FC2ブログ

トップページへ

ケロケロ医師の成長・・by 谷川

「病を診る」から「人を診る」へ

こんにちは。アースカレッジのケロケロこと、谷川です。
私は、「カエルの国の王子様」の記事に書かれているように、重い話題を受け止められずに軽い返答をしたり、どっしりと落ち着いていられず早口でまくしたてたりと、その場にそぐわない言動をしてしまい、人と噛み合うコミュニケーションができないという問題を抱えています。そんな私ですが、このケロケロ問題に取り組むうちに、日々の診察のなかで少しずつ変化が表れてきました。

以前の私は、教科書で学んだ医学的知識をもとに、患者さんに対して血圧の数値や、検査結果がどうだったかという話を一方的にするばかりでした。患者さんから辛い気持ちを打ち明けられても、「辛いのは分かりますが、頑張って行きましょうね」と声をかけるのが精一杯で、それらを受け止めることも、患者さんの心に寄り添うことも出来ませんでした。

しかし、医学的知識をひけらかしてしまうのも、患者さんのネガティブな感情を受け止められないのも、自分が褒められたいという欲求が強く、さらにネガティブなものを感じたくないが故に人の気持ちをスルーしてしまうチャイルド人格の「考」の意識がそうさせているのだと、先生に指摘していただくなかで分かってきたのです。
そこで、「考」ではなく、アダルト人格が中心となり診察が出来るように意識して変えて行く、という取り組みを日々続けました。そうすると、知識を振りかざすことは減り、これまでよりもずっと患者さんの気持ちを受け止められるようになりました。患者さんと同じ目線で問題を共有出来るようになってきて、自然と患者さんとの繋がりも深くなってきました。

先日はこんなことがありました。息子さんを亡くされ、それ以来ずっと気分が落ち込んでいるという患者さんが来られたのです。以前の私ならば、患者さんの悲しみを受け止めることができるだろうかと不安になり、その場を誤魔化すようなことを言ったと思います。
しかしその時は、1時間近くの診察の間、患者さんの思いに同調して、ただただ話を聞いている私がいました。その方は、悲しんでばかりいられないと、無理に明るくしようとしていたのですが、私は先生から教えていただいているように、悲しみはしっかり受け止め、それを表現することが今は必要なことだと伝え、薬は出さずに診察を終えました。
次の週、来院された患者さんはどこか晴々とした顔で、「前回の診察で気持ちを受け止めてもらい、悲しみを否定せずしっかりと感じ、それを家族と共有したことで、とても気持ちが楽になった」と仰っていました。
こうして、患者さんの気持ちを真正面から受け止められるようになったことは、とても嬉しい変化でした。

また、アースカレッジで学ぶようになるまでは、医師として、医学的な観点から体の問題に関することばかり学んできましたが、最近では体の問題と心の問題を繋げてとらえられるようになりました。これらの深い観点も、チャイルド人格が中心となって診察していたときには、全く見えないものでした。
例えば、胃炎や胃潰瘍が精神的なストレスで発症することは広く知られていますが、以前の私ならば、胃が痛いと訴える患者さんには胃カメラを行い、胃酸を抑える薬を出すといった具合に、体へのアプローチしか出来ませんでした。しかし、患者さんの目線に立って心に寄り添い、その方がどのような環境で育てられたのか、どのような人生を歩んできたのか、どのような気持ちを抱えていたのかを知ることで、なぜ胃が痛くなるような症状が引き起こされたのかが分かるようになってきたのです。

私は伊藤先生から、私の分裂人格たちがどのように生まれ、どのような歪みを抱えているのかを教えていただき、自分の問題の根源が明確になってきました。それと同じような視点で患者さんにも向き合うことで、患者さんが抱えている根本的な問題が、以前よりもクリアに見えるようになってきています。
限られた診察時間の中で充分な心のケアをすることは難しいですが、伊藤先生のもとで学んだカウンセラーたちと連携して治療を進めることで、薬を使わずに治癒する方や、治癒までの期間が短く済む方も多く、治療が難しいとされている疾患を抱えている方が改善するケースも出てきています。悩みを抱えて辛そうにしていた患者さんの病が改善され、晴れやかな表情を見ると、心から良かったと思います。

