FC2ブログ

トップページへ

人格統合が起こす奇跡・・by 谷川

チャイルドと共に

こんにちは。谷川です。
すっかり暖かくなって、桜が綺麗に咲き始めましたね。

IMG_0735.jpg

私はこの時期はうきうきしてしまいます。
私のインナーチャイルドである「てつ」が植物を大好きなので、花を見つけては大喜びするからです。

今回は前回に引き続き、てつの変化と伊藤先生からの新たなご指導についてお伝えしたいと思います。

前回、てつが不安になることが無くなり、私の心を温めてくれる存在になったことをお伝えしました。それから私はてつといつも楽しく会話していたのですが、ある日急にてつが話さなくなったのです。てつは私の胸の中でぎゅっと丸くなり、すやすやと寝ているようでした。身体も以前よりも小さくなり、クリスタルのような美しい光を放つようになっていたのです。

不思議な変化でしたが、この子は何か変わろうとしているんだ、と思ってそのまま様子をみました。するとてつはさらに小さくなって、私の下腹部へと移って眠るようになり、それがしばらく続いた後、いつの間にか再び私の胸の中に戻っていました。
私がケアし続けた事でこの子は私をお母さんと思い、私の子供として生まれ直そうとしてくれているのだな、ということだけが分かりました。

眠っているてつの背中を撫でると、背中に羽のようなものが生えているのが分かります。伊藤先生は、『人格統合vol.1』でご自身のチャイルドが、徹底的にケアをし続けてきたことで、先生を守る天使となって生まれ変わったことを書いていらっしゃいます。この子もそれを目指しているんだな、と思うとさらに愛おしさが湧いてきて、私はいつもいつもてつの背中を撫でるようになりました。

そんな時期にセミナーで、先生からびっくりするようなご指導がありました。
先生は、私が「涼子」としてずっと人格統合を進めており、1年以上にわたり積み上げ成長していること、「涼子」が出ていると以前のように物事を軽く捉える癖や、プライド的な部分が出てこないことを評価され、「涼子」と「てつ」だけで生きることをご指導されたのです。

それは先生が、「プライド人格としてカルマを選択する生き方を続けた結果、魂のブループリントと共にその人のスピリットが消失する」 という例をいくつも目の当たりにされたことからのご指導でした。
それならばその逆もあるのではないか、つまり純度が高い生まれたばかりの「涼子」とチャイルドの「てつ」の二人だけで今後生きて行くことにより、プライド人格が消滅することがあり得るのではないか、と仰ったのです。

先生は「涼子の場合、生まれて1年という未熟さから起こる問題点はつきまとうけれども、プライドカルマを1から清算していくよりもずっと現実的に思える」とも仰いました。

私はその場で躊躇無く「もしそのような事が出来るのであれば、そうしたいです」と答えました。決して簡単なことではないかもしれませんが、愚かで醜いプライド人格を変えて行くことがどうしてもできず頭打ちしてきた私にとって、それが叶うのならばこれほど望ましいことは無いと思えたからです。

それ以来、私は「涼子」と「てつ」だけで生きよう、と決めました。「他にも一緒に連れて行きたいと思う人格がいるならば、連れて行ってもいいけど」と先生は仰いましたが、私は「てつだけでいいです」と答えました。
ずっとプライド人格に屈し同化してきた他の人格を連れて行く気にはなれませんでしたし、私にはてつから与えてもらえるものだけで、十分に思えました。

今、過去の私を知る人達に久しぶりに会うと「まるで別人だ」と驚かれるほど、外見も中身も変わりました。会ってもすぐには分かってもらえず、話していても雰囲気が前よりずっと柔らかくなったと言われます。最近では自分の性別が男なのか女なのかも分からなくなってきましたが、女性らしい自分もしっくりきていて、それもいいな、と思っています。これらの変化はまさに、先生が生み出された「人格統合」が起こした奇跡です。

私とてつが今後どうなっていくのはまだ分かりません。ですが、先生が示して下さるこの道が愛へと向かっていく道だということはよく分かっています。てつはいつか目覚め、私を守り、導いてくれる存在になっていくのでしょう。
私も日々成長を続け、いつかてつとともに本当に愛を示すことが出来るような人間になっていきたいと願っています。

谷川 徹也

コース生 | Comments(-)