FC2ブログ

トップページへ

7月あ~スカCaféのお知らせ・・by 俊哉

自己愛を育んでいこう

こんにちは、佐藤俊哉です。
梅雨に入ったと思ったら、あっという間に7月になり、カラッとした夏が待ち遠しい今日この頃です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

6月に行われたあ~スカCaféでは、いつものようにアットホームな雰囲気で話していきました。
なかでも、これまであ~スカCaféにリピート参加しているMさんは、参加するたびに成長の報告をしてくれて、私もとても嬉しい気持ちになります。

Mさんは今回、「自分を好きになるにはどうしたらいいのでしょうか?」と話しはじめました。自分のことをなかなか褒めることが出来なかったり、自分の欠点や出来ていないこと、足りないことばかりに目が行ってしまったりして、自己愛を持つことが難しいというお話でした。
 
自分のいいところや悪いところに、自分だけで気付いていくには限界があると、私をはじめとするコース生たちは常日頃感じています。人から言ってもらってはじめて気付かされて、よりフラットな視点で自分を見ることができるようになり、新しい自分を発見をすることが何度もあったからです。

そこで、Mさんをはじめとするこの時のグループワークのメンバー同士で普段から連絡を取り合い、お互いのいい所を日々伝え合って、自己愛を育もう! ということになりました。
次回、どのような変化があったかを聞くのが楽しみです!

あ~スカCaféは、何でも自由に話せる場所です。こんな話を聞いて欲しい! 色んな人の話を聞いてみたい、でも何でもOKです。お気軽にご参加ください。

また、あ~スカCaféでは、 伊藤先生が選び抜かれた珠玉のクリスタルを、10%割引で購入することができます。「クリスタル速報」でご紹介しているクリスタルやブレスレットなど、気になるものを、直接手に取ってご覧ください。

今月もアースカレッジにて、厳選されたスイーツとお飲み物をご用意して、皆様の参加をお待ちしております!


佐藤俊哉



7月 あ~スカCaféのお知らせ

日 程 : 7/21(日)

時 間 : 13時~16時(受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

真のリーダーとは・・by 谷川

柳に飛びつくカエルのように

こんにちは。谷川です。
梅雨に入り、雨の日が続きますね。
私は、雨が降るといつも、カエルがいないか探してしまいます。私のチャイルド人格が、カエルが大好きで、昔いつも遊んでいたので、ついつい探してしまうんですよね。
今回は、ケロケロと言われてきた私に(カエルの国の王子様・・by 谷川)、ぴったりのエピソードをご紹介いたします。

先日行われた、コース生を対象とした伊藤先生のライブセッションの時のことです。
私は普段、信愛クリニックで副院長を務めており、サブリーダーとしての役目があるのですが、私の力ではとてもこなしきれないことが多く、院長からもリーダーとして力が足りないことを指摘されています。そこで、リーダーとは何か、ということを先生にご質問させていただいたのでした。

先生は、そもそもあなたがどんなリーダーになりたいかだよね、と仰いながら、リーダーについて教えて下さいました。
「リーダーの素質が備わっている人は、周囲の人を放っておけないし、目の前にある問題を放置できない。一つの目標に向かってチームを組んでいるなかで、誰かがおかしなことをしていたら、気が気ではなくて口を出さずにはいられない、何とかせずにはいられない。そういう人こそがリーダーになっていく。あなただったら、身近なリーダーである院長を見ながら、この場面で自分だったらどうするだろうかと置き換えて考えていくことで、自分がどんなリーダーになりたいのかが分かってくるでしょう。本当なら、真のリーダーになるには、この人こそが本物のリーダーだと思える人の二番手として仕えていくことが一番の早道。結局、リーダーは下の者たちに尽くすのが仕事。そうするうちに自然とリーダーとして育っていくものなんだよね」

私は、リーダーとはぐいぐい引っ張っていく人の事を想像していたので、先生のお話は「そういうものなのか」と、目から鱗が落ちるようでした。そして、私には何が足りないのかを感じていました。私はどうしても自分に意識が向いてしまい、他人に意識が向かない。それは何故なのかを考えていました。

先生は、「我が強くて、ハートやパッションに基づいて自分はこうだ、というものを絶対に譲らないという生き方がベースにあってこそ、はじめて本当の意味で人に尽くせる。良い子カルマ、逃避カルマ、プライドカルマを持っているうちは、自分にばかり意識が向いてしまうから、人に尽くすことなどできない。媚びを売らず、人の顔色を窺わず、保身に走らず自分を貫いて生きてきた人が、この人にならば全てを捧げられる、と思える人に出会った時、初めて真のリーダーへの道が開かれる。真のリーダーとは、特大のハートを持っていて、美しいものを守り抜く戦士とも言える」と仰いました。

先生のお言葉を聞いて、私は自分に足りないものが、徐々に分かってくるのを感じていました。私は、「自分はこうだ」という確固たる生き方をしてこなかったし、カルマも克服できていません。ですが同時に、私の中では今「涼子」という人格が、黙っていられない、放っておけないという気持ちから他の人格たちに働きかけています。そして、他の人格たちの気持ちに少しずつ変化が起きていて、私のカルマの克服に向かって前進しているという手ごたえが確かにあります。これが、いずれはカルマ清算に繋がり、そして真のリーダーというところに繋がっていくはずだと、この先進んでいく道が明確に見えてくるように思いました。

お話が終わった後、先生は笑いながら、「最近、谷川が急に『リーダーになりたい!』って言い始めたのが、突飛だったんだよね。『突飛』って、『突然飛ぶ』って書くけど、ケロケロの谷川が『ぴょーん!』って柳に向かって飛んでいる姿が浮かんできてしまって‥。ところで、カエルって本当に柳に向かって飛ぶの?」 と疑問を投げかけました。

そこでコース生の仲間が、その場でネット検索し、「柳に向かって飛ぶカエル」というモチーフの意味を調べてくれました。
それによると、平安時代の代表的な書家である小野道風が、スランプに陥り悩んでいた時、柳に何度も飛びつこうとしているカエルを見て、「届くわけがないのに、馬鹿なことをするな」と思っていたところ、強い風が吹いてきて柳の枝が垂れ下がり、カエルが飛びつくのに成功したのを見て、「馬鹿は自分であった、自分はこのカエルほど努力していない」と悟り、その後努力を重ねて書道の大家になった、という逸話があるそうです。

これを聞いて全員が、「おお!!」となりました。私は、柳に飛びつくカエルに自分のことを重ね合わせ、まさに今の自分にぴったりだ! と思いました。

副院長を務めながら、自分の未熟さを日々感じています。ですが、先生が導いて下さる方向にひたすら努力をし続ければ、きっといつか目標に達する。それまでは、その瞬間、瞬間を精一杯生きていけばいい、そんな思いで過ごしています。少しずつではありますが、手応えはあります。今の私はまさに柳に飛びつくカエルですが、それでいい、と思います。一日一日を大事にし、努力を続けていきます。


谷川 徹也

休日にプラネタリウムで・・by 中山

ケロケロ、ポッポ、ガツガツの3人組!?

先日、「ケロケロ」と「ポッポ」と「ガツガツ」の3人組で、東京スカイツリーのプラネタリウムに遊びに行きました。

「ケロケロ」とは、どんなに重い場面でも薄っぺらいことしか話せなかった谷川さんの様子を、伊藤先生が、カエルがケロケロ鳴いている様に例えられたことがネーミングの由来です。その「ケロケロカルマ」を持つ谷川さんは今、克服の為に「涼子」という人格が前に出て頑張っています。(谷川さんのケロケロと涼子についてはこちら→「3daysセミナーの副産物」
「ポッポ」とは、ハートの真ん中からポッポー!! と感情のままの、どストレートな表現に挑戦中の高橋恵子さん。(恵子さんのポッポについてはこちら→「伝えたいことを真っ直ぐに」
「ガツガツ」とは、かつては抑えられない怒りから、人とガツガツと衝突して人間関係を壊しまくってきた、私こと中山のことです。

私と高橋恵子さんは、6年前にコース同期として入り、かつては何かあるたびにぶつかり、コース生同士がやり取りし合うコミュでは、数日に渡る激しいケンカをしたことがありました。伊藤先生は、同じようなプライドカルマをぶつけ合う私達に、「まるで猿と猿のケンカ。2人とも猿が鏡の前で自分に向ってキーキーわめいている様だ」と仰っていました。

そんな「犬猿」ならぬ、「猿猿」の仲だった私達は、先生のもとでお互いに少しずつ人間性を改めていくなかで、数年かけて普通に雑談ができるようになり、最近では友人としてしょっちゅう話をするようになりました。以前にはとても考えられなかったことです。
そして今回、お互いのチャイルド人格が喜ぶことをしようと、東京スカイツリーのプラネタリウムに行こう!! と思い立ちました。集合時間直前になって「私も行きたい! なんだか寂しくなっちゃって‥」と、谷川さんの人格の涼子も合流しました。涼子って、ほんとかわいい人なんです。

プラネタリウムまでの待ち時間、レストランで美味しい食事とお酒で楽しく会話をしているなか、恵子さんが「まさかケロケロの谷川さんと、ガツガツの中山さんと、こんな風に話せる日が来るとはね」と、感慨深げに言って、3人そろって本当にそうだねと、これまでの私たちをしみじみと振り返りました。

今でこそ、しっとりして落ち着いた人格の涼子が前に立って、感じる思いをストレートに表現し、みんなのお手本とまで言われるほどの個人ブログを綴り続けている谷川さんも、かつては何を話しても真実味がなく、そのケロケロっぷりに周囲をお手上げ状態にさせていました。
私はと云えば、今ではある意味笑い話になるのですが、「中山被害者の会」なるものがあるほど、以前はあたりかまわず突っかかって、周りの人達をむやみに疲弊させ、多大な迷惑をかけていたのでした。

そんな3人で観たプラネタリウムは、私の想像とは全く違って、とても胸キュンな内容でした。切ないストーリーと音楽、夜空に走る流れ星‥、昔の説明的なプラネタリウムのイメージしかなかった私は、夜空を‥果ては宇宙を旅するような迫力にビックリ。
恵子さんと涼子は、ロマンチックな演出に大感激していました。さすが女子!!

私は、食事もプラネタリウムも楽しんでいる2人の様子を見ながら、しみじみと嬉しく感じていました。
かつてのガツガツしていた私。人は衝突する存在でしかなく、衝突する関係性しか分からなくなっていた私。これまで散々人間関係を破壊してきた私。そんな私が、こんな風に目の前の人が喜んでいるのを見て、心から嬉しく感じている。楽しそうな二人の様子を見ながら、そのことに私自身が驚いていました。こんな日が来たんだなあと、感慨深い1日でした。

カルマ清算、休息の一幕です。


中山寛士

6月あ~スカCaféのお知らせ・・by 俊哉

垣間見えた思い

こんにちは、佐藤俊哉です。
日増しに暑くなってきましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。 私は、昨年の3daysセミナーでのクラブ体験が忘れられず、またその感覚を味わいたくて、今月も渋谷のダンスバーに1人で行ってきました。驚いたことにそのバーには、私と同世代の60~70歳の方が多く来ていて、自由気ままに踊ったり、お酒を楽しんだりと、とても楽しい時間を過ごしました。また近々、足を運びたいと思っています!

さて、5月に行われたあ~スカCaféでは、リピートして参加されている方に加え、初参加の方も多く、賑わいのある会になりました。初参加の方は、はじめこそ緊張されていたものの、自然と場になじんでいき、だんだんと現在悩んでいることや、過去のことについて話されていました。

グループが同じでお話させていただいた、初参加のHさんは、ニコニコとした笑顔が素敵な、温和な雰囲気の方でした。学校を卒業してからのことや、今の職場でのことを話されるなか、過去の職場でのつらい体験や、家族に対する反抗心などの、とても重い部分の話も、合間、合間に少しずつ話されました。ネガティブな感情でも、そのまま感じることが大切であることをお伝えすると、自然と感情が溢れて涙される場面もありました。そして最後には、「話せてスッキリしました」と、清々しい笑顔を見せてくれたことが嬉しかったです。

さらに、それぞれのグループで話したことをみんなでシェアする時間には、「普段こんなに自分の話をすることがないので、貴重な時間だった」、「人になかなかこんな話はしないけれど、話すことができて、それを聞いてもらえたことで気持ちが楽になった」などといったお話を聞くことができ、それぞれに胸の内にあるものを存分に話すことができた印象でした。

あ~スカCaféは、なんでも自由に話せる場所です。「こんな話を聞いてほしい!」 でも、「色んな人の話を聞いてみたい!」でもOKです。お気軽にご参加ください。

また、あ~スカCaféでは、 伊藤先生が選び抜かれた珠玉のクリスタルを、10%割引で購入することができます。「クリスタル速報」でご紹介しているクリスタルやブレスレットなど、気になるものを、直接手に取ってご覧ください。

今月もアースカレッジにて、厳選されたスイーツとお飲み物をご用意して、皆様のご参加をお待ちしております!


佐藤俊哉



6月 あ~スカCaféのお知らせ

日 程 : 6/16(日)

時 間 : 13時~16時(受付12:45より)

参加費: 3,000円 (当日会場にて、お支払い)

場 所 : アースカレッジ
JR山手線 品川駅 港南口(東口)を出て徒歩約8分

連絡先: 電話   03-5460-8820
e-mail  info@earth-college.com
※ お申込みは、メールや電話で承っております。

仲間に委ね、甘える・・by 俊哉

甘やかすことと、許すことの違い

こんにちは。佐藤俊哉です。
私は、伊藤先生のご著書に出会い、先生のご指導のもと、アースカレッジ(旧リラ・アカデミー)で学び、早いものでこの4月で7年目になります。
「小さいおじさん、還暦を迎える!」で書かれているように、最初は、人とコミュニケーションが噛み合わないところから、先生のご指導のもと、仲間とまみれながら、還暦のお祝いをしてもらえるところまで、変容することができました。

そして、12月の3daysを経て、殻を破るところまではよかったのですが、その後、私の根本的な問題の一つである、自分の世界に籠りがちで、自分のことにしか関心が持てないという問題が露呈し、そのことを直視して向き合うということができず、ただただ落ち込むだけの日々が3か月以上も続きました。

その間仲間は、個々にブログに思うことを綴り、それにより日々成長していく姿を見るにつけ、何も進展しない私は、「みんなについていけない」、「自分一人だけ落ちこぼれている」と劣等感にさいなまれました。これまで幾度となくこういった頭打ちの状態を経験し、それでも「頭を打ち続ければ、いつかどこかにひびが入る」と先生から教えていただいて、とにかくこれまでと違う何かをして頭を打ち続けることで、状況を打破してきた私ですが、今回ばかりは、どんなに打ち続けても、一向になんの兆しを感じられず、どうしたらいいのかもがき苦しむ、いわゆるどん底の日々が続きました。

先生には、自分の変化を何もお伝えすることはできませんでしたが、せめて今の自分の思いだけでもと、4月のグループセッションの時に、「ここから、立て直していきたいと思っています」とお伝えしました。すると先生は、「今のあなたが立て直していくということが、しっくりこない。私自身、過去にどん底にいた時のことを思うと、ただその中に身を置いて、その中で感情を味わい尽くすところにいた。そして、どれだけ周りの人に支えられたんだろうと思うくらい、周りの人に甘えていた。ただただ身を委ねていた」と、仰ったのです。

先生のお言葉を聞いて、その時の私は、今はそうする以外にないと感じ、とても救われる思いでした。実際、4月のコースでは、仲間に甘えさせてもらいました。いつものように、何か発言をしないといけないのでは、誰かと話しをしないといけないのではと思ってしまいましたが、そうではなく、ただただ自分がしたいようにさせてもらいました。それは、とても楽な気持ちなのですが、どこか居心地の悪い、落ち着かない感じでもいました。

ですが、仲間はというと、誰一人私を非難することもなく、いつものように接してくれました。自由にしている私を、受け入れてもらえていると、とても温かく感じました。仲間がこれまで以上に近く、本当にありがたい存在だと感じました。

そんなことを体感した後、日常でも「何かをやらないといけない」という思いから解放され、肩の力が抜け、ありのままの自分で、時間さえも自然に流れていく感じでした。
個人ブログも、本来ならば1日1時間時間を作って、その日1日を振り返ることをしていくところなのですが、私は、書きたいときに、書きたいことを書くというように、思うままに過ごしていきました。

それはどこまでも自然体な自分の姿なのですが、一方で子供の頃からの「やると言われたことは、きちんとやらないといけない」という優等生の思いから、自分だけが毎日ブログを書いていないことが、どこか怠けているように感じ、罪悪感を覚えていました。
そのことを仲間に相談しても、「別に、本当に書きたいと思うのでなければ、書かなくてもいいんじゃない?」と、言ってもらって安心はするのですが、どこか引け目を感じていました。

私は、ただ自分を甘やかしているだけなのではないかと感じ、自分に甘いことと、そんな自分を許すこととの違いについて、今月のセッションで先生にお聞きしました。すると先生は、「それを聞いてまず、有言実行ということが出てくる。あなたにとって、有言実行を果たすために必要なブレイクであれば、それは自分に許すことだし、そうではなくて、ここからフェードアウトさせるだけのものであれば、それは甘やかしていることになる。私自身はこれまで有言実行を貫いてきた。だから、どこをとっても、私自身に対して甘やかしたという感覚はないんです。もしかしたら、過去生なんかで自分の子供を甘やかして育てたことがあったかもしれない。でも、それ以降はその子の問題で、自分は愛されたと、大事にされたと糧にして役立たせるか、そうではなくて、甘やかされたことで堕落し腐っていくのかは、その人の問題なのです」と教えてくださいました。

それをお聞きして、すべては私が今の状態からどうするのか、今の状態から結果として何を生みだすのか、それだけだと思いました。そう思うと、今の私がたとえどんな状態であれ肯定できる感覚と、さらに、今ある状態が、自分にとってどうしても必要な通過点だと、今の自分の在り方を許せる感覚になりました。
ここから、私がどんな結果を出すかが問題であり、今の状態が問題なのではないことが分かりました。

つまりはここから、自分がどうしていくかだと思っています。先生に教えていただいて、しっかりとした意識になりました。頭打ちを脱するためにという言葉も、今はしっくりきません。どれだけ時間がかかるのかもわかりません。ただ私が、諦めることなくこの先に向かうんだという気持ちだけは確かに感じています。今に身を委ねて、これまでしてきたように頭を打っていきたい、このことを噛みしめています。


佐藤俊哉