残念ながら、私のケロケロ問題はいまだ解決したわけではなく、今も取り組みを続けているところです。しかし、伊藤先生に導いていただいたことで、これまでは患者さんの体の「病」にしか向き合って来られなかった私が、患者さんという「人」に向き合えるようになってきた実感があり、今までにない、より良い医療を提供しているという自負が、私の医師としての誇りとなってきています。

これからも自分とも人とも向き合い続け、人を癒すという医師としての使命を全うしていきたいです。


谷川 徹也

Comment

No title
編集
谷川さん

医師としての谷川さんと日々を過ごしていて
努力を積み重ねる姿を
すごいなと思って見ています。
私も成長していけるよう頑張ります!

| 2018年09月24日(Mon) 16:05
No title
編集
谷川ちゃん

アダルト人格が中心となり診察が出来るように意識して変えて行く中で、患者さんと同じ目線で問題を共有出来るようになってきたこと、すごいなと思いました。谷川ちゃんの日々の努力なんだなって。
伊藤先生のご指導のもと、患者さんという「人」に向き合えるようになってきた実感があるというのも、ほんとすごいなって思います。

私は「相手の気持ちをわかるようになりたい」という目標があります。私も頑張ります。
| 2018年09月25日(Tue) 20:27
No title
編集
谷川さん

記事を読ませていただきました。

コースの中では、発言するたびに外すことの多い谷川さんという印象でしたが、先日、信愛を見学させていただいた時に、谷川さんの診察の様子を見せていただいて、お医者としての、今までリアルに知らなかった別の側面を見たことを思い出します。

お医者の中でも、心の根本的な問題に目を向ける人は本当にすくないのだろうなと感じる中で、谷川さんの存在の貴重さも改めて感じました。

伊藤先生からの、問題の根元に対してのご指導から、谷川さんがこれからどんなことを選択していくのだろうと思います。

ここでの学び継続してを続けている谷川さんが、より患者さんの立場に立った、よりよい医療を提供する方向へ向かおうとしているのを読ませて頂いて感じます。

応援したい気持ちです。
私はどんな関わりが出来るだろうかと思います。

| 2018年09月26日(Wed) 12:09
No title
編集
谷川さん
世の中に、自分が医学的知識をひけらかしているだけで、患者さん自身に寄り添っていないっていうふうに、自分を省みることのできる医師が、どれほどいるのかって思う。伊藤先生にたくさんのことを教えていただきながら、それを医療の場に着実に還元してること、本当にすごいなと思う。

私自身も、看護師として医療の現場で働きながら、患者さんがつらさを訴えるときがあって、アースカレッジで学んできたことから、その方の感じていることに寄り添うことが前よりもずっとできるようになった実感がある。でも同時に、病気がひどくなってからではどうしようもなくて、もっと早くに出会っていたかったっていう思いも湧いてきたりする。まだまだ、未熟すぎることを感じながらいます。 

ケロケロからここまで進化してきてる谷川さん、私もだけどこれからもがんばっていこう。
| 2018年09月28日(Fri) 11:44
No title
編集
たに

たには、根本努力家で、これまでも医師として頑張ってきたんだろうなって思うけど、伊藤先生が教えてくださる、本当の意味での、心ある医師にはまだまだだって自分自身で実感しているのと、少しずつ手応えも感じているんだなって思う。

コースで先生からケロケロのご指摘をしていただいた時に、そのネーミングで笑いも起こったけど、実際全然笑えなくて、深刻なんだってこともこの間感じている。
ただ、それと同時に、諦めないで努力し続けている姿もあってそういうところは、いつも刺激を受けているよ。

自分と向き合うことは、核心に迫れば迫るほどハードで、関わりながら、一緒にカルマ清算を進めていきたいって思う。
| 2018年09月28日(Fri) 13:30
No title
編集
谷川さん

