FC2ブログ

トップページへ

チャイルド人格ケアセミナー開催のお知らせ・・by 依田

叡智に最も近い存在

こんにちは、認定コンサルタントの依田です。
本日は、4月8日(日)開催予定の、1dayセミナーについてお知らせします。
今回は「チャイルド人格ケアセミナー」が開催されます。

伊藤先生は常々、私たちのインナーチャイルド、つまりは人格統合におけるチャイルド人格の存在の重要性を、繰り返し深く教えてくださいます。
そして、チャイルドケアがどれほど大切かを伊藤先生が長年言われてきたなかで、それでもコース生たちからチャイルドとの関わりの希薄さを感じることや、アプローチが手薄である様子を伊藤先生は常日頃から感じてこられました。

伊藤先生はよく、ご自身が昔どれほど子供嫌いでいらっしゃったかを語られますが、そんな子供嫌いな方が「一体なにからどうしたらいいんだ‥!」と頭を抱えながらも、なによりも先に徹底的に取り組まれたのがチャイルド人格のケアです。

伊藤先生はご著書「人格統合」のなかでも、ご自身の経験を綴られながら、チャイルド人格の存在について以下のように語られています。

三つ子の魂百までということわざがあるが、三歳以下の分裂人格を満たし、正常化させるということは、人間としてこの物質界に自分が存在することへの安心感や自己受容が確立されるため、日常での在り方や精神状態に、驚くほどの安定感がもたらされる
幼少期の分裂人格は、出来るだけ早期にケアすることを勧めている。幼少期の分裂人格は、メンタルや感情、ハート、コミュニケーション能力など、すべてにおいての基盤を司るため、ここを初期段階でしっかりと正常化させることで、その後の人格統合がスムーズに進められる
(「人格統合VOL.1」 P128より)

チャイルド人格を放置したまま思春期以降の分裂人格をケアしても、それは、ぬかるみの上に家を建てるようなものである。基本的にチャイルド人格たちは、アダルト人格たちのインナーチャイルドにあたる
(「人格統合VOL.2」P253より)

つまり、チャイルド人格に対して、チャイルドなんてこんなもんでいいだろうと適当にケアして、それでよしとしておくことは、自分の一番大事な本質をないがしろにして生きているようなものであり、その人の生き方や人生を決定づけることなのだと伊藤先生は言われます。
そして、チャイルド人格は叡智やスピリットに最も近い存在であり、私たちのカルマパターンの発生源でもあるということ。そのチャイルドを私たちがどう扱っていくか、そしてチャイルドのなかに陰陽法則や叡智、真理といったものをいかに見いだしていくかということが、私たちが統合に向かい、霊的成長を遂げるための要であると仰います。

伊藤先生のもとにたどり着いて7年になる私ですが、もともとチャイルド人格のケアが相当苦手であり、何年間もまったく手を付けられなかったようなところからの出発でした。今思えば、それは私自身の自己愛の欠如を象徴することであったと感じています。

先生のおっしゃるように、チャイルド人格が私のカルマの土台であることを痛感する日々ですが、同時に近年では、そのチャイルド人格の芯の強さやその賢さ、スピリットとの強い繋がりに支えられ励まされてきたことを実感していて、この子の存在なしに今の自分はないと感じることができるようになっています。

このようにチャイルド人格のケアをテーマとしたセミナーが開催されるのは今回が初めてのことですが、普段から伊藤先生のお話をお聞きしたり、このお知らせを書かせていただいたりしていても、本当に重要なテーマであることを強く感じています。

当日、伊藤先生によって、陰陽ともにまた新たな扉が開かれていくことを想像し、今から神聖な心持でいます。


依田 真由美




■ チャイルド人格ケアセミナー

1年以内に「伊藤美海のライブセミナー」に参加したことのある方、もしくは、一般クライアントとして、一定期間セッションを継続されている方であれば、参加可能です。

日 時 : 4/8(日〉 11時~21時
場 所 : アースカレッジ
講 師 : 伊藤 美海
料 金 : 25,000円
持ち物 : ノート、筆記用具

〈メニュー〉
 ・チャイルド人格とカルマの関係
 ・チャイルド人格たちの過去生
 ・バーストラウマ
 ・胎児の記憶
 ・チャイルド人格にありがちな誤認識
 ・チャイルド人格の意識をニュートラル化する
 ・子供に宿る叡智
 ・子供とスピリチュアリティ

〈注意事項〉
 ※ 合間に1時間程度のお昼休憩を、はさみます。
 ※ 終了時間は、21時を過ぎる可能性もありますので、ご了承下さい。
   終電などのご都合によっては、早退も可能です。
 ※ 録音は可能です。
 ※ 前日・当日のキャンセル・変更につきましては、100%のキャンセル料
       が発生いたしますのでご了承下さい。
 ※ 締め付けの少ない楽な服装でお越しいただくか、もしくは、スウェット等
       の着替えをご持参下さい。
   (ジーンズ・タイトスカート・スーツ等の着用は、心身がリラックスするこ
       とを妨げるため、お控えになることをお勧めします)



