FC2ブログ

トップページへ

親の役割 VOL.1 ・・ by 泉

“経験”というギフト

こんにちは、泉です。梅雨入りが宣言されましたね。
新型コロナウイルスの影響による様々な現実に向き合っている最中にも、季節は確実に巡っていくことを感じています。

今日は、子育てについての話題をご紹介したいと思います。
現在私は母親になって9年目ですが、長女が生まれた頃は、娘の事が可愛いと思えない事があったり、どう接したらよいのか全く分からなくて悩んだりと、壁にぶつかることの連続でした。
その都度、伊藤先生に子育てについての様々な質問をさせて頂いて、先生は様々な角度から、親子関係についてたくさんのご指導を下さって来ました。
そのお陰で現在では、母親としてずいぶんたくましく成長させて頂きました。もちろん今も試行錯誤の毎日なのですが、子供達から与えられる喜びの大きさに、日々支えられています。

先月の伊藤先生のグループセッションでは、コース生の「彩さん」が中学生の娘さんについてご相談をしました。そこで先生がご指導されたことがとても強く私の心に残っており、そのことについて、ご紹介したいと思います。

彩さんは、中学生になる娘さんと旦那さんとの3人暮らしです。
彩さんは以前、旦那さんの言動にどうしてもイラっとしてしまい、不満を爆発させることが止められない事に悩んでいましたが、先生はそんな彩さんに、問題は相手ではなく彩さん自身にあるということをご指摘され、彩さんはそこから時間をかけて自分に向き合ってきました。
彩さんは、自分の問題を棚上げして相手を責めていた自分の悪妻ぶりを直視することで、それでもずっと共にいてくれた旦那さんへの感謝や愛情が湧いて、大きく意識が変わりました。そして、旦那さんに対して心から謝罪をし、夫婦でお互いの本心を伝えあうような、今までにない温かい気持ちを育める関係性に、変容を遂げてきました。

そんな彩さんは、中学生の娘さんととても仲良しです。ですが、そろそろ娘さんが親離れしていく時期に入っているにも関わらず、一向に子離れが出来ない、という新たな課題が浮上しています。子供に依存してしまう自分の在り方を変えたいと、先生にご相談しながら努力している最中です。

彩さんはグループセッションのなかで、娘さんと自分自身を同一化してしまいがちだという事を先生にお伝えしました。そして娘さんの習い事に関して、その傾向が如実に表れていたのです。

「娘には、小さい頃から様々な習い事をさせて来ました。娘が何かを達成すると、あたかも自分自身が達成したかのような感覚になっていたんです」と話す彩さん。
彩さん自身は3月生まれだったこともあり、幼少期は周囲に付いていくのに必死だったため、自己卑下のパターンを大きく抱えている背景があります。そんな彩さんが娘さんを育てる中での感覚を、更に先生にこうお伝えしました。
「自分がやり遂げられなかったことを、娘の人生に乗せてやり直している感覚があるんです。娘が皆に置いていかれないように、困らないようにという思いが強くありました」

それを聞いた伊藤先生は、彩さんにこのようにお話されました。

「子供に可能性を与えるという意味では、行為として悪いことではないですが、問題はそこにある『想い』ですね。親のリベンジのために、子供の人生があるわけがないのです。
もし私に子供がいてお金があったら、きっと色々なことをやらせると思いますし、子供が欲しがる物は出来るだけ与えたい。なぜかというと、その子が何にときめくのか、何が得意なのかを、親として見極めたいからです。
習い事についても同じで、本人が興味を持てば触れさせてやりたいですし、やり始めてから不向きだったことがわかる場合もあるでしょうから、とにかく色々な事を体験させますね」


私も以前に、娘の習い事について先生から教えていただいた事があったので、娘が興味を持ち意欲がある事には、可能な限りチャレンジさせてきました。そのなかで今も続いている習い事はたった1つですが、本人が納得して自然と続いている様子を見守っています。

私は、先生からこのように教えていただく前は、「習い事は続けることが大切」という一般的な考えに疑問を持ちませんでした。でも今では、娘が本当に好きで続けたいと思うことは自然と続いていると感じますし、もし私が親として無理強いをしてしまっていたら、こうはならなかったと感じています。そんな実感の中で彩さんへの先生のご指導をお聞きした私は改めて、これからも親として、子供達に色々な経験を与えてあげたいし触れさせてあげたいと、強く思いました。

続けて伊藤先生は、親としての大切な在り方について、お話をして下さいました。私はそのお話を伺い、残りの人生において子育てにおける座右の銘にしようと心に決めたのです。

そのお話の内容については、次の記事でご紹介したいと思います。

  IMG_1524(1).jpg

我が家の娘のお稽古バッグです。ピアノの楽譜、歌の楽譜、英会話テキストなど、その時々で様々な教材が入っていました。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)