FC2ブログ

トップページへ

世界に一つだけのアート・・by 恵子

思うままに描きました!

こんにちは。高橋恵子です。
11月のあ~スカCaféイベントは、「自己表現」をテーマに、芸術の秋を満喫する1日となりました。今回はその様子をお伝えします。

会場になったのは、かつて小学校だった校舎を施設として貸出ししている「四谷ひろば」です。木造校舎の中に入ると、子どもの頃を思い出すような昔懐かしい雰囲気に、自然とみんなの表情が緩みます。

toshi101.jpg

「さぁ、はじめますよ!」

優しくもどこか気難し気な美術の先生になりきって、場を仕切る俊哉さん。すっかり恒例となった先生役に、俊哉さんもノリノリです。


str102.jpg

「いっちにー! いっちにー!」

まずは、思いのままに絵を描けるように固まった指先をストレッチ。みんなで一緒に指を動かしているとなんだか楽しくなってきて、自然と笑顔がこぼれる一同。

リラックスしたところで、いよいよアートの時間です。
テーブルには、色とりどりの絵の具や、色鉛筆、ペンなどがズラリと並び、紙も大小様々なサイズから、好きなものを選んでいきます。

honohi103.jpg

「どれにしようかな〜」

どれで描こうかと目をキラキラさせる人。いつまでも決まらず考え込んでしまう人。
何を描きたいかをイメージしながら画材をピックアップしていくことにも、それぞれの個性が表れていました。

そして、絵を描き始めると、なかには描いても描いても納得がいかず、イライラし始める人もいましたが、そんなフラストレーションも含めて、その瞬間に溢れ出てくるものを描き出していきました。

ある人は原色で力強く絵の具を垂らしたり、ある人はマジックインクで紙を重ねて表現したり、またある人は紙がびしょびしょになるまで絵の具を塗っていたり‥、思いのままに描くことにみんなが没頭するうちに、あっという間に時間が過ぎていきます。

そうして完成したお互いの作品を並べてみると、どれもそれぞれの世界観が表れた個性的な作品ばかりでした。その中のいくつかを皆さんにご紹介したいと思います!

まずこちらは、金子さんの作品です。

kn104.jpg

金子さん 「手が繋がりあい、個性がぶつかる、重なるイメージを思いのままに描きました」

はじめは、なかなかイメージがわかず、有名キャラクター風のポップな落書きを何となく描いていた金子さんでしたが、次第に、みんなと繋がりたいという気持ちが出てきたそうです。
私は、表現すればするほど、金子さんの奥にあるアーティスティックな感性が開いていっている様子を感じました。真ん中に描かれた、人と繋がろうとしているいくつもの手が、とても印象的です。

お次は、俊哉さんの作品。

ts105.jpg

俊哉さん 「感じるままに原色を重ねていくと、途中から苦しくなり、外へ発散しようと思って描きました」

大きな紙の中心に描いた原色の塊。内側にある激しい感情が外に広がっていこうとしている様子から、普段はとても穏やかな俊哉さんの、内に秘めた強いパッションが伝わってきます。他の参加者から「カッコイイ!」という声が上がり、うちの小学1年生の息子もお気に入りの作品でした。

そしてこちらは、一般から参加されたCさんの作品です。

c106.jpg

趣味で木工アート作品を作られているCさんらしい、アーティスティックな作品。
俊哉さんの作品にインスパイアされたというCさんは、原色の絵の具を指につけて、最後まで集中して描き上げていました。
まるで一枚のスカーフのような統一感のある作品には、Cさんのクリエイティブな感性と、大胆さと繊細さが程よくミックスされています。私はこんなスカーフがあればぜひ欲しいです!

絵を描くワークが終わった後には全員が脱力してしまうほど、知らず知らずのうちに、描くことに熱中していました。
そして、それぞれの作品についてシェアし合う時には、目に飛び込んでくる形や色がダイレクトに心に届いてくることに、感動したり、圧倒されたりしながら、それぞれが互いに感じることを、そのままに伝え合いました。

私にとっては、伊藤先生から学んできた、思いをそのまま表現し合うことと、その喜びを、こうして自由に絵を描いてみんなと共有できた充実感で一杯の一日でした。

snap107.jpg

それぞれの作品と、晴れやかな笑顔です!

今月のあ~スカCaféは、アースカレッジにて、選りすぐりのスイーツとドリンクをご用意してみなさんをお待ちしています!


高橋 恵子



12月 あ~スカCaféのお知らせ

日 程 : 12/16(日)

時 間 : 13時~16時(受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

Comment

No title
編集
恵子さん
記事、ありがとうございます。
場所が学校だったのもあり、童心に帰って一心に絵を描いたのを思い出しながら読みました。

私は、何を描こうというのは無く、ただひたすら使いたい色をペタペタ塗って紙をビショビショにしてしまい…。
でも、後から見たらちゃんとアートで、その時の自分の内面が現れていたし、みんなの絵もそれぞれ全く違って、面白かった!

