fc2ブログ

トップページへ

小さいおじさん、還暦を迎える!・・by 俊哉

昔は本当にひどかった

皆さん、こんにちは。リーダー養成コースの佐藤俊哉です。私事で恐縮ですが、この度、還暦を迎えました。
伊藤先生は、それをとても喜んでくださり、お祝いをすることを去年から提案してくださっていました。そして、今月のコース初日に、みんなで還暦祝いをしてくれたのです。
それは私にとって、忘れられない1日となりました。その一部始終を3本の記事にて、みなさんにお伝えしたいと思います。

まずは、今では伊藤先生や仲間から「小さいおじさん」「ジジィ」と愛情を込めて呼ばれている私が、先生のご著書に出会って還暦を迎えるまでの6年間、先生のご指導のもと、「最初とはまるで別人のようだ」と言われるまで、どのように変わってきたのかをお話しさせていただきたいと思います。

6年前、息子が、ある理由から登校拒否となり、彼とどう向き合えばいいのか分からず、悩み、ありとあらゆる手を尽くしましたが、これという答えは見つかりませんでした。
そんな中、ある書店で先生のご著書「ネガティブを愛する生き方」を手にして衝撃を受けました。そこには、私が求めていたすべての答えが示されていると感じました。すぐに「人格統合Vol.1」「人格統合Vol.2」を震える思いで読んだことを、まるで昨日のことのように覚えています。

そこからアースカレッジ(当時リラ・アカデミー)に深く関心を持った私は、先生のブログを何度も何度も読み返し、公式ブログを何年も遡りながら、むさぼるように読みました。そして、満を持して2Daysのワークショップに臨んだのです。
しかし、当時の私は、「ワークショップに出席している人間で、誰よりも自分が先生の教えを理解している」、「みんなに、私が分かるように解説するんだ」という、今思うと顔から火が出るくらい恥ずかしいと言いますか、頭がおかしいとしか言いようのない舞い上がった状態で参加したのでした。
結果、先生の仰る一言一言が、自分のこれまでの人生で見聞きしたものとはまるで違う視点からのものであり、次元の違う講義内容にただただ圧倒され、その凄さに感動し、自分の愚かさを思い知りました。

そして、自分も先生のもとでコース生になりたいと思い、当時から大きな課題だったお金の問題をどうにかこうにかクリアして、憧れのコースに入ったのです。
ところが、コース生になって、たった2週間で私はプライドカルマを露呈させ、大問題となりました。コース生となれば当然、各々が持っているカルマが炙り出されるのですが、こんなにも早く炙り出されたのは最短記録であり、未だに誰にも破られていません。
私は夢の中で、自分の傲慢なプライドに対して怒りを露わにぶつかる体験をリアルに味わったことから、「プライドカルマを打破する方法が見つかった。伊藤先生にお伝えするんだ。先輩方にも伝えるんだ」と、勘違いも甚だしいマイワールドの極みから大騒ぎをしたのです。

完全に舞い上がっている私を目覚めさせようと、何人もの先輩方が厳しく指摘をしてくれるのですが、私の「自分の思いは本物だ」という訳の分からない自信は揺らぐことなく、先輩方からなにを言われても、一向に聞き入れられませんでした。
昼からの話し合いは夕方になり、夜になっても続きました。すると、さすがの私もだんだん自分のおかしさが分かってきて、「とんでもない騒ぎを起こしてしまった」と、ようやく正気を取り戻したのです。
そして最後は、「終電がなくなるからもう帰っていいよ」と、依田さんから言われ、重いカバンを背負い、トボトボと泣きながら帰ったのでした。

こんなコース生としてのスタートを切った私は、その後も常に一人浮いた状態でした。人と会話が全く噛み合わず、「俊哉の言っていることが、全然心に入ってこない」ということを何度も言われました。
また、先生が重要な話をされているのにもかかわらず、変なところで自分だけ「へっ」と声を上げて笑うなどの奇行もありました。

指摘を受けたこと一つひとつに気をつけながら数か月が経ったころ、先生から「今日の俊哉は、ナチュラルに感じる」と言っていただいて、とても嬉しかったのを覚えています。
しかし、そのことに気をよくして、翌月のコースでは再び元に戻ってしまい、ひどく落ち込んでみたりと、最初の1年は、そんなことの繰り返しでした。

またコース生は普段、コミュニティブログ上でお互いやり取りをしているのですが、私は、「諸君! 私はこう思う」「諸君! こうすることじゃあないのか」といった、独特の上から目線のコメントばかりで、それがひどくみんなを不快にし、いらだたせてばかりいました。
そんな私のコメントを、先生は「俊哉目線」と命名され、早急にその言い方とあり方を改めるように厳しく言われました。
私は、そのときの先生のお言葉をプリントして常に持ち歩いていたのですが、本当の意味で改まるまで、それから3年かかるほど根深いものでした。

また、先生をはじめ、先輩や仲間から厳しい指摘を受けるたびに、私は2、3日、ひどいときで1週間、音信不通となり、「消える」のでした。何かあるたびに私は一人になりたくなり、逃避していました。
しかし、実際はそのことに向き合い、表に出ていくことができるまで一人で悶々としていたのです。今であれば、仲間に助けを求めることができますし、仲間も「またやっている」と強引に私を引っぱり出してくれるので、ありがたく思っています。

さらに私の特徴と言えば、先生のセッションが成り立たないということがよくありました。
たとえばセッションで、「あの人のこういうところやああいうところが許せない! と苛立つ」と、散々人の問題点を挙げて先生に訴えるのですが、それをお聞きになった先生の「それって、まるであなたじゃない」という一言で、私は椅子から転げ落ち、本当にそうであることにショックで暫く立ち上がれないというようなことが何度もあったからです。
先生のご指摘は常に核心を突かれるものであり、私の胸にストレートに入ってくるため、それだけでキャパが一杯になってしまうのです。
そうなると他のことをご相談する余裕がなくなってしまい、セッションが30分ほどで終わってしまうということも何度もありました。それでも先生は、時間まで私の状態を見ながら、私が受け入れられるように、いろいろな視点からお話しくださいました。

このように、ここには書ききれないほど、私は本当にひどいところからスタートしました。しかし、先生がお示しくださるその時その時の課題に、一心に取り組んで克服してきたことだけは確かです。
仲間とも、時に激しく、時に優しく、お互いまみれてきました。何度も頭打ちしながらも、先生の「頭打ちしてもそれでも打ち続ければ、いつかは殻のどこかにひびが入る」というお言葉を胸に、今日までやってきました。
そんな私のために先生は、「俊哉の還暦、みんなで祝おうよ」と言ってくださいました。そのお言葉をお聞きして、本当に嬉しくて、これまで努力してきたことが心底報われる思いでした。

そしてそれは、私の想像を遥かに超える素晴らしい1日となったのです!
その日のことを次の記事でお伝えしたいと思います。


佐藤俊哉
コース生 | Comments(-)