FC2ブログ

トップページへ

仲間に委ね、甘える・・by 俊哉

甘やかすことと、許すことの違い

こんにちは。佐藤俊哉です。
私は、伊藤先生のご著書に出会い、先生のご指導のもと、アースカレッジ(旧リラ・アカデミー)で学び、早いものでこの4月で7年目になります。
「小さいおじさん、還暦を迎える!」で書かれているように、最初は、人とコミュニケーションが噛み合わないところから、先生のご指導のもと、仲間とまみれながら、還暦のお祝いをしてもらえるところまで、変容することができました。

そして、12月の3daysを経て、殻を破るところまではよかったのですが、その後、私の根本的な問題の一つである、自分の世界に籠りがちで、自分のことにしか関心が持てないという問題が露呈し、そのことを直視して向き合うということができず、ただただ落ち込むだけの日々が3か月以上も続きました。

その間仲間は、個々にブログに思うことを綴り、それにより日々成長していく姿を見るにつけ、何も進展しない私は、「みんなについていけない」、「自分一人だけ落ちこぼれている」と劣等感にさいなまれました。これまで幾度となくこういった頭打ちの状態を経験し、それでも「頭を打ち続ければ、いつかどこかにひびが入る」と先生から教えていただいて、とにかくこれまでと違う何かをして頭を打ち続けることで、状況を打破してきた私ですが、今回ばかりは、どんなに打ち続けても、一向になんの兆しを感じられず、どうしたらいいのかもがき苦しむ、いわゆるどん底の日々が続きました。

先生には、自分の変化を何もお伝えすることはできませんでしたが、せめて今の自分の思いだけでもと、4月のグループセッションの時に、「ここから、立て直していきたいと思っています」とお伝えしました。すると先生は、「今のあなたが立て直していくということが、しっくりこない。私自身、過去にどん底にいた時のことを思うと、ただその中に身を置いて、その中で感情を味わい尽くすところにいた。そして、どれだけ周りの人に支えられたんだろうと思うくらい、周りの人に甘えていた。ただただ身を委ねていた」と、仰ったのです。

先生のお言葉を聞いて、その時の私は、今はそうする以外にないと感じ、とても救われる思いでした。実際、4月のコースでは、仲間に甘えさせてもらいました。いつものように、何か発言をしないといけないのでは、誰かと話しをしないといけないのではと思ってしまいましたが、そうではなく、ただただ自分がしたいようにさせてもらいました。それは、とても楽な気持ちなのですが、どこか居心地の悪い、落ち着かない感じでもいました。

ですが、仲間はというと、誰一人私を非難することもなく、いつものように接してくれました。自由にしている私を、受け入れてもらえていると、とても温かく感じました。仲間がこれまで以上に近く、本当にありがたい存在だと感じました。

そんなことを体感した後、日常でも「何かをやらないといけない」という思いから解放され、肩の力が抜け、ありのままの自分で、時間さえも自然に流れていく感じでした。
個人ブログも、本来ならば1日1時間時間を作って、その日1日を振り返ることをしていくところなのですが、私は、書きたいときに、書きたいことを書くというように、思うままに過ごしていきました。

それはどこまでも自然体な自分の姿なのですが、一方で子供の頃からの「やると言われたことは、きちんとやらないといけない」という優等生の思いから、自分だけが毎日ブログを書いていないことが、どこか怠けているように感じ、罪悪感を覚えていました。
そのことを仲間に相談しても、「別に、本当に書きたいと思うのでなければ、書かなくてもいいんじゃない?」と、言ってもらって安心はするのですが、どこか引け目を感じていました。

私は、ただ自分を甘やかしているだけなのではないかと感じ、自分に甘いことと、そんな自分を許すこととの違いについて、今月のセッションで先生にお聞きしました。すると先生は、「それを聞いてまず、有言実行ということが出てくる。あなたにとって、有言実行を果たすために必要なブレイクであれば、それは自分に許すことだし、そうではなくて、ここからフェードアウトさせるだけのものであれば、それは甘やかしていることになる。私自身はこれまで有言実行を貫いてきた。だから、どこをとっても、私自身に対して甘やかしたという感覚はないんです。もしかしたら、過去生なんかで自分の子供を甘やかして育てたことがあったかもしれない。でも、それ以降はその子の問題で、自分は愛されたと、大事にされたと糧にして役立たせるか、そうではなくて、甘やかされたことで堕落し腐っていくのかは、その人の問題なのです」と教えてくださいました。

それをお聞きして、すべては私が今の状態からどうするのか、今の状態から結果として何を生みだすのか、それだけだと思いました。そう思うと、今の私がたとえどんな状態であれ肯定できる感覚と、さらに、今ある状態が、自分にとってどうしても必要な通過点だと、今の自分の在り方を許せる感覚になりました。
ここから、私がどんな結果を出すかが問題であり、今の状態が問題なのではないことが分かりました。

つまりはここから、自分がどうしていくかだと思っています。先生に教えていただいて、しっかりとした意識になりました。頭打ちを脱するためにという言葉も、今はしっくりきません。どれだけ時間がかかるのかもわかりません。ただ私が、諦めることなくこの先に向かうんだという気持ちだけは確かに感じています。今に身を委ねて、これまでしてきたように頭を打っていきたい、このことを噛みしめています。


佐藤俊哉
コース生 | Comments(-)