FC2ブログ

トップページへ

衝撃の初セッション VOL.1 ・・by 泉

葛藤の沼の中で

こんにちは、泉です。
今年のGWは、皆さん例年とは違った時間を過ごされたかと思います。
新型コロナウイルスの影響で、我が家も多くの時間を自宅で過ごしました。
小学4年生になる私の娘は「早く学校に行って友達に会いたい」と言っており、親としても本当に、日常生活が早く戻ることを願うばかりです。

私自身、コロナウイルスによる状況の変化に反応し、不安やネガティブな思考などカルマ的要素が炙り出されることも多々ありますが、先生とお話をさせて頂く中で軸を取り戻す事が出来ています。
また14年間学んで来たからこそ、このような未経験の状況に対してもひどく翻弄されずにいられるのだと感じています。

今日は、先日の「伊藤先生との出会い」の記事の続きとして、私が伊藤先生の初セッションに伺った時の事をお伝えしたいと思います(現在伊藤先生は、ホームページにありますように、新規の方の個人セッションは基本的に受け付けていらっしゃいません)。

2006年9月2日、私は初めて当時のリラ・アカデミーを訪れました。
緊張しながらインターホンを押し、素敵なセッションルームに通され、アシスタントの方が出してくれた飲み物を頂いて少し緊張がほぐれた頃、ロングドレスを身にまとった伊藤先生がいらっしゃり正面のソファに座られました。

先生の第一印象は、とにかくエネルギーが圧倒的で「こんな方に、私は今まで出会ったことがない」というものでした。
またセッションが始まると、私のそれまでの人生の価値観が根底からひっくり返される様なお話を次々として下さり、全てに説得力があって頭がパカーンパカーンと割れるような感覚がして、それはまるで未知の扉がどんどん開かれていくかのような、経験したことのない時間でした。
最初はとても緊張していましたが、先生が自然体でオープンに接して下さったため私も自然と心が開いていき、当時抱えている悩みについて先生にお伝えしていました。

27歳当時の私は頭でっかちであれこれ考え過ぎていて、やたらと自分の中での禁止事項が多く葛藤の塊のような状態で、また大きな悩みを抱えており、とても抑うつ的でした。悩みは大きく2つありました。
1つは先日の記事にも書いた、うつ病を経験した精神科医としての仕事上のことです。
またもう1つは、当時60歳の若さにも関わらず父親が大腸癌の末期で抗がん剤による闘病中であり、死期が近付いていたことでした。

父の死ということだけでも受け止め難いのに、私の両親は当時、父の知人の息子さんとのお見合い話を私に勧めて来ていました。
「結婚して俺を安心させてくれ」と懇願する父を安心させてあげたい気持ちは確かにありましたが、父が死んだ後も自分の人生を生きていくのだと思うと、そう簡単な話ではありませんでした。
父親の死期が迫る中、初めて知り合う人と結婚話と言われても到底無理があり、どうしても話を進める気持ちにはなれませんでした。当時の私は、父親の人生の最期と向き合うことに一番心を向けたかったのです。
相手の方はとても紳士的な方でしたが、「ここで親が望むからと結婚をしたら自分の人生ではなくなってしまう」という事だけは、私は感覚的に理解していました。

そのような悩みを抱えた私の心の中はぐちゃぐちゃで、毎日が首まで葛藤の沼に浸かっているような状態でした。
また父という存在を亡くすことが不安で仕方がなく、誰かにすがっていたいし甘えたい、依存したいという気持ちが強く出てしまい、毎日誰かに話を聞いてもらうような状態でとても不安定だったのです。

そんな時期に私は、伊藤先生にお会いすることが出来ました。
先生との出会いによって、私は本当の意味で自分の足で立って生きるスタートラインに立たせて頂いたのだと、14年前を振り返って思います。
まさに、藁をもすがる思いでたどり着いた初セッションだったのです。

そして、その日のセッションがあまりにも衝撃的で、当時のメモが今も残っているのですが、帰宅した私は感想をルーズリーフ3枚に渡って走り書きをしていました。
また翌日も興奮が冷めやらず、ルーズリーフに今度は10枚も気持ちを書き綴ったのです。次の記事では、先生が初セッションで私にどのようなお話をして下さったのかをご紹介させて頂きたいと思っています。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

