FC2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2020年09月
      

≪ 前月 |  2020年09月  | 翌月 ≫

ハートで勝負!・・by 美雪

カウンセラーとして大切な心の持ち方

こんにちは。コース生の高橋美雪です。
少しずつ秋の気配を感じる季節となってきましたね。

先日私は、念願だった森林浴に行ってきました。

ハートで勝負!

こちらは、那須の茶臼岳山頂付近からの景色です。
心も身体も、ついでにお腹も満たされて、エネルギー満タン! で帰ってきました。次にまた自然を訪れる機会が、今からとても楽しみです。

前回の記事( → 「久しぶりの登場です」)でご紹介したように、私がカウンセラーとなってから半年が経ちました。あっという間の半年間でしたが、患者さんと向き合いながら、私が何度も感じる思いがあります。

「あの頃、こんなカウンセリングに出会いたかった。
こんな風に、自分の気持ちを受けとめてもらえるような存在が欲しかった。
一緒に解決していこうねって言って欲しかった。
支えて欲しかった、応援して欲しかった。
こんな場所があったら、そんな人に出会っていたら、私はどれほど救われただろう」

そんな、泣きたくなるほどの気持ちです。

私は思春期の頃、うつを経験しました。誰かに分かって欲しくて助けを求めましたが、分かってもらえた気がせず、うつを治したい一心で、当時相談に行った病院で医師のアドバイスに従って、毎朝休みなくジョギングを続けたりもしましたが、当然治りませんでした。どうしたら楽になるのだろうかと、長い間もがき苦しんでいたのです。
これらの気持ちは、過去の自分から湧き出てくる想いでした。

カウンセリングの中で私は、過去に心の底から望んでいたことを、かけてもらいたかった言葉を、自然に、目の前の患者さんに伝えていました。まだカウンセラーとしての経験は浅いですが、私の中にある大事な気持ちであり、大切な過去であることを、理屈ではないところで感じていました。

私は先日、そのことを伊藤先生にお伝えしました。すると先生は、このようにお話しして下さいました。

「カウンセリングをやるうえでの心の持ち方として、とても大切な事をあなたは掴んでいると思います。自分だったらこうして欲しかったというベース、これはすごく大事なんですよ。私の中からそれが消えたことは一瞬もないです。
自分が求めていたものを、人も求めるに決まっているんです。本当は求めているのに、求めていることすら気付いていない人も多いから、そういう場合は、本当は求めているんだよというところまで誘導しなければいけないけれど、基本、人が求めているものは同じなんですよ。
その精神が、あなたのカウンセリングをクオリティの高いものにしているんだと思います。技術やノウハウじゃなく、本当の意味での、私の言うクオリティです。世間一般のカウンセラーたちが学んでいるようなノウハウを私は教えたことはなくて。そういう意味で、一番大事なところを掴んでいると思います」


先生の言葉を伺い、先生が一番大事にされていることを自然に大事にできていたのだと、私は嬉しい気持ちになりました。
私は、先生が教えてくださることを、私を介して目の前の患者さんに伝えることができるカウンセラーになりたいのです。

まだまだ新米ですが、これからもハート勝負! で日々精進していきたいと思っています。

高橋 美雪
コース生 | Comments(-)