FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2020年06月
      

≪ 前月 |  2020年06月  | 翌月 ≫

親の役割 VOL.2 ・・ by 泉

子供の人生の“追い風”になる

こんにちは、泉です。
前回の記事(親の役割 VOL.1)では、コース生の彩さんが、子育てのなかで娘さんと自分を同一化してきてしまった自分の在り方について、先生にご相談した事をお伝えました。今日は、そこからさらに先生がお話し下さって、私の心の真ん中に強く響いたことを書いていきたいと思います。

先生は彩さんに、「子供に色々な経験をさせて子供の可能性を引き出してあげたいと、そこで止まっておけばいい。そこにブレーキがきかずに『自分のリベンジのために』 という余計な想いを乗せてしまうから、あなたは過干渉になっているんだよね。そこを自分でコントロールしていくことが、あなた自身が人として親として成長していくことだし、娘の人生が本当に輝く方向に向かうように、背中を押してあげることになる」 と仰って、彩さんは先生をじっと見つめながら、全身でこのお話しを受け止めていました。

続けて先生が、彩さんを諭すように仰ったことは、私自身も親として本当にこう在りたいと心に刻まれるお話しでした。

「親というのは本来、追い風になるべき存在なんですよね。子供の人生の前に立って、誘導しちゃだめなのね。子供が自然と自分の道を歩んでいく『後ろ』にいるべきなのよ。お金を出したり、習い事をさせたりしてそこに可能性という名の道を作ったとしても、どの道を行くかは子供が決めることだから。もちろん、出来ないことが出来るようになるまで、手取り足取り子供に寄り添うことは大事だけれど、ある時点でパッと手を離してやる。子供が自分の意思で方向性を決めた時に、後ろから行っておいでと言ってやれる、その立ち位置を意識しないとね」

親が、子供の追い風になる。この言葉を伺った時、私には衝撃が走りました。
彩さんも他の参加者も、深く聞き入り大きく頷く姿が見られました。

私はこれまで子供にとっての応援団でいたいといつも思って来ましたが、追い風になる、ということは、ただ後ろで温かく見守るだけでなく、子供が道を決めた時にどっしりと後ろに立ち背中を押すという、より強く腹が据わった親のイメージが湧きました。残りの子育て期間はずっと、子供たちの人生の追い風になれる親でありたい、そう思ったのです。
  
  DSC_0392.jpg

こちらは、昨年の小学校の運動会での娘です。

私は、長女が生まれた9年前に伊藤先生から「子供は親の所有物ではなく、預かりものです」と教えて頂いたことを、常に頭の片隅に置きながら子育てをして来ました。
その後、子育てには何度も何度も行き詰まって来ましたが、その度に子供に対して「この子は預かりものなんだ」と思うことで、気持ちがすっと楽になったり肩の力が抜けたりして、とても救われる思いをして来た実感があります。

ですが私の親との関係や、精神科医として患者さんと関わる中では、親が良かれと思っていても、結果的に本人の気持ちを無視する事になっていたり、親の願望や叶わなかった夢を託してレールを敷いてしまう事がとても多いと感じてきました。
本当は、子供には子供の意思があり、好き嫌いがあり、向き不向きもあり、人生の選択肢があること、親の立ち位置は「後ろ」であることを、忘れてはいけないのだと思います。

「子供を預かりものとして育てる」こと、「子供の人生の追い風になる」こと。先生が教えて下さる親の在り方を思うと、私はあまりに未熟です。でも、一ミリずつでもそんな姿に近付けるように、これからも学びを続けていこうと思っています。

このように伊藤先生は、親子関係や子育てに関して、様々な角度から本当にたくさんの事をご指導下さいます。私自身が、壁にぶつかった時にご指導を頂きながら乗り越えてきたエピソードも交えて、今後もこちらで紹介させて頂きたいと思っています。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

親の役割 VOL.1 ・・ by 泉

“経験”というギフト

こんにちは、泉です。梅雨入りが宣言されましたね。
新型コロナウイルスの影響による様々な現実に向き合っている最中にも、季節は確実に巡っていくことを感じています。

今日は、子育てについての話題をご紹介したいと思います。
現在私は母親になって9年目ですが、長女が生まれた頃は、娘の事が可愛いと思えない事があったり、どう接したらよいのか全く分からなくて悩んだりと、壁にぶつかることの連続でした。
その都度、伊藤先生に子育てについての様々な質問をさせて頂いて、先生は様々な角度から、親子関係についてたくさんのご指導を下さって来ました。
そのお陰で現在では、母親としてずいぶんたくましく成長させて頂きました。もちろん今も試行錯誤の毎日なのですが、子供達から与えられる喜びの大きさに、日々支えられています。

