FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2020年04月
      

≪ 前月 |  2020年04月  | 翌月 ≫

カウンセラー養成コース開始のお知らせ・・by 谷川

新たなスタート

こんにちは。コース生の谷川です。
新型コロナウイルスのため緊急事態宣言が出るなど、これまでとは全く違う生活になり不安が広がる中ですが、皆さんはどのように過ごされているでしょうか。
私も仕事以外では外に出ることもほとんど無くなり、家で過ごすことが多くなっています。

IMG_9676中

こちらは私の愛猫のケンタです。家にいることが多くなった分、この子と触れあう時間が増えました。一見自分と新型コロナウイルスは無関係、とばかりにいつも通りに甘えてきてくれて私を癒してくれる存在ですが、果たしてこの子にはウイルスに翻弄されている私たち人間のことがどう映っているのかな、と考えてしまうことがあります。

さて、アースカレッジではこの4月で新たな期を迎えています。今年からコースの編成に変更があり、今までの自己実現コース、自己探求コースを統合し、カウンセラー養成コースとして新たなスタートを切りました。

コース生の顔ぶれは昨年から継続する人がほとんどで大きく変わりは無いのですが、これまで自己実現コース、自己探求コースで学んできたコース生の多くが、特にカウンセラーになるための知識やノウハウを学んできたわけではないにもかかわらず、自然と良質なカウンセラーに育ち、プロフェッショナルとして活躍しているというこれまでの経緯から、今回このような変更となりました。

アースカレッジで伊藤先生から学んだコース生のうち8人が、現在元コース生の井出広幸さんが率いる「信愛クリニック」で、カウンセラーとして活躍をしています。私自身も心療内科の医師として、アースカレッジで学んだカウンセラー達と一緒に仕事をさせてもらってきました。
診察では中々踏み込めないような深い領域まで入って話をしてくれ、その人の根本的な問題を解決していってくれるカウンセラーの存在はとても頼もしいものです。そのおかげで何年もずっと治らなかったうつ病の方が治っていったり、摂食障害で命も危ぶまれたような方が回復していったりという、奇跡なような例を何度も見てきました。

アースカレッジで学ぶ私たちは、お互いに自分を晒しあい相手の深いところに踏み込み、時には指摘をし合い、自分のカルマパターンをどうやって克服したら良いか、伊藤先生のご指導のもとお互いに切磋琢磨し合います。
自分のカルマパターンを知りそれを解決していく過程は、自らの心なさ、愚かさと向かい合い今まで避けてきたことに直面することでもあります。その過程には苦しみが伴いますが、それらと向き合い乗り越えるたびに人間的成長を果たすことが出来、同時に自分と同じ問題を抱えた人を導いて行くことが出来るようになります。そのようなことを繰り返していくうちに、自然とカウンセラーとしての能力が養われていくのです。

私自身も信愛クリニックで診断方法や薬の使い方を学ぶ一方で、伊藤先生のご指導のもと自分の問題点と向かい合っていくことで、他の人の事も何故その人がそうなっているのか、どうやって解決していったら良いのかが少しずつ分かるようになってきました。

それは私にとってとても大きなことでした。人の悲しみや苦しみに共感しながら、その人が抱える問題を解決に導けるようになってきたことで、今までより遥かに心に寄り添った医療を提供出来るようになっただけではなく、心の問題と繋がっていた身体的な問題まで改善することが出来るようになってきて、医師としての力も大きく向上したと感じています。

今は新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか全員が集まってと言うわけには行きませんが、インターネットを駆使して遠隔で集まるなどして私たちは学びを続けています。毎月2日間に渡って行われるコースの開催日には、お互いにカウンセラー役とクライアント役に分かれ、1時間のカウンセリングを実施、その後全員で集まってシェアをして意見をし合う、という形で進めています。

伊藤先生は、相手を導くときの心構えについて「とにかく最大限相手に尽くすこと。こういうときはこうして相手を導こう、というような知識に基づいた目線では無く、ハートを開いて心を機能させ、心の目で見て、心で考え、目の前の人に跪くようにしてひたすらに尽くすことだ」と私たちに教えて下さった事があります。もちろん先生が行われるセッションと、私たちが行うカウンセリングとではまったく次元が違いますが、心構えは同じだと私は思っています。

ですが、この尽くすと言う事がやってみると実に難しいことに気がつきます。カウンセリングをしているとどうしても自分のカルマパターンが出てきてしまいます。例えば、物事を軽く捉えてしまう癖が出て相手の辛い思いに寄り添うことが出来なかったり、「うまくやらなければ」という癖が出てしまうことで力が入ってしまい、相手の話を聞く前に一方的に話してしまったりするのです。カウンセリングをする度に私は、真に尽くすためにはまずは自分の問題に向かい合わなければならない、という事を痛感します。

コースでは全員にシェアをしたときに問題点を指摘してもらいますが、そのたびに自分の抱えているカルマに気付くことになります。そして自らの問題を認識し、それを解決するためにまた動いていくことで、私たちはカウンセラーとしての学びを深めつつも、人間力向上を目指しています。

