュアルなどに答えを求めてひたすら探求してきました。
たとえば、中学生の時に自分の醜さを一つも余すところなく見切らなければ自分を許せなくなった私は、内面を1つ1つ否定のジャッジをしながら掘り下げていきました。そして自分の醜さを全部見切ったと感じた、約20年後。自分のなか全てが真っ黒になったと感じた時に、その対極にある真っ白のイメージが降ってきたような体感をしました。それは否定のジャッジの対極にある、「すべてがなるべくしてなっている」という、無条件そのもののイメージでした。
その後私は、仕事も含めた生活すべてを変えて、その真っ白の、無条件そのものの存在になろうとしました。それは結局、自分からは何もアクションを起こせなくなり、友人にさえも自分からは何も連絡出来なくなり、誰も私がこんな風に生きている事を知らない、孤独死しそうな方向に深く入り込んで、生きるために方向転換を余儀なくされる結果になるのですが‥。

その他にも、そんな人生の喜怒哀楽の全ての始まりは、宇宙の始まり、ビックバンが原因だと悟ったように感じ、ビックバンがなぜ起こったのか、科学では説明できないそこに一体何があったのかを追い求めました。
こういった、この数行ではとても伝えきれないような浮世離れした事を、ひたすらやっていました。ですが結局のところ、どこに行っても現実に、周囲の人との人間関係がうまくいかなかったのです。

何回目だったでしょうか。どこに行って何を追い求めてもやっぱり出てくる「人間関係がうまくいかない」という言葉に、始めは真剣な面持ちで話を聞いていたみんなの空気が、次第におかしくなってきました。
伊藤先生がこらえきれずに笑いながら、「ビックバンお化けに取り憑かれている‥」と称されると、その場にいた全員が、お腹を抱え、涙を流して笑い出したのです。私が熱を込めて真剣に語ればかたる程に、みんなが涙しながら笑っていました。ビックバンよりも、真っ黒や真っ白よりも、人間関係をどうにかしようよ、と。

私ははじめは、なぜみんなが泣いたり笑ったりしているのか分かりませんでしたが、次第に自分でも語れば語るほどに、なんだかおかしくなってきました。

伊藤先生は、「これまでの人生でこんなに笑いを取ったのは、初めてなんじゃない? あなたは初めて、人に与えることができたのよ。それも、あなたがこれまで一度も求めて来なかった『笑い』でね。こんなにみんなに笑ってもらえるなんて、これほど幸せなことはない。これまでのあなたの人生はすべて、今日こうして笑ってもらうためにあった。これが、あなたのこれまでの人生へのご褒美。みんなに笑ってもらって、今、あなたの人生に一瞬で価値がついた。笑いは、偉大だよ」と。

あまりのお言葉に、私はすぐに飲み込むことができませんでした。コース生から爆笑が起こり、先生も涙が出るほど、お腹を抱えて笑ってらっしゃいます。いつの間にか私も、酸欠になるほど笑っていました。私はこんなに、自分のことを笑ったことはありませんでしたし、こんなに笑ってもらったこともありませんでした。そして笑うほどに、「今日、あなたの人生が報われた」という、伊藤先生のお言葉が自分の中に染み入ってきました。

すると笑いの嗚咽は、涙の嗚咽に変わっていました。
全員の前で、私は堪えられず、ボロボロに鼻をすすりながら泣いていました。とにかく何も考えられず、込み上がって来るものが涙となって溢れ出していました。

その様子を見た先生は「ハートが開くって、こういうことだよね。今日は中山がアセンションした特別な日。人生って、分からないものだね」と、笑いながら仰いました。
こうして、2019年2月15日は、私にとって「中山アセンション記念日」となりました。

先生は、「ただひたすら今日の録音を聞いて、そこからの事をblogに書いてごらん。人格統合もカルマ清算もいい、またお化けに取り憑かれるだけだから。ただひたすら、それだけをしてみたら?」と、仰いました。それから私は、ひたすら録音を聞いて、そこから感じる事をblogに表現していきました。聞くほどに、お笑いにしてくださった先生へのありがたさ、その場で笑って涙してくれたみんなへのありがたさで、心が温かくなるのを感じます。

私は普段から、すぐに自分の世界に閉じこもって取り組みをする、「お化けに憑りつかれた状態」に陥ってしまいます。ですが、この録音を聞けばそこから抜けられる事から、先生はこれを「お笑い般若心経」と銘々されました。
この「お笑い般若心経」は、伊藤先生のご提案によりYoutubeで公開され、その後の先生のご指導により、今、さらなる発展と進化を遂げつつあります。
この続きはまたの機会に、ご報告します。


中山寛士

4月あ~スカCaféのお知らせ・・by 俊哉

どんなことも話せる場所

こんにちは。佐藤俊哉です。
4月。新たな年度がスタートしました。みなさんはいかがお過ごしですか?
3月のあ~スカCaféは、これまでも参加をされてきた方に加え、コース生の君山さんの紹介で初参加された方も加わり、いつにも増して賑やかな会となりました。

あ~スカCaféでは、スイーツや珈琲などを楽しみながら、毎回数人ずつのグループに分かれて様々なことを話しています。

たとえば、「自分のなかのチャイルド人格のケアをどうしたらいいのか」などのテーマを持って来る方もいれば、「とにかく今話したいことを聞いて欲しい!」と、日々の愚痴や、好きなことについてめいっぱい話される方もいます。
また、対人緊張が強く、どうしても人前で固くなってしまうことや、何かにつけてきちんとやらなくてはいけないと思い、苦しくなってしまうことなど、これまで長年困ってきた悩みについて話される方もいます。

私も同じように悩んできた経験があるので、その方の気持ちがよくわかると思う時が多々あります。少しでも参考になればと思い、私自身が経験して学んできたことをお話しすることもありますし、悩む気持ちに寄り添いながら話を聞いていって、そういった緊張や思い込みがどこからくるのかルーツを探っていくこともあります。

そんな中、今回はセックスの問題について悩みを話された方がいました。
性の悩みは話しづらい話題だと感じる方が多く、私自身も以前は人前で話すなんて想像できませんでした。ですが、性の問題は、伊藤先生がこれまでに「セックスセミナー」を開催されたことがあるほど重要なテーマなのです。

性についてオープンに話すことで、意外と自分と同じような悩みを持っている人が多いんだと知ったり、他の人の視点を知ることで、変に思い悩んでしまっていたところから抜け出せることも多いということを、私はこれまで先生から教えていただいて、経験してきました。
今回お話しされた方も、話す前には勇気がいったと思いますが、「話しても大丈夫だろうかと少し躊躇したけれど、普通に率直な意見をもらえて安心した」という感想を聞かせてくれました。

このように、あ~スカCaféでは、人と話すことで、初めて気づくことや感じることが多くあります。先生がつくられたこの場所が、どんなことも話せる唯一無二の貴重な場所だと改めて感じています。

今月もアースカレッジにて、厳選されたスイーツとお飲み物をご用意して、皆様の参加をお待ちしております!


佐藤俊哉



4月 あ~スカCaféのお知らせ

日 程 : 4/21(日)

時 間 : 13時~16時(受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。