FC2ブログ

トップページへ

戻ってきました!・・by 俊哉

お金のカルマとの闘い

みなさん、こんにちは。佐藤俊哉です。
私が伊藤先生のもとでコース生となってから4年が経ちますが、昨年一年間は、私の抱えているカルマゆえに、リーダー養成コースを離れざるを得ない状況がありました。しかしこうしてまた、コースに復帰して記事を書かせていただき、とても感慨深いです。今回は、私の復帰までの道のりをお伝えしたいと思います。

私はこれまで、何ごとに対しても、まるで根拠がないにもかかわらず「なんとかなる」と思い込み、現実にまったく向き合おうとしない人間でした。それは以前、2年目のコース費用が足りない時に、そのための対策を講じないどころか、伊藤先生に、「自分は必ず宝くじが当たりますので、絶対に大丈夫です」と、真顔で言えてしまうほど病的なものでした。そんな私に先生はドン引きしながらも、「きっと99パーセント宝くじが当たると思うよ。でも、もし万が一、当たらなかったときのことも考えて、その準備も必要じゃない?」と、私の戯言さえも手玉に取って、諭してくださったのです。そこで初めて私は、「そう言われてみればそうだな」と、ほんの少し自分のバカさ加減に気づくことができ、なんとか残りのコース費用を捻出することができたのです。

しかし愚かな私は、その後も心のどこかで「なんとかなる」と思い続け、自分が経営している歯科医院の収益が悪化しているにもかかわらず、問題を直視せず、何の具体策も立てずに放置してしまったのです。その結果、昨年の3月、ついに費用を捻出できず、コースから離れることを余儀なくされたのです。
先生は、私がコースを離れる以前から、コース同期で同じく歯科医院経営者である君山さんから経営コンサルを受けたらどうかという、願ってもないご提案をくださっていました。しかし、問題を直視することから逃避し続けた私は、現状をさらけ出したくないという気持ちから、そのご提案をいとも簡単に断ってしまったのですから、当然の結果とも言えました。
いざコースを離れると、現実逃避し続ける私を止めてくれる人も、厳しく指摘してくれる人もおらず、医院の経営はさらに悪化していきました。

ですが先生は、このような状況においても、私がコース生としてこれまで真摯に取り組んできたことを高く評価し、特別なご配慮としてコース生と一緒のグループセッションを受けることで、なんとか復帰できるように心を配ってくださいました。それなのに、私はどうしても現実を直視できず、糸の切れた凧のように迷走を続けました。
そんな私を見かねた先生は、「一時、私のセッションから離れた方があなたにとっていいのではないですか」と、認定コンサルタントの依田さんのセッションを受けながらお金の問題に向き合うよう、軌道修正をかけてくださいました。

最初は、先生のセッションを受けられないことが大きなショックでしたが、依田さんのセッションのなかで自分の在り方を見つめ直したことで、君山さんの経営コンサルを断ったことを謝罪し、土下座してでも力を貸してもらうしかないと心底思えるようになりました。自分がしたことを思うととても応じてもらえるような話ではなかったのですが、君山さんは、先生がご提案してくださったことだからと、医院の経営に対してはもちろん、家計費に対しても助言をしてくれることになりました。その時には、本当に首の皮一枚が繋がったと思いました。それほど、私の置かれた状況は切迫していたのです。

具体的には、日曜、祝日も休みなく診療を行い、衛生士が歯石除去など他の治療を行っている間は一人で治療を行い、一人でも多くの患者様を診療する体制としました。家計費については、水道、電気は最低限とし、家族全員お風呂の残り湯を朝の洗顔やトイレを流すことに使い、冬でも暖房をつけず、窓にはビニールのプチプチ(緩衝材)を張り、毛布を羽織って過ごすという徹底したものでした。それは、プライドカルマの強い私にとって厳しいものであり、反発したり、家族をも巻き込むことに抵抗したり、何度も諦めそうにもなったりもしましたが、君山さんと同じく同期のコース生が、時に励まし、時に厳しく、支えてくれました。

そうして日々葛藤するなかでも、最も大きな心の支えとなったのは、「先生が教えてくださったことを、一人でも多くの人に体現者として伝えたい」という強い思いでした。先生のご著書に出会い、コース生として先生から直接ご指導していただいたことで、信じられないほどの成長を遂げ、様々な課題や苦しさを克服してきたからこそ湧いてくる思いでした。そのためには、先生に直接教えていただける場所に戻るしかない、本気でお金のカルマと向き合うしかないんだと気づいたときに、私は腹が据わりました。

そして、一時は自己破産するしかないというほどの窮地に陥った状況から一年を経て、まだまだ余裕がある経営状態とは言えないまでも、今期以降もコース費用を捻出できるところにまで立て直し、奇跡的な復帰を遂げることができたのです。

思いを結果に繋げられた喜びと共にこの一年を振り返ると、先生と、支えてくれたすべての人に、感謝しかありません。また、一つの問題を解決していくために、人と深く関わりながら目標に向かい、達成するという経験をしたことによって、以前よりも人に対して心が開いている自分を感じています。

コースに戻ったことはゴールではなく、魂の真の目的に向かうためのスタートラインに再び立ったことだと思っています。ここからまた、先生のご指導のもと、仲間と切磋琢磨して人格統合を進め、カルマ清算に向かっていきたいと思います。


佐藤俊哉

Comment

No title
編集
俊哉

本気で宝くじが絶対に当たると思ってた、そのお金のカルマの根深さって、尋常じゃないよなって、読んで改めて思うし、

先生が、ドン引きしながらも、そこを認めてお話されたときの様子は、何度聞いても、なんていうか、頬が緩むっていうか、温かくなるような、そんな気持ちで今も読んでる。

そこからのプロセス、色んな色んなことの連続のなかで、カルマを放置した結果に、俊哉が続けられなくなって、どんどん引いてった時期のことも、本当、ついこの前のことのように思うよ。

コースから離れるってこういうことって、どんどんカルマに受け渡していくような有様を見てて、大きな何かが削がれてく思いだった。
先生からの軌道修正があって、きみちゃんがとっ捕まえながら、何度も何度もやりとりして、少しずつ少しずつ、俊哉が軸を取り戻してさ。

そもそもの誠実さと、積み上げていく力で、俊哉が結果を出していってる様子は、カルマの根深さを思っても、それって、どれもこれも生半可じゃないなって思ってます。

やっぱりそこには、ずっと俊哉が真ん中に持ってる先生への思いと、自分への誇りをいつも感じてた。

こうやって記事として、この1年のことを読んでも、奇跡的ってことが、まさにそうだって思う。

人に対して心が開いてることも、すごく感じてるよ。頭打ちを何度も何度も打破してきながら、どんなふうに変容してきたのかを見てきたし、この1年のことも、俊哉の在り方から学ぶことがたくさんあるよ。

あ~スカblogに、こうして俊哉の記事が上がって、読ませてもらえることも、胸が熱くなる気持ちでいます。

お帰りなさいって、改めて伝えたいです。
| 2018年06月02日(Sat) 11:19
No title
編集
俊哉さん

1年半ほど前でしょうか、俊哉さんと初めてあ~スカCaféでお会いした時に「お金のカルマがあるんだ」ということを話していたのを思い出しました。

その数ヶ月後コースを離れることを知り、「先生へまっすぐな俊哉さんが本当にコースを離れることになるなんて!」と驚きました。

ですが、毎月、あ~スカCaféで会うたびに、先生に軌道修正をしていただき、依田さん、君山さん、リーダーコース生のみなさんの支えで変わっていく俊哉さんを見ていて、本当に今の自分をなんとかしたいという意気込みと、俊哉さんの誠実さが伝わってきました。

私の表現では、俊哉さんの努力が軽くなってしまうよう気がしてしまうのですが、とにかく1年でここまでこれたということがすごいと思っています。

| 2018年06月02日(Sat) 20:53
No title
編集
俊哉、あらためて、先生がドン引きされたこと、先生の表情とともに、そのシーンが今も鮮明に思い出すよ。

俊哉のお金に対する感性が何もかも、噛み合わないばかりか、そこにプライドも乗せて来て、本当にコンサルに入った当初のあの時は、どうしようかと思ったよ。

だけどそもそも、学ぶことへの真摯な姿勢や、先生から学ぶことへの思い、そういうものが助けとなって、なんとかなったんだろうって思う。

私自身、本当に厳しくしたなと、究極に追い詰めたなと思うけど、私もなんとかして立て直してもらいたい、絶対に立て直すんだって気持ちだった。

今の俊哉の戻って来た姿を見ていると、こうして、コースを離れている間も、別な形で積み上げて来たんだなって感じる。

こうして、また、一緒に学べること、同期としても嬉しいし、感慨深い。

俊哉、お帰りなさい。また、よろしくね。
| 2018年06月04日(Mon) 23:03
No title
編集
俊哉、戻ってきたね。お帰り。

俊哉の、先生にそして人格統合に真っすぐな姿を見て、
自分もという気持ちになる。
再び一緒に学ぶこと、嬉しいし心強く思う。
| 2018年06月04日(Mon) 23:12
No title
編集
俊哉さん

おかえりなさい。

先生から軌道修正や道筋を立てていただきながら
紆余曲折あって、取り組んだからこそ復帰が
現実のものとなったんだと
内側に動くものを感じながら、
記事を読まさせていただきました。

これからもよろしくお願いいたします。
| 2018年06月04日(Mon) 23:41
No title
編集
俊哉さん

読ませて頂きました。
私は昨年まで一般生で、時々しかお会いできませんでしたが、
いろんな話、いろんな光景が繋がった感じがしています。
こんな風にご自身と向き合ってみえたんですね。そうだったんですね。
努力が実って再びスタートラインに立ててよかったですね。
一緒に学べることうれしいです。
また、いろんなエピソード聴かせてくださいね。
| 2018年06月05日(Tue) 15:59
No title
編集
俊哉
改めてお帰りなさい。
この1年も、コースに戻るためにと必死に取り組みを続けている様子を
カフェやセミナーで会うたびに聞かせてもらっていたなと思い返します。

厳しい局面はとても多かったと思うけど、
先生の教えを体現者として伝えていきたいという思いが強い原動力になって現実を動かしてきたんだということ、
簡単に言えるような話ではないと思うけど、強く感じています。

俊哉の積み上げる力や思いの強さをすごいと思ってきたし、
この間でさらにぐっと成長したんだということも感じています。

これからもよろしくね。
| 2018年06月06日(Wed) 11:53
No title
編集
俊哉さん
読ませていただきました。

先生が誰よりも、もともとの俊哉さんの真面目な性質や積み重ねてきたことを評価されてきたことがあればこそであったり、周りのときに厳しさもありながら見放さない支えがあったからこそなのでしょうが、
俊哉さんが相当な窮地のところから復帰してコース生として戻られたことは、言葉で表現される以上に、並大抵のことでなかったと感じるし、重みのあることだと改めて思います。

これからも宜しくお願いします。
| 2018年06月06日(Wed) 14:57
No title
編集
俊也さん

お金のカルマがある事はうかがってましたが、コースを離れることになったと聞いたときは驚きました。
しかし、先生に軌道修正をしていただき、周りのみんなの助けを借りながら、かなりの窮地に陥った状態からコースに通えるところまで持ってこれたのは、お金のカルマと向き合った努力の賜物だと、とても凄い事だと思います。
この一年の努力の記事を読ませてもらい、俊也さんの強い思いを感じています。
| 2018年06月06日(Wed) 21:39
No title
編集
俊哉さん
ごめんなさい。
俊哉さんの名前の漢字を間違えてコメントしてしまいました。
大変申し訳ないです。
すみませんでした。
| 2018年06月06日(Wed) 22:04
No title
編集
俊哉さん
コースを離れる時、もうこのままになってしまうんじゃないか?と思ったけど、先生のご配慮や、君ちゃんの叱咤激励や、紆余曲折しながらここに戻ってこられた俊哉さんはやっぱりすごいな、努力家の面を持っていたからこその今だよなと思ってます。
まだ、俊哉さんとは会えてないけど、改めてよろしくお願いします。
| 2018年06月07日(Thu) 14:31
No title
編集
みなさんのコメント、読ませてもらっています。
ありがとうございます。
一人ひとりの言葉が胸に響きます。

今、自分一人では何もできなかったということを、改めて深く思っています。
ここからさらに、人格統合、カルマ清算を進めていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

| 2018年06月08日(Fri) 17:00
No title
編集
俊哉さん

お帰りなさい。
俊哉さんが一つお金のカルマを乗り越えて帰ってきたというのが、
本当に良かったなって思ってます。
君ちゃんからばしっとやられて、はっとなっている姿、よく覚えてます。

宝くじのことは、今となって笑い話だけれど、
先生のお力を借りて、そこから本当に努力したんだなって伝わってきます。

これからもどうか一緒のコース生としてよろしくお願いします。
| 2018年06月09日(Sat) 13:44
No title
編集
俊哉さん
私もお金のカルマがあって、とてもひとごとではない。でもそこから俊哉さんが強い思いを持って、先生をはじめ、依田さん、君山さん、周りの人に、サポートを受け戻って来れたこと、本当にすごいと思う。
還暦をまえにがんばっている俊哉さん、これからもよろしくね。
| 2018年06月10日(Sun) 23:50












非公開コメントにする