トップページへ

100%全力で生きる・・by 宮地

両輪の花、満開!

さあ、3daysセミナーの興奮は、まだまだ続きます。

前回の記事にもあったように、さやかの写真撮影でベストショットをほぼ独占した私、宮地文也に3daysセミナーで何が起こったのか?

私が、なりたい自分として最初に掲げたテーマは、「アウトロー」。
地元の進学校から医学部に進み医師となった私ですが、”お医者さん”の枠から外れて、俺は俺だと主張できる自分になりたかったのです。ハードロックバンドのミュージシャンをイメージして、革ジャン・革パンに身を包み、髪もオールバックにまとめ、さあ撮影開始!

DSCF5725resize.jpg

このふてぶてしさ。なかなかいい感じ。このまま順調に撮影が進むと思いきや‥、

「面白くない‥。ぶんって、ちょい悪オヤジになりたかったんだっけ?」と、先生がぼそっと話されました。みんなが苦労している表情づくりも難なくクリアし、このまま特段のチャレンジもなく進行しそうなことを、先生はつまらなく感じたのでした。

撮影を中断し、先生が時間をかけて私から引き出してくださったのは、「自分を100%生きたい」という思いでした。そして、先生からの「ならば全力100%で生きているあなたが、これであってこそ自分だ!と思えるものは何?」との問いに、ためらいながらも泣けてきて、腹の底から絞り出すように出た言葉は‥、なんと「愛」でした。

そうです。革ジャン・革パンで悪ぶってみた私が本当になりたかったのは、実は「愛の体現者」だったのです!! 

そして、先生に「あなたが本当に愛おしいと思う存在は?」と聞かれて、即座に答えたのは「家族」でした。

bun22resize.png

そのなかでも長男が未熟児で生まれたとき、私の広げた両手に頭から足まで乗ってしまうほど小さい息子に、たとえ様のない命の重みを感じ、父親としてこの子を絶対守るのだと強く心に誓ったことを涙ながらに話しました。

bun11resize.png

それは、先生をはじめその場にいた全員が涙するほど、私の思いが100%込められた話でした。

泣き腫らした目を落ち着かせた後、愛情や温もりを表現するにあたって革ジャンを脱ぎ、あえてその日に着ていたヨレヨレのパーカーに着替えて撮影を再開しましたが、父親として家族への愛をいくら表現しようとしても、どうしてもぶすっとぶっきらぼうな表情になってしまいます。
そこで先生は、「父性がだめなら母性を表現したらどうか」と仰いました。私がこれまでに時折、女性的なやわらかい表情で笑うことに気付いていてくださったのです。グッドタイミングで、音響係の慶司が、それまでロックだったBGMを童謡に変えると、その場の雰囲気は幼稚園に一変。それまで忘れていましたが、私は実は保育士になりたかったことを思い出しました。

そこで登場したのが、先生のチャイルド人格「メイちゃん」。バイキンマンのぬいぐるみを手にして、「ぶん子せんせー、どうしてバイキンマンやっつけられないの?」「なんで? どうして?」と質問攻めに。メイちゃんからの難問にたじたじとなりながら保育園の先生になりきって答えるうちに、人を愛おしく思う気持ちが私の心のなかで、ぶわっと一気に拡がるのを感じました。そうして、私のなかの母性が十二分に引き出されたのが、この写真です。

DSC03118miu-4.jpg

自分で見ていても、にっこりと微笑みがこぼれて胸の奥から温かくなります。

そしてこの撮影後、次は一変して、男性性に属した激しい怒りの表現への挑戦です。先生は、「あなたの愛に基づく怒りは、何に対しての怒りだろうか」と問われました。しかし、はじめは何かに対して怒ろうにも、どこを探しても出てきませんでした。最終的に私のなかから出てきたものは、先生のもとで学びながら何年経ってもぱっとしない自分自身に対する猛烈な怒りでした。

DSC_0808-5.jpg

いい加減にしやがれと、自分への怒りをひたすらカメラにぶつけ…、

DSC_0772-6.jpg

腹の底から吠えて、

DSC_0833-7.jpg

吠えて、

DSC_0782-8.jpg

吠えまくり…、

そして、昨年末の記事でもご紹介した、最も票を集めた一枚に繋がったのです。

IMG_8262miu-9.jpg

たった1日、それも、ほんの1時間ちょっとの間に、自分のなかの女性性と男性性が一気に開花したことで、これまでびくともしなかった心の内側にある固い殻が割れて、ぷりっぷりのむき身の自分が出てきたような、そんな感覚を覚えました。