申込みやお問合せは、アースカレッジまで、メールや電話で承っております。

電話 : 03-5460-8820
e-mail : info@earth-college.com

Comment

No title
編集
まゆ

叡智に最も近い存在というサブタイトルが、がつんときました。
最近になってだけど、チャイルドと話していると、
チャイルドに教わっているような、そんな感覚になることが
何度もあるからです。
恥ずかしいですが、今まで本当にないがしろにしてきてしまったと
思う。当日が待ち遠しいです。



| 2018年03月15日(Thu) 10:24
No title
編集
依田さん

チャイルド人格を放置したままでは、ぬかるみに家を建てるようなものだという先生のお言葉が、まさに自分のことで、あらためてチャイルドケアの重要性を感じています。

自分は実際に子育てもしているのに、チャイルド人格のケアとなると、ままごと的だったなとも思うし、しっかり学ばせていただきたい気持ちです。
| 2018年03月16日(Fri) 09:55
No title
編集
依田ちゃん

これまで、チャイルド人格が話すことは、本質をついていたり、深い本音だったり、いつもハッとさせられますが、チャイルドの気持ちにチューニングを合わせ続けることが難しいと感じていて、自己愛の欠如とは、本当にそうだなと思います。
セミナーで内面が大きく動く予感がします。待ち遠しいです。
| 2018年03月16日(Fri) 23:31
No title
編集
依田さん、セミナーのお知らせをありがとうごさいます。

ふだんからも、チャイルドが無邪気に遊んでいるように見えても、人からチャイルドが感じていることを問いかけられると、重いものを感じていたり、チャイルドを見ているようでまったく見ていないんだと痛感します。ライブセミナーでの先生のチャイルドのお話からも、視界が開けてくるものがありました。

チャイルドはもっとも叡智に近い存在…神聖な気持ちになるって、本当にそうだと読んで感じていました。
当日、参加させていただきます。よろしくお願いします。
| 2018年03月17日(Sat) 08:18
No title
編集
まゆ、お知らせありがとう。

参加させて頂きたく、よろしくお願いします。
前回のセミナーの時に先生がチャイルド人格のセミナーの必要性を感じていらっしゃることをお聞きしたときから、ぜひ参加させて頂きたいと思っていました。

何を隠そう私はもともと3歳のチャイルド人格がボスのまま三十年間過ごしてきたのですが、
それなのにチャイルド人格のケアが全然至らず、最近特に浮上している不安や緊張、対人関係の問題が、こんなにもチャイルド人格から出て来ているものなのかということ、
先生がおっしゃるように自分をないがしろにしてきたことだと痛感しています。

同時に、チャイルド人格が満たされたことで自分の安心感につながったり、チャイルドのパターンがはっきりして根本が動いたり、チャイルドに支えられていることも実感してきていて、
何にしても今回のセミナーも本当に必須だと思っています。

当日よろしくお願いします。
| 2018年03月17日(Sat) 20:54
No title
編集
依田さん、記事を読ませていただきました。

チャイルド人格のケアを徹底的にすることを、いつも先生から言われてきたのですが、やはり難しさを感じていました。

また今私は、これまで先生にいろいろなことをご指導いただいたところから、「よい子人格」の純度の高い部分を増やしていくことに取り組んでいます。

今度のセミナーを受講させていただいて、「よい子人格」だけでなく他のチャイルド人格も徹底的に見ていくことにより、人格統合が、カルマ清算が進んでいくのだと強く感じています。

私も、神聖な心持で向かいます。
| 2018年03月18日(Sun) 22:29
No title
編集
依田さん

チャイルドケアを適当にやっていることが、本質を蔑ろにすることだって、本当にそうだったんだって思いました。

2才のチャイルドの存在を、先生に明らかにしていただいてから、メンタルが安定してきて、根底が塗り変わっていってること感じてます。

同時に、根深いチャイルドのカルマパターンが、あらゆる人への在り方に影響してることも感じてて、カルマの土台だってことも、痛感しています。

叡智に近い存在、という言葉を読んで、泣けてきました。

チャイルドケアが、子育てに直結することも感じてていて、しっかり学んで、身にしていきたいです。
| 2018年03月19日(Mon) 00:19
No title
編集
依田さん

告知記事をありがとうございます。

前回のライブセミナーでチャイルド人格ケアについて質問をさせていただき
チャイルドってこんなもんだろうという思い込みや枠に当てはめる在り方を
改めていった時に、チャイルド人格の鋭さや、本質を見抜く目を感じています。
先生のご講義を受けさせていただき、チャイルドケアをしっかりとしたものに
していきたいと考えています。
| 2018年03月19日(Mon) 00:28
No title
編集
依田さん

告知記事ありがとうございます。

本当にいままでチャイルドケアが大事と言われていたのに、
その大切が全然分かっていなかったです。

今自分の課題としても、一番大事なところで、
心して受けさせて頂こうと思います。
| 2018年03月19日(Mon) 00:42
No title
編集
依田さん
お知らせをありがとうごさいます。

私自身も今まで何度も、チャイルド人格に助けられるような気持ちになったり、
大切な存在だと思ってはいても、やはりケアとなると、ないがしろにしてきたと言わざるを得ないです。

当日この重要なセミナーに参加をさせていただき、
チャイルド人格を大事に育てていけるようになりたいです。
| 2018年03月19日(Mon) 04:22












非公開コメントにする