カウンセラー養成コース開始のお知らせ・・by 谷川

新たなスタート

こんにちは。コース生の谷川です。
新型コロナウイルスのため緊急事態宣言が出るなど、これまでとは全く違う生活になり不安が広がる中ですが、皆さんはどのように過ごされているでしょうか。
私も仕事以外では外に出ることもほとんど無くなり、家で過ごすことが多くなっています。

IMG_9676中

こちらは私の愛猫のケンタです。家にいることが多くなった分、この子と触れあう時間が増えました。一見自分と新型コロナウイルスは無関係、とばかりにいつも通りに甘えてきてくれて私を癒してくれる存在ですが、果たしてこの子にはウイルスに翻弄されている私たち人間のことがどう映っているのかな、と考えてしまうことがあります。

さて、アースカレッジではこの4月で新たな期を迎えています。今年からコースの編成に変更があり、今までの自己実現コース、自己探求コースを統合し、カウンセラー養成コースとして新たなスタートを切りました。

コース生の顔ぶれは昨年から継続する人がほとんどで大きく変わりは無いのですが、これまで自己実現コース、自己探求コースで学んできたコース生の多くが、特にカウンセラーになるための知識やノウハウを学んできたわけではないにもかかわらず、自然と良質なカウンセラーに育ち、プロフェッショナルとして活躍しているというこれまでの経緯から、今回このような変更となりました。

アースカレッジで伊藤先生から学んだコース生のうち8人が、現在元コース生の井出広幸さんが率いる「信愛クリニック」で、カウンセラーとして活躍をしています。私自身も心療内科の医師として、アースカレッジで学んだカウンセラー達と一緒に仕事をさせてもらってきました。
診察では中々踏み込めないような深い領域まで入って話をしてくれ、その人の根本的な問題を解決していってくれるカウンセラーの存在はとても頼もしいものです。そのおかげで何年もずっと治らなかったうつ病の方が治っていったり、摂食障害で命も危ぶまれたような方が回復していったりという、奇跡なような例を何度も見てきました。

アースカレッジで学ぶ私たちは、お互いに自分を晒しあい相手の深いところに踏み込み、時には指摘をし合い、自分のカルマパターンをどうやって克服したら良いか、伊藤先生のご指導のもとお互いに切磋琢磨し合います。
自分のカルマパターンを知りそれを解決していく過程は、自らの心なさ、愚かさと向かい合い今まで避けてきたことに直面することでもあります。その過程には苦しみが伴いますが、それらと向き合い乗り越えるたびに人間的成長を果たすことが出来、同時に自分と同じ問題を抱えた人を導いて行くことが出来るようになります。そのようなことを繰り返していくうちに、自然とカウンセラーとしての能力が養われていくのです。

私自身も信愛クリニックで診断方法や薬の使い方を学ぶ一方で、伊藤先生のご指導のもと自分の問題点と向かい合っていくことで、他の人の事も何故その人がそうなっているのか、どうやって解決していったら良いのかが少しずつ分かるようになってきました。

それは私にとってとても大きなことでした。人の悲しみや苦しみに共感しながら、その人が抱える問題を解決に導けるようになってきたことで、今までより遥かに心に寄り添った医療を提供出来るようになっただけではなく、心の問題と繋がっていた身体的な問題まで改善することが出来るようになってきて、医師としての力も大きく向上したと感じています。

今は新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか全員が集まってと言うわけには行きませんが、インターネットを駆使して遠隔で集まるなどして私たちは学びを続けています。毎月2日間に渡って行われるコースの開催日には、お互いにカウンセラー役とクライアント役に分かれ、1時間のカウンセリングを実施、その後全員で集まってシェアをして意見をし合う、という形で進めています。

伊藤先生は、相手を導くときの心構えについて「とにかく最大限相手に尽くすこと。こういうときはこうして相手を導こう、というような知識に基づいた目線では無く、ハートを開いて心を機能させ、心の目で見て、心で考え、目の前の人に跪くようにしてひたすらに尽くすことだ」と私たちに教えて下さった事があります。もちろん先生が行われるセッションと、私たちが行うカウンセリングとではまったく次元が違いますが、心構えは同じだと私は思っています。

ですが、この尽くすと言う事がやってみると実に難しいことに気がつきます。カウンセリングをしているとどうしても自分のカルマパターンが出てきてしまいます。例えば、物事を軽く捉えてしまう癖が出て相手の辛い思いに寄り添うことが出来なかったり、「うまくやらなければ」という癖が出てしまうことで力が入ってしまい、相手の話を聞く前に一方的に話してしまったりするのです。カウンセリングをする度に私は、真に尽くすためにはまずは自分の問題に向かい合わなければならない、という事を痛感します。