記事を読みながら思うのは、診察をしている谷川さんの姿。
問題を抱えて、助けを求めて訪れる患者さん達の話に、日々こんなふうに耳を傾けているんだなって。
あたしはこの前、目の前で見させてもらって、これまでたくさんの知識や経験を積み上げてきた背景があること。
医師として働いている谷川さんの姿には、頭が下がる気持ちになったよ。

患者さんの力になりたいって、誠実に、情熱を持ってやってきて、だからこそ谷川さんのケロケロ問題は、ほんとに深刻で。
その根深さにもがいているのをそばで見てきたけど
ほんとに変わったよね。

谷川さんってはじめは、感じ悪っ!軽っ!って思うことがめっちゃ多くて、正直苦手で、

でも、先生のもとで、厳しい指摘を受けながら、自分を改めてきての今、谷川さん前とは別人みたいに思うし、同時に根深さも伝わってきてる。

谷川さんの一つひとつの変化が、どれだけの人に影響してるのかって、記事を読みながら思った。
あたしも、少しでも担えるような人間になるために、積み上げてこうと思うよ。
| 2018年09月28日(Fri) 17:54
No title
編集
たに、記事を読ませてもらいました。

私も、悩める人を前に、どうにかしてあげたいという気持ちから、すぐにその解決策を見出そうとしてしまいがちですが、そうではなく、まずはその人の気持ちを十分に分かってあげることだと記事を読んで思いました。

さらにまた、患者さんに対しても、どうしてもお口の中のことに気が向いてしまいがちですが、その人を診るということを忘れないようにしたいなと思いました。

たにの向かおうとしている姿から、改めてそれを教えられたように感じています。

| 2018年09月28日(Fri) 21:50
No title
編集
たに

患者さんにとって受診は緊張するものだと思うけれと、そこで同調して話を聞いてもらえると、とてもホッとして、それだけで状態の変化があることも多いし、安心や信頼に繋がっていると思う。
在り方が常に問われるし反映される場だと感じる日々、お互いにがんばろう。
| 2018年09月28日(Fri) 23:35
No title
編集
谷川さん、記事を読ませてもらいました。

医師に自分の症状を訴えた時、真摯に聴いて、同調してもらえたという体験ってなかなかないのではないかと思います。
私は、自分の体験として思いだせるのは1回だけです。その時、本当に心から安心できて、自分の病気に対する心構えがドカッとできて、大丈夫!乗り越えられる!という力が心の奥に方から湧いてきたこと、今でも覚えています。その後も症状が消えるまでにには少し時間が必要でしたが、不安になることなく、その先生がみえたら向き合えたという思い出があります。その息子さんを亡くされた患者さんもそんな気持ちだったんじゃないでしょうか。
谷川さん、これからも道は険しいとは思いますが、そんな医師を目指していってくださいね。
| 2018年09月29日(Sat) 18:43
No title
編集
たに

記事を読ませていただきました。

心に寄り添ってもらえるお医者さんが
目の前にいたら、心強いし、安心するし、前向きになれるし、ありがたいなって思います。

文中にもあるけれど
病ではなく人に向き合う
大切な姿勢です。
見習らっていきたいと思います。
| 2018年09月30日(Sun) 10:43
No title
編集
たに

これだけ自分を見つめて開示しながら患者さんに向き合おうとする医師が、ほかにどれだけいるだろうかと思うよ。
僕もまだまだの自覚はもちろんだけれど、今までにないより良い医療を提供している自負はある。自分も頑張りたい。
| 2018年09月30日(Sun) 12:02
No title
編集
谷川ちゃん、読ませてもらいました。

具合が悪くて病院に行っても原因がわからないと言われて困っている人の話をよく聞くけど、
谷川ちゃんのように症状の原因が心にあるということを理解して、
気持ちに寄り添おうとしてくれるお医者さんに診てもらえたら、どんなに心強くほっとするかと思う。

私もカウンセラーとして入らせて頂く中で、その人を本当の意味で治そうとするお医者さんと連携出来る環境がどれだけ希少なものなのかと感じています。

谷川ちゃんが先生のご指導のもと取り組みを続けているからこそのこととも思うし、私も努力していきます。
これからもよろしくね。
| 2018年10月02日(Tue) 02:46












非公開コメントにする