みんな集中し過ぎて疲れてたけど、こんなふうに無心で何かを作ること、またやりたいなぁと思ってます。
| 2018年12月13日(Thu) 22:37
No title
編集
けいちゃん、記事ありがとう!
読ませてもらいました。

"優しくもどこか気難し気な美術の先生"という俊哉の細かいキャラ設定に最初からニヤニヤしちゃいました。

みんなの作品はどれも本当に個性的で素敵だね!
新たな一面を見てすごく惹き込まれました。
絵で自己表現することってなかなか普通の日常ではないと思うから、すごくいい機会だったんだろうな。

私はかなりの"迷画伯"なので、自分ならどんな絵を書いたかなと想像しながら、チャイルド人格は「学校だー!」とワクワクしながら、読んでました。

みんなのやりきった笑顔も素敵!
| 2018年12月15日(Sat) 20:07
No title
編集
けいちゃん、記事ありがとう!!!

アートで自己表現っていいなって思ったよ。
思考じゃなく、ダイレクトに内側が出るんだなって、作品の写真を見て感じた。

全員が脱力するほど、集中して描いたんだね。
夢中になることって、なかなかないと思うし、それぞれにとって新たな発見があった時間だっただろうなって思う。

あと、「俊哉先生」が板につき過ぎていて、会場の笑いが読んでいても伝わってきます。
俊哉先生シリーズ!次回も期待しちゃいます♪

| 2018年12月15日(Sat) 23:37
No title
編集
けいちゃん
記事をありがとう。
想像以上に大きな紙を前にして、何を書いたらいいか、周りと比べてしまったり出来上がるまで時間がかかったけど、
リーディングしてもらっていくうちに、現状を理解したり自分の作品を案外好きだと思えて楽しかった。
みんなも現状や想いはそれぞれだったけれど、思ったのは結構アーティストで、
それぞれもっとゆっくり背景も聞きたかったな~と思いました。
本当にこんな学校や先生が実際にいたらいいのにな~
次回のイベントも楽しみです。
俊哉さんは今度は何の先生かな~?
| 2018年12月16日(Sun) 07:51
No title
編集
恵子、記事をありがとう。

まず、小学校という風景がとても懐かしく、それでいて自然と馴染む感じもあったね。

みんなそれぞれ個性的な作品で、とても興味深かった。
どんな思いで書いたのかを聞いて、改めてそこに潜む深いものを感じました。

私も思うままに表現していくことが、とても楽しかった。
出来上がった自分の作品を見て、我ながらいい感じではと思いました。
でも、思った以上に疲れたのには驚きました。

次回のイベントがどんなものになるのか(私がどんな先生役になるのか)、楽しみです。

| 2018年12月16日(Sun) 11:25
No title
編集
恵ちゃん

記事を読みました。
今回も、すてきな場所を見つけましたね。
絵を描くことも自己表現のひとつだよなと
心が刺激を受けました
私も描いてみようかと
表現力に繋がるかもと思わされました。
| 2018年12月16日(Sun) 22:35
No title
編集
記事読みました!

あーすっごく楽しそう!!
自由に絵を描くって良いなって思う。
子供の時はやったけれど、大人になってから一度も描いたことがないよ。
用があって参加出来なかったけれど、参加したかったなあ・・

自由に表現して、自由に楽しむって
子供の頃は自然に出来たのに、いつの間にか
出来なくなってるなって思いました。

ところで俊哉さんの絵いいね!
好きだなって思います。

cafeにはずっと出られてないのですが、
イベントの度、記事を楽しみにしています。
次回も期待してますね!
| 2018年12月17日(Mon) 01:51
No title
編集
恵子さん

記事を読ませて頂きました。

僕も当日参加していて。
終わった後は疲れがどっと出ましたね。
あの脱力感はすごかった。

絵を描くってすごいエネルギーを使うんだなって思いました。

みんな思いおもいに、三者三様で。
そういう空間自体にワクワクしました。

描いた絵からリーディングしていって、その人の深い悲しみが浮上していき、
そこで、その時の過去の自分と向き合うような事が起こり、
そんな事が印象深く残っています。


| 2018年12月19日(Wed) 17:51
No title
編集
けいちゃん

記事をありがとうございます。
自分だったらどんな絵を描くかなぁと、今の心の様子を実際に描いてみました。出来栄えにあんまり自信はないけど、世界に一つだけのアートと思った時、これで問題なし。という根拠のない力を感じる事が出来ました。
描いた後にどんな話をしたのかもすごく気になっています。
みんなの笑顔も素敵だよね。
また、楽しい報告を聴かせてくださいませ。
| 2018年12月20日(Thu) 14:01
No title
編集
恵ちゃん
体で感じるとか、絵で表現するとか、おもいきり遊ぶとか‥、普段感じられていないことが呼び起こされるような企画が続いているよね。写真からも、鮮やかな色からエネルギーがじんじん伝わってくる感じがしました。次回のイベントがどんなふうになるのか楽しみ!
| 2018年12月21日(Fri) 21:22












非公開コメントにする