コースでは全員にシェアをしたときに問題点を指摘してもらいますが、そのたびに自分の抱えているカルマに気付くことになります。そして自らの問題を認識し、それを解決するためにまた動いていくことで、私たちはカウンセラーとしての学びを深めつつも、人間力向上を目指しています。

コースの進め方は変わりましたが、最終的に私たちの目指す方向は自分のカルマパターンを知り、それを克服していくことで人間力を高め、愛のある在り方を目指すということであり、基本的には今までとなにも変わらないと思っております。私たちの成長や、また新たな変化があれば皆様にお伝えしていきたいと思います。

谷川 徹也

今までとは違う春 ・・by 泉

地球からのメッセージ

みなさん、こんにちは。コース生専任の認定ティーチャーの佐藤 泉です。
アースカレッジも新年度を迎えました。今年度もどうぞ宜しくお願い致します。

普段なら新たなスタートを切るこの季節ですが、今年は世界中に広がる新型コロナウイルスの影響によって、誰もが予想していなかった春になってしまいました。
私の勤めている病院でも診療体制が大きく変わったり、外来患者さん達の中にも不安が広がっていたりするのを感じています。
また学校が休校となり、我が家の小学生の娘と保育園に通う息子の生活にも変化を強いられています。

そんな日々の中でも、自然はいつもの春と同じように、美しい姿を見せてくれています。
先日隣町に出かけた帰り道、交差点を曲がるとそこには一面、黄金の菜の花畑が。まるで黄色い絨毯のようで、その美しさに圧倒されました。

  IMG_1033.jpg

調べたところ、菜種油の材料になる「ななしきぶ」という品種の菜の花だと知りました。菜の花が咲く期間は比較的長く、5月上旬までこの美しい姿を見られるそうです。

こちらは桜です。
桜ほど、無条件に日本人の心の奥深くに触れる花はないと思います。

  20170413_153746.jpg

  IMG_1167.jpg

しかし、このような美しい春の自然とは反比例するかのような混乱した社会情勢の中で、いま私達は生きていると感じます。

私は先日、伊藤先生のライブセミナーに参加させて頂いた際、参加者からのコロナウイルスについての質問に対して先生がお話し下さったことが強く印象に残っており、とても大切なことだと感じましたので、皆さんにお伝えしたいと思います。

「コロナウイルスは一種の浄化なのでしょうか」と質問をした参加者に先生は、「これが浄化になるかどうかは人間次第です」と仰られて、このようにお話しされていました。

「今回の新型コロナウイルスの事は、人間がやりたい放題にやり過ぎて、あるラインをオーバーしたことに対する警報のようなものだと思うことです。
惑星も一つの命ですから、地球上で生きている人間が地球を大事にすれば本来の寿命を全う出来ますが、これだけ人口が増えた挙句それぞれが好き放題にしていれば、いくらでも地球の命は縮まってしまいます。
ラインオーバーをした人間達に対して目に見えない力が働いて、人類がこれまでの在り方や考え方を顧み、改めるきっかけとなるよう新型のウイルスが世界中に広がった。今そういうことが起こっていると感じます。
同時に私のもとには地球から発される怒りと憤り、そして動物たちの深い深い悲しみが届いてきます」


先生は長年、動物虐待に対して問題提起をし続けられており(Dark Aspects of Society)、しばしば私たちに、人間がいかに動物や自然に対して都合の良い解釈をし、好き放題やってきたのかをお話し下さいます。
私自身、幼少期を自然に囲まれた土地で過ごしたため森林に対する親しみが強く、先生のもとで学ぶようになってから、より環境問題に興味を持つようになりました。

特に3年程前からは、プラスチック製品の購入を避けたり、ゴミを減らすよう努力したり、環境に負担のかかる合成洗剤ではなく、無添加せっけんや重曹やクエン酸などを使ったりと、出来ることを少しずつ選択してきました。しかし、利便性を重視して地球に負担をかける行動もたくさんして来ています。
また近年では異常気象が相次ぐことから、地球全体が良くない方向に進んでいるのではないかという事がとても気がかりでした。
そのこともあり、今回の新型コロナウイルスは自分達の行為がこの様な形で自らに返ってきているのだという先生のお話は、今まで伺ってきたお話や自分が感じてきた事とも繋がって、深く納得するものでした。