コースの進め方は変わりましたが、最終的に私たちの目指す方向は自分のカルマパターンを知り、それを克服していくことで人間力を高め、愛のある在り方を目指すということであり、基本的には今までとなにも変わらないと思っております。私たちの成長や、また新たな変化があれば皆様にお伝えしていきたいと思います。

谷川 徹也

今までとは違う春 ・・by 泉

地球からのメッセージ

みなさん、こんにちは。コース生専任の認定ティーチャーの佐藤 泉です。
アースカレッジも新年度を迎えました。今年度もどうぞ宜しくお願い致します。

普段なら新たなスタートを切るこの季節ですが、今年は世界中に広がる新型コロナウイルスの影響によって、誰もが予想していなかった春になってしまいました。
私の勤めている病院でも診療体制が大きく変わったり、外来患者さん達の中にも不安が広がっていたりするのを感じています。
また学校が休校となり、我が家の小学生の娘と保育園に通う息子の生活にも変化を強いられています。

そんな日々の中でも、自然はいつもの春と同じように、美しい姿を見せてくれています。
先日隣町に出かけた帰り道、交差点を曲がるとそこには一面、黄金の菜の花畑が。まるで黄色い絨毯のようで、その美しさに圧倒されました。

  IMG_1033.jpg

調べたところ、菜種油の材料になる「ななしきぶ」という品種の菜の花だと知りました。菜の花が咲く期間は比較的長く、5月上旬までこの美しい姿を見られるそうです。

こちらは桜です。
桜ほど、無条件に日本人の心の奥深くに触れる花はないと思います。

  20170413_153746.jpg

  IMG_1167.jpg

しかし、このような美しい春の自然とは反比例するかのような混乱した社会情勢の中で、いま私達は生きていると感じます。

私は先日、伊藤先生のライブセミナーに参加させて頂いた際、参加者からのコロナウイルスについての質問に対して先生がお話し下さったことが強く印象に残っており、とても大切なことだと感じましたので、皆さんにお伝えしたいと思います。

「コロナウイルスは一種の浄化なのでしょうか」と質問をした参加者に先生は、「これが浄化になるかどうかは人間次第です」と仰られて、このようにお話しされていました。

「今回の新型コロナウイルスの事は、人間がやりたい放題にやり過ぎて、あるラインをオーバーしたことに対する警報のようなものだと思うことです。
惑星も一つの命ですから、地球上で生きている人間が地球を大事にすれば本来の寿命を全う出来ますが、これだけ人口が増えた挙句それぞれが好き放題にしていれば、いくらでも地球の命は縮まってしまいます。
ラインオーバーをした人間達に対して目に見えない力が働いて、人類がこれまでの在り方や考え方を顧み、改めるきっかけとなるよう新型のウイルスが世界中に広がった。今そういうことが起こっていると感じます。
同時に私のもとには地球から発される怒りと憤り、そして動物たちの深い深い悲しみが届いてきます」


先生は長年、動物虐待に対して問題提起をし続けられており(Dark Aspects of Society)、しばしば私たちに、人間がいかに動物や自然に対して都合の良い解釈をし、好き放題やってきたのかをお話し下さいます。
私自身、幼少期を自然に囲まれた土地で過ごしたため森林に対する親しみが強く、先生のもとで学ぶようになってから、より環境問題に興味を持つようになりました。

特に3年程前からは、プラスチック製品の購入を避けたり、ゴミを減らすよう努力したり、環境に負担のかかる合成洗剤ではなく、無添加せっけんや重曹やクエン酸などを使ったりと、出来ることを少しずつ選択してきました。しかし、利便性を重視して地球に負担をかける行動もたくさんして来ています。
また近年では異常気象が相次ぐことから、地球全体が良くない方向に進んでいるのではないかという事がとても気がかりでした。
そのこともあり、今回の新型コロナウイルスは自分達の行為がこの様な形で自らに返ってきているのだという先生のお話は、今まで伺ってきたお話や自分が感じてきた事とも繋がって、深く納得するものでした。

今の状況がいつまで続くのか、影響がどこまで広がるのか、世界中がまだ分からない中にあります。
しかし、今この瞬間にも自分達が動物や地球に対して何をしているのかを、一人ひとりが真剣に考えなければいけないのだと思います。
私達の意識や行動が変わらなければ、今回の新型コロナウイルスの流行がたとえ収束したとしても、さらに大きな警報が鳴らされることは必須です。

私は、子供達が生きていくこれからの社会が、混乱したものであって欲しくないです。自然や動物をいつくしみ、春になったら桜や菜の花の美しさを楽しみ、食卓では大切な人と自然の恵みを有難く美味しく頂いて、幸せに生きていって欲しいと願います。
そのために私は、今自分が出来ることを考え、選択し、行動し続けていきたいと思っています。

 佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)