FC2ブログ

トップページへ

人格統合強化セミナー開催のお知らせ‥by 依田

進化への道のり

こんにちは、依田です。
本日は10月7日(日)に開催される、1dayセミナーについてお知らせします。
前回8月に引き続き、今回も「人格統合強化セミナー」となります。

これまで4回に渡り、人格統合強化セミナーで伊藤先生のご指導をいただき、私たちは人格統合、カルマ清算を進める上で絶対に欠かせない「同調した静かな意識」を掴めるようになりました。そしてさらには、その状態でいられる時間が徐々に長くなってきているという変化のなかにあります。
それはつまり、私たちのなかで主人格的意識が強化されていくことに等しくあることは、前回の「人格統合強化セミナーのお知らせ‥by 依田」の記事でもお伝えしました。

伊藤先生が「人格統合強化セミナー」を通じて繰り返しご指導くださることとして、「同調した静かな意識」すなわち主人格的な意識なしには人格統合は進まないということ。
そして、私たちがそもそも何を目指して人格統合を進めていくのかということがあります。

前回のセミナーのなかで伊藤先生は、「人格統合のゴールは、人格たちが皆家族のように一致団結して物事に向かうこと」であることをお話くださいました。(前回の様子はこちらから→「内なる家族を作る‥by 宮地」)
本来は全人格それぞれにスピリットとしての計画に基づいた役割があり、あらゆるすべての物事は全人格で挑むもの。ある人格がこよなく愛していることや、ある人格が一生懸命やっていることがあれば、他の人格たちもそのことに興味を持つし、応援もするし、関わっていくというのが本来人として自然な状態です。全人格ですべての出来事を共有して、すべての出来事に対して協力していく、それが内なる家族、内なるチームであるということなのです」とお話されました。

ですが人生において、さまざまな場面で感情を抑圧し、自分を偽って生きてきた私たちの内側は、人格同士がお互いを認識しないような、分離したばらばらな状態から人格統合がスタートする場合がほとんどです。
プライド人格のような自分自身で受け入れがたいような要素を持つ人格であっても、そこからカルマ清算を進め、どのように家族の一員としていくのか、統合に向かうというのは本当に大変な長い道のりとなります。
伊藤先生がセミナー中ご指導をくださりながら、これらの人格統合セミナーのメニューだけでも、この先3年くらいセミナーが開催できそうだと言われたほど、人格統合強化セミナーでご指導いただく内容は私たちが歩みを進める上で非常に重要なものなのです。
今後しばらくは、1dayセミナーでは「人格統合強化セミナー」が継続して開催されていく予定です。
私は伊藤先生のもとで人格統合を学んで8年目となりますが、このような人格統合のプロセスはとても険しいものであることを実感するとともに、伊藤先生のご指導によって、私たちの意識は、以前とは比較にならないほど進化に向かっていることもまた改めて実感しています。

毎回伊藤先生にあらゆる角度から、またあらゆる次元からの深いご指導をいただき、私たちは新たな意識領域にいざなわれていきます。
また次の人格統合強化セミナーに向け、「内なる家族の団結」を日々意識して臨みましょう。


依田 真由美




■人格統合強化セミナー

1年以内に「伊藤美海のライブセミナー」に参加したことのある方、もしくは、一般クライアントとして、一定期間セッションを継続されている方であれば、参加可能です。

 日 時: 10/7(日) 11時~21時
 場 所: アースカレッジ
 講 師: 伊藤 美海
 料 金: 25,000円 
 持ち物: ノート、筆記用具

〈メニュー〉
  6月、8月のメニューをさらに掘り下げます。

・チャイルド人格が持つパワーと影響力
・チャイルド人格に秘められた可能性と叡智に触れる
・分裂人格たちのDNAを辿る
・分裂人格とブループリント
・アカシックに刻まれた人格たちのヒストリー

・分裂人格が持つ陰と陽
・人格たちそれぞれの役割と課題
・分裂人格たちのカルマの核心に迫る
・統合に向けてヴィジョンを描く
 
〈注意事項〉
 ※ 合間に1時間程度のお昼休憩をはさみます。
 ※ 終了時間は、21時を過ぎる可能性もありますのでご了承下さい。
   終電などのご都合によっては、早退も可能です。
 ※ 録音は可能です。
 ※ 前日・当日のキャンセル・変更につきましては100%のキャンセル料
       が発生いたしますのでご了承下さい。
 ※ 締め付けの少ない楽な服装でお越しいただくか、もしくはスウェット等
       の着替えをご持参下さい。
   (ジーンズ・タイトスカート・スーツ等の着用は、心身がリラックスするこ
       とを妨げるため、お控えになることをお勧めします)