今の状況がいつまで続くのか、影響がどこまで広がるのか、世界中がまだ分からない中にあります。
しかし、今この瞬間にも自分達が動物や地球に対して何をしているのかを、一人ひとりが真剣に考えなければいけないのだと思います。
私達の意識や行動が変わらなければ、今回の新型コロナウイルスの流行がたとえ収束したとしても、さらに大きな警報が鳴らされることは必須です。

私は、子供達が生きていくこれからの社会が、混乱したものであって欲しくないです。自然や動物をいつくしみ、春になったら桜や菜の花の美しさを楽しみ、食卓では大切な人と自然の恵みを有難く美味しく頂いて、幸せに生きていって欲しいと願います。
そのために私は、今自分が出来ることを考え、選択し、行動し続けていきたいと思っています。

 佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)

人格統合が起こす奇跡・・by 谷川

チャイルドと共に

こんにちは。谷川です。
すっかり暖かくなって、桜が綺麗に咲き始めましたね。

IMG_0735.jpg

私はこの時期はうきうきしてしまいます。
私のインナーチャイルドである「てつ」が植物を大好きなので、花を見つけては大喜びするからです。

今回は前回に引き続き、てつの変化と伊藤先生からの新たなご指導についてお伝えしたいと思います。

前回、てつが不安になることが無くなり、私の心を温めてくれる存在になったことをお伝えしました。それから私はてつといつも楽しく会話していたのですが、ある日急にてつが話さなくなったのです。てつは私の胸の中でぎゅっと丸くなり、すやすやと寝ているようでした。身体も以前よりも小さくなり、クリスタルのような美しい光を放つようになっていたのです。

不思議な変化でしたが、この子は何か変わろうとしているんだ、と思ってそのまま様子をみました。するとてつはさらに小さくなって、私の下腹部へと移って眠るようになり、それがしばらく続いた後、いつの間にか再び私の胸の中に戻っていました。
私がケアし続けた事でこの子は私をお母さんと思い、私の子供として生まれ直そうとしてくれているのだな、ということだけが分かりました。

眠っているてつの背中を撫でると、背中に羽のようなものが生えているのが分かります。伊藤先生は、『人格統合vol.1』でご自身のチャイルドが、徹底的にケアをし続けてきたことで、先生を守る天使となって生まれ変わったことを書いていらっしゃいます。この子もそれを目指しているんだな、と思うとさらに愛おしさが湧いてきて、私はいつもいつもてつの背中を撫でるようになりました。

そんな時期にセミナーで、先生からびっくりするようなご指導がありました。
先生は、私が「涼子」としてずっと人格統合を進めており、1年以上にわたり積み上げ成長していること、「涼子」が出ていると以前のように物事を軽く捉える癖や、プライド的な部分が出てこないことを評価され、「涼子」と「てつ」だけで生きることをご指導されたのです。

それは先生が、「プライド人格としてカルマを選択する生き方を続けた結果、魂のブループリントと共にその人のスピリットが消失する」 という例をいくつも目の当たりにされたことからのご指導でした。
それならばその逆もあるのではないか、つまり純度が高い生まれたばかりの「涼子」とチャイルドの「てつ」の二人だけで今後生きて行くことにより、プライド人格が消滅することがあり得るのではないか、と仰ったのです。

先生は「涼子の場合、生まれて1年という未熟さから起こる問題点はつきまとうけれども、プライドカルマを1から清算していくよりもずっと現実的に思える」とも仰いました。

私はその場で躊躇無く「もしそのような事が出来るのであれば、そうしたいです」と答えました。決して簡単なことではないかもしれませんが、愚かで醜いプライド人格を変えて行くことがどうしてもできず頭打ちしてきた私にとって、それが叶うのならばこれほど望ましいことは無いと思えたからです。

それ以来、私は「涼子」と「てつ」だけで生きよう、と決めました。「他にも一緒に連れて行きたいと思う人格がいるならば、連れて行ってもいいけど」と先生は仰いましたが、私は「てつだけでいいです」と答えました。
ずっとプライド人格に屈し同化してきた他の人格を連れて行く気にはなれませんでしたし、私にはてつから与えてもらえるものだけで、十分に思えました。

今、過去の私を知る人達に久しぶりに会うと「まるで別人だ」と驚かれるほど、外見も中身も変わりました。会ってもすぐには分かってもらえず、話していても雰囲気が前よりずっと柔らかくなったと言われます。最近では自分の性別が男なのか女なのかも分からなくなってきましたが、女性らしい自分もしっくりきていて、それもいいな、と思っています。これらの変化はまさに、先生が生み出された「人格統合」が起こした奇跡です。