そして迎えた3days最終日。はじめはカメラに自信が持てず、レフ板(光を被写体に当てる装置)担当でこっそり撮影に参加していましたが、先生が誘導される言葉によって一瞬で変化するさやかの姿を目の当たりにして、これを撮らなくてどうするんだ! との強い衝動に駆られたのです。そのような衝動を感じたのは、これまで生きてきて初めてのことでした。すぐにレフ板担当を交代してもらい、そこからは夢中で、ひたすら衝動に任せてシャッターを切り続けました。そして、先生から「ぶんのカメラだけがさやかの目力を捉えてる」と評していただいたほどのベストショットを連発できたのです。

3daysセミナーの後、医師として日々仕事をするなかでも、患者さんを愛おしく思う気持ちがハートからあふれてきて、どうしたら一番その人らしく生きられるのだろうと、相手のことを自分のことのように真剣に考え、わかりやすく伝えようとする自分に変わったことを感じています。患者さんからも「身近で、なんだか柔らかい雰囲気になった」と言われるようになりました。

先生プロデュースによって満開となった男性性と女性性。これら両輪の花を手に、人を真剣に思いながら自分を生きる。そう歩んでいきたいと思います。


宮地 文也

Comment

No title
編集
ぶんちゃん、読ませてもらったよ。

ぶんちゃん自身のミラクルショット、そしてさやかの目力を捉えた撮影の裏側にはこんなエピソードがあったんだね。
記事を読みながら、ぶんちゃんの写真を見ながら、ぶんちゃんの気持ちが胸にぐっと迫って、涙が出てくる。
ぷりっぷりのぶんちゃんて、まさにそんな感じ。

引き出された先生の凄さに改めてハートが動くし、パワーが記事からも伝わって圧倒されます。

3デイズ以降ぶんちゃんがどっしりくっきりしてるの感じてるよ。
先生に咲かせてもらった、本当に素晴らしい、大きな花だね。
| 2018年02月06日(Tue) 09:21
No title
編集
ぶんちゃんにはいつも笑いで泣かされるけれど、
今回は感動で泣かされたわ・・・

息子さんのことを話していたぶんちゃん、
本当にハート100%で、もらい泣きで涙止まらなくなってしまった。

そこからのぶん子先生、
吠えるぶんちゃん、
どちらも凄く強烈にインパクト残ってる。

まさか写真撮影で人格が一人出てきてしまうなんてね!
診察も変わったと言うし、本当に大きな物を先生に頂いたよね。
頂いたものを大事にしながら、今後もお互い頑張って行こう!
| 2018年02月07日(Wed) 01:24
No title
編集
この3days、ぶんちゃんにとっても大きなターニングポイントだったんだよなって記事を読んで感じてる。
何よりも先生が引き出して下さって出てきた100%生きたいだとか、愛の体現者になりたいっていう意志がぶんちゃんの本当の姿なんだろうなって感じてるよ。
でもあの吠えっぷり!腹から、全身から出ていて、かっこよかったなぁ―!
お互いに頑張ろ!
| 2018年02月07日(Wed) 05:22
No title
編集
ぶんちゃん
息子さんが未熟児で生まれたことで、父親としてこの子を絶対に守るのだって思った事、読んで泣いたよ。
ぶんちゃんが愛の体言者になりたいって、そこから先生の引き出しによってあんなに優しい顔のぶんちゃんが写し出されて、
その数十分後に、怒りを露わにした男性性のぶんちゃんが写し出されたって、本当に魅了される。
エピソードを読んで、更に引き込まれたよ。
ぶんちゃんの魅力が十分に伝わる写真だよ。
| 2018年02月07日(Wed) 19:50
No title
編集
ぶんちゃん
ぶんちゃんと言えばお笑い!というイメージになっていたけど、3daysでイメージが一新されました。実際に雰囲気も変わったなと感じてるよ。
アウトローから母性、そして自分への怒り。
先生に引き出していただいて、こんなにも変容していくなんてすごい時間だったんだね。
どの写真もカッコいい!
| 2018年02月08日(Thu) 12:01
No title
編集
ぶんさん