先月の伊藤先生のグループセッションでは、コース生の「彩さん」が中学生の娘さんについてご相談をしました。そこで先生がご指導されたことがとても強く私の心に残っており、そのことについて、ご紹介したいと思います。

彩さんは、中学生になる娘さんと旦那さんとの3人暮らしです。
彩さんは以前、旦那さんの言動にどうしてもイラっとしてしまい、不満を爆発させることが止められない事に悩んでいましたが、先生はそんな彩さんに、問題は相手ではなく彩さん自身にあるということをご指摘され、彩さんはそこから時間をかけて自分に向き合ってきました。
彩さんは、自分の問題を棚上げして相手を責めていた自分の悪妻ぶりを直視することで、それでもずっと共にいてくれた旦那さんへの感謝や愛情が湧いて、大きく意識が変わりました。そして、旦那さんに対して心から謝罪をし、夫婦でお互いの本心を伝えあうような、今までにない温かい気持ちを育める関係性に、変容を遂げてきました。

そんな彩さんは、中学生の娘さんととても仲良しです。ですが、そろそろ娘さんが親離れしていく時期に入っているにも関わらず、一向に子離れが出来ない、という新たな課題が浮上しています。子供に依存してしまう自分の在り方を変えたいと、先生にご相談しながら努力している最中です。

彩さんはグループセッションのなかで、娘さんと自分自身を同一化してしまいがちだという事を先生にお伝えしました。そして娘さんの習い事に関して、その傾向が如実に表れていたのです。

「娘には、小さい頃から様々な習い事をさせて来ました。娘が何かを達成すると、あたかも自分自身が達成したかのような感覚になっていたんです」と話す彩さん。
彩さん自身は3月生まれだったこともあり、幼少期は周囲に付いていくのに必死だったため、自己卑下のパターンを大きく抱えている背景があります。そんな彩さんが娘さんを育てる中での感覚を、更に先生にこうお伝えしました。
「自分がやり遂げられなかったことを、娘の人生に乗せてやり直している感覚があるんです。娘が皆に置いていかれないように、困らないようにという思いが強くありました」

それを聞いた伊藤先生は、彩さんにこのようにお話されました。

「子供に可能性を与えるという意味では、行為として悪いことではないですが、問題はそこにある『想い』ですね。親のリベンジのために、子供の人生があるわけがないのです。
もし私に子供がいてお金があったら、きっと色々なことをやらせると思いますし、子供が欲しがる物は出来るだけ与えたい。なぜかというと、その子が何にときめくのか、何が得意なのかを、親として見極めたいからです。
習い事についても同じで、本人が興味を持てば触れさせてやりたいですし、やり始めてから不向きだったことがわかる場合もあるでしょうから、とにかく色々な事を体験させますね」


私も以前に、娘の習い事について先生から教えていただいた事があったので、娘が興味を持ち意欲がある事には、可能な限りチャレンジさせてきました。そのなかで今も続いている習い事はたった1つですが、本人が納得して自然と続いている様子を見守っています。

私は、先生からこのように教えていただく前は、「習い事は続けることが大切」という一般的な考えに疑問を持ちませんでした。でも今では、娘が本当に好きで続けたいと思うことは自然と続いていると感じますし、もし私が親として無理強いをしてしまっていたら、こうはならなかったと感じています。そんな実感の中で彩さんへの先生のご指導をお聞きした私は改めて、これからも親として、子供達に色々な経験を与えてあげたいし触れさせてあげたいと、強く思いました。

続けて伊藤先生は、親としての大切な在り方について、お話をして下さいました。私はそのお話を伺い、残りの人生において子育てにおける座右の銘にしようと心に決めたのです。

そのお話の内容については、次の記事でご紹介したいと思います。

  IMG_1524(1).jpg

我が家の娘のお稽古バッグです。ピアノの楽譜、歌の楽譜、英会話テキストなど、その時々で様々な教材が入っていました。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)