私とてつが今後どうなっていくのはまだ分かりません。ですが、先生が示して下さるこの道が愛へと向かっていく道だということはよく分かっています。てつはいつか目覚め、私を守り、導いてくれる存在になっていくのでしょう。
私も日々成長を続け、いつかてつとともに本当に愛を示すことが出来るような人間になっていきたいと願っています。

谷川 徹也

コース生 | Comments(-)

「他人軸」から「自分軸」への転換 VOL.2 ・・by 泉

被害者意識よ、さようなら

こんにちは、泉です。
ぽかぽかと暖かい陽射しの今日この頃、春の到来を感じますね。

前回の記事では、私が14年をかけて他人軸で生きることからシフトし、自分軸で生きられるようになって来た事をお伝えしました。
それに伴ってもうひとつ、自分でも「まるで別人のようになった」と思える大きな変化があります。
それは「被害者意識がほぼ出なくなった」という事です。

2度のうつ病の時、どちらも発症するきっかけは、社会生活や人間関係の中で起こる様々な出来事に対するストレスの積み重ねでした。
そして、負のスパイラルのスイッチを押し、精神的な転落の大きなきっかけを作ったのは、紛れもなく私自身の中に根深くはびこる「被害者意識」でした。

それがなぜ、被害者意識に呑まれることがなくなったのでしょうか。
先生はいつも「精神的な不調は全て、感情の抑圧から始まると言って良い」と教えてくださいますが、他人軸で生きていた過去の私は、人に嫌われることが何より怖くて常に相手の顔色をうかがっていたため、自分の本当の気持ちを表現することなく、ただただ抑圧を重ねて生きていました。
本音を抑圧して我慢を重ねていると、ある瞬間自分の中で“カチッ”とスイッチが入る音が聞こえるくらい明確に、「なんで私ばっかり」と負の思考パターンが生まれます。
伊藤先生はそのような状態を、「良い子人格が抑圧を重ねた結果、ある瞬間にプライド人格に転じ被害者意識が生じる」と教えて下さるのですが、その通りの事が起こっていました。

でも、私が2度のうつ病を克服し学んだ真実は、「自分軸で生きることの大切さ」であり、「自分の人生に自己責任を負う」ということでした。
自分軸で生きる人生は自己責任ゆえに、人のせいにする余地がありません。
それは一見大変な事と思う方もいるかもしれませんが、精神科医のくせに人に依存しっぱなしで、問題が起きるたびに責任転嫁してきた結果、2度のうつを患って苦しんできた私が断言します。
自分軸で生き、自分の言動に責任を持つ生き方の方がずっと豊かであり、ずっとずっと、自分の人生を生きている実感と喜びがあるのです。

  yuuyake

被害者意識というネガティブな意識状態は、人の心や精神の活動を滞らせ、エネルギーを落とします。
では、どうすればよいのでしょうか。

それはいつも伊藤先生が教えて下さるように、その都度自分の感情を受け入れ、それらを表現し、周囲の人たちと心の通ったコミュニケーションを重ねることから始まります。
それが結果的に、自分軸で生きることや自己責任を負うという選択に繋がっていくのです。
私はそれによって、被害者意識を乗り越えていく事が出来ました。
あれだけ長年の性分だった被害者意識から、卒業が出来たのです。

この大きな変化を遂げることができたのは、私が特別な人間だからではありません。
本気であれば、誰にでも出来ることだと私は思います。
実際に私は、病院で出会う自分と同じようなパターンを持つ患者さんに体験をシェアすることで、それを参考にして自分の在り方を変える努力をされた方々が状況を好転させ、薬物療法が不要になるケースを数多く見てきました。

そして近年、診察室での環境だけでは伝えられる人数が限られてしまうことへのフラストレーションを抱えていた私は、今このようにあ~スカblogで自分自身の体験を記し、皆さんに読んでもらえる事がとても嬉しいです。

また、このブログを読んで下さった方が、自身に置き換えて、日々の選択や行動を変えることで、人生をより良く生きられるようになって下さるとすれば、それ以上の喜びはありません。
これからも、伊藤先生との出会いによって私の人生に起きた出来事と成長について、綴っていきたいと思います。

佐藤 泉
by 泉 | Comments(-)