FC2ブログ

トップページへ

親としての在り方 ・・ by 泉

ともに乗り越えて行く

こんにちは、泉です。
前回の記事(→「娘の登校しぶり」)では、当時、小学校3年生になったタイミングで転校した私の娘が、3ヶ月後に登校しぶりになった事を、伊藤先生にご相談した事を紹介しました。今日はその際に、先生が親としての在り方や子供と対する時のスタンスについてお話し下さった、とても大きく私の心に残っていることを書きたいと思います。

先生は、私と一緒の登校に慣れてきた娘に対して、私が「今日は一人で行ってね」と、突き放すエネルギーで伝えたことを、それは良くないねと仰り、そこから更に、先生のお母様のエピソードをお話し下さいました。

「小さい頃に母が私と遊んでくれた時、嫌な顔をしたとか、もういい加減終わろうよというような空気を感じたことがないという話を数年前に私がした時、それを聞いたほとんどの人が、お母さんと遊んでいても、まだやるの? といううんざりした空気を感じていたと言った。お母さんは無理して遊んでくれている、お父さんは無理してどこかへ連れて行ってくれているみたいなことを、子供がずっと肌で感じながら、親に遠慮したり顔色を伺ったりして、あ、そろそろ止めなきゃいけないのかなとか、自分ってお母さんにとってうざい存在なんだと、そういう気持ちが子供の心に幾重にも蓄積されてきているんだってことが、それぞれの話しから明るみに出たことがあったんです。
私は思春期には荒れに荒れたし、最終的に母親と絶縁したくらいだからとても苦しい思いもしたけれど、幼少期に両親が私のことを何よりも優先にして大切に育ててくれたベースがあったからこそ、今の私があるのだと思います」


と話されたあと、先生は私にこう仰いました。

「そういう意味でいうとあなたのアプローチは、『イヤイヤ遊んでくれているお母さん』と一緒なのよ。私が小学生のころ、鉄棒の逆上がりがなかなか出来なかった時に、当時ラーメン屋を営んでいた母が、店を閉めた後の夜8時半とか9時とかに私と一緒に学校まで暗闇のなか歩いていって、誰もいない夜中の校庭で、何度も何度も母が私の足を持ち上げてくれて、ひとりで逆上がりが出来るようになるまで一緒に通ってくれたことがあった。そういう時も母は嫌な顔などしたことはなく、娘と一緒に楽しみながら頑張ってるって感じでした。
うちの母からは、私が一人っ子だったから、とにかく自分が私にとって姉妹やお友達のような存在であるべきだと思って私を育てたという話を何度か聞かされましたね。オセロとかトランプとか、新しいおもちゃを買って来て組み立てるとか、何かを始める時には何でも一緒にやってくれたんだけれど、いつでも私と同じくらい楽しそうだった。
多分そういうときは、母のチャイルド人格が出ていて、私の2歳差くらいの姉妹か同じ年のお友達感覚で、自然とやれていたんだろうね。子育てをするときに、母親として一番大事なことだと思います。
そう思うと今のあなたは、娘と一緒にこの試練を乗り越えようっていうスタンスじゃないよね。付き合ってはあげるけど、ママだって忙しいんだから早く自分でできるようになってよね、っていうスタンス。出来る範囲でやってあげる、でもちょっと今日は勘弁して欲しい、みたいなスタンスなのよ。それを娘は日々、あなたのそういう思いをエネルギーとして浴びている。そういう経験を繰り返しすることによって、子供のハートは純度を落としていくんです」


こうお伝え頂いた私は、先生の幼少期と当時のお母様の姿が目に浮かぶようで、心の底から、「私もそうして欲しかった、とても羨ましい」という気持ちが湧いていてくるのを感じ、自分の幼少期のことを思い出しました。

私の実家は自営業を営んでいたため、母はいつも忙しく働いていました。それが理由にはなりませんが、母と一緒に遊んでもらったという記憶がほとんどありません。母は、おもちゃを買ってくれたり、勉強する環境を整えてはくれました。でも私には、母が一緒に何かをしてくれたというより、自分で遊んでね、一人でお勉強してね、お姉ちゃんと遊んでねと、「自分で」「自分達で出来るよね」と、距離のある場所から、物質的な物だけが与えられていた感覚が、寂しさとともに残っています。私は、自分がされて寂しかったのに、いま娘に同じ事をしてしまっているのだという事に気が付きました。

また、私がうつ病になったことはこちらで何度かお伝えしていますが(→「伊藤先生との出会い」「他人軸から自分軸への転換」)、病気になった私に対する当時の母の対応も、その延長線上でした。体調を崩したきっかけを「仕事のストレス」「食生活の乱れ」「環境や何かのせい」等、核心からそれた事柄に原因を見出そうとする母の姿に、「そうじゃないのに」と、私の心は固まるだけでした。
当時の母なりの精一杯だったのかもしれませんし、病院でお会いする患者さんの親御さんにも同様の反応をする方がいらっしゃいます。しかし私は当時、もっと共に辛さを感じて欲しかったし、気持ちに寄り添って欲しかったし、共に乗り越えようとして欲しかったのだという思いが、年月を超えて湧き出てくるのを感じました。

自分がそうされて寂しかったのに、同じことを娘に向けてしまっている事に気付いた私は、「自分の在り方を改めたい。娘にとって、苦労や困難を共に乗り越えていくような、愛情をもった母親でありたい」と、先生のお話しを伺いながら、強くそう思ったのでした。

次の記事では、先生に示して頂いた具体的な娘への接し方と、その後の私の行動の変化によって娘が学校にスムーズに行けるようになるまでの経過について、お伝えしたいと思います。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)