fc2ブログ

トップページへ

人格統合、さらなるステージへ・・by 高橋

密着取材でズームイン!

こんにちは。リーダー養成コース生の高橋恵子です。

7月のライブセミナーでは、伊藤先生から、主人格についてのご講義があり、参加者全員にかつてない意識のシフトが起こりました。主人格を自覚することで、自然と人格統合が促され、展開していくことが分かり、全員が確実に変化を実感しているなか、8月に開催された『人格統合強化セミナー』では、さらに私達の人格統合に、これまでにない進展がありました。

私達は、『人格統合vol.1』に書かれているような宇宙的スケールの人格統合に憧れながらも、いつまで経っても4畳半一間のなかでごちゃごちゃ人格統合をやっているようなレベルから脱することができずにいました。

今回のセミナーでは、いかにして伊藤先生の人格統合に近づけるのかをテーマとして、何も糸口のない状態から、伊藤先生が一日かけて道を示して下さいました。

セミナー当日、伊藤先生はまず、私達が実際にどのように人格を捉え、内側でどんな世界を見ているのか、一人ひとりに聞いていかれました。

全人格、もしくは数人の人格が同じ家に住んでいる人。ヴィジョンが見えず、人格の存在だけ感じられる人。なかには、数年間取り組んできながら、4畳半どころか、人格達がずっとゴザ一枚のうえで会話をしているという参加者もいて、「あなた、そんなところでずっとやってたの?!」と、伊藤先生もびっくり仰天され、会場が笑いの渦に包まれる場面もありました。

主人格を自覚できるようになって以降、それぞれ進展している様子はあるものの、誰もがショボい人格統合から抜けられずにいることが、ここでも明らかになりました。

私自身は、全人格が同じ家に住んでいて、主人格を捉えられるようになってからは、1人の人格が突如エジプトに旅に出るという、これまでにない変化がありましたが、旅先でキャンプをしたままで止まっていました。

それに対して伊藤先生は、「人格の目線にもっとズームインして、その感覚にグッと入り込んでいくんです。例えば、人格の誰か一人が旅に出るとなれば、私なら、ドキュメンタリーの密着取材班のように毎日毎日張り付いて回る。人格のリアルな感情を共有しながら、日々追い続けることで、必ず自然と展開していくはずなんです」と話されました。

さらに、「ズームインすることで、ザワザワしたり、この先に何かハードな展開が待っているのだろうと、未知の世界の扉を前にして怖くなるような感覚がある。そこを思い切って開けるんです。そもそも人格統合は、カルマ清算を促すメソッドなわけで、カルマ清算が必要な過去生やヴィジョンなんて、ドロドロしているに決まっている。そこに飛び込む覚悟があるかどうかであり、過去にとどまって苦しんでいる自分に対してどう在りたいかと、自己愛を問われてもいる。そして、人格を動かそうという意識ではなく、人格が進化するのをただ許すように、優しく背中を押すかのような主人格の目線で見続ける。そう在れば、人格統合は自然とどんどん進展していくはずなんです」 と、先生ご自身の感覚と、私たちが捉えている感覚との違いを手繰り寄せるようにして、話されました。

それをお聞きして私は、未知の領域に足を踏み入れることへの怖さに、二の足を踏んでいたことが自覚されていきました。そして、少しずつ腹が定まっていくのが感じられました。

実際に人格にズームインして、ヴィジョンを追っていくワークでは、先生に教えていただいたように、内側の感情を感じながら、グッと人格に密着していきました。
すると、それまで感じたことのないほど、時間や時空を超えたところで、大きくヴィジョンが動き出したのです。

エジプトに旅に出て、キャンプをしていただけだった私のなかの人格が動き、大きなピラミッドの中に入っていきました。後ろも前も何も見えない暗闇のなかで、突然、様々な光景が目の前に展開していきました。過去生から何度も経験してきた宗教を通して、「闇」から逃れるように生きたいくつもの転生を、駆けめぐるように旅していたのです。 私がずっと恐れ、踏み込むことができなかった闇とは、「こうしないと地獄に落ちる」「断罪される」という、宗教による刷り込みでした。

目まぐるしく変化していくヴィジョンに圧倒されたかと思うと、また、ピラミッドのなかに戻り、フラフラと暗闇のなかを歩き出しました。そして、闇への恐怖で、次第に立ち上がることもできなくなり、自分がどうしてここにいるのかも分からなくなっていったのです。

自らの意思で踏み入った闇の中で、目的を見失い、身動きができなくなっている人格の様子は、カルマに呑まれては目的を見失ってしまう、霊的探求者としての今の自分の姿そのものでした。そのあまりの滑稽さに、私はあ然としました。

そして、私はこの闇に飛び込み、探求したいという思いを持って今生生まれてきたのだとはっきりと感じられ、どっしりと地に足が着く感覚になったのです。

セミナーを受けてからというもの、私の人格達は、これまでにないほど深い領域に踏み込んでいっているのを感じています。

激しい感情が噴き出したり、沈み込むような重さを感じたりしますが、人格達がこれからどうなっていくのか、どんなふうに統合されていくのか、奥底から探求心がかき立てられるのを感じています。

これからも、日々人格達が巻き起こすドラマに密着しながら、新たなステージにシフトし、人格統合を通じてハート力を養っていきたいと思います。


高橋 恵子
1dayセミナー | Comments(-)