FC2ブログ

トップページへ

命の教育(前編)・・by 恵子

命に大きいも小さいもない

こんにちは。認定ティーチャーの高橋恵子です。
あちらこちらで紅葉が見頃となっていますね。

20201119_abb.jpg

私の住んでいる近所の公園でも、銀杏の木が鮮やかに色付き、目を楽しませてくれています。秋の晴天と、黄金色の銀杏。自然が奏でる美しいアートに、心洗われます。

私には3人の子どもがいます。現在上から14歳長女、12歳次女、8歳長男を育ててきた私ですが、それぞれ個性が違い、感情豊かな子ども達との関わりは、いつも新鮮な感動と、時には葛藤の連続です。
先日、子どもの教育について、とても大事なことを伊藤先生から教えていただきました。そのことを今回皆さんにシェアしたいと思います。

私は4年程前から、地元の保育園で保育補助の仕事をしています。これまで主に、2、3歳の乳幼児のクラスを担当させて頂いてきました。
その年頃の子ども達は好奇心旺盛で、外遊びの時には、ダンゴムシやアリなどの虫達に興味津々です。ですが、多くの乳幼児にとって虫達の存在は、動く「おもちゃ」と同じで、指で潰してみたり、踏んでみたりと、乱暴に扱ってしまいがちです。

私は、その様子を見ながら、葛藤していました。ただ「可哀想だからいけないよ」と頭ごなしに咎めるのは、何か違うような気がしました。かといって、「もう少し優しくね、柔らかいからすぐに潰れてしまうんだよ」とその場で教えても、ただ表面的に言い聞かせているだけのように感じて、それも何か違うという自分への違和感が拭えずにいたのです。

そんなある日、伊藤先生がグループセッションのなかで、コース生の彩(あや)さんに、虫の命についてお話しされたことがありました。それは、彩さんが小さい頃に、ダンゴムシをたくさん集めてきて、おもちゃのフライパンに入れて炒める真似をして遊んでいた、というエピソードを話した際に、先生が仰ったことでした。

「子どもは誰もがそうやって虫を虐めたり、殺してしまったりするんだよね。子どもの時の可愛いエピソードだなあとも思うけれど、ダンゴムシがなぜあんなふうに丸まるかというと、恐怖心があるからで、それを大人になった今も、ただ『楽しかった出来事』と思っていてはいけないよね。
私も子どもの頃は、アリの巣を潰したり、アリを殺したりしたけど、本当に酷い事をしていたなと思います。だから今は、困っている虫がいると助けるんです。そうすると彼らは『ありがとう』というメッセージを送ってきますよ。話しかけると、ちゃんと聞いているんだなと感じる。
虫は、動物より一見無感情で無機質なものに見えるけど、ちゃんと心がある。生きているということは、最低限、痛い、怖い、と感じるということだし、生きようとするということは、死にたくないということ。虫を侮ってはいけないですよ。彼らは当然のことながら自然の一部であって、神々の使い手としてメッセージを運んでくることもある。命に大きいも小さいもないんです。あなたは今、娘を持つお母さんなのだから、こういったことも子どもに教えていってあげないとね」


先生の、小さい命である虫達への視点と、命に大小はないのだというお話をお聞きして、私はとても心動きました。同時に、私自身の子ども達に対しての表面的な対応と、その違和感を、よりはっきりと感じたのです。

ちょうど時を同じくして、小学校3年生の息子と、こういう出来事がありました。
庭で一緒に遊んでいた時に、虫眼鏡で枯れ葉を焼くことに夢中になっていた息子が、「アリンコ焼いてみたい!」と言ったのです。
私はとっさに、「いや、それは可哀想だよね。やめようよ」と伝えました。それを聞いた息子は、きょとんとした表情をして、「可哀想だからやめた方がいいんだな」と認識をした様子でした。でも、先生が仰っていたように、小さい虫の命を大切にするという事が、息子に充分に伝わった感覚はありませんでした。どうしたら伝えられるだろうかとあれこれ話してみたものの、どれもしっくりくることはなく、もどかしさが募りました。

そして私は、翌月のグループセッションで、伊藤先生にこのことをお話し「子ども達にどう伝えたら良いのでしょうか。先生ならどう教育されますか?」とお聞きしました。そのご指導を聞いた私は、自分の頭のなかにあった四角四面の枠が取り払われていくような感覚を受けました。
次の記事では、先生がご指導下さったことと、そこから私が感じたことを書いていきたいと思います。

高橋 恵子
コース生 | Comments(-)