FC2ブログ

トップページへ

静かな意識とともに・・by 谷川

思考を止めて

先日、アースカレッジでは人格統合強化セミナーが開かれ、前回のチャイルド人格ケアセミナーでテーマとなった「同調」をしている時の「静かな意識」について、伊藤先生がさらに深く掘り下げ教えて下さいました。セミナー後、これまで何気なく通り過ぎていたようなことが、深く、より鮮やかに感じられて、コミュニケーションの質も大きく変わってきているのを感じています。

先生はご講義のなかで、あらためて前回のセミナーを振り返り、「同調」の意識について、このように仰いました。「思考を止め、静かに、ただ、見ている。見て、知っている。それだけなんです。ただ、そこにあるものと共に在れば、自然に様々なことが分かってくる。そこでは『感じる』という言葉さえもキメが荒く感じます。空と大地の間に居る感覚。音もなく、人気もなく、そこにあっていいのは、空と、緑と、一切動かない水面だけ。ただ、そこに在るものと共に在れば、全てがくっきりして、チューニングが合ってくる。それだけなのです」

先生がお話をされると、すっと会場の空気が変わり、前回のセミナーを思い起こさせる「同調」の状態にみんなが入っていきました。先生の言葉に導かれるまま、そこに流れる空気や、意識に合わせているだけで、先生のお話が心に届き、静かにただ、分かっていくような感覚です。
チャイルド人格ケアセミナーの際にも、この「同調」の感覚に先生が導いて下さったのですが、普段、あまりにも頭で理解しようとしてしまう意識が強い私は、その時にはうまく馴染めませんでした。ですが今回、先生のお話を聞きながら、「そうか! この感覚なのか!」と、新鮮な驚きとともに、手応えを感じることができて、意識が一気にクリアになっていきました。

先生はさらに、「この同調が出来る人格の意識で、それぞれの人格を、特にチャイルド人格を見ていくのです。チャイルド人格達がなぜ、アダルト人格達の中にいるのか、チャイルド人格のどういう要素がどうなって、アダルト人格に繋がっていくのか。それを見ていけば、なぜ自分がここにいるのか、何のために生まれてきたのか、自分のブループリントが自然に分かってくる。それが分かっていないから、逃避やリタイアといったことが起こる。『これをやるために生まれてきたんだ』ということをはっきり掴んでいればこそ、前に進めるんです」と仰いました。

先生のお話を聞き、私も自分のブループリントを探ってみました。すると、私が幼少期、母親からありのままを愛された記憶、そして、4歳の時に引っ越しをして、母に余裕がなくなったのをきっかけに母の様子が変わり、ひたすら怒られまい、と母の顔色を伺うようになったことが思い出されました。かつての愛に包まれていた時に戻りたい、愛が何かを知りたい、という欲求が、今、先生のもとで学ぶモチベーションになっていることが分かり、漠然とした目標が、「このために生きているんだ」という感覚に変わって、自分が大地にしっかりと根付いているようなどっしりとした感覚を味わいました。

先生はさらに、「人とコミュニケーションを取るときには、この意識でいて、完全に相手に同調し、一緒に物を見て、一緒に感じていることが大事なんです」と仰り、常にこの意識で日常を過ごすことを教えて下さったのです。

先生の言葉を胸に、セミナーを受講した後も、私はこの「静かな意識」で過ごせる時間を少しでも多くしたい、と実践しています。すると、今まで感じたことのないようなことが起きました。ある日、通勤のために川沿いを歩いていたとき、風に運ばれて届いた川の匂いが、私を一瞬で、川沿いで遊んでいた子供の頃に引き戻したのです。
その頃の私は、心の赴くままに行動し、完全に世界に馴染み、人に守られ、安心しきっていました。その満たされた感覚が蘇ってきて今と繋がり、自分が今この宇宙の中で、愛を知りたいという、魂の望んだブループリントの中にいるのだ、ということがしっくりと理解出来たのです。その瞬間、この世界がとても色鮮やかになり、同時に、世界が自分を包み込んでくれているように感じました。

また、日々の診察の中では、患者さんの作る空気に同調し、患者さんの言葉ではなく、発される思いに対して、こちらも出てきたものを返す、というやりとりに変わってきました。思考を介さないため、相手が何を感じているのかが分かりやすくなり、核心に深く入れるようになりました。言葉も出やすく、やりとりも自然と噛み合ったものに変わってきて、今までより明らかに診察の質が上がったと感じています。

今は、この「静かな意識」でいさえすれば大丈夫、という安心感があります。この意識でいると、分裂人格達が感じていることも分かりやすくなり、人格へのアプローチがとてもしやすくなりました。自分とも、他人とも、いつでもどこでも繋がることが出来る、そう思えるようになったのは、とても大きな事でした。
今後も、この意識を常に持ち続け、霊的探求道を進んでいきたいと思います。


谷川 徹也

Comment

No title
編集
谷川さん

伊藤先生から教えていただく事の尊さを思います。
谷川さんの診察を希望される患者様が増えていますね。
私も、伊藤先生に教えていただいたことを心に
患者様やスタッフに同調し、ケアしていくよう努力します。
| 2018年07月03日(Tue) 00:00
No title
編集
谷川さん

今回のセミナーには参加をしておらず、
空気感を理解することはとても出来ないと思いますが、

それでもセミナーでの先生のお言葉を伝えていただき、
反芻していると、それだけでゆったりとした、
とても落ち着いた感覚になります。

大事なセミナーのシェアをありがとうございました。
| 2018年07月03日(Tue) 00:13
No title
編集
谷川ちゃん

先生のご指導やセミナーからの体験のシェアをありがとうございます。
「静かな意識」でいさえすれば大丈夫、という安心感を得られたんですね。
安心感、本当に重要だなと日々感じているところです。

気が付くと思考になっているので、記事のタイトルにもあるように思考を止めたいと思いました。
| 2018年07月03日(Tue) 19:38
No title
編集
谷川さん

記事をありがとうございます。
先生のお言葉、ご指導が染み渡ります。
| 2018年07月04日(Wed) 00:14
No title
編集
谷川ちゃん

今回のセミナーも前回に続いて、全員が静かな意識を体感して大きく動いた、本当にすごい1日だったよね。

もともとものすごくジャッジと思考が強いのだけど、
先生もおっしゃっていたように、まるで無縁の世界だということが分かって、
普段は自分がどれだけ狭くてノイズだらけの世界しか生きてないのかと、強く感じたよ。

静かな意識でいると人の話がより深く立体的に聞こえるし、
人格もとらえやすくなるし、
谷川ちゃんも書いてるように、
何より、その意識でいれば大丈夫なんだっていう安心感がすごくある。
過度に不安になりやすい自分がこんなに安心感を感じられたのは初めてくらいのことで、
自分が根底から動いてるのを感じています。

もっとこの意識でいる時間の割合を増やせるように意識しながら、
これからも人と人格と関わっていきます。
| 2018年07月06日(Fri) 22:52
No title
編集
たに、記事をありがとう。

先生のお言葉を、何度も何度も読んでいます。

そしてその意識でい続けることを試みています。
私はまだまだな部分が多いですが、続けていきたいと思っています。

| 2018年07月09日(Mon) 22:16
No title
編集
たに

「静かな意識」の先生のご講義は、自分の内側でこれまでにない変化が起きている。
人格同士の会話が近くなったし、より深くなった感じがする。

セミナーのワーク中、自分の状態に対して先生からご指摘いただいて、自分自身だけではなく、人のこともすぐにジャッジしているんだと、人格として自覚することができたことも大きかった。
これじゃあ、日常「静かな意識」とはほど遠いなと思ったけど、そこから、毎日少しずつ「静かな意識」の割合を増やせるように過ごしているよ。

たには、診療の質が変わったんだね。
私は患者さんに同調することによって、以前よりフラットに話を聞けるようになってきていると思う。

もっとこの意識の割合、増やしたいって思う。
| 2018年07月10日(Tue) 00:03
No title
編集
谷川さん

記事ありがとうございました。
川沿いでの出来事、とても貴重な体験でしたね。
私も魂のブループリントを見失わずに、進んでいきたいと思っています。
| 2018年07月10日(Tue) 18:16
No title
編集
谷川さん

セミナーでの先生のお話、静かな意識の体感、何度も何度も思い返して、日常過ごしてる。

あたしも、安心感があって、そのことがすごく大きいよ。
漠然とあった、チャイルドのなかの存在不安が、ふっと立ち消えてく。
何度も意識して、静かな意識の割合を増やしていきたいと思ってる。
| 2018年07月10日(Tue) 22:24
No title
編集
谷川ちゃん、記事をありがとう。
とても大事なことを教えてくれているなと思いました。
同調の細かな意識、そのご指導で、みんなが子供のころに同調していく様子がすごく伝わってきます。
今の谷川ちゃんが、子供のころの谷川ちゃんと、鮮明なものとして一緒に居たんだなと。
それでこそ、相手のすべての景色が見える。
私も、チャイルド達と静かな意識で同調することしていこうと思います。
| 2018年07月11日(Wed) 08:11












非公開コメントにする