fc2ブログ

トップページへ

ARCHIVE ≫ 2020年11月
      

≪ 前月 |  2020年11月  | 翌月 ≫

命の教育(前編)・・by 恵子

命に大きいも小さいもない

こんにちは。認定ティーチャーの高橋恵子です。
あちらこちらで紅葉が見頃となっていますね。

20201119_abb.jpg

私の住んでいる近所の公園でも、銀杏の木が鮮やかに色付き、目を楽しませてくれています。秋の晴天と、黄金色の銀杏。自然が奏でる美しいアートに、心洗われます。

私には3人の子どもがいます。現在上から14歳長女、12歳次女、8歳長男を育ててきた私ですが、それぞれ個性が違い、感情豊かな子ども達との関わりは、いつも新鮮な感動と、時には葛藤の連続です。
先日、子どもの教育について、とても大事なことを伊藤先生から教えていただきました。そのことを今回皆さんにシェアしたいと思います。

私は4年程前から、地元の保育園で保育補助の仕事をしています。これまで主に、2、3歳の乳幼児のクラスを担当させて頂いてきました。
その年頃の子ども達は好奇心旺盛で、外遊びの時には、ダンゴムシやアリなどの虫達に興味津々です。ですが、多くの乳幼児にとって虫達の存在は、動く「おもちゃ」と同じで、指で潰してみたり、踏んでみたりと、乱暴に扱ってしまいがちです。

私は、その様子を見ながら、葛藤していました。ただ「可哀想だからいけないよ」と頭ごなしに咎めるのは、何か違うような気がしました。かといって、「もう少し優しくね、柔らかいからすぐに潰れてしまうんだよ」とその場で教えても、ただ表面的に言い聞かせているだけのように感じて、それも何か違うという自分への違和感が拭えずにいたのです。

そんなある日、伊藤先生がグループセッションのなかで、コース生の彩(あや)さんに、虫の命についてお話しされたことがありました。それは、彩さんが小さい頃に、ダンゴムシをたくさん集めてきて、おもちゃのフライパンに入れて炒める真似をして遊んでいた、というエピソードを話した際に、先生が仰ったことでした。

「子どもは誰もがそうやって虫を虐めたり、殺してしまったりするんだよね。子どもの時の可愛いエピソードだなあとも思うけれど、ダンゴムシがなぜあんなふうに丸まるかというと、恐怖心があるからで、それを大人になった今も、ただ『楽しかった出来事』と思っていてはいけないよね。
私も子どもの頃は、アリの巣を潰したり、アリを殺したりしたけど、本当に酷い事をしていたなと思います。だから今は、困っている虫がいると助けるんです。そうすると彼らは『ありがとう』というメッセージを送ってきますよ。話しかけると、ちゃんと聞いているんだなと感じる。
虫は、動物より一見無感情で無機質なものに見えるけど、ちゃんと心がある。生きているということは、最低限、痛い、怖い、と感じるということだし、生きようとするということは、死にたくないということ。虫を侮ってはいけないですよ。彼らは当然のことながら自然の一部であって、神々の使い手としてメッセージを運んでくることもある。命に大きいも小さいもないんです。あなたは今、娘を持つお母さんなのだから、こういったことも子どもに教えていってあげないとね」


先生の、小さい命である虫達への視点と、命に大小はないのだというお話をお聞きして、私はとても心動きました。同時に、私自身の子ども達に対しての表面的な対応と、その違和感を、よりはっきりと感じたのです。

ちょうど時を同じくして、小学校3年生の息子と、こういう出来事がありました。
庭で一緒に遊んでいた時に、虫眼鏡で枯れ葉を焼くことに夢中になっていた息子が、「アリンコ焼いてみたい!」と言ったのです。
私はとっさに、「いや、それは可哀想だよね。やめようよ」と伝えました。それを聞いた息子は、きょとんとした表情をして、「可哀想だからやめた方がいいんだな」と認識をした様子でした。でも、先生が仰っていたように、小さい虫の命を大切にするという事が、息子に充分に伝わった感覚はありませんでした。どうしたら伝えられるだろうかとあれこれ話してみたものの、どれもしっくりくることはなく、もどかしさが募りました。

そして私は、翌月のグループセッションで、伊藤先生にこのことをお話し「子ども達にどう伝えたら良いのでしょうか。先生ならどう教育されますか?」とお聞きしました。そのご指導を聞いた私は、自分の頭のなかにあった四角四面の枠が取り払われていくような感覚を受けました。
次の記事では、先生がご指導下さったことと、そこから私が感じたことを書いていきたいと思います。

高橋 恵子
コース生 | Comments(-)

ハートが目を覚ます時(後編)・・by さやか

先生とツバメの赤ちゃん

こんにちは。認定ティーチャーの高橋さやかです。
今回は、「ハートが目を覚ます時(前編)」から引き続き、一般クライアントの I さんが先生から頂いた濃密なご指導と、そこから大きく変容してきた I さんのことを書いていきたいと思います。

7年ぶりにセミナーに参加した I さんは、これまで長年想いながらも進まない恋愛や、男性に対していつも出てしまう自分のパターンをご相談しようと話しはじめました。
先生はそんな I さんに、次に進むということができない執着のパターンがあることを話されました。また先生は、多くの女性が愚かにも陥ってしまう「王子様願望」についても、例え話や笑いをまじえて話され、他の女性参加者や私自身も、耳が痛く心当たりがあり過ぎて笑うしか無いような、沢山のご指導がありました。

そして先生は I さんに、「あなたは年齢よりずっと若く見えて本当に可愛らしいし、これから自分の在り方を変えていけば、もっといくらでも素敵な恋愛ができるはず。カルマと向き合うのは、あくまでも表現と行動をもって現実を変えていくことが前提であって、自分の世界にこもって内観日記を書くためじゃない。あなたがこれから変わっていくためには、不要なものを捨てて、日々輝いている自分に近づくために必要な要素を育てていくことが必要です」と仰いました。

I さんは、思いがけず先生に「若く見えるし可愛らしい」と褒めて頂いた嬉しさに舞い上がりつつ、これまでの恋愛が執着だったことや、自分の思い込みがガラガラと崩れていくことに放心した様子でした。ご指導を聞きながら、「そうなんだ‥、でも、本当にそうだと思います」と何度も言葉にしていました。

先生はそこから、本来光っているスピリットが、カルマまみれの人間界に転生をした後、カルマの引力に逆らって輝きを放つのがどれほど大変かということを、I さんにこのようにお話しされました。
自分がいちスピリットとして人間に転生しているっていうのはわかるよね? スピリット自体は純粋なものだから、野原に咲いているような小さな花も、バラや蘭のようなゴージャスな花もみんな美しいのと同じように、どのスピリットももともとは光っているんです。そのスピリットが人間界に転生する理由は、美や愛に完全に反しているカルマまみれの人間界で如何に光るか、ドブ底のような場所で如何に輝きを放つか、全転生においてこの勝負をするために生まれてくるんです。
基本的にカルマは形状記憶していて元に戻ろうとするから、一年かけてすごく頑張って確実に成長したと思えたとしても、何かの出来事をきっかけにほんの一週間で元に戻ってしまう、それくらいカルマの引力は強いもの。だから、自分を磨くことに人生を捧げるようにして努力した人しか輝けない。今のあなたのスタンスだと、過去や感情に囚われているうちにあっという間に人生が終わってしまいます。
輝いている将来の自分のイメージをはっきり持ったら、如何にこれまでとは違う新しい選択を日々し続けられるか。これを毎日、5年10年と続けたら、その時あなたは輝いているはずです


このような濃密なご指導を頂いた I さんは、今まで感じたことが無いような、ハートや頭のてっぺんが活性化する感覚を味わいながら、セミナー後の日々を過ごしました。
そしてある日、I さんはこんな鮮烈な体験をしたと話してくれました。
職場にツバメの巣がつくられて、生まれたばかりの赤ちゃんツバメたちが激しく泣き叫んでいるのを聞きながら仕事をしていたとき、ふとその叫びが、私のハートに直接響いてきたのです。私はびっくりして感動しました。そして、思わずその場にあったメモ用紙に『命の鼓動、命そのもの』と、書きなぐりました。
ところがさらに驚くことがありました。その日の帰りの電車で、セミナーの録音を聴きはじめたところ、今度はお話しされている伊藤先生の声が、ツバメの赤ちゃんの声と全く同じように、ハートに直に響いてきたのです。その時、先生ご自身が、命そのものであり、純粋さそのものなんだと感じました


I さんは、セミナーで教えて頂いた先生のご指導はもちろん、この鮮烈な体感が何より大事なものだと感じて、録音を聞き返しながら日々取り組んでいきました。そして、I さん自身の人生に、生まれて初めて根本的なリセットがかかっていくのを感じたそうです。

それは、「運命を感じて一方的に恋した男性への数年にわたる執着を吹っ飛ばし、これまで2年間口だけで先伸ばしにしていた独り暮らしを実行させ、40年変わらなかった家族との関係がこれまでと違う行動をしたことで新しいものに変わり始めた、それほどの力があるものでした」と話す I さんの言葉から、このことが I さんにとってどれほど大きなことだったかを感じます。

こういったことを、I さんは2ヶ月後のセミナーで伊藤先生にご報告しました。
先生はそんな I さんに、「何年かぶりに現れた1回のセミナーで輪廻のリセットが入るなんて、すごいことだね。おめでとう」と仰ってくださいました。それと同時に、「果たしてこの先、1年後2年後、5年後10年後、それをどれだけ守れるかっていったらなかなか難しい。『リセットがかかった』と言っても、『なんか気がついたらもとに戻ってた!』っていう可能性のほうが充分に高いですよ。よっぽど毎日自分と戦い続けて、毎日毎日『先生とツバメ』を選び続けないとね」とも仰いました。

I さんはご指導を受けて、伊藤先生への感謝や、衝撃、感動のほかに、果たして自分にそんなことができるのか、という恐れが出るのを感じながらも、今の気持ちをこのように語っています。

ここまで来たら、未知の世界に向かって進み続けるしかありません。『カルマの強力な力に逆らって新しい選択をし続ける。それを毎日、5年10年続けて初めて私は輝くことができる。今までと同じようにやっていても何も変わらない』ということを、7年振りに受講させていただいたセミナーで私は、伊藤先生に教えて頂きました。
それを実行し続けることが、今までに頂いたご恩を無駄にしないことであり、私のスピリットの望みなのだと感じています


私は、セミナーを受けてからの I さんが、これまでとは別人のようにキラキラしている様子を目の当たりにして、感動しています。人はここまで変われるんだと I さんは体現してくれました。新たに始まった I さんのチャレンジを、これからも応援し続けたいです。

高橋 さやか
ライブセミナー | Comments(-)