FC2ブログ

トップページへ

3daysセミナーが開催されました!・・by 中山

その奥にあるものを見つめて

みなさんこんにちは。
コース生の中山寛士です。

12月に入り、師走の気配も色濃くなる今日この頃。
アースカレッジでは毎年恒例の、「3daysセミナー」が開催されました。

伊藤先生が、3日間連続で濃密なご指導をくださる3daysセミナーは、毎年、ミラクルが起きる怒涛の3日間となります。
昨年の3daysは、コース生それぞれが先生を楽しませるSHOWを行って、「魅せる」ことがテーマでした。先生からの濃密なご指導と共に、盛大に盛り上がる3日間でした(→昨年の3daysセミナーの様子はこちら)。そのため、今年の3daysも前年同様に、さらにグレードアップしたSHOWを魅せる、という計画がありました。

ですがある時、コース生の永瀬さんが、「ペンジュラムを回せるようになりたいです」と先生にご指導をお願いしたところ、同じようにご指導を希望するコース生がほとんどでした。そこで先生が、「今年の3daysは、ペンジュラムの事も含めた、サイキックワークセミナーにしましょう」とご提案くださったのです。

もともと、ヒーラー・チャネラーとして開業された伊藤先生ですが、「いかに現実レベルで結果を出すか」ということを最も大事にされる先生は、サイキック能力だけに重きを置かれません。そのため近年では、このような内容のセミナーが開催されることや、伊藤先生自らがサイキックワークをご指導される事は非常に稀でした。
そういったことからも、サイキックワーク三昧の3daysセミナーとなった今年は、皆にとって大変貴重な機会となったのです。

CIMG6933e.jpg CIMG6987e.jpg

当日はこのように、アースカレッジにある沢山のクリスタルを一挙にリビングの中央に集めるかたちになりました。先生は、並べられたクリスタルをご覧になって、「クリスタルのキャンプファイヤー状態だね!」と仰いました。本当に体が熱くなってくるほどの熱気でした。

今回、3daysのなかで先生が皆にご指導くださった「ペンジュラム」とは、下の写真にあるように、ペンジュラムを手に持ち、ペンジュラムに質問することにより、右に回ったり、左に回ったりしながら、その動きでイエス、ノーなどを答えてくれるツールです。
自身のハイヤーセルフと繋がった意識から投げかけられる問いにより、ペンジュラムは、魂が向かいたい方向へと向かうサポートをしてくれるツールになると、先生は教えてくださいました。

CIMG7008e.jpg CIMG7161e.jpg

私は2017年の2月に開催された、当時の認定が講師を務めるペンジュラムセミナーを受講しましたが、当時は、思考カルマがガチガチなためにペンジュラムがまったく回らず、実際に回せるようになったのはなんと3年以上も経ってからという非常に稀なケースの持ち主で、今回の3daysで初めてペンジュラムを学んだ人たち数名が、目の前でどんどん回せるようになっていくのを、すごいなと思いながら見ていました。
先生のご指導を受けていると、ペンジュラムが自然と回る、そうならないほうが不思議だ、という感覚になります。

2日目、先生が目の前で実際に参加者のチャクラの状態をペンジュラムで調べ、そのペンジュラムの動きをリーディングしながら解説してくださいました。
その時、先生のペンジュラムは、その人のチャクラのエネルギーの動きそのままを表し動いていて、ここまではっきりとそれを目にしたのは初めての経験でした。
それは私にとって、チャクラやエネルギーに対する認識が大きく変わるものでした。これまで自分がいかに、固くて狭い認識から、ペンジュラムの動きを不自由にしていたのかを痛感した瞬間でした。

私のペンジュラムの動きに変化が出たのは、3日目からでした。
今までの直線的な決まった動きとは違う、曲線的な動きもするようになっていました。
それは私にとって新しい感覚で、「きっとペンジュラムの精度が上がっているに違いない!」と思いましたが、先生が回された結果から答え合わせをしてみると、精度自体はあまり変わらず‥、間違いも多くてがっかりしました。先入観や思い込みなどを外して、ニュートラルにペンジュラムに問う事の難しさを改めて実感した瞬間で、まだまだこれからも修練が必要だと感じました。

先生のご指導は、ペンジュラムだけではなく、エネルギーワークやチャクラ、またクリスタルがどのような存在なのかといったお話や、それらのリーディングまで、多岐にわたりました。
先生のご指導を聞いていると、単に「ペンジュラムがどう動いたか?」「チャクラの状態がどうなのか?」という事ではなく、先生が見ていらっしゃる奥深い世界の一端を教えていただいていると感じました。先生がその対象に向けるまなざしを知り、またその奥にある想いを感じていくと、これこそが愛なのだと感じ、胸をうたれます。

私は今回の3daysセミナーから、ペンジュラムもエネルギーワークも、大切にしたいと思うものを本当の意味で大切にするためのツールだと感じました。
ありとあらゆるものをどう認識し、どんな想いを向けるのか。
今回先生から教えて頂いた事を日常の中で継続して更に深めていき、目の前の対象にどんな想いを向け、なにを感じるのか。その繊細さを養っていきたいです。
それはすなわち、これまで一貫して先生が教えて下さっている愛を、自分の中に養っていくことだと思っています。

中山寛士

3daysセミナー | Comments(-)

命の教育 (後編)・・by 恵子

相手の立場に立って

こんにちは。認定ティーチャーの高橋恵子です。
前回の記事「命の教育(前編)」では、小さい命である虫達へ向ける視点や、命に大小はないのだという伊藤先生のお話をお聞きして、私がとても心が動かされたことをお話しました。

ちょうどその頃に、小学校3年生の息子が庭で遊んでいた時に、虫眼鏡で枯れ葉を焼くことに夢中になり「アリンコ焼いてみたい!」と言いました。母親である私は、小さい命を大切にするという事をあれこれと説明してみたものの、充分に伝えることが出来ませんでした。
「虫をおもちゃのようにしてしまう小さな子ども達や、好奇心からアリンコを焼いてみたい、と言った息子に、どう対応したらよいでしょうか?」と聞く私に対して、先生はこう話されました。

「私なら、普通に止めますね。『自分がされたらどう?』と言います。
『自分の体が燃えるとどうなると思う?』『熱いフライパンの上に手を置いてみる?』『それをアリにするの?』と聞いていくと思うし、乱暴に触っているような時には、『こーんなおっきいマンションみたいな人に捕まって、こうやってギュッとされたらどうかな?』『どんな気持ち?』と聞いていきます。
『この子達は、人間ではないけど、やっぱり生きたいと思っているんだよ』『痛いって感じるし、怖いって感じるんだよ』と。こういうことが子どもの想像力を豊かにするし、一つひとつが、相手の立場に立つということを覚えるきっかけになっていく。私が母から徹底的に言われ続けた事は『自分がされて嫌なことは、人にしてはいけない』ということ。これは基本なんです。相手が虫だろうと動物だろうと一緒です。それを頭ごなしではないところで教えるんです。やって良いことか悪いことかではなく、大事なのは、『それがつまりはどういうことか?』なんです」


それをお聞きして私は、目の前にモヤがかかっているかのような視界が、スッと晴れていくようでした。そして、無意識のうちに頭の中にあった、良いことか?悪いことか?という善悪の判断の枠組みが、ガラガラと崩れていくように感じたのです。

それからは、子ども達が虫を捕まえたり、乱暴にしているような時には、「こんなふうにされたら、どうかな?」と一緒に虫の立場に立ってみたり、「痛いよー」「怖いよー」と虫の気持ちになって代弁するように話したりしています。
すると、小さな子ども達は、すんなりと虫達の気持ちに寄り添い、「痛いの?」「寒いの?」と、時には話しかけたりしながら、優しく接するようになるのを何度も見ています。

息子は、実は虫があまり得意ではないのですが、先生から教えて頂いたような関わりをしているうちに、道路にいるカタツムリを、車に牽かれないようにと助けてあげたり、以前より自然と優しくなっている様子を見かけます。
子ども達と一緒になって、虫の立場に立ってみたり、目線を合わせてみると、私が生活している周りには、懸命に生きる小さな命でいつも溢れていることに気付きます。

  虫  虫②

それぞれが命を生きることの、美と輝きに満ちています。

そして、このようなやり取りを通して、子ども達にどう伝えるのか以前に、私自身が小さな命に対して、普段ほとんど目を向けずにいたのだということに気付かされました。

どう教えるか、どう接するか、ということだけが教育ではなく、大人の在り方や矛盾をそのまま見て真似ているのだなと、子ども達を見ていて思います。

伊藤先生は、「命あるものが一生懸命生きているんだ」ということを感じられる情緒を、いかにして色んな場面で教えるかということが、大事だということも教えてくださいました。
私自身も子ども達と一緒に、そんな情緒を育んでいきたいと思っています。

高橋 恵子
コース生 | Comments(-)

命の教育(前編)・・by 恵子

命に大きいも小さいもない

こんにちは。認定ティーチャーの高橋恵子です。
あちらこちらで紅葉が見頃となっていますね。

20201119_abb.jpg

私の住んでいる近所の公園でも、銀杏の木が鮮やかに色付き、目を楽しませてくれています。秋の晴天と、黄金色の銀杏。自然が奏でる美しいアートに、心洗われます。

私には3人の子どもがいます。現在上から14歳長女、12歳次女、8歳長男を育ててきた私ですが、それぞれ個性が違い、感情豊かな子ども達との関わりは、いつも新鮮な感動と、時には葛藤の連続です。
先日、子どもの教育について、とても大事なことを伊藤先生から教えていただきました。そのことを今回皆さんにシェアしたいと思います。

私は4年程前から、地元の保育園で保育補助の仕事をしています。これまで主に、2、3歳の乳幼児のクラスを担当させて頂いてきました。
その年頃の子ども達は好奇心旺盛で、外遊びの時には、ダンゴムシやアリなどの虫達に興味津々です。ですが、多くの乳幼児にとって虫達の存在は、動く「おもちゃ」と同じで、指で潰してみたり、踏んでみたりと、乱暴に扱ってしまいがちです。

私は、その様子を見ながら、葛藤していました。ただ「可哀想だからいけないよ」と頭ごなしに咎めるのは、何か違うような気がしました。かといって、「もう少し優しくね、柔らかいからすぐに潰れてしまうんだよ」とその場で教えても、ただ表面的に言い聞かせているだけのように感じて、それも何か違うという自分への違和感が拭えずにいたのです。

そんなある日、伊藤先生がグループセッションのなかで、コース生の彩(あや)さんに、虫の命についてお話しされたことがありました。それは、彩さんが小さい頃に、ダンゴムシをたくさん集めてきて、おもちゃのフライパンに入れて炒める真似をして遊んでいた、というエピソードを話した際に、先生が仰ったことでした。

「子どもは誰もがそうやって虫を虐めたり、殺してしまったりするんだよね。子どもの時の可愛いエピソードだなあとも思うけれど、ダンゴムシがなぜあんなふうに丸まるかというと、恐怖心があるからで、それを大人になった今も、ただ『楽しかった出来事』と思っていてはいけないよね。
私も子どもの頃は、アリの巣を潰したり、アリを殺したりしたけど、本当に酷い事をしていたなと思います。だから今は、困っている虫がいると助けるんです。そうすると彼らは『ありがとう』というメッセージを送ってきますよ。話しかけると、ちゃんと聞いているんだなと感じる。
虫は、動物より一見無感情で無機質なものに見えるけど、ちゃんと心がある。生きているということは、最低限、痛い、怖い、と感じるということだし、生きようとするということは、死にたくないということ。虫を侮ってはいけないですよ。彼らは当然のことながら自然の一部であって、神々の使い手としてメッセージを運んでくることもある。命に大きいも小さいもないんです。あなたは今、娘を持つお母さんなのだから、こういったことも子どもに教えていってあげないとね」


先生の、小さい命である虫達への視点と、命に大小はないのだというお話をお聞きして、私はとても心動きました。同時に、私自身の子ども達に対しての表面的な対応と、その違和感を、よりはっきりと感じたのです。

ちょうど時を同じくして、小学校3年生の息子と、こういう出来事がありました。
庭で一緒に遊んでいた時に、虫眼鏡で枯れ葉を焼くことに夢中になっていた息子が、「アリンコ焼いてみたい!」と言ったのです。
私はとっさに、「いや、それは可哀想だよね。やめようよ」と伝えました。それを聞いた息子は、きょとんとした表情をして、「可哀想だからやめた方がいいんだな」と認識をした様子でした。でも、先生が仰っていたように、小さい虫の命を大切にするという事が、息子に充分に伝わった感覚はありませんでした。どうしたら伝えられるだろうかとあれこれ話してみたものの、どれもしっくりくることはなく、もどかしさが募りました。

そして私は、翌月のグループセッションで、伊藤先生にこのことをお話し「子ども達にどう伝えたら良いのでしょうか。先生ならどう教育されますか?」とお聞きしました。そのご指導を聞いた私は、自分の頭のなかにあった四角四面の枠が取り払われていくような感覚を受けました。
次の記事では、先生がご指導下さったことと、そこから私が感じたことを書いていきたいと思います。

高橋 恵子
コース生 | Comments(-)

ハートが目を覚ます時(後編)・・by さやか

先生とツバメの赤ちゃん

こんにちは。認定ティーチャーの高橋さやかです。
今回は、「ハートが目を覚ます時(前編)」から引き続き、一般クライアントの I さんが先生から頂いた濃密なご指導と、そこから大きく変容してきた I さんのことを書いていきたいと思います。

7年ぶりにセミナーに参加した I さんは、これまで長年想いながらも進まない恋愛や、男性に対していつも出てしまう自分のパターンをご相談しようと話しはじめました。
先生はそんな I さんに、次に進むということができない執着のパターンがあることを話されました。また先生は、多くの女性が愚かにも陥ってしまう「王子様願望」についても、例え話や笑いをまじえて話され、他の女性参加者や私自身も、耳が痛く心当たりがあり過ぎて笑うしか無いような、沢山のご指導がありました。

そして先生は I さんに、「あなたは年齢よりずっと若く見えて本当に可愛らしいし、これから自分の在り方を変えていけば、もっといくらでも素敵な恋愛ができるはず。カルマと向き合うのは、あくまでも表現と行動をもって現実を変えていくことが前提であって、自分の世界にこもって内観日記を書くためじゃない。あなたがこれから変わっていくためには、不要なものを捨てて、日々輝いている自分に近づくために必要な要素を育てていくことが必要です」と仰いました。

I さんは、思いがけず先生に「若く見えるし可愛らしい」と褒めて頂いた嬉しさに舞い上がりつつ、これまでの恋愛が執着だったことや、自分の思い込みがガラガラと崩れていくことに放心した様子でした。ご指導を聞きながら、「そうなんだ‥、でも、本当にそうだと思います」と何度も言葉にしていました。

先生はそこから、本来光っているスピリットが、カルマまみれの人間界に転生をした後、カルマの引力に逆らって輝きを放つのがどれほど大変かということを、I さんにこのようにお話しされました。
自分がいちスピリットとして人間に転生しているっていうのはわかるよね? スピリット自体は純粋なものだから、野原に咲いているような小さな花も、バラや蘭のようなゴージャスな花もみんな美しいのと同じように、どのスピリットももともとは光っているんです。そのスピリットが人間界に転生する理由は、美や愛に完全に反しているカルマまみれの人間界で如何に光るか、ドブ底のような場所で如何に輝きを放つか、全転生においてこの勝負をするために生まれてくるんです。
基本的にカルマは形状記憶していて元に戻ろうとするから、一年かけてすごく頑張って確実に成長したと思えたとしても、何かの出来事をきっかけにほんの一週間で元に戻ってしまう、それくらいカルマの引力は強いもの。だから、自分を磨くことに人生を捧げるようにして努力した人しか輝けない。今のあなたのスタンスだと、過去や感情に囚われているうちにあっという間に人生が終わってしまいます。
輝いている将来の自分のイメージをはっきり持ったら、如何にこれまでとは違う新しい選択を日々し続けられるか。これを毎日、5年10年と続けたら、その時あなたは輝いているはずです


このような濃密なご指導を頂いた I さんは、今まで感じたことが無いような、ハートや頭のてっぺんが活性化する感覚を味わいながら、セミナー後の日々を過ごしました。
そしてある日、I さんはこんな鮮烈な体験をしたと話してくれました。
職場にツバメの巣がつくられて、生まれたばかりの赤ちゃんツバメたちが激しく泣き叫んでいるのを聞きながら仕事をしていたとき、ふとその叫びが、私のハートに直接響いてきたのです。私はびっくりして感動しました。そして、思わずその場にあったメモ用紙に『命の鼓動、命そのもの』と、書きなぐりました。
ところがさらに驚くことがありました。その日の帰りの電車で、セミナーの録音を聴きはじめたところ、今度はお話しされている伊藤先生の声が、ツバメの赤ちゃんの声と全く同じように、ハートに直に響いてきたのです。その時、先生ご自身が、命そのものであり、純粋さそのものなんだと感じました


I さんは、セミナーで教えて頂いた先生のご指導はもちろん、この鮮烈な体感が何より大事なものだと感じて、録音を聞き返しながら日々取り組んでいきました。そして、I さん自身の人生に、生まれて初めて根本的なリセットがかかっていくのを感じたそうです。

それは、「運命を感じて一方的に恋した男性への数年にわたる執着を吹っ飛ばし、これまで2年間口だけで先伸ばしにしていた独り暮らしを実行させ、40年変わらなかった家族との関係がこれまでと違う行動をしたことで新しいものに変わり始めた、それほどの力があるものでした」と話す I さんの言葉から、このことが I さんにとってどれほど大きなことだったかを感じます。

こういったことを、I さんは2ヶ月後のセミナーで伊藤先生にご報告しました。
先生はそんな I さんに、「何年かぶりに現れた1回のセミナーで輪廻のリセットが入るなんて、すごいことだね。おめでとう」と仰ってくださいました。それと同時に、「果たしてこの先、1年後2年後、5年後10年後、それをどれだけ守れるかっていったらなかなか難しい。『リセットがかかった』と言っても、『なんか気がついたらもとに戻ってた!』っていう可能性のほうが充分に高いですよ。よっぽど毎日自分と戦い続けて、毎日毎日『先生とツバメ』を選び続けないとね」とも仰いました。

I さんはご指導を受けて、伊藤先生への感謝や、衝撃、感動のほかに、果たして自分にそんなことができるのか、という恐れが出るのを感じながらも、今の気持ちをこのように語っています。

ここまで来たら、未知の世界に向かって進み続けるしかありません。『カルマの強力な力に逆らって新しい選択をし続ける。それを毎日、5年10年続けて初めて私は輝くことができる。今までと同じようにやっていても何も変わらない』ということを、7年振りに受講させていただいたセミナーで私は、伊藤先生に教えて頂きました。
それを実行し続けることが、今までに頂いたご恩を無駄にしないことであり、私のスピリットの望みなのだと感じています


私は、セミナーを受けてからの I さんが、これまでとは別人のようにキラキラしている様子を目の当たりにして、感動しています。人はここまで変われるんだと I さんは体現してくれました。新たに始まった I さんのチャレンジを、これからも応援し続けたいです。

高橋 さやか
ライブセミナー | Comments(-)

はじめまして ・・ by 二村

5年目の自己紹介です

はじめまして。コース生の二村です。
私は伊藤先生のもとで学びはじめて5年目になります。いま、息子や娘との関わりについて省みることが沢山あって、先生から頂いているご指導を深く噛みしめているさなかにいます。こういうことを、他のお母さんたちにも知ってもらいたいと感じて、今回ブログ記事を書かせて頂くことになりました。

まずは、私の自己紹介をしたいと思います。
私は現在、夫と義母、長女、長男の5人暮らしです。数年前から、自宅やスポーツクラブでヨガ講師の仕事をしています。
ヨガ講師を目指したきっかけは、もともと身体を動かすことが好きで、気持ちの浮き沈みが激しかったけれど、ヨガをすると落ち着く感覚があったからでした。また、主婦としてだけでなく、自分の仕事を持って働きたい気持ちもありました。講師として働けるようになった現在も、身をもって実感したヨガの効果や良さを他の人にも伝えられることは喜びで、私自身がとても助けてもらっていると感じています。
ただ残念ながら、私にとってヨガは、私の心の問題を根本から解決してくれるものではありませんでした。

私は伊藤先生にお会いする前から、ヨガを学ぶだけでなく、精神世界やスピリチュアル、自己啓発などの本をたくさん読んできました。また実際に、そういったことを教える方のところに直接学びに行ったこともあります。しかしどれも、3年くらい学ぶと行き詰まりを感じて新しい学びを探すという、スピリチュアルジプシーのような自分でした。

そんな私が、友人から伊藤先生のご著書を借りて読み、初めてセッションを受けさせて頂いた時の事は忘れられません。
初対面の私にとても気さくに丁寧に話して下さった先生は、自分自身や現実を本気で良くしようと思ったら、自分を見つめて自分を知り改めていくこと、人と深く関わる事で生じる出来事と向き合い、相手としっかりコミュニケーションをとり、相手の立場に立って本気でやり取りをしていくことなのだ、と教えて下さいました。
私はその時、「全てはこれなのだ」と思ったのです。
この時のことは、今後また別の記事で書かせて頂きたいと思っています。

こうして学びはじめた私でしたが、自分の未熟さや至らなさを見つめることが出来ず、相手の立場に立つことも想像が出来ずに、逃げてしまう事が多々ありました。それでも今は、子供たちや家族に尽くせる自分になりたいと心から思っています。
先生がはじめに教えてくださったことこそが、人と関わるということであり、自分の生きづらさを克服することなのだと日々感じながら、先生のご指導のもと、仲間とともに匍匐前進しています。

これから私の取り組みなどについて、こちらでご紹介させてもらいたいと思っています。
皆さんどうぞ、宜しくお願いします。

二村 麻穂
コース生 | Comments(-)