fc2ブログ

トップページへ

予測不能な展開!・・by さやか

セルフイメージの大転換

谷川さんときみちゃんの面白&かっこいい写真に続いて、今回は私、高橋さやかの写真撮影の様子をお伝えしたいと思います。
早速ですが、まずはこちらをご覧ください。

th_IMG_264700resize.jpg

これは、3daysセミナー初日のテスト写真です。韓国のベテラン女優キム・ヘスさんのようなセクシーな女性をイメージし、ご指導くださった先生にも「目指すイメージに近づいてるね」と言っていただけた順調な滑り出しでした。

そして‥、

DSCresize0413700.jpg

いよいよ最終日。私は午後に予定された撮影を前に、美容院で髪を整え、衣装も用意して準備万端! さあ、ここから本番の撮影に入ります。ところが‥、


IMG_1052re.jpg    resizefitting.png
   
あ、あれっ? 韓国だったはずが、大陸を飛び越えてアフリカに向かってる?!

実は、髪形を変えたことにより分け目の薄さが目立ってしまい、なんと地肌を黒いシャドウで塗りつぶす急場策がとられ、私は申し訳ないやらいたたまれないやら‥。
これでは埒が明かないと思われた先生の頭をよぎったのが「ターバン」でした。国をも一気に飛び越える大転換に、はじめは「ええっ」と驚いた私も、鮮やかな色彩とネイティブなスタイルにテンションが上がり、「断然このほうがいいです!」と、一気に路線変更となりました。

そしてここからは、世界が一変します。
先生が誘導してくださった、予想を遥かに超える壮大なスケールと、リーダー養成コース生によって撮影された写真の数々を、厳選してご紹介します。

まず、先生が誘導してくださったのは、広大な自然のなかで風とスピリットと一体となったイメージでした。ご覧ください。

3daysst2jpg miu

これが私とは、にわかに思えないほど美しい姿です。撮影中、どこまでもクリアで澄んだ意識に入っていくのを感じていました。

続いて先生が誘導してくださったのは、赤ちゃんを抱くお母さんのように、自らを慈しみ抱きしめるような、優しく温かい母性を象徴する姿でした。
下の写真は、先生が誘導してくださる姿に近づこうと、じっと心の中にイメージを探しているところです。

P1010053 resize

先生が、こうするんだよと優しく肩に手を触れてくださった瞬間、私は、先生の手から溢れるあまりの優しさに触れ、先生がどれほど温かく愛に満ちた、美しい方かということを全身で感じました。それと同時に、いかに自分の心に愛が無く貧しい人間かということを痛感し、一瞬で心の中が真っ暗闇になったのです。そこからどうすることもできず、ただ涙が出て仕方がありませんでした。

そして一時、撮影を中断した後に、撮影されたのがこちらの写真です。

3daysst3jpg miu

大切な誰かを想って、優しく包み込むような、温かさが表現されていると思います。私には出産経験がありませんが、まさに小さな赤ちゃんを見守るお母さんのような姿です。涙を流して感情が溢れた後、肩の力が抜けて自然と湧き出してきたのがこの表情だったのです。

さらに、私のチャレンジは続きます。
次に先生が示してくださったのは、野生動物のようにワイルドで力強いまなざしの表現でした。ですが、母性の撮影のとき同様、なかなかイメージに届かないでいる私に、どれだけの時間をかけてもらったでしょうか。ようやく何かを掴んだ私を、とにかくアップで撮るように先生が指示され、みんなは私の目力をカメラに収めようと一斉に距離を詰めてかぶりつき、私もそれになんとか応えようと必死の撮影となりました。
数々の素晴らしい写真の中から、ほんのわずかしかご紹介できないのが本当に残念ですが、選び抜いた一枚がこちらです。

3daysst1jpg miu (1)

大地とともに生きた過去生を彷彿とさせる、優しさと温かさ、力強さとスピリチュアリティが同居した姿に、これが私なんだと、セルフイメージがでんぐり返るような驚きがありました。

今回、記事を書きながら、あらためて撮影のことを鮮明に思い返しています。先生の示される予測不能な展開と、決定的な瞬間を捉えたいというみんなの熱気が一体となって、熱いグルーヴの中で生み出された写真ばかりです。
私は自分の世界に籠りがちなカルマを抱えていますが、一人では決して成し得ないことを教えていただいた3daysセミナーでもありました。カルマの荒波を乗り越えるために、自分を温かく見守りながら、人と共に歩んでいきたいと気持ちを新たにしています。

ところで、これらの私のベストショット写真は、実はリーダー養成コース生の「ぶんちゃん」こと、宮地文也が撮影したものがほとんどなのです。ミラクルを起こす男、ぶんちゃんに一体なにが起きたのでしょうか? 
続きは、次回記事でお伝えします。どうぞお楽しみに!


高橋さやか
3daysセミナー | Comments(-)