申込みやお問合せはアースカレッジまで、メールや電話で承っております。

電話 : 03-5460-8820
e-mail : info@earth-college.com

Comment

No title
編集
依田さん

記事を読ませていただきました。
伊藤先生にご指導いただく度に、気づきや驚きがあり
人格統合のゴールに向かって、一歩ずつ歩みを進めることができます。
静かなる意識で、セミナーに参加させていただきたいと思います。

| 2018年09月17日(Mon) 21:30
No title
編集
依田さん

同調した静かな意識のことは、セミナーを受ける度にさらに理解が深まり、毎回これまでになかった感覚の扉が開くように感じます。

自分の人格に対しても、周囲に対しても、その意識でいると全然違うものになることに驚いています。

しっかりと学んで、人格統合を進めて行きたいです。
| 2018年09月17日(Mon) 22:07
No title
編集
依田さん。
記事を読ませて頂きました。

伊藤先生が語られる、人格統合の深遠さとよく聞きますが、本当にそうだなと感じます。
メニューを見ても、どれほどの広がりと深さなのか、と思います。

伊藤先生が作りだす、大きな意識のシフトのうねりを感じました、少しでも身に付けられるようになりたいと、改めて思います。

ありがとうございました。
| 2018年09月19日(Wed) 21:51
No title
編集
依田さん、お知らせありがとうございます。

人格統合強化セミナーを受けさせて頂く中で、私も静かな意識がつかめるようになり、
日常でもおかしなジャッジが随分減っていることを実感しています。

前回のセミナーでも、その意識から人格たちを見たときに、
人格の個性がよりくっきりして、人格たちが家族に向かうという目的をこれまでより深いところで感じていました。

先生のご講義で毎回どんどん新たな扉が開かれていき、その度に驚きと感嘆があり、人格統合の深遠さや壮大さもますます感じています。
今回も参加させて頂き、学びを深めたいです。
よろしくお願いします。
| 2018年09月21日(Fri) 08:22
No title
編集
依田さん、セミナーのお知らせありがとうございます。

私にとっては、静かな意識を捉えること自体がまだ難しい段階です。
ですが、先生からご指導いただいた、エネルギーワークを欠かさずすることによって、思考で人格を捉えることが少なくなってきています。もしくは、思考に支配されてるなと気付ける様になってきています。
一歩ずつですが、歩んでまいりますので、ご指導をよろしくお願いたします。当日は是非出席させていただきます。
| 2018年09月21日(Fri) 09:38
No title
編集
依田さん、記事を読ませていただきました。

ようやく私も「同調した静かな意識」を掴みかけつつあると感じています。
また全人格で内なる家族を作ることを意識して毎日過ごすことで、日常の言動や人との関係性が少しずつ変化していることを感じています。

今度のセミナーで、伊藤先生のご指導のもと、さらにそれらを進めていきたいと思っています。

| 2018年09月21日(Fri) 22:01
No title
編集
依田さん

人格統合強化のセミナーを通して、人格同士が共に1人の人間として生きてることの意味が、分かるようになってきました。
チャイルドに同調できるようになってきたことが、すごく大きいです。

家族として、団結して一つの物事に向かえるようになっていけるように、さらに学んでいきたいです。
| 2018年09月22日(Sat) 02:38
No title
編集
セミナーのお知らせありがとうございます。

毎回、セミナーで教えていただく度に、確実に人格統合が前に進んで行くのを感じています。
内なる家族の団結、お話を頂いた時、なるほど、そういうことか、と思いました。
そこに至るにはまだまだ道のりは遠いですが、セミナーで学び、
進めていきたいと思います。
とても楽しみにしております。
| 2018年09月22日(Sat) 09:07
No title
編集
お知らせをありがとうございました。

人格1人1人を家族として向き合っていくことや、カルマを克服することは、厳しい場面もたくさんあることを感じながらも、これからも続くこのセミナーを通して、人格統合をさらに深めていきたいです。
| 2018年09月22日(Sat) 11:55
No title
編集
お知らせありがとうございます。

先生の、人格たちが皆家族のように一致団結して
物事に向かうことというお言葉を胸に
当日参加させていただきます。
| 2018年09月22日(Sat) 11:58












非公開コメントにする