先生がぶんさんの想いや、意思を引き出されてくプロセスとか、そのなかで、ぶんさんが家族のこと、息子さんのことを話した時の、あの温かい空気。

思い返すたびにこみ上げてくるし、記事を読んでまた、リアルによみがえるよ。

息子さんのこと話すぶんさんからは、温かい温かい愛が溢れてた。それに共鳴して、自分の中からも愛が引き出されていくみたいに感じてたよ。

先生の、メイちゃんとのやりとりも、本当に本当にほほ笑ましくて、タジタジになりながらも、ぶんさんの優しさがどんどん伝わってきた。

ぶんこ先生の、写真、やっぱり好きだな。見るとあたしも笑顔になる。

その後の、怒りの表現の撮影、写真見て、しびれたよね。こんなかっこよくて、芯の強いぶんさん初めて見たし、これがぶんさんの本質なんだなって。

長くグダグダし続けてきながら、ひたすらひたすら積み上げてきたのは、だからこそなんだなって思ったよ。

この間、愛らしさや、あまりの面白さにミラクルを起こしてきたぶんさんだったけど、

どこまで魅力が引き出されていくんだ!って思うし、それを埋もれさせないでほしいなと思ってる。
| 2018年02月08日(Thu) 19:08
No title
編集
ぶんちゃんは、ボヤーっとしているかと思うと、全員笑いをこらえられないほどの大爆笑を誘うし、全員が泣いてしまうエピソードが出てきたり‥、本当に謎が多いよ!

今回、先生がはじめから鋭くメスを入れていかれて、革ジャン野郎だったはずが、メイちゃんとぶん子先生がお話をしていく流れに突入していくなんて想像も出来なくて、衝撃だった。先生が、主人格の目線でご覧になると、こうなっていくのかと、あらためて驚きと感動で一杯だった撮影だったよ。
| 2018年02月08日(Thu) 19:17
No title
編集
ぶんさん
こうして撮影の場面が記事になると、ベストショットに選ばれた写真の迫力が、さらに伝わってくるね!
生まれたての息子さんをぶんさんが両手に抱いたのエピソードは、いまだに涙がにじんでくるよ。。
女性性も男性性も、先生プロデュースでここまで引き出されるんだって本当にすごい。先生のメイちゃんの天真爛漫な可愛さと、ぶん子先生のタジタジ加減もすごい微笑ましい時間だったよね。
| 2018年02月08日(Thu) 20:06
No title
編集
ぶんちゃん
革ジャン、革パン、オールバックで悪そうだったはずが、こんな温かいぶんちゃんになってるとは!と、ちょっと驚いたよ。
ぶん子先生の写真、見ているとじんわり温かい気持ちになってくるね。

愛情あふれる女性性から一転、怒りを表す男性性のぶんちゃんはカッコイイ!
女性性も男性性も先生プロデュースで満開になってるのが、写真から伝わってくるよ。

先生に引き出していただいた両輪の花と、あとお笑い道と、いろんな魅力が詰まってるね!

| 2018年02月08日(Thu) 23:53
No title
編集
ぶんさんのかっこいい写真、そして優しさと温かさが滲み出ている写真、裏にはそんなストーリーがあったんですね。

表面的なものではない、先生が引き出されたことで、
内側から溢れるものが写しだされているからこそ、惹き付けてやまない写真なんだと改めて思うし、満開って凄いことと思う。

記事をありがとう。
| 2018年02月09日(Fri) 00:58
No title
編集
ぶんちゃん

先生がぶんちゃんのこと、役者顔だって何度もおっしゃったこと、ファインダー越しに本当にそうだなって思ったよ。
同時に、先生がつまらないとおっしゃったことも、確かにーって。

そこから、男性性と女性性の両方の撮影になるとは!

先生に引き出される中で、家族の話をしていたぶんちゃんは、愛に満ちていて、こうして記事で読ませてもらって、あの時間が蘇ってこみ上げてくる。
そして怒りを表現していたぶんちゃんには、「おお!」と一瞬たじろぐほどの迫力があって、ぶんちゃんの本質を感じたよ。

3days後からのぶんちゃんは、一皮も二皮もむけた感じで、これまでのこと思うと本当に凄いことにだなって感じているよ。
| 2018年02月09日(Fri) 07:28
No title
編集
ぶんさん、記事を読ませてもらいました。

ぶんさんの撮影の日のことはある程度聞いていましたが、記事を読んでその深いところを知る思いです。

生まれてきた息子さんへの思い、命の尊さ。
写真の表情の優しさ、穏やかさ。
女性性特有の包容力を感じます。

そこから一転して怒りの表情。
それも自分に対する怒り。
私も常に持っていたいものだと強く思いました。

そして、撮影することから導き出された相手を思う気持ち。

これらどれをとっても伊藤先生が引き出してくださったものであり、実感としてその人に教えてくださったものだと感じました。
3daysという日が、時間が、どのようなものだったのか改めて伝わってきました。

| 2018年02月09日(Fri) 22:07












非